LEVEL-M0B4-R73X-TWStop


当記事では、パソコン工房「LEVEL-M0B4-R73X-TWS」の詳細レビューを行っている。RTX 2080 SUPER×Ryzen 7 3700Xの組み合わせで最安値クラスのゲーミングPCだ。GPUの無償アップグレードが行われたことでミドルクラス並の価格でハイエンドのモデルが手に入る。Ryzenシリーズの特性を理解しているなら魅力的なゲーミングPCであることに違いはない。

LEVEL-M0B4-R73X-TWSのスペック解説

levelrclass

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-M0B4-R73X-TWS
価格Windows 10 / 152,980円
CPURyzen 7 3700X
グラフィックボードGeForce RTX 2080 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSD480GB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★★★☆☆7.8

>>LEVEL-M0B4-R73X-TWSを購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-M0B4-R73X-TWSのゲーミング性能

LEVEL-M0B4-R73X-TWSseinou

非常に優れた性能を持つハイエンドモデルだ。RTX 2080 SUPERへ無償アップグレードされ、性能と評価を大幅に向上させた。RTX 2080 SUPERはRTX 3080の登場で存在感が出た。大幅な値引き対象となっても、性能自体は現行のハイエンドクラスに匹敵する。

それはグラフを見ても分かるだろう。圧倒的な性能で、既存のゲームを快適にプレイできる。WQHDや4Kのような高解像度への対応力も高い。Ryzen 7 3700XはフルHD解像度のゲームプレイには性能を発揮しにくい。一方で、高解像度ではボトルネックにならず、安定しやすいという特徴もある。RTX 2080 SUPERと組み合わせるにはまずまず優秀なCPUだ。新世代の登場で性能は進化している。

ただ、その進化した性能は持て余すこと間違いない。RTX 2080 SUPERでもその傾向はある。価格が下がったRTX 2080 SUPERは次世代のGPUよりも扱いやすい。性能に余裕のあるGPUとして注目を集めている。ゲーム以外への対応力も高いので何をするにも性能に困ることはない。様々な用途を想定したユーザーにぴったりのゲーミングPCである。

>>LEVEL-M0B4-R73X-TWSを購入<<

LEVEL-M0B4-R73X-TWSの特徴&強み

GPU無償アップグレードで評価向上

LEVEL-M0B4-R73X-TWSは、搭載GPUをRTX 2070 SUPERからRTX 2080 SUPERに無償アップグレードさせている。価格は据え置きなので評価と性能は大きく向上した。現在パソコン工房ではRTX 20シリーズの無償アップグレードが推し進められている。RTX 20シリーズが大きく値引きされた背景には、このパソコン工房の無償アップグレードの影響がある。

ワンランク上の環境が手にしやすくなったのは、パソコン工房の大幅な値引きや無償アップグレードによるものだ。他ショップもこの流れに続く形で価格を下げている。新世代の登場で旧世代がお得に選択できるという、少し前まだ当たり前だったことを再度実現してくれた。新製品の発表後はパソコン工房のショップに注目したい。

LEVEL-M0B4-R73X-TWSはRTX 2070 SUPER搭載モデルとして安価だった。とにかく価格を下げるためにストレージ構成を抑えていた。あからさまな構成ダウンで評価はあまりよくなかった。それでもRTX 2070 SUPERとRyzen 7 3700Xを組み合わせたモデルでは最安値クラスだ。その価格を据え置き、RTX 2080 SUPERにアップグレードしたのだから一気に評価を向上させたのも納得だ。

評価は大幅にアップさせているが、コストパフォーマンスはいまいち上がり切っていない。これはコストパフォーマンスの評価というよりも、RTX 2080 SUPERの値下げとRTX 30シリーズへの最適化が原因だ。

RTX 2080 SUPERの相場自体が下がっているのでずば抜けたコスパとはならない。また、RTX 30シリーズの将来性を考えると必ずしもプラスとはならない。製品自体のおすすめ度は非常に高い。ハイエンドクラスのゲーミングPCがミドルクラス~ハイクラス程度の価格で選択できるようになった。

ゲーム+αで考えている方におすすめ

LEVEL-M0B4-R73X-TWSの特徴は、価格が下落傾向にあるRTX 2080 SUPERを搭載していることである。ここまで価格が下がっている要因はCPUにもある。Ryzen 7 3700Xは価格が安くて性能は高いという理想的なCPUだ。ゲーム以外の用途で真価を発揮するタイプである。CPUの処理性能はCore i7-10700Kよりも少し高い。作業や配信、趣味用のアプリケーションなど、CPU負荷の高い用途で最大限のパフォーマンスを発揮できる。

ゲームをプレイすることは前提で、どんな用途にも幅広く対応できるのが強みだ。例えば、ゲームを配信するユーザーやゲームと作業を両立したいユーザーに適している。反面、ゲームのみを想定したユーザーには価格以外にメリットはない。その価格が魅力の最たる部分であるため、デメリットの大きいモデルとはならない。

昔と違って今は誰でも簡単に配信を行える。動画投稿にしてもそうだ。ゲーミングPCは総合的な性能が求められつつある。そんな時代の流れに合致したモデルだ。配信などの用途をあまり考えていなくても、今後CPU負荷の高い用途に使用するかもしれない。総合的な性能はなくて困ることはあっても、あって損になるようなことはない。保険的な意味でも悪くはないだろう。

本格的にゲームを中心とする場合はCore iシリーズの選択を推奨する。Ryzen搭載モデルの多くはゲーム+αがあってこそ輝く。特徴を活かすことでモデルのよさも引き出されるものだ。基本的に、ゲームをプレイするユーザーなら誰にでもおすすめできる製品である。

複数のモデルをピックアップしているなら、厳選していくうちにゲーム性能の面で除外されるかもしれない。RTX 2080 SUPER搭載モデルとしては破格なので、とりあえず候補に入れておくとよさそうだ。選択に困ったらLEVEL-M0B4-R73X-TWSを選択するくらいにはおすすめしやすい。

>>LEVEL-M0B4-R73X-TWSを購入<<

パソコンケースレビュー

PC工房ミニタワー
当該モデルで採用されているのはLEVEL∞のミニタワーケースだ。赤を基調とした落ち着いたデザインはインテリアとしても映える。圧迫感がなく大きなパソコンを避けたいという方にもぴったりだ。

競合モデルとの比較

ブランド名LEVEL∞GALLERIA
イメージLEVEL-M0B6-i5F-RIGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名LEVEL-M0B4-R73X-TWSXA7R-R70S
価格152,980円149,800円
CPU7 3700X7 3700X
GPURTX 2080 SUPERRTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD480GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE650W BRONZE
マザーボードB450B550
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象はドスパラのランキング1位GALLERIA XA7R-R70Sだ。LEVEL-M0B4-R73X-TWSがRTX 2070 SUPER搭載だったならGALLERIA XA7R-R70Sの方が上だった。RTX 2080 SUPERになったことで、圧倒的な差をつけた。構成は少し違いはあってもほぼ同等と言えるもの。価格差は3,000円でGPU性能が2ランク変われば比較にならない。

これはLEVEL-M0B4-R73X-TWSのよさを知るための比較だ。類似した製品や優れた製品との比較ではない。なぜなら、LEVEL-M0B4-R73X-TWSに対抗できる製品が存在しないからだ。RTX 2070 SUPERの価格でRTX 2080 SUPERを搭載していれば、対抗製品なんてあるわけがない。近い価格は全てRTX 2070 SUPER搭載モデルだ。

GALLERIA XA7R-R70Sの149,980円も破格である。RTX 2070 SUPER搭載モデルとしては非常に安く、ランキング1位になるのも頷ける。もちろん、それはドスパラ内での話だ。他ショップの製品と比べると見劣りは否めない。特に、GPUの無償アップグレードという荒業を適用したパソコン工房には対抗できない。それほどまでにLEVEL-M0B4-R73X-TWSが優れているということの証明でもある。

管理人による総評(LEVEL-M0B4-R73X-TWS)

LEVEL-M0B6-i5F-RI

(+) Ryzen 7 3700X×RTX 2080 SUPERで最安値クラス
(+) 様々な用途に対応でき初心者でも選びやすい
(-) ずば抜けたコスパというわけではない

Ryzen 7 3700X×RTX 2080 SUPERの組み合わせで税抜15万台前半は最安値クラスだ。この価格でハイクラスのゲーミングPCを購入できるのは魅力的だ。コストパフォーマンス自体が高いわけではないが、必要最低限の構成を持っていておすすめしやすい。動画配信や編集にも対応できるRyzen 7 3700Xを搭載しているのは高評価だ。ゲームプレイだけではなくPC作業などでも使いたいと考えている方におすすめだ。

価格CPUグラボ
152,980円Ryzen 7 3700XRTX2080 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB480GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ

LEVEL-M0B4-R73X-TWSを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。