LEVEL-M066-124-DSXtop


当記事では、パソコン工房「LEVEL-M066-124-DSX」の詳細レビューを行っている。Core i5-12400×Radeon RX 6600 XT搭載のミドルクラスのゲーミングPCだ。RTX 3060よりも高い性能を持ちフルHD環境でのゲーム適性が高い。レイトレーシングについては、まだ第1世代でRTX 3060には及ばない。純粋なグラフィックス処理性能を重視したいゲーマーの方向けだと言える。

スプリングセールで8,000円OFF

pckoubou-springsale
2022年4月26日(木)13:59までの期間限定でスプリングセール実施中だ。今なら8,000円OFFで購入できる。ミドルクラスのモデルで8,000円の割引はインパクトが大きい。

よくわかる!!LEVEL-M066-124-DSXの特徴まとめ

  • (+)スプリングセール期間中は8,000円OFFで購入できる
  • (+)フルHD環境でのゲーム適性が高い
  • (-)セール後値上げされてしまう可能性がある
  • (-)レイトレーシング性能は低い

LEVEL-M066-124-DSXのスペック解説

levelrclass

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-M066-124-DSX [Windows 11 Home]
価格通常時 / 157,980円(税込)

セール / 149,980円(税込)
CPUCore i5-12400
グラフィックボードRadeon RX 6600 XT
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB660
コスパ・通常時
★★★★☆☆☆☆☆☆4.2

・セール時
★★★★★★☆☆☆☆6.1

>>LEVEL-M066-124-DSXを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M066-127-SAXseinou

LEVEL-M066-124-DSXはCore i5-12400とRX 6600 XTを搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。性能のバランスはまずまずだ。扱いやすい性能で、フルHDを中心としたプレイスタイルに適している。設定次第で、ゲームを選ばずに144Hzで安定させることができる。最新のゲームタイトルの場合でも対応可能だ。ただし、要求スペックの高いゲームでは解像度も下げることを視野に入れたい。

LEVEL-M066-124-DSXの性能まとめ

ゲーミングPCとは、CPUやグラフィックボードなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なCPUとグラフィックボードについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

Core i5-12400(CPU)

corei5-12400-seinou

LEVEL-M066-124-DSXではIntel第12世代のCore i5-12400を搭載している。6コア12スレッドと従来モデルのCore i5-11400と同じスペックでハイブリッドコアアーキテクチャは採用されていない。それでもCPUコアの改良によって大幅にパフォーマンスが引き上げられている。およそ27%程度性能が高く動画編集・画像編集・ゲーム実況などの用途にもある程度対応できる。Ryzen 5 5600Xを上回る性能は素晴らしい。ゲーミング性能についても必要十分でRX 6600 XTとのバランスも取れる。

Radeon RX 6600 XT(GPU)

rx6600xtseinou

グラフィックスにはRadeon RX 6600 XTが搭載されている。RTX 3060と比べて4%程度処理性能が高い。従来モデルのRX 5600 XTと比べて25%以上パフォーマンスが高い。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。タイトルによっては高リフレッシュレートを実現することもできる。レイトレーシング性能は控えめでRTX 3060と比べてツーランク以上落ちるためレイトレーシング性能を重視したい方は避けた方がよいだろう。次世代以降のモデルに機体した。

>>LEVEL-M066-124-DSXを購入<<

LEVEL-M066-124-DSXの特徴&強み

セール時は候補に入るか

LEVEL-M066-124-DSXは、パソコン工房で注目モデルとしてピックアップされているゲーミングPCだ。特に、セールで値引きされている今は標準よりも高い評価を得ているのでおすすめ度が高い。最近のミドルクラスは価格が不安定なこともあり、15万円を切るなら十分選択する価値はある。ただし、性能面に関してはミドルクラスの中でも標準よりも下回ることがある。

Radeonシリーズの不安定さが浮き彫りになる形だ。基本的にRX 6600 XTの性能はRTX 3060よりも高いが、タイトルによってはRTX 3060を下回る場面もある。得手不得手のあるというのは、CPU・GPUともに悪い意味でのAMDの特徴の一つだ。価格が安い分だけ不安定と取ることが、プラスとなるかマイナスとなるかでこのモデルの評価は変わってきそうだ。

現在Core i5-12400とRTX 3060搭載モデルは15万円を超えるようになってきた。円安の影響もあってか高騰の傾向にある。そのため、15万円前後のミドルクラスとなると、選択肢がかなり狭くなる。その中でLEVEL-M066-124-DSXは有力な選択肢となり得る。問題はセールが終了した後にLEVEL-M066-124-DSXも値上げされる可能性があるということだ。

このモデルだけが特別安い価格を維持できるというわけではない。少なくともキャンペーン期間中は安価に入手できるというだけだ。ゲーミングPC価格の高騰は今徐々に始まったような状態だ。セールが終了してすぐに値上げはないかもしれないが、他に有力な選択肢がある場合LEVEL-M066-124-DSXは選択するメリットが薄いモデルとなる。

限定的ではあるが、Core i5-12400とRTX 3060の組み合わせは少し値上げが始まっている。これまで15万円台で入手可能だったモデルも今は16万円台になっている。価格で言えば5,000円程度の差しかない。それでも、やはり受ける印象は大きく違ってくる。ミドルクラスのモデルは15万円前後で選択できるのが理想だ。

RX 6600 XTのポテンシャルを引き出す一台

前述の通り円安の影響による価格の高騰が予想され、徐々にゲーミングPCの価格が上がっている状況だ。その中で、Radeonシリーズは比較的影響が少ないのではないかと考えている。これは元々の価格が高めだからだ。RX 6600 XTはRTX 3060よりも価格は高いが、今はRX 6600 XT搭載モデルの方が安くなっている。価格が上がる余地がないのだ。

それが、前回の価格高騰からこの関係が続いていて、Radeon製品を搭載したモデルの方が価格は安くなっている。円安で高騰が始まると、Radeon搭載モデルの方が選びやすくなる可能性はある。正しく言えば搭載モデルが安くなるというよりも、値上げ額が控えめになるだけだろう。RTX 3060搭載モデルが1万円値上げされると、RX 6600 XT搭載モデルは5,000円~7,000円程度の値上げで済む程度のことだ。

これぐらいの価格差ならそれほど恩恵は大きくないかもしれないが、RX 6600 XTの方が性能は高いので、安くて高性能な選択肢がより明確にでき上がる。もっとも、RX 6600 XTの方が安いというのは今でもそうなので、関係性はあまり変わらない。すでにRX 6600 XT搭載モデルは狙い目と言えるようになっている。LEVEL-M066-124-DSXのように値引きされていればなおのことだ。今はそれほど魅力的に感じないかもしれない。

それはRTX 3060搭載モデルも同じようにセールモデルであれば価格が抑えられているからだ。ただし、これから先に高騰し始めると、RX 6600 XTは非常にコストパフォーマンスに優れたモデルとなるかもしれない。その時こそ、LEVEL-M066-124-DSXを始め、RX 6600 XT搭載モデルが狙い目になる時だ。現時点でも値引きされていれば優秀なのでチェックしておきたい。

>>LEVEL-M066-124-DSXを購入<<

競合モデルとの比較

ブランド名LEVEL∞G-Tune
イメージLEVEL-M0B6-i5F-RInextgear-micro
製品名LEVEL-M066-124-DSXTD-B
価格157,980円(税込)
149,980 円(税込)
149,800円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-11400F
GPURX 6600 XTRTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB
電源500W BRONZE700W BRONZE
マザーボードB660B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Bだ。LEVEL-M066-124-DSXがセール時であれば同じ価格帯である。そしてCPU性能・GPU性能ともにLEVEL-M066-124-DSXの方が優れている。総合的に見れば最新である点でLEVEL-M066-124-DSXがリードしている。

いかにRX 6600 XT搭載モデルの価格が抑えられているかがわかると思う。今ならLEVEL-M066-124-DSXを強く推奨する。元の価格に戻ると別の比較対象が登場しそうだ。それでも、RX 6600 XTの方がRTX 3060よりも性能が高いことを考えれば優位である。しばらくはLEVEL-M066-124-DSXの動向をチェックしておきたい。

パソコンケースレビュー

PC工房ミニタワー
当該モデルで採用されているのはLEVEL∞のミニタワーケースだ。赤を基調とした落ち着いたデザインはインテリアとしても映える。圧迫感がなく大きなパソコンを避けたいという方にもぴったりだ。

管理人による総評(LEVEL-M066-124-DSX)

LEVEL-M0B6-i5F-RI

LEVEL-M066-124-DSXは、Core i5-12400×Radeon RX 6600 XT搭載のゲーミングPCだ。スプリングセール期間中は定価から8,000円OFFで購入できる。ゲーミング性能はまずまず高くてフルHD環境でなら高設定でのゲームプレイにも対応可能だ。ゲームプレイ時の安定感はRTX 3060には遠く及ばずタイトルによってフレームレートが低下してしまう可能性がある。それでも価格が抑えられているのであればメリットはある。メモリ16GB、SSD 500GBと構成は平均的だと言える。

価格CPUグラボ
149,980円(税込)i5-12400RX6600XT
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya