LEVEL-G059-LC117K-UAXtop


当記事では、パソコン工房「LEVEL-G059-LC117K-UAX」の詳細レビューをまとめている。RTX 3070 Ti×Core i7-11700K搭載の最新ゲーミングPCだ。意外と価格が抑えられていてコストパフォーマンスは高い。CPUには珍しいCore i7-11700Kを搭載しているのもポイントだ。より高みを目指せる構成だと言える。

LEVEL-G059-LC117K-UAXのスペック解説

LEVEL-G03A-LCi9KS-XYVI

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-G059-LC117K-UAX
価格Windows 10 / 252,978 円(税込)
CPUCore i7-11700K
グラフィックボードGeForce RTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ590
コスパ★★★★★★★★★★10.0over!!

>>LEVEL-G059-LC117K-TAXを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-G059-LC117K-UAXのゲーミング性能

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce RTX 3070 Ti(GPU)

rtx3070tiseinou

GeForce RTX 3070 Ti、Ampere世代の中でも後発のグラフィックボードだ。RTX 3070よりも性能が強化されたモデルだと考えるとわかりやすい。グラフィックボード単体で見ると割高だが、BTOパソコンに搭載するとRTX 3070搭載モデルと同程度の価格に落ち着く。つまり、より高い性能を得られるということだ。メインターゲットをWQHDとしつつ、タイトルによっては4Kでのゲームプレイも視野に入る。将来性も高く長期的に見ればコストパフォーマンスは高い。レイトレーシングやDLSS性能は上位のRTX 3080と比べるとやや物足りなさがある。

Core i7-11700K(CPU)

i711700k-seinou

Core i7-11700Kは、Intel第11世代の高パフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドと従来のCore i7-10700Kと同じスペックながらCPUコアの改良でパフォーマンスが向上している。クロック周波数も高く定番のCore i7-11700よりも高い性能を得られる。動画編集・画像編集などの負荷の掛かる作業を考えている方に最適だ。オーバークロックもできるのでおおよそPC作業で行うことに対応できる。性能不足に悩んでいる方は検討する価値がある。

総合性能

LEVEL-G059-LC117K-UAXseinou

LEVEL-G059-LC117K-UAXはCore i7-11700KとRTX 3070 Tiを搭載した最新のハイクラスゲーミングPCだ。その性能はもはやハイエンドモデルと言っても過言ではない。通常のハイクラスよりも高解像度への対応力を増したモデルだ。RTX 3070 Tiのゲーム性能はフルHDではRTX 3070と大きく変わらない。

その性質から、高解像度を想定していなければ魅力は薄い。万人におすすめできるのがハイクラスだったが、最新モデルは少し人を選ぶ。フルHDを中心に考えているならあえて選ぶ意味はないかもしれない。一方で、高解像度を想定しているなら今最もおすすめしたい性能である。

>>LEVEL-G059-LC117K-TAXを購入<<

LEVEL-G059-LC117K-UAXの特徴&強み

コストパフォーマンス抜群のハイクラス

LEVEL-G059-LC117K-UAXは、最新のRTX 3070 Tiを搭載したゲーミングPCだ。RTX 3070 Tiが登場した時、その価格設定から敬遠されていた。これがRTX 3070に並ぶ価格にまで落ち着くと人気が爆発し始めた。参考までにRTX 3070搭載の「LEVEL-G059-LC117K-TAX」は248,578円で販売されていた。RTX 3070 TiはRTX 3070に対して性能に大きなアドバンテージはない。これまでは価格相応の性能差として評価されてきたが、RTX 3070搭載モデルと価格が並んだことで上位互換のような扱いに変わった。

今ではハイクラスと言えばまずはRTX 3070 Ti搭載モデルをチェックした方がいいくらいだ。LEVEL-G059-LC117K-UAXのコストパフォーマンスはRTX 3070 Ti搭載モデルの中でも優れたものがある。Core i7-11700KとRTX 3070 Tiの組み合わせはベストマッチと言える。性能面でRTX 3070 Tiの性能を上手く引き出している。電源は800W TITANIUMを採用し、消費電力の不安をカバーしている。

構成も性能を活かすようにできているのは評価が高い。性能の高いモデルは消費電力が高くなりやすい。そうすると発熱量も増える。特にCore i7-11700Kはオーバークロックに対応したCPUだ。チップセットもZ590採用でオーバークロック可能だ。CPUの負担を軽減する水冷ファンの存在はありがたい。

オーバークロックをしなくてもCPU性能を安定させられるので恩恵はある。LEVEL-G059-LC117K-UAXはハイクラスの中でも充実した装備を持つモデルだ。RTX 3070 Ti搭載モデルを探しているならまずはチェックしておきたい。最新のハイクラスの弱点をカバーできるモデルとしておすすめしやすい。

メモリのカスタマイズが有用

LEVEL-G059-LC117K-UAXのように、非常に高い性能を有するモデルはメモリ容量が重要だ。特に高解像度への対応力に秀でたモデルには32GBのメモリは視野に入れたい。メモリ容量が大きくなることで、スムーズな処理が可能になる。4K解像度でのゲームプレイなどを想定しているならメモリのカスタマイズがおすすめだ。もちろん、自分で増設するのもありだが、増設の場合はそのメモリはパソコン工房の保証対象外になる。

修理に出すときは増設したパーツを外さなければならない。パソコン工房のカスタマイズ費用は比較的安価である。保証という安心を買う意味でも、高価なモデルはカスタマイズを推奨している。パソコン工房のカスタマイズは幅が広い。細かな箇所までカスタマイズできる。

自分が強化したい箇所のカスタマイズもきっとできるはずだ。最も変更されるのは電源だ。LEVEL-G059-LC117K-UAXの電源は800W TITANIUMなので変更は必須ではない。440円で追加できるM.2 Shieldの効果はそこまで大きくない。しかしながら、価格が非常に安価なのでついでに追加されることが多い。追加してマイナスになるわけではないので、少しでも冷却性能が向上することを期待するのはありだ。

パソコン工房は基本的にダウングレードができない。水冷ファンが苦手でも、空冷式に変更できないなどマイナス要素と言える部分がある。ある程度構成がしっかりしていることでコストが掛かっている。不必要な箇所を削ることができないので上級者にとっては不満かもしれない。強化しかできないので弱点のカバーを中心に補う形がパソコン工房のカスタマイズである。

>>LEVEL-G059-LC117K-TAXを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名LEVEL∞GALLERIA
イメージLEVEL-G03A-LCi9KS-XYVIGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名LEVEL-G059-LC117K-UAXXA7C-R37 11700
価格252,978 円(税込)249,980円(税込)
CPUCore i7-11700K(水冷)Core i7-11700
GPURTX 3070 TiRTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
HDD非搭載非搭載
電源800W TITANIUM850W GOLD
チップセットZ590H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はドスパラのGALLERIA XA7C-R37Tだ。価格面では僅かなアドバンテージがある。しかし、CPU・ファン・電源規格・チップセットでLEVEL-G059-LC117K-UAXが上回る。価格差は3,000円程度なのでLEVEL-G059-LC117K-UAXをおすすめする。

ここからGALLERIA XA7C-R37Tの価格がさらに下がるかもしれない。価格差が12,000円以上つけばGALLERIA XA7C-R37Tにも分がある。価格差がそれよりも狭い間はLEVEL-G059-LC117K-UAXを強く推奨したい。

LEVEL-G059-LC117K-UAXのケース概要

正面

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-front1ゲーミングPCの中でも珍しいフルタワーケースとなっている。シンプルで高級感のあるデザインだ。正面にあるLEVEL∞のロゴが映える。どっしりとした印象を与えてくれる。

フロントパネル

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-frontフロントパネルはワンクリックで開けることができる。すぐに光学ドライブにアクセスすることが可能だ。デザイン性・実用性がしっかりと両立できている。

I/Oパネル

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-iopanel本体上部にI/Oパネルが配置されている。USBやヘッドフォン端子がまとめられていて利便性が高い。デスクの下に本体を置くのであれば上部にI/Oパネルがある方が便利だろう。ただし、ケーブルの取り回しに気を付けないと接触不良を起こしてしまう可能性がある。

背面

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-back背面はかなりシンプルだ。USBなどのI/Oパネルが配置されている。大型ファンが見える。

右側

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-right本体右側には空気孔が設けられている。非常にシンプルだが機能面も考えられている。やはりハイクラスのモデルが前提となっているケースなので当然だろう。

左側

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-left左側は特に指摘するところはない。赤色のフロントパネルが映える。

管理人による総評(LEVEL-G059-LC117K-UAX)

LEVEL-G03A-LCi9KS-XYVI

LEVEL-G059-LC117K-UAXは、RTX 3070 Ti×Core i7-11700Kを搭載したゲーミングPCだ。比較的新しいRTX 3070 Tiを搭載しながら価格が抑えられているのは嬉しい。今後値上がりしてしまう可能性もある。CPUにはCore i7-11700Kを搭載していて不足はない。ゲームプレイからクリエイター作業までオールラウンドに対応できる。ゲームプレイならWQHD環境以上にも対応できるポテンシャルを持っている。性能面において妥協することなく楽しめるはずだ。

価格CPUグラボ
252,978円(税込)Core i7-11700KRTX3070Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!