LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FB


当記事では、LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBの評判とレビューをまとめている。プロゲーミングチーム父ノ背中に所属しているけんき選手モデルだ。Rainbow six SiegeやFPSを中心にプレイしているチームだ。

動画投稿等も行っていてゲームに対する情熱を感じられるプレイヤーだ。そのけんき選手モデルということもあり、なかなかヘビーな構成を持つゲーミングノートはハードコアユーザーやゲーマー以外にも支持される最高峰のモデルと言えるだろう。

LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBのスペック

LEVEL-15FX064-i7-RFSS

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FB
液晶サイズ15.6インチ 144Hz
価格Windows 10 / 204,980円
CPUCore i7-9750H
グラボGeForce RTX 2070 mobile
メモリDDR4-2666 32GB
SSD1TB NVMe対応
HDD非搭載

>>>LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBを購入する<<<

LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBのゲーミング性能レビュー

GeForce RTX 2070 Mobile(グラフィックボード)

rtx2070mobileseinou

RTX 2070 Mobileのグラフィック性能はゲーミングノートの中では上位に位置しており、最新のゲームの要求スペックも楽々クリアできる。最高設定+144hzで快適にプレイできるゲームタイトルも多く、ノートタイプでゲームをプレイするならこのくらいのクラスがなくてはならない。プロゲーマーモデルの看板に偽りはなく、性能面はかなりしっかりしている。

Core i7-9750H(CPU)

Core i7-9750H-seinou

Core i7-9750Hは、RTX 2070 mobileと上手くバランスの取れるゲーミングノート最高峰のCPUだ。ゲーミングノートの場合はミドルエンド以上のグラフィック性能にはi7-9750Hクラスが必須となる。高リフレッシュレートに対応したモニターを活かせるので、FPSなどの細かな性能が必要になるゲームタイトルにも対応可能だ。ヘビーゲーマーも満足できる性能ため性能面に不安はない。

>>>LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBを購入する<<<

LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBの特徴&強み

ヘビーゲーマー仕様のクセのあるモデル

当該モデルは適正のあるユーザーを限定しているように感じる。初心者から上級者まで対応しやすいモデルの多いコラボレーションモデルの中では珍しい一台だ。例えばメモリ32GBはこの性能では使い切るのは難しく、動画撮影や配信を行うユーザーに少し恩恵がある程度だ。単にゲームをプレイするだけでは絶対に必要のない容量なだけに、ゲームプレイに留まらない用途に適している。

ストレージはNVMe対応SSD 1TBのみの強気な構成だ。ゲームやアプリケーションを高速で起動、読み込みできるストレージを大容量1TBにし、HDDを非搭載にしている。動画撮影したファイルは外付けのHDDなどに保存することを前提としたストイックな構成だ。

ゲームに高い適応力を見せる構成である一方、ゲーム以外ではやや無駄が目立つようにも感じる。LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBは完全にゲーミングに特化したモデルなので中級者以上のヘビーゲーマーにおすすめしたい。

コストパフォーマンスより実用性

これでも価格はかなり抑えられているように思う。ただ、抑える努力はされているものの、コストパフォーマンスよりも実用性に重点を置いたモデルであることは前述のメモリやストレージからも間違いない。

価格を抑えるよりもユーザーの身になって考えられたモデルである。万人受けするようなモデルではなく、一部の要望に強く応えられるモデルとして完成されたゲーミングノートPCだ。本来であればメモリ32GBは高解像度に対応しやすいので、構成を活かすのなら4Kモニターを採用してRTX 2080 mobile搭載したほうが製品としては人気が出ただろう。

それを敢えて価格を下げつつギリギリを攻めた結果、他では見られないゲーミングノートを完成させた。扱いにはややクセがあるので好みと需要はかなり分かれることになるはずだ。こんなモデルがあればいいなという要望に応えられる玄人好みのモデルと言えるだろう。

>>>LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBを購入する<<<

本体のレビュー

正面

leveln-syoumen正面からの画像だ。黒色を基調としたモデルとなっている。スリムベゼル液晶搭載で視認性が高い。サイズに対して液晶は大きく感じられる。また、シンプルなデザインのおかげで使用する場所や人を選ばないのは嬉しい。

側面

leveln-sokumen側面にはUSB端子、マイク端子がある。また、本体内部を冷やすための排気口もしっかり設けられている。作り込まれたエアフローによってハイクラスなモデルにも対応可能だ。

電源パネル

leveln-temae本体裏側には電源端子、ディスプレイ出力が備えられている。本体の手間にはカードリーダーが配置されている。

天板

leveln-tenban天板にはシンプルにLEVEL∞のロゴが映える。ゲーミングPCらしくクールな印象を与えてくれる。

底面

leveln-soko底面には排気口がたくさん設けられている。CPUやグラフィックボードをしっかり冷やすことが可能だ。

キーボード

leveln-keyboardゲーミングキーボードというよりは一般的なキーボード寄りだと言える。RGBのコントロールができ、好きな色に変更することが可能だ。タッチパッドが左寄りにあるのは実用性を考えた結果となっている。

付属品

leveln-fuzokuhinオーソドックスなACアダプターが付属。2つに分かれているため持ち運びも容易だ。重さがあるためかばんは必須だろう。

>>>LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBを購入する<<<

管理人による総評(ここだけチェック!!)

プロゲーマーけんき選手モデルということでユーザーも相応のモデルを期待する。それなりにしっかりしたモデルに仕上げなくてはならない中、売れ行きよりも独自性を貫いた個性溢れるゲーミングノートPCとして登場した。

けんき選手のファンなら購入を検討してしまうかもしれない。しかし、かなり個性と偏りのあるモデルであるため安易な選択はおすすめできない。もちろん、性能と構成が好みであったり、求めていたものであれば問題はない。ファンであるという盲目的な理由で選択すると、無駄になってしまう性能があるので勿体ない。

FPSゲーマーとして有名なけんき選手は、コラボレーションモデルもFPSをプレイすることを前提としたような構成に組んでいる。こういうところに選手の個性や特徴が反映されているのがコラボレーションの面白いところでもある。ノートタイプでFPSをプレイすることに抵抗があったり、先入観から避けていたユーザーもこれだけしっかりした性能があれば安心だ。構成を上手く扱うことができれば、これ以上の製品は存在しないだろう。

当然FPSに限らずゲーム全般快適にプレイできるスペックはあるので、幅広くゲームをプレイしたいユーザーにも適していると言えるだろう。現時点では32GBのメモリは扱いにくい。今後16GBでは不足するゲームが登場した時は対応しやすいかもしれないが、その頃には性能が不足することになることが予想できるほど先の話である。選びやすい反面おすすめしにくいのがLEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBというモデルである。

>>>LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBを購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ

LEVEL-15FR102-i7-TOZX-FBを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る