NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD

当記事では、NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDの評判とレビューをまとめている。GTX16シリーズが登場しリニューアルされた。ミドルクラスのゲーミングPCとしては理想的な一台に仕上がったと言える。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
fortnite
★★★★☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ほぼ全てのゲームを高い設定でプレイすることが可能。ゲームによっては最高設定でも安定した動作も可能であり、ミドルクラスの王道的な性能となっている。

NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDのスペック

ブランド名NEXTGEAR-MICRO
製品名im610GA1-TD
価格Windows 10 /134,800円
(送料・税込148,824円)
CPUCore i7-9700
GPUGeForce GTX1660Ti
メモリDDR4-2400 16GB
SSDNVMe 256GB
HDD2TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB360
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0オーバー!!
およそ税込み15万円となっている。CPUには第九世代のCore i7-9700、GPUにはコスパの高いGTX1660Tiを採用。メモリ16GB、NVMe対応M.2 256GB、HDD 2TBの構成だ。電源ユニットには標準的な500W BRONZEを搭載。チップセットはB360で最新のものを搭載。コストパフォーマンスは10.0となっている。コラボモデルの中でもコスパが高い一台だ。

NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDの特徴

GTX1660Ti×i7-9700搭載モデル

GTX1660Tiを搭載したゲーミングPCだ。ミドルクラスに属している。FULL HDを得意とするグラフィックボードでSteamでも最も使用されているモデルだと言える。2019年の売れ筋になること間違いなしの一台だ!

CPUには第九世代のCore i7-9700を搭載し性能の底上げが行われている。価格帯的にも税抜き13万円台で購入しやすいと言える。最新のGTX16シリーズが登場しゲーミングPC全体の価格が上がっている中では魅力的な存在だろう。明らかにゲーミングPCの相場が上がっていて税抜き17万円のモデルも珍しくない。

最新第9世代i7-9700に換装し性能アップ!

価格据え置きで選びやすさそのままに、扱いやすくリニューアル。CPUをi7-8700から新登場のi7-9700に換装し、性能もコストパフォーマンス面もパワーアップした。i7-8700Kを上回る性能はミドルクラスの枠に収まらない。ゲームやそれ以外でもオールラウンドに対応でき、安定した動作が可能なモデルだ。

構成と価格と性能のバランスに優れる総合力の高いモデルだと言える。最新のCPUとグラフィックボード、そしてその性能を支える標準搭載のメモリ16GB。余裕のある保存領域を持つHDD 2TBと読み書き速度が魅力のNVMe対応SSD 256GB。

その性能と構成で価格を抑えるためにチップセットはB360を採用。im610GA1-TDの魅力を損なわないように吟味された総合力は随一。強力なライバルのいる価格と性能帯でCPUの恩恵から現在は一歩リードしている。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDを購入する<<<

通常モデルよりも割安

 コラボim610SA4差額
イメージim610im610-
価格134,800円164,800円+30,000円
CPUi7-8700i7-87000円
GPUGTX1660TiGTX1660Ti0円
メモリDDR4-2400 16GBDDR4-2400 16GB0円
SSDNVMe 256GB240GB+5,000円
HDD2TB1TB+5,800円
チップセットB360B3600円
電源500W BRONZE500W BRONZE0円
コスパ10.02.9-
通常モデルにも似た構成のゲーミングPCがラインナップにある。ただし、さすがに価格差がありすぎるため通常モデルはもう少し安くなるだろう。現時点での価格差は構成面も踏まえると40,800円となっている。さすがに通常モデルが高すぎる。コスパが10となっているのも納得できるだろう。

比較対象モデルを紹介

ブランドNEXTGEARGALLERIA
製品名im610GA1-TDXT
ケースミニミドル
価格134,800円129,980円
CPUi7-9700i7-8700
GPUGTX1660TiGTX1660Ti
メモリDDR4-2400 16GBDDR4-2666 8GB
(16GB)
SSDNVMe 256GB500GB
(NVMe 512GB)
HDD2TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザボB360B365
公式公式公式
ミドルクラスを代表するGALLERIA XTが比較対象として登場。総合力ではim610GA1-TDが上回る。しかし、GALLERIA XTは5,000円安く、キャンペーンで大化けする。i7-9700を採用しているim610GA1-TDのほうが現時点では上と言えるだろう。

GALLERIAシリーズがi7-9700を採用し始めるとこのリードは縮まるどころか逆転してしまう可能性が高い。性能では上回っているとは言え、NVMe対応SSD 512GBの存在は大きい。SSD容量と価格のGALLERIA XTか性能のim610GA1-TDかで選択するくらいで良いかもしれない。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDを購入する<<<

パソコンケースレビュー

nextgearmicro

NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDで採用されているのは、G-Tuneの新しいミニタワーだ。スタイリッシュなデザインで今風のケースとなっている。シンプルでかつ機能性も兼ね備えている。ただし、光学ドライブが非搭載となっているので注意して欲しい。必要ならオプションで追加可能。

今はWEB上でドライバも入手できるのでそれほど光学ドライブの必要性は高くないだろう。パソコンケースは、デザイン面でも機能面でもどんどん進化してきていると言える。ユーザーの要望に応える形で変わっているのは事実だ。今後も2年から3年周期で変わっていくのかもしれない。

管理人による総評

グラフィックを強化したモデル

当該モデルは、シルバーモデルを一歩前進したイチオシのモデルとなっている。グラフィックの強化を図り、利便性が大きく向上したGOLDモデル。GTX1660Tiにアップグレードされ更にメモリも倍増の16GBを搭載している。SILVERをベースとしているだけに、上位互換となっている。

価格にさえ満足できれば、最強の座に君臨しているSILVERよりも優れた製品となるだろう。まさに、最強を一歩リードしたモデルであり、真の王者となり得る存在だ。その差は15,000円であるが、性能は変わらないのでユーザー次第ではあるが…。

高いコストパフォーマンスと多方面に対応できる。ゲーム専用のゲーミングPCとしてではなく更に対応力を増し、オールラウンドを目指したモデル。ゲームに特化し、更に仕事や作業にも力を発揮する。

対応力と利便性の高さが魅力

ミドルクラスのグラフィックボード、ハイクラスのCPUを搭載した当モデル。ゲームではミドルクラスのパフォーマンスで幅広く対応することが可能で、作業や動画編集等ではハイエンドクラスのCPUが長所となる。

このゲーム以外への対応力とNVMe対応のSSDによる利便性を兼ね揃えており、ゲーミングPCとしての完成度は高い。それは今でも変わらないが、ゲーミング用途で言えばNVMe対応のSSDはあまり力を発揮しないことから、器用貧乏なイメージもついて回る。

>>>NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TDを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ | 価格が安く取り扱いゲーミングPC数が多いショップ

im610GA1-TDを販売しているショップの評判を解説している。当サイトとのコラボモデルやプロゲーマープロデュースのモデルなど様々なモデルが販売されている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

その他あなたにおすすめの記事はこちら!