LEVEL-M046-iX4-RJStop


当記事では、パソコン工房「LEVEL-M046-iX4-RJS」の詳細レビューを行っている。最新のCore i5-10400を搭載した注目の一台だ。グラフィックボードとの相性も良く今後に期待が持てる。14,000円の値引き実施で10万円を切ったのは大きい。

LEVEL-M046-iX4-RJSのスペック解説

levelrclass

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-M046-iX4-RJS
価格Windows 10 / 102,278円(税込)

・追記
Windows 10 / 116,468円(税込)

CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSD480GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★☆☆8.3

・追記
★★★★★☆☆☆☆☆4.8

値上げでも標準程度の評価は維持

LEVEL-M046-iX4-RJSは旧世代となり、値上げも重なって評価を大きく落としている。それでも標準程度の評価に留めているのはこのクラスのよさだ。控えめな性能や構成はコストが掛かりにくい。予算を抑えたいユーザーにとっては重要な要素だ。ただ、その一方で低価格帯のモデルの中には値上げされていないモデルも幾つか存在している。そういったモデルに対してLEVEL-M046-iX4-RJSはかなり苦戦を強いられることになる。Core i5-10400とGTX 1660 SUPERの組み合わせなら税込10万円台のモデルもある。価格、構成、性能のどれを取ってもリードを許している。そのため、現時点ではLEVEL-M046-iX4-RJSに選択するメリットはない。
しかしながら、パソコン工房はこういった状況でもキャンペーンを展開する力がある。これまでの傾向から旧世代のモデルはピックアップされやすい。価格で他に並べるポテンシャルはある。予算がこの辺りならチェックしておきたい。もしかすると、表記価格よりも安くなっている可能性がある。選択のタイミング次第ではお得なモデルに化けているかもしれない。税込価格が10万円台ならよし、10万円台を切ればおすすめのモデルになる。選択する際はこの価格を基準にしてほしい。
値上げ後に標準近い評価で踏みとどまったLEVEL-M046-iX4-RJSには期待できる。GTX 1660 SUPER搭載モデルに力を入れるショップが少なくなった。何とか販促を伸ばそうとしているLEVEL-M046-iX4-RJSはお得な変化に期待したい。

>>LEVEL-M046-iX4-RJSを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M046-iX4-RJSの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce GTX 1660 SUPER(グラフィックボード)

gtx1650super-seinou

GTX 1660 SUPERは、GTX 1660 Tiに代わるミドルクラスの代表的なグラフィックボードだ。GTX 1660とほぼ同等の価格でGTX 1660 Tiに近い性能とを持っている。そしてそれが最大の特徴だ。

性能とコストパフォーマンスを両立している。高リフレッシュレートでのゲームプレイはある程度対応することが可能だ。ただし、設定を下げることは必須だ。あくまでもミドルクラスで優秀なグラフィックボードである。

Core i5-10400(CPU)

gtx1660superseinou

Core i5-10400は、2020年5月20日に登場したばかりの最新のCPUとなっている。i5-9400の後継機にあたるi5-10400の性能は、i5-9600Kよりも高い。GTX 1660 SUPERと組み合わせても遜色がない。これまで通り、コストパフォーマンスを重視するユーザーはもちろん、性能も重視したいユーザーにもおすすめできる。

総合性能

LEVEL-M046-iX4-RJSseinou

LEVEL-M046-iX4-RJSは一世代前のオーソドックスな性能と言えるミドルクラスのゲーミングPCだ。現在もCore i5-10400とGTX 1660 SUPERの組み合わせは人気だ。性能を無駄にしない扱いやすさがある。ただ、プレイ環境はフルHDに限られる。WQHDや4Kには対応しにくい性能なのでその点は留意しておきたい。FF14でも4Kではかなり厳しい。LEVEL-M046-iX4-RJSの性能はフルHDでゲームを楽しむのに適している。人気のApex Legendsやフォートナイトは快適にプレイできる。また、本格的なプレイスタイルとして144Hzにも対応可能だ。フルHD環境であれば、多くのタイトルで高リフレッシュレートを実現できる。控えめな性能ながら、本格的なプレイスタイルにも対応できる汎用性がLEVEL-M046-iX4-RJSの魅力だ。

>>LEVEL-M046-iX4-RJSを購入<<

LEVEL-M046-iX4-RJSの特徴&強み

価格改定で評価上昇

LEVEL-M046-iX4-RJSは、2020年11月に14,000円の値引きを行った。この値引きはミドルクラスに大きな恩恵をもたらした。RTX 30シリーズ登場で、RTX 20シリーズ搭載モデルの価格は暴落した。一方で、次世代のミドルクラスはまだ発表されていない。そのため、ミドルクラスの値引きはあまり積極的に行われていない。

その中で、14,000円の値引きはミドルクラスに変革を促すには十分だった。ただし、LEVEL-M046-iX4-RJSは一度ラインナップから削除され、最近になって追加された。同じ型番であっても新登場のモデルとして扱われている。その流れから、値引きとは少し違うかもしれない。実際にはリニューアル再登場というところだろうか。それでも、ミドルクラスの型を破る価格設定は影響力が大きい。

これまで、低価格帯最強のMagnate MTに近い製品は存在しなかった。勝ることはなかったが、LEVEL-M046-iX4-RJSが非常に近い価格になった。独走にストップをかけるモデルの登場は誰もが待ち焦がれたものだ。対抗製品の登場で、双方の製品がよりよい変化してくれることに期待したい。上位GPU搭載モデルの価格が下がったことで、ミドルクラスの評価は思わしくなかった。

ミドルクラスの中心だった税抜12万円台にRTX 2060 SUPERやRTX 2070 SUPER搭載モデルが迫ってきたからだ。前述の通り、値引きも行われにくいこともあって、最近のミドルクラスは注目度が控えめだった。その中で大幅な値引きを引っさげて登場したLEVEL-M046-iX4-RJSは大きな意味を持っている。この値引きで評価を戻し、現行ではトップクラスのコストパフォーマンスとなった。低価格帯最強の背中を捉え、逆転も狙える位置にあることにこれからを期待したい。

王道すぎて特徴が少ないモデル

LEVEL-M046-iX4-RJSは、コストパフォーマンスに優れる低価格のゲーミングPCだ。しかし、それ自体は珍しいものではない。今現在の市場で見ればそうでなくても、かつてのミドルクラスとして見れば王道だ。コストパフォーマンスはミドルクラスの前提と言えるものだ。それ以外の特徴がモデルの評価を決めると言ってもいい。LEVEL-M046-iX4-RJSには他に特徴と言えるものがほとんどない。

価格が抑えられているというその一点でしかない。あとはせいぜい光学ドライブ搭載くらいなものだ。必要十分な性能、抑えられた価格、優秀なコストパフォーマンスという王道な特徴しか持ち合わせていない。候補に加えても、それを決定付けるだけの特徴を持たないのは唯一のデメリットだ。ミドルクラスにとって、性能と価格とコストパフォーマンスが揃っていれば十分に思えるかもしれない。

少し前までならそれも悪くなかっただろう。未発表とは言えミドルクラスには後継機となるGPUの登場が決定されている。今は後継機の登場を待つか、選択してしまうかの二択だ。後継機が登場した後、他の要素がなければ選択する意味を失ってしまう。LEVEL-M046-iX4-RJSにしかない特徴がなければ、価格が安くて選びやすいだけのモデルでしかない。現在の王道を歩き過ぎて特筆すべき点がない。

贅沢な問題かもしれないが、低価格帯のモデルとして長く君臨するには必要なものだ。対抗製品のMagnate MTはGTX 1660 SUPER搭載最安値、低価格帯最強、税込10万円以下最高のモデルなどの肩書がある。特徴ではなくても、肩書の有無は印象に大きな差が生じる。後追いとなったLEVEL-M046-iX4-RJSを強くおすすめするだけの材料がない。やはり、LEVEL-M046-iX4-RJSを評価する上では光学ドライブを焦点とするしかないのかもしれない。

>>LEVEL-M046-iX4-RJSを購入<<

パソコンケースレビュー

PC工房ミニタワー
当該モデルで採用されているのはLEVEL∞のミニタワーケースだ。赤を基調とした落ち着いたデザインはインテリアとしても映える。圧迫感がなく大きなパソコンを避けたいという方にもぴったりだ。

競合モデルとの比較

ブランド名LEVEL∞OMEN by HP
イメージLEVEL-M049-iX7-RWSOMEN 25L GT12
製品名LEVEL-M046-iX4-RJS25L Desktop
価格.com限定
(i7-0700F/GTX1660SUPER/
256GB SSD+2TB HDD/
16GB/WinPro/空冷クーラー)
価格116,468円(税込)119,980円(税込)
CPUCore i5-10400Core i7-10700F
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2933 16GB
SSD480GBNVMe 256B
HDD非搭載2TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードB460H470
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はHPのOMENシリーズ価格.com限定モデルだ。CPU、メモリ規格、HDD、SSD規格、チップセットで上回る。評価の面では圧倒的な差がある。LEVEL-M046-iX4-RJSと同価格帯のモデルとは思えない怪物ぶりだ。しかし、そんな怪物にも弱点がある。それは納期が未定であることだ。価格.com限定モデルは価格高騰前から値上げを行っていない。今の状況では人気となるのは当たり前だ。

そのせいかパーツが欠品したり、納期が遅れたりしているようだ。結果、納期が未定となり入荷待ちの状態にある。一応注文自体は可能なので比較には掲載したが、選択の際は注意してもらいたい。1ヶ月、2ヶ月と待てるなら選択するのもありだろう。

待つのが難しいならLEVEL-M046-iX4-RJSを選択するのも一つだ。現在価格が不安定であるため、もしかするともっと適したモデルがあるかもしれない。随時更新はしているので、念の為ラインナップ一覧からチェックしてほしい。

管理人による総評(LEVEL-M046-iX4-RJS)

LEVEL-M0B6-i5F-RI

GTX 1660 SUPER×Core i5-10400を搭載したゲーミングPCだ。ミドルクラスの王道的な存在でフルHD環境でのゲーム適性が高い。設定を調整すれば十分快適にゲームプレイを行うことが可能だ。14,000円の値引き実施でコストパフォーマンスが上がっていたが、ここに来てその分の値上げが実施されて元に戻ってしまった。コストパフォーマンスは平凡なので基本的には比較対象モデルをチェックしよう。

価格CPUグラボ
116,468円(税込)Core i5-10400GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB480GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!