NEXTGEAR-MICRO im610SA3-top


当記事では、NEXTGEAR-MICRO im610SA3の評判とレビューをまとめている。価格.comプロダクトアワード金賞受賞の後継モデルとして全面に押し出されていて気になっている方もいるだろう。確かに優れたモデルだが、比較対象を必ずチェックして欲しい。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
fortnite
★★★★★(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

標準設定程度であればある程度対応できる性能を持っている。基本的には低設定~標準あたりをゲームによって調整したい。高設定でのゲームプレイを考慮しなければ必要十分な性能だろう。ゲーミングPCとして最も求められる性能とも言える。

NEXTGEAR-MICRO im610SA3のスペック

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im610SA3
価格Windows 10 / 112,800円
キャンペーン / 99,800円
CPUCore i5-9400
GPUGeForce GTX1660
メモリDDR4-2400 8GB
SSD240GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
(キャンペーン時500W GOLD)
マザーボードチップセットB360
コストパフォーマンス・通常時
★★★★★☆☆☆☆☆5.0

・キャンペーン時
★★★★★★★☆☆☆7.3

NEXTGEAR-MICRO im610SA3の性能まとめ

GeForce GTX 1660(グラフィックボード)

sa2-e-sports-gtx1660

全体で見ると低めに見える性能も、実際は標準クラス。ゲームによっては最高設定でもプレイできて価格も控えめなことで人気は高い。コストパフォーマンスを重視するユーザーに求められるグラフィックボードだ。

前世代のGTX1060シリーズと用途とパフォーマンスはよく似ている。売れ筋だったGTX1060の後継モデルであると考えると人気があっても不思議ではない。ミドルクラスであるため、プレイできないゲームは存在しない。ただし、WQHDなどの高解像度には対応してないので注意が必要だ。

Core i5-9400(CPU)

i5-9400seinou

CPU性能はお世辞にも高いとは言えない。ゲームに差し支えるようなことは少ないものの、ボトルネックとなる可能性はある。数年後にグラフィックボードを交換した時、恐らくCPUが足かせとなるだろう。

既存のゲームであれば問題なくプレイできる。しかし今後登場するゲームには対応しにくい。このモデルで5年10年と考えているのであればおすすめしない。とりあえず今だけ対応できればよく、今後のことはそのときになって考えるという方向けだ。予算を抑えたい学生の方におすすめ。

総合性能

NEXTGEAR-MICRO im610SA3

ゲームへの対応力はまずまず。標準設定前後であれば快適にプレイできる。快適の基準は人によって異なるため、低設定に下げることも視野に入れて選択したい。フルHD環境であればプレイできないゲームはないため、ストイックなユーザーやライトゲーマーにおすすめだ。

NEXTGEAR-MICRO im610SA3の概要

ミドルクラスのゲーミングPCの一つ

GTX 1660×i5-9400を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。フルHD環境を前提とするならこれ以上ないモデルだと言えるかもしれない。設定を下げたとしてもWQHD以上でもゲームプレイは厳しいと考えておこう。

価格が税抜11万円台とRTXシリーズの登場で高騰しているゲーミングPC市場においては安価だ。ただし、特別安価な製品というわけではなく、特徴という特徴もないためおすすめしにくい。良くも悪くも平凡、平均的なモデルだ。今後の変化に期待するか、別の製品を候補にするほうが良いだろう。

コストパフォーマンスは悪くない、ただあと一歩足りない

非常に評価しづらいのは最低限の構成というわけでもなく、特別高いというわけでもない点。より優れた製品は他にもある。ただ、選択に値しないというわけでもなく、選んで失敗する製品でもない。

あくまでも、他に優れた製品があるのでこれを選ぶよりそっちのほうが良いというだけの話だ。ケースやブランドが好み、あるいはこだわりがあるのであれば選択してしまうのも悪くない。最近のG-tune製品は価格が非常に高くなっている中で、割とその上げ幅が控えめな製品であるim610SA3は無難な選択肢とも言えるだろう。

構成を考えれば割と適正価格に近いように感じる。ただ、元々の価格が安いため適正価格の差は小さいくともコストパフォーマンスは伸び悩む。最低限に近い構成でギリギリまで価格を下げようとしているのは分かる。

キャンペーンで評価が大幅に向上 2019/09/13追記!!

あと一歩足りなかったモデルがキャンペーンで12,000円の値引きを行った。これにより価格と性能のバランスが取れ、非常におすすめしやすいモデルにまでなった。

GTX 1660搭載モデルの最安値クラスに入り、この価格帯でトップクラスの評価を得ている。予算がこのあたりであるならば、キャンペーン中に狙いたい。通常時はとてもじゃないがおすすめできない製品であるため今がチャンスだ。

似ているモデルとの比較

ブランド名NEXTGEAR-MGALLERIA
製品名im610SA3DJ
価格112,800円
(99,800円)
94,980円
CPUi5-9400i5-8500
GPUGTX1660GTX1660
メモリDDR4-2400 8GBDDR4-2666 8GB
SSD240GB非搭載
(240GB)
HDD1TB1TB
電源500W BRONZE
(500W GOLD)
400W BRONZE
(500W BRONZE)
マザーボードB360H310
公式公式公式
詳細当ページ詳細
ここをチェック!!

比較になるのはGALLERIA DJだ。キャンペーン中は価格が近くなり、CPU性能は同等でも電源とチップセットで上回るim610SA3はやや有利だ5,000円程度の差であるならば総合的に見てim610SA3を選択するメリットは大きくなる。

GALLERIA DJのチップセットH310は拡張性に乏しく、機能面では最低限に留まっている。その点B360は旧式であってもH310よりも拡張性と機能性が高いため長く使用しやすい。

im610SA3は元々9,000円価格が下がればGALLERIA DJよりも評価が上回る計算だった。そこに13,000円の値引き、電源のアップグレードが適用されたことで大きくリードした。期間限定ではあるが、今税抜10万円以下のモデルで一番熱いのはim610SA3だろう。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA2-Cを購入する<<<

管理人による総評

NEXTGEAR-MICRO im610SA3は、価格.comプロダクトアワード金賞受賞の後継モデルということを謳うゲーミングPCだ。コストパフォーマンスに優れるまとまった製品だと言える。この性能でこの価格であるならば、SSDのみのストレージが珍しくない。

そんな中、しっかりデュアルストレージ搭載なのは嬉しい構成だ。ゲームや作業にSSD 240GB,HDD 1TBの組み合わせは利便性が高い。標準程度の性能を持ち、価格をしっかり抑えたモデルであるim610SA3は今一番の狙い目だ。様々な要望に応えられる低価格モデルである。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA2-Cを購入する<<<

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
NEXTGEAR-MICRO im610SA2-Cで採用されているケースのレビューを行っている。どっしりとしたまさにゲーミングPCだと印象を与えてくれる。新しいケースで注目されている。

関連記事:G-Tuneミニタワーケースのレビュー・考察

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

NEXTGEAR-MICRO im610SA3の販売をしているショップとなっている。プロゲーマーとのコラボモデルやVR対応のコンセプトモデル等おもしろい企画を実施している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る