reiwagamingtop


当記事では、パソコン工房「LEVEL-M0B4-R53-RXR-RG」の詳細レビューを行った。プロゲーミング、ストリーミングチーム令和ゲーミングとパソコン工房のLEVELのコラボレーションモデルだ。

Rainbow six SiegeやPUBG、Fortniteなどの人気タイトルの配信プレイや大会参加で注目されている人気のミックスチーム。ゲームと配信に精通するプレイヤーが揃っているため、コラボレーションモデルにも大きな期待が掛かっている。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGは、ミドルクラスのGTX 1660 Tiを搭載したゲーミングPCだ。扱いやすミドルクラスの性能は初心者でも安心して使用することができる。また、高いCPU性能を活かしたゲーム配信に適している。一方でWQHD以上の高解像度にはあまり適しておらず、フルHD設定で高リフレッシュレートのゲームプレイもゲームタイトルを選ぶ。解像度や設定を下げることで144hz程度であれば対応可能であるため、その辺りを考慮したユーザー向きだろうか。設定を下げることで最新のゲームを快適にプレイできる。非常に汎用性の高いモデルだ。

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGのスペック解説

levelrclass

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-M0B4-R53-RXR-RG
価格Windows 10 / 99,980円
CPURyzen 5 3600
グラフィックボードGeForce GTX 1660 Ti
メモリDDR4-2666 16GB
SSD240GB
HDD1TB
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 8.6

>>>>>LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGを購入する<<<<<

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGの性能まとめ

ゲーミングPCとは、グラフィックボードやCPUなどのPCパーツの集合体だ。ここでは特に重要なグラフィックボードとCPUについて分解して細かく見ていく。

PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。一体として見るよりも一つずつのパーツを見ていくと理解がしやすいと考えている。

GeForce GTX 1660 Ti(グラフィックボード)

GeForce GTX1660Ti-i690sa4

GTX 1660 Tiは、全グラフィックボードの中でトップクラスの人気を誇っている。価格と性能のバランスが良いコストパフォーマンス重視型のミドルクラスだ。Ryzen 5 3600との相性も良いので性能面に不安を抱えることはないだろう。

高リフレッシュレートでプレイする場合は設定を最低近くまで落とす必要があるため、設定を下げることに抵抗があるなら避けたほうが良いかもしれない。現行のミドルクラスなので高望みしないようにしたい。

Ryzen 5 3600(CPU)

ryzen53600-benchmark

Ryzen 5 3600は、コストパフォーマンスに優れるCPUで、ゲーミング用途ではi5-9400と同等の力を発揮する。ただし、ややムラのある性能でゲームではi5-9400を大きく下回る場面もある。

ゲーム以外ではCore i7-9700を上回る場面もあるのでゲーム以外にも使用を検討しているならオールラウンド性の高いRyzenシリーズがうってつけだろう。Ryzenシリーズの火付け役だと言える存在だ。

総合性能

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGseinou

負荷の高いゲームを最高設定でプレイするには少しギリギリな部分がある。なので、ゲーム自体は標準設定を基準にして快適性を維持したほうが良いだろう。ミドルクラスの王道のような性能で、性能不足でゲームがプレイできないというようなことはない。バランス型のモデルでありながら、性能はよくまとまっているため扱い易さが光るモデルだ。

>>>>>LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGを購入する<<<<<

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGの特徴&強み

価格改定で評価を伸ばしたモデル

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGは、プロゲーミング、ストリーミングチーム「令和ゲーミング」とパソコン工房のコラボレーションモデルだ。価格が8,000円安くなったことで選びやすい税抜10万円以下の低価格モデルへと変わった。8,000円引きは少なく見えて、低価格帯のモデルでは恩恵が大きい。ただし、価格以外の変更は無く、コラボレーションモデルの購入特典も追加されておらず、全く同じモデルが違う名前で存在していることから特別感も無い。

コストパフォーマンスは非常に良く、この価格帯では十分過ぎる性能と構成も魅力だ。その良さを令和ゲーミングともう少し絡めても良いのではないかと思うほどコラボレーション要素が薄い。製品自体の評価は高く、税抜10万円以下のモデルの中ではGALLERIA RT5と並んで最強クラスのモデルである。

しかし、10万円台、11万円台のモデルと価格差が近いため、最強モデルと呼ぶには微妙なポジションだ。あと5,000円安くなれば税抜10万円以下最強のゲーミングPCの候補になることを考えれば、この価格改定により評価を大きく伸ばし、一気に注目度を高めたのではないだろうか。

ストリーマーにも使いやすい令和ゲーミングモデル

令和ゲーミングはプロゲーマーとストリーマーのミックスチームで、その特性を良く活かしたモデルに仕上がっている。Ryzen 5 3600はゲーム用途向けとはっきり言えるわけではなく、i5-9400Fを下回る場面もある。しかし、コストパフォーマンスと総合的なCPU性能の高さからゲーミングPCでも人気のCPUだ。

マルチスレッド性能が高く配信や動画編集・エンコードに適している。そういう意味では令和ゲーミングのチームカラーがしっかり反映された構成が考えられている。グラフィックボードもGTX 1660 Tiを搭載していて、メモリ16GBと合わせて本格的なゲームプレイが可能な性能を持ち、僅かなCPU性能の不利を覆せるパフォーマンスの高さがある。

ゲームだけでは終わらない、終わりたくないユーザーに向けたマルチな用途に活用できるオールラウンドPCだ。注意点は、あくまでもこの性能を活かしたオールラウンド性であるため、4K解像度でのゲームプレイなど性能に見合わない用途には適していない。価格に対して出来ることは非常に多いモデルで、その点を評価してのオールラウンドである。

>>>>>LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGを購入する<<<<<

パソコンケースレビュー

PC工房ミニタワー
当該モデルで採用されているのはLEVEL∞のミニタワーケースだ。赤を基調とした落ち着いたデザインはインテリアとしても映える。圧迫感がなく大きなパソコンを避けたいという方にもぴったりだ。

競合モデルとの比較

ブランドLEVEL∞GALLERIA
画像LEVEL-M0B6-i5F-RIgalleriadhtop-1
製品名LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGRT5
ケースミニミニ
価格99,980円84,980円
CPURyzen 5 3600Ryzen 5 3500
GPUGTX 1660 TiGTX 1660 Super
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD240GBNVMe 256GB
HDD1TB1TB
電源700W BRONZE500W BRONZE
マザボB450B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は税込10万円以下最強のモデルGALLERIA RT5だ。CPU性能が一つ下がり、グラフィックボードが一つ下であるため総合性能はLEVEL-M0B4-R53-RXR-RGの方が高い。しかし、上位モデルの存在が見えてしまうLEVEL-M0B4-R53-RXR-RGと違い、価格を抑えたGALLERIA RT5は低価格をしっかり活かしており、上位モデルとの差が広いため迷わず選択することが出来る。

性能が低く価格が安いという当たり前のことを最大の特徴としたモデルだけあって、性能評価自体は圧倒的に高いLEVEL-M0B4-R53-RXR-RGよりも選びやすさで勝っている。ただ、予算が税込み11万円程度であるならばLEVEL-M0B4-R53-RXR-RGがおすすめだ。GALLERIA RT5はあくまでも予算がそこまで多くないユーザーにとっておすすめしやすいモデルである。

どちらも非凡なモデルであり、どこか無難なモデルでもあり、幅広いユーザー層に支持されるモデルと言えるだろう。予算を抑えるか、性能を重視するかを低価格帯で選べるのは素晴らしいことだ。GALLERIA RT5はカスタマイズでRyzen 5 3600にカスタマイズしたりもできる。しかし、カスタマイズ費用は割高で、CPUをアップグレードしただけでLEVEL-M0B4-R53-RXR-RGの価格を超えてしまう。基本的に低価格帯のモデルは標準構成で選択したい。

管理人による総評(LEVEL-M0B4-R53-RXR-RG)

LEVEL-M0B6-i5F-RI

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGは、プロゲーミングチーム「令和ゲーミング」とのコラボゲーミングPCだ。Rainbow six SiegeやPUBGなど国内でも人気の高いタイトルについて配信プレイをしたり、大会に参加したりしているチームとなっている。モデルとして評価は高いが、特別な特典があるわけではなく実態はパソコン工房の一般的なモデルにプロゲーミングチームの名前を冠しただけだ。

ゲーミングPCとしての評価は上々だ。8,000円価格が引き下げられたのも大きい。グラフィックボードにはミドルクラスとして高い人気を誇るGTX 1660 Tiを搭載。FULL HD環境での適性が高い一台となっている。GTX 1660 Super発売後も存在感を失っていない。CPUには高コスパなRyzen 5 3600を搭載している。Intel Core i5-9400に匹敵する性能を持つ。動画配信などを考えるとより魅力的なモデルとなる。

価格CPUグラボ
99,980円Ryzen 5 3600GTX1660Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB240GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ

LEVEL-M0B4-R53-RXR-RGを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る