gtunepm-btop


当記事では、G-Tune PM-Bの評判とレビューをまとめている。GTX 1660×Core i7-10700搭載のゲーミングPCだ。長らくゲーミングPC価格高騰の影響を受けていなかったが今はもろに影響を受けてしまっている。GPUのダウングレードと価格の引き上げは致命的だ。基本的には比較対象モデルをチェックしておきたい。

G-Tune PM-Bのスペック

nextgear-micro

ブランド名G-Tune
製品名PM-B
価格Windows 10 / 164,780円(税込)
CPUCore i7-10700
GPUGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
備考光学ドライブ非搭載
コストパフォーマンス☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆0.2

>>>G-Tune PM-Bを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

G-Tune PM-Bの性能まとめ

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660(GPU)

gtx1660seinou

GeForce GTX 1660は、標準的な性能を持つグラフィックボードだ。Pascal世代のGTX 1060と比べてワンランク性能が高くなる。GTX 1660 SUPERの供給不足の影響でこの旧モデルであるGTX 1660搭載モデルが増えてきている。

ゲーム用途では性能不足を感じてしまう場面もあるかもしれない。標準設定を基準に調整していくことが重要だ。設定さえ適切であれば快適なゲームプレイが可能である。高リフレッシュレートを実現するためには最低設定でも厳しいことがあるので注意してほしい。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、ハイクラスで人気の高い第10世代CPUだ。第11世代登場後は価格が少し安くなり、変わらない人気を誇る。最新のCore i7-11700との性能差は15%前後だ。Core i7-10700でも8コア16スレッドとハイパースレッディングには対応していてゲーム適性は高い。ゲームをプレイするには必要十分な性能だ。特にミドルクラス帯のGPUには最適である。ハイスペックなゲームの配信には少し物足りない。コストパフォーマンスを重視したいユーザーに適したCPUである。GTX 1660との組み合わせはまずまずだ。動画編集・RAW現像などの作業にも対応できる。

総合性能(ゲームプレイ)

G-Tune PM-Bseinou

G-Tune PM-Bはライトなミドルクラスの性能を持つゲーミングPCだ。既存のタイトルならフルHDで快適にプレイできる性能はある。ただし、最高設定は避けた方がよいタイトルも多い。標準設定程度に下げることに抵抗がなければ問題はない。WQHDを超える解像度になると一気に対応力を失うのでフルHD専用と考えておきたい。
フルHDであれば設定次第で快適にプレイできる。Apex Legendsやフォートナイトで高リフレッシュレートも設定次第で安定する。本格的なゲームプレイを目指したものではなく、快適なゲームプレイを想定したモデルだ。最新タイトルは最高設定の推奨環境を満たせないタイトルもある。設定を下げても快適ならそれでいいユーザー向けだ。

>>>G-Tune PM-Bを購入<<<

G-Tune PM-Bの強み&特徴

絶対に選んではいけないモデル

G-Tune PM-Bは、絶対に選んではいけないモデルの一つだ。GPUがGTX 1660 SUPERからGTX 1660へダウングレードし、価格は2万円以上アップした。GTX 1660 SUPERの供給が不安定なことで、急遽GTX 1660へ換装されたのだろう。それは仕方がないにしても、ここまでの値上げは流石に厳しい。性能ダウンで価格据え置きなら評価は下がる。

それに加えて2万円も価格が上がってしまったらもはやマイナスの領域が見えるくらいだ。価格の高騰以降で最悪のモデルと言えるかもしれない。恐ろしいことに、このモデルはG-Tuneの人気モデルランキング2位にランクインしている。もしもランキングを見て候補に入れたなら絶対に選ぶのは辞めてほしい。Core i7搭載のモデルは高価になりやすいのは間違いない。

しかし、GTX 1660搭載モデルがRTX 3060搭載モデルと並ぶ価格になるとフォローできない。GTX 1660は登場時からあまり人気のあるGPUではなかった。当時の主力のGTX 1660 Tiに対して性能差があったにも関わらず価格差が小さかった。少しでも価格を抑える以外におすすめしにくかった。

そのGTX 1660が今度は価格にもメリットがなくなって再登場した。より優れたモデルが存在する以上、G-Tune PM-Bを評価することはない。もしも、GTX 1660 SUPERやRTX 3060などが市場から消えていたなら違った評価になった。GTX 1660が割高で登場し、それを選択する意味もメリットもないので今は選択を避けてほしい。

構成が戻っても避けるべき

後GTX 1660 SUPERの供給が安定して換装されたとしても、G-Tune PM-Bはおすすめできないかもしれない。GTX 1660 SUPERへのアップグレードと同時に価格が下がるとは考えにくい。よくて価格据え置きでGTX 1660 SUPER搭載モデルになるくらいだろう。Core i7とGTX 1660 SUPERの組み合わせで16万円台なら別の選択肢があることに変わらない。RTX 3060は徐々に価格を下げてきている。

上位モデルと価格で並んだ瞬間に下位モデルは存在意義を失う。値上げ前ならまだコストパフォーマンス的にも強みはあった。しかし、ここまで価格が上がったなら避けたい。他製品が全て同等の価格に値上げされたなら諦めがつく。今はまだ安くて高性能なモデルが選択できるタイミングだ。あえて高いモデルを選択することはないはずだ。

Core i7-10700とGTX 16シリーズは旧世代のCPUとGPUである。旧世代のモデルを選択するメリットは何をおいても価格である。最新モデルと比べて性能は少し落ちるが、同時に価格も安くなる。しかし、G-Tune PM-Bは旧モデルであるにも関わらず、価格が割高になった。これだけで避けるには十分な理由だ。

同じG-Tuneの製品でも優れた製品は存在する。比較対象にはこの価格帯でおすすめしやすいモデルをピックアップしている。残念ながらG-TuneではGTX 1660 SUPERの取り扱いがないので別のショップの製品だ。同じ性能帯で優れたモデルなのでチェックしてほしい。G-Tune PM-Bを候補に入れていたなら気に入ってもらえると思う。

>>>G-Tune PM-Bを購入<<<

比較対象モデルの紹介

ブランド名G-Tuneraytrek
イメージim620raytrek ZFtop
製品名PM-BXT
価格164,780円(税込)139,980円(税込)
CPUi7-10700Core i7-11700
GPUGTX 1660GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 512GB
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE550W BRONZE
マザーボードB460H570
公式公式公式
詳細当ページ詳細
ここをチェック!!

比較対象はドスパラのクリエイター向けPCであるraytrek XTだ。CPU・GPU・メモリ規格・SSD容量・電源容量・チップセット・価格で上回っている。唯一下回るのはHDDだ。それ以外の箇所はほぼ全てraytrek XTに分がある。それでいて価格は25,000円ほど安い。

もはやG-Tune PM-Bを選択するメリットはないだろう。raytrek XTは光学ドライブとカードリーダーを搭載している。性能だけではなく利便性も高い。G-Tune PM-Bを候補に入れていたならraytrek XTをおすすめしたい。

仮にG-Tune PM-BのGPUがGTX 1660 SUPERに戻り、価格が2万円下がっても逆転できない。値上げ前のG-Tune PM-Bでも敵わない強力なモデルである。今、この価格帯と性能帯でraytrek XTを上回るモデルは存在しない。それこそがraytrek XTをおすすめする理由である。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
NEXTGEAR-MICRO im610BA3-SPで採用されているケースはミニタワーとなっている。HDMIが前面に搭載された不思議なI/Oパネルを採用。高いデザインも魅力的。

関連記事:G-Tuneミニタワーケースのレビュー・考察

管理人による総評(G-Tune PM-B)

nextgear-micro

当該モデルはGTX 1660×Core i7-10700搭載のゲーミングPCだ。この組み合わせで税込み16万円台は厳しいと言わざるを得ない。価格高騰の影響を大きく受けたモデルの一つだ。性能自体はミドルクラスの定番でフルHD環境で快適にゲームをプレイすることができる。メモリ16GB、SSD 256GB、HDD 1TBと構成はそこそこ優秀だ。

価格CPUグラボ
164,780円(税込)(税込)Core i7-10700GTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 16GB256GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!