LEVEL-C046-LCiX7-RWXtop


当記事では、LEVEL-C046-LCiX7-RWXの詳細レビューを行っている。RTX 2070 SUPER×i7-10700搭載のキューブ型ゲーミングPCだ。水冷CPUクーラーを搭載していて発熱対策もばっちりだと言える。高負荷環境でのゲームプレイを考えている方にも最適だ。

LEVEL-C046-LCiX7-RWXのスペック解説

LEVEL-C046-LCiX7-TWXsyoumen

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-C046-LCiX7-RWX
価格Windows 10 / 144,980円
CPUCore i7-10700(水冷クーラー)
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源700W GOLD
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★★☆8.6

>>LEVEL-C046-LCiX7-TWXを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-C046-LCiX7-TWXのゲーミング性能

LEVEL-C046-LCiX7-RWXseinou

ハイクラスの性能を持つゲーミングPCだ。RTX 3070が登場したことで、RTX 2070 SUPER自体旧世代の型落ちGPUとなった。それでも、今なお高い性能とコストパフォーマンスで人気が高い。Core i7-10700との組み合わせはベストバランスだ。フルHDでのゲームプレイに最も適した性能と言える。

国内ではフルHD+高リフレッシュレートが一般的になりつつある。その環境でのゲームプレイを想定しているなら、まずは候補に加えたい性能と言える。CPUには水冷クーラーが搭載されているため、パフォーマンスが低下しづらい。RTX 2070 SUPERの性能を引き出すには高い負荷が掛かる。ハイクラス以上のゲーミングPCには、CPUの冷却は大きな課題となる。

その問題を解決できているというだけで、ハイクラスのゲーミングPCの中でも頭一つ抜ける存在だ。ゲームを快適にプレイするための装備は整っている。性能面に不安要素はなに一つない。グラフを見て分かるように、既存のゲームに対しては余裕がある。これから登場するゲームに対しても同様だ。しばらくの間、性能不足に陥るようなことはない。この対応力の高さこそ、ハイクラスが選ばれる理由だ。型落ちとなったことは価格が下がっただけで、プラスに働いている稀有な例だ。

>>LEVEL-C046-LCiX7-TWXを購入<<

LEVEL-C046-LCiX7-RWXの特徴&強み

水冷クーラー搭載で一つ上の快適性を実現

LEVEL-C046-LCiX7-RWXの特徴は、何と言っても水冷クーラーの存在だ。Core i7-10700に水冷式が必要かと言われるとそうでもない。しかし、負荷が掛かる場面でのパフォーマンスに与える影響の差は歴然である。なくても困らないが、あると助かるものだ。カスタマイズでの搭載はあまり推奨していない。これが標準搭載というのは強みだ。

水冷クーラー標準搭載のゲーミングPCは数あれど、そのほとんどが高価なモデルだ。そのショップのシリーズ最上位クラスでなければ標準ということはない。CPUの冷却に関しては性能帯トップクラスだ。CPUの冷却効果が高いとパフォーマンスが安定する。CPUは熱が一定以上になると、破損を防ぐために性能を落として熱の発生を抑える。この機能が働ければ体感できるほどの性能低下が表れることもある。

このマイナスを抑えることができるだけで、冷却効果の重要性は伝わるはずだ。これはゲームに限った話ではない。ゲーム以外での作業ではゲーム以上にCPUに負荷が掛かるものもある。例えば、動画のエンコードだ。通常のCPUファンであれば、これまで聞いたこともない音量を醸し出すほどCPUに負荷が掛かる。

水冷クーラーにもファンは搭載されているが、その音量は通常のCPUファンの比ではない。静音性に関しても高い効果を得られる。既存のゲームでは恩恵を受けにくくても、これから登場してくるゲームは要求スペックも高くなっていく。その時に水冷クーラーであるメリットが最大限活かされる。幅広くゲームをプレイするユーザーに適している。LEVEL-C046-LCiX7-RWXは選びやすい価格と機能性を両立した優秀なモデルである。

コンパクトケースは好みが分かれる

LEVEL-C046-LCiX7-RWXは省スペース性に優れるコンパクトケース採用モデルだ。ミドルクラス以下の性能であれば、省スペース性はメリットの方が大きい。しかし、ハイクラスとなると相応のデメリットもついてくる。まずは拡張性だ。高性能なゲーミングPCを運用する上で、拡張性に乏しいことは大きなマイナスになりやすい。一つはストレージを増設しにくいこと。外付けのストレージで対応するにも、アクセスがUSBを通すので少し遅い。

対策はあっても、快適性は少し損なわれる。幅広くゲームをプレイするユーザーには、500GBのSSDだけでは難しい。コンパクトケースはその名の通りコンパクトであるため、増設を行うと内部スペースがほとんどなくなる。そうするとエアフローが弱くなり、排熱性能も低下してしまう恐れがある。CPUの冷却効果は高くても、パソコン内部の熱に弱いデメリットが大きくなる。

また、大型のグラフィックボードを搭載しても同様のことが起こり得る。増設やカスタマイズを考えていないのであれば、デメリットとならない。その特性から、ヘビーゲーマー向けのモデルであるが、ライトゲーマーのような運用が適している。少し扱いの難しいモデルだ。

一方で、省スペース性に関してはスリム型よりも総容量は小さくなる。置き場所を考えなくてよいことを何よりも重視するユーザーもいるだろう。ゲーミングPCとして運用するなら、スリム型よりも場所を問わず安定するコンパクトケースが人気だ。やや人を選ぶケースなので、これらのデメリットや特性を受け入れられるならおすすめだ。

また、コンパクトケースやスリム型のような省スペース性に長けたケースはRTX 2070 SUPERが上限だ。それ以上になると熱対策が難しくなる。LEVEL-C046-LCiX7-RWXは電源の規格をGOLDにして、変換効率を上げて使用率を抑えている。水冷クーラーと電源での対策を取っていても万全とは言えない。これ以上の性能となればなおさらだ。LEVEL-C046-LCiX7-RWXはコンパクトケース採用の最上位モデルと言える。好みはわかれるが、優秀なモデルであることは間違いない。

>>LEVEL-C046-LCiX7-TWXを購入<<

パソコンケースレビュー

正面

LEVEL-C046-LCiX7-TWXsyoumen他のメーカーにはないデザインとなっている。シルバーの配色が高級感を演出している。ミニタワーよりも一回りコンパクトでデスクの上に設置しても違和感がない。

前面下部

LEVEL-C046-LCiX7-TWXkyuki前面下部には吸気口が設けられている。前面吸気・後方排気とオーソドックスなエアフローを採用。全面の吸気口内部のLEDをカスタマイズで変更することができる。

背面

LEVEL-C046-LCiX7-TWXback背面はぎゅっと凝縮されている印象を受ける。背面を見ても本体が小さいことがわかるだろう。後方の排気口の奥には電源ユニットが配置されている。熱を排出しやすい構造だ。

左側面

LEVEL-C046-LCiX7-TWXleft左側面はシンプルだ。

右側面

LEVEL-C046-LCiX7-TWXright右側面も左側面と似たデザインだ。ただし、右サイドにI/Oパネルが配置されている。やや使いづらさを感じてしまうかもしれない。

I/Oパネル

LEVEL-C046-LCiX7-TWXiopanelI/Oパネルは本体の右側にまとめられている。電源ボタン・USB 3.0端子×2・ヘッドホン入力・マイク入力端子が配置されている。

競合モデルとの比較

ブランド名LEVEL∞LEVEL∞
イメージLEVEL-C046-LCiX7-TWXsyoumenLEVEL-C046-LCiX7-TWXsyoumen
製品名LEVEL-C046-LCiX7-RWXLEVEL-M049-iX7-RWS
価格144,980円145,980円
CPUCore i7-10700
(水冷)
Core i7-10700
GPURTX 2070 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB480GB
HDD非搭載非搭載
電源700W GOLD700W BRONZE
マザーボードB460Z490
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は同じパソコン工房のLEVEL-M049-iX7-RWSだ。ミニタワー採用であること以外は近い構成を持つモデルだ。価格も近いので比較対象として最適である。LEVEL-C046-LCiX7-RWXが優れている箇所は、水冷クーラー採用とSSD規格と電源規格だ。価格差は1,000円なので価格は同等と考えたい。一方のLEVEL-M049-iX7-RWSはチップセットと拡張性に優れている。

ただし、拡張性と省スペース性はトレードオフであるので比較にしづらい。省スペース性と総合的な評価ではLEVEL-C046-LCiX7-RWXだ。全体的なバランスはLEVEL-M049-iX7-RWSに分がある。水冷や省スペース性に魅力を感じるか、ミニタワーに魅力を感じるかの違いと見ておけば問題はない。増設などを考えていないならLEVEL-C046-LCiX7-RWXの方をおすすめしたい。

管理人による総評(LEVEL-C046-LCiX7-RWX)

LEVEL-C046-LCiX7-TWXsyoumen

LEVEL-C046-LCiX7-RWXは、RTX 2070 SUPER×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。CPU水冷クーラーを採用しているのがポイントとなっている。排熱性能が行いにくいキューブ型モデルでは理想的な形だと思う。RTX 2070 SUPERは旧モデルながら今でも通用する高いゲーミング性能を持つ。FULL HD環境を基準にすれば最新モデルにも対応できる。高リフレッシュレートでのゲームプレイを実現させることが可能だ。14万円という価格も絶妙でおすすめ度は高い。

価格CPUグラボ
144,980円Core i7-10700RTX2070 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ

LEVEL-C046-LCiX7-RWXを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。