LEVEL-G059-LC117K-VAXtop


当記事では、パソコン工房「LEVEL-G059-LC117K-VAX」の詳細レビューをまとめている。最新のIntel第11世代のCore i7-11700Kを搭載したゲーミングPCだ。高いCPU性能はハイエンドのRTX 3080を支えるのに最適だと言える。4K解像度や高リフレッシュレートを実現する上で心強い。メモリ容量を32GBまでアップグレードさせればより適正が向上する。税抜表記から税込表記に変わっていることに注意してほしい。

LEVEL-G059-LC117K-VAXのスペック解説

LEVEL-G03A-LCi9KS-XYVI

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-G059-LC117K-VAX
価格Windows 10 / 293,678円(税込)
CPUCore i7-11700K(水冷ファン)
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源800W TITANIUM
マザーボードチップセットZ590
コスパ★★★★★★★★★☆8.5 暫定値

>>LEVEL-G059-LC117K-VAXを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-G059-LC117K-TAXのゲーミング性能

LEVEL-G059-LC117K-VAXseinou

LEVEL-G059-LC117K-VAXは、最新のCPU Intel第11世代のCore i7-11700Kを搭載しているゲーミングPCだ。非常に強力な性能を有し、登場前の情報(Forbes, 2021)ではCore i9-10900以上のパフォーマンスとされている。ゲーム用途においてはRTX 3080の性能を引き出しやすいのでおすすめの組み合わせだ。RTX 3080は4K解像度がターゲットのハイエンドクラスのグラフィックボードだ。その高すぎる性能がゆえになかなかCPUとのバランスを取るのが難しかったのだ。また、水冷CPUファン搭載でパフォーマンスの低下を防ぐことができる。

あとはメモリが32GBあれば完璧だった。それでも既存のゲームをプレイするには十分過ぎる性能である。FF14は4Kでも最高設定で安定させられる。4K解像度でのゲームプレイを前提としているだけあって、フルHDであればどんなゲームも快適にプレイできる。例えばフォートナイトであれば、フルHDなら360Hzでのゲームプレイが可能だ。Apex Legendsなら240Hzを目指せる。LEVEL-G059-LC117K-VAXはワンランク上の環境を構築できる次世代のハイエンドモデルである。

>>LEVEL-G059-LC117K-VAXを購入<<

LEVEL-G059-LC117K-VAXの特徴&強み

暫定ながらトップクラスの評価を持つ一台

LEVEL-G059-LC117K-VAXは、現時点でトップクラスの評価を得たゲーミングPCだ。現在BTOパソコンは全体的に価格が高騰している。価格はなかなか安定せず、BTOパソコンを選択するタイミングは難しくなる一方だ。そして、RTX 3080は供給が不安定で品薄状態が続いている。RTX 3080搭載モデルはゲーミングPCの中では最も選びにくいモデルになってしまった。

LEVEL-G059-LC117K-VAXも例に漏れず、税込30万円近くにまでなっている。BTOパソコン全体の価格高騰、RTX 3080の割高な価格、最新CPUの割高な価格の3つが重なった。本来であればコストパフォーマンスは最悪レベルになるはずだった。それが暫定ながら非常に優秀な評価になっている。これは、登場前の評価値及び高騰後の価格を加味した評価だからだ。過去に例のない高騰により、従来通りの基準で評価を行うことができない。

Intel第11世代とIntel 500シリーズのチップセット搭載モデルに限り、価格や供給が落ち着くまで今に最適化した評価である。評価は単純に底上げされているわけではない。Intel 500シリーズのチップセットはPCI-e 4.0、DDR4-3200へ対応している。これはIntelユーザーが待ち望んだものであり、ユーザーにとってはメリットしかない。このチップセットの評価がコストパフォーマンスに大きな影響を与えている。

Core i7とRTX 3080を組み合わせたモデルが税込約30万円と聞けば高く感じるかもしれない。しかし、最新のCPUとチップセットを搭載しているならあながち悪いものでもない。これまでのような、CPUに合わせるだけのチップセットではなく、しっかり機能面の向上を図っている。そこを評価できればLEVEL-G059-LC117K-VAXの評価は妥当に思える。

カスタマイズで完成度を高められる

パソコン工房はカスタマイズに掛かる費用が比較的安価なショップだ。LEVEL-G059-LC117K-VAXは少し変更を加えることで完成度を高められるモデルとなっている。例えばメモリを倍増の32GBへ変更する。1万円ほどで変更可能で、RTX 3080の性能を引き出しやすくする。また、Core i7-11700Kの対応力の広さを活かすこともできる。第10世代と比べて処理性能は大幅に伸びた。メモリのカスタマイズはCPUとGPUの両方によい影響を与えるカスタマイズだ。

その他HDDの追加もありだ。CPU性能を最大限活かすと保存領域に余裕が欲しくなる。CPU性能の向上により、できるのことの幅は広がった。ゲーム配信・動画投稿・編集・クリエイター作業など用途を選ばない。動画の撮影を行うのであればHDD 1TB以上は追加しておきたい。ゲームやアプリケーションの保存をメインとするなら、あえてSSDを追加するのもよさそうだ。

デュアルSSDはあまり見かけないが実用性は非常に高い。1万円ほどでNVMe対応SSD 500GBの追加ができる。デュアルM.2になると流石に熱が気になる。パソコン工房ではM.2 SSDの冷却グッズにM.2 Shieldが選択できる400円と安価で放熱効率を上げられる。ただし、他ショップでは標準で搭載されることもあるので、安価であってもお得なカスタマイズとは言えない。

PCI-e 4.0に対応したことで、メインストレージのNVMe対応SSD 1TBをPCI-e 3.0から4.0への変更もできるようになった。6,000円ほど掛かること、恩恵としてはそこまで大きくないことから必須ではないが、チップセットZ590を搭載しているなら、体感しておきたいものでもある。LEVEL-G059-LC117K-VAXはカスタマイズで個性を出しつつ完成度を高められるモデルだ。選択前に一度カスタマイズ項目はチェックしておきたい。

>>LEVEL-G059-LC117K-VAXを購入<<

似ているモデルとの比較

現在Intel第11世代搭載モデルの比較は行っていない。登場間もないことで、価格やラインナップがまだ安定していない。BTOパソコン全体の高騰もあり、なかなか比較を行いづらい。ある程度ラインナップが拡充され始めるまでは様子見も兼ねて比較の掲載は控える。安定し始めたと判断した時点から随時更新していくので待っていてほしい。

LEVEL-G059-LC117K-VAXのケース概要

正面

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-front1ゲーミングPCの中でも珍しいフルタワーケースとなっている。シンプルで高級感のあるデザインだ。正面にあるLEVEL∞のロゴが映える。どっしりとした印象を与えてくれる。

フロントパネル

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-frontフロントパネルはワンクリックで開けることができる。すぐに光学ドライブにアクセスすることが可能だ。デザイン性・実用性がしっかりと両立できている。

I/Oパネル

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-iopanel本体上部にI/Oパネルが配置されている。USBやヘッドフォン端子がまとめられていて利便性が高い。デスクの下に本体を置くのであれば上部にI/Oパネルがある方が便利だろう。ただし、ケーブルの取り回しに気を付けないと接触不良を起こしてしまう可能性がある。

背面

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-back背面はかなりシンプルだ。USBなどのI/Oパネルが配置されている。大型ファンが見える。

右側

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-right本体右側には空気孔が設けられている。非常にシンプルだが機能面も考えられている。やはりハイクラスのモデルが前提となっているケースなので当然だろう。

左側

LEVEL-G03A-i9KF-XYVI-left左側は特に指摘するところはない。赤色のフロントパネルが映える。

管理人による総評(LEVEL-G059-LC117K-VAX)

LEVEL-G03A-LCi9KS-XYVI

LEVEL-G059-LC117K-VAXは、最新のIntel第11世代のCore i7-11700Kを搭載したゲーミングPCだ。RTX 3080との組み合わせはバランスがよくパフォーマンスを発揮しやすい。高解像度でのゲームプレイを考えている方は必見だ。メモリ32GBへのアップグレードをすればより高解像度での適性が向上するというメリットがある。

パソコン工房は比較的カスタマイズ費用が抑えられているのが嬉しい。将来性も高く長く使い続けたいなら選択して後悔はしないはずだ。ただし、性能がはっきりとしている状況ではないためもう少し待ってもよいかもしれない。当サイトでもレビューを行う予定だ。

価格CPUグラボ
293,678円(税込)Core i7-11700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

参照外部サイト一覧