NEXTGEAR-MICRO im610SA4

当記事では、NEXTGEAR-MICRO im610SA4の評判とレビューをまとめている。GTX 1660 Ti搭載のゲーミングPCだ。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★★(対応)
fortnite
★★★★☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

性能に不安はなく、フルHD動作であれば多くのゲームを快適にプレイすることが可能だ。メモリ16GBの恩恵はミドル帯としては大きく、最新のゲームでも対応できる。

NEXTGEAR-MICRO im610SA4のスペック

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im610SA4
価格Windows 10 /164,800円
(送料・税込181,224円)
CPUCore i7-8700
GPUGeForce GTX1660Ti
メモリDDR4-2400 16GB
SSD240GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB360
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆2.9

NEXTGEAR-MICRO im610SA4の概要

新登場のGTX1660Ti搭載モデル

コストパフォーマンスが低いのは登場間もないこともあって価格安定していないことが要因。登場時はどうしてもコストパフォーマンスが悪くなるため、このモデルはまだまだこれからに期待したい。そういう意味では今選択するのは時期尚早というべきか、価格が下がるのを待つべきだろう。

ゲーミングPCとしては優秀であってもコストパフォーマンスはまだ低い。標準以上の評価となることはほぼ確実であるため、変化を待つが吉。必要十分にまとめられた構成から、税抜139,800円前後になると予想しているがどうなるか…。欲を言えば12万円台まで下げてもらいたいところだが、それは望み過ぎだろうか。

今後が未知数なモデル

近い将来このモデルに関しても価格が下がるだろうとは考えている。しかし、どこまで下げられるかが焦点となる。今現在の価格は、同シリーズのRTX2060搭載モデルと同じであり、少なくとも今ならそちらを選択したほうが良いだろう。

下位モデルのGTX1660の登場も待たれるため13万円台が良い着地点、現実的なところでは14万円台か…。12万円台の可能性も否定できず、どうなるかは未知数である。それは最近のG-tuneの動向がつかみにくいことも影響している。ゲーミングPCとしてはまずまずまとまったモデルであるため、期待値は意外と高いのかもしれない。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA4を購入する<<<

似ているモデルとの比較

ブランドNEXTGEAR-MICROGALLERIAGALLERIA
画像im620galleriaxggalleriaxg
製品名im610SA4XTZT
ケースミニミドルミドル
価格164,800円129,980円169,980円
CPUi7-8700i7-8700i7-9700K
GPUGTX1660TiGTX1660TiGTX1660Ti
メモリDDR4-2400 16GBDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSD240GB500GBNVMe 500GB
HDD1TB1TB2TB
電源500W BRONZE500W BRONZE650W BRONZE
マザボB360H370Z390
公式公式公式公式
現時点ではかなり厳しい比較となる。価格的にはGALLERIA ZTに近いが構成面では大きく引き離されている。同様に、構成面ではGALLERIA XTに近いが価格面で35,000円という大差がある。

これはG-tune製品が高いというわけではなく、GALLERIAシリーズの展開から1~2ヶ月遅れて販売を開始したことやGTX1660Tiの価格が安定していないためだ。今はこの2製品に遠く及ばないが、時間が経てば同等に近いモデルとなっていくと考えている。

現時点ではおすすめできないものの、期待値はこの2製品を上回っている。もっとも、それは過剰な期待とも取れる。それでもG-tuneの本気が見れるのはミドルクラス、このGTX1660Ti搭載モデルであるはずだ。

パソコンケースレビュー

nextgearmicro
NEXTGEAR-MICRO im610SA4では、G-Tune自慢のミニタワーが採用されている。光学ドライブが非搭載となっているが、必要ならオプションで追加可能。

ただ、今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど必要性はないと考えている。パソコンケースもどんどん進化してきていると言える。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

管理人による総評

当該モデルに関してはコストパフォーマンスが2.9と低いことからもそれほどおすすめのモデルではないということが伝わるだろう。GTX1660Ti自体が登場間もないことも要因の一つだが、致命的となっているのはG-Tuneの全モデルで謎の値上げが行われたことにある。これによって他のBTOメーカーと比べた優位性がなくなってしまった。2019年5月上旬の時点でG-Tuneのモデルを購入するのはおすすめしない。

ただし、製品自体が悪いわけではない。あくまでもコスパが悪いということだ。具体的には同じ構成なら35,000円ほど安く購入できる。これならいくらブランドやケースに魅力を感じても選択する理由は薄いだろう。性能自体は最新のGTX1660Tiを搭載しているだけあって人気が高い。FULL HD環境で快適にゲームをプレイすることができる。将来性も高くしばらくは安泰だろう。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610SA4を購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピューター)の評判まとめ

を販売しているショップの評判を解説している。当サイトとのコラボモデルやプロゲーマーとのコラボモデルなど色々なモデルを販売している。見ているだけで楽しめるだろう。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る