LEVEL-R049-iX7K-TAXHtop


当記事では、LEVEL-R049-iX7K-TAXHの評判とレビューを紹介している。10月29日に発売されたRTX 3070を搭載したゲーミングPCだ。登場時は意外と価格が抑えられていて新モデルにしてはコストパフォーマンスも高くおすすめしやすかった。今はパーツ価格の高騰によってゲーミングPCも影響を受けている形だ。高解像度にも対応できるポテンシャルの高さは前世代のRTX 2070 SUPERを大きく上回る。

LEVEL-R049-iX7K-TAXHのスペック

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-R049-iX7K-TAXH
価格Windows 10 / 176,980円
(税込194,678円)

・追記
Windows 10 / 206,880円
(税込227,568円)

CPUCore i7-10700K
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD2TB
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★★★★☆8.6

・追記
★★★★★★☆☆☆☆6.3

>>>LEVEL-R049-iX7K-TAXHを購入<<<

価格高騰に注意

LEVEL-R049-iX7K-TAXHは、当初1万円の値上げで済んでいた。しかしながら、2021年3月になって他製品同様に再度価格が変更され、今回は2万円アップしている。これで合計3万円の値上げとなった。3万円の高くなること自体は珍しくはない。RTX 3060 Ti以上のGPUを搭載したモデルは平均でおよそ25,000円ほど、最大で4万円を超える値上げも確認している。3万円高くなることは現時点では標準的と言える。

LEVEL-R049-iX7K-TAXHはコストパフォーマンスの高さが魅力のモデルだ。コスパ指標が下がってしまう値上げは評価を下げる最大の要因となる。RTX 3070搭載の強力なモデルは値上げ額を1万円~2万円程度に留めている。そのため、ゲーミングPC全体では平均的な評価推移でも、これまでのような上位モデルとなることは難しい。Core i7-10700KとRTX 3070を組み合わせたモデルは限られている。

その中でも突出したコストパフォーマンスを武器にしていただけに、今回の値上げで最も評価を落としたモデルの一つだ。そして、ドスパラ以外のショップで初めて複数回値上げされたモデルでもある。再度値上げされる可能性も十分ある。選択するタイミングは非常に難しい。この構成で税抜20万円を超えてしまうとメリットも薄い。

他のRTX 3070搭載モデルが品切れになった時くらいだろうか。コストパフォーマンスを武器にしていたモデルはことごとく微妙なモデルに変化した。個性的な特徴や唯一と言える強みを持たないモデルには厳しい時代である。特にRTX 3070搭載モデルは非常に人気が高い。最も多くのラインナップがあるので一度崩れると埋もれてしまいやすい。

RTX 3070搭載の上位モデルとして人気を博していたいただけに惜しい。せめて20万円を切る価格になれば対抗する手段はあったかもしれない。LEVEL-R049-iX7K-TAXHは税抜20万円を切ってから候補に入れることを推奨したい。

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-R049-iX7K-TAXHのゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、Ampere世代のグラフィックボードだ。RTX 30シリーズでは真ん中に位置するモデルだが、ゲーミング性能は高く前世代のフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiに匹敵する高い性能を持つ。フルHD環境だけのゲームプレイでは間違いなくオーバースペックとなってしまう。

高リフレッシュレートでのゲームプレイなどにこだわりたい方向けだ。もし、性能を持て余しそうであれば下位モデルのRTX 3060を選択するのもよいかもしれない。現在価格高騰の煽りを受けて2万円~3万円程度搭載モデルの価格が高くなっている。将来性が高いグラフィックボードなので長い目で見れば決して悪い選択ではない。

Core i7-10700K(CPU)

corei7-10700kseinou

Core i7-10700Kは、Intel第10世代におけるハイクラスのCPUだ。8コア16スレッドと前世代よりもマルチスレッド性能が高くなり動画編集やゲーム実況などへの対応力が引き上げられている。ゲーミングPCで定番のCore i7-10700よりもクロック周波数が高くゲーミングパフォーマンスは高い。

末尾Kシリーズということもあってオーバークロックができるのもポイントだ。さらなる高みを目指せるというだけでわくわくすることだろう。Ryzenシリーズと比較しても優位性は高い。RTX 3070と合わせるCPUとして文句なしだ。

総合性能

LEVEL-R049-iX7K-TAXHseinou

強力な性能で全てのゲームの推奨環境を満たせる性能を有している。FF14に限らず4K環境での安定を図りやすいのも特徴だ。ただ、負荷の高い最新のタイトルでは4K環境を最高設定で安定させるのは難しい。4K解像度でのゲームプレイの際は少し設定を調整する必要がある。Apex LegendsはWQHD+144Hz、フルHD+240Hzのような環境を構築できる。

対人要素の強いタイトルでは有力な選択肢となる。高リフレッシュレートを活かしたゲームプレイこそがRTX 3070搭載モデルの真骨頂と言える。本格的なゲームプレイを目指すなら見ておきたい性能だ。フォートナイトに関しては360Hzでのゲームプレイが可能だ。負荷の低いゲームでは最高峰のリフレッシュレートで安定させられる。本気で上位を目指すコアなゲーマーにおすすめの性能だ。

>>>LEVEL-R049-iX7K-TAXHを購入<<<

LEVEL-R049-iX7K-TAXHの概要

スタートダッシュを決めたRTX 3070搭載モデル

多くのゲーマーが待ち望んだRTX 3070が遂に登場した。搭載モデルの価格に少し不安があったが、予想に反して価格をしっかり抑えての登場は心強い。これからのゲーミングPCを引っ張っていく存在だと認識している。RTX 2070 SUPERが登場した時よりも安く、Intel第10世代のCPUが登場した時のRTX 2070 SUPER搭載モデルよりも安い。

LEVEL-R049-iX7K-TAXHは、新世代のGPU搭載モデルとしてはスタートダッシュに成功したと言える。価格面では現在のRTX 2070 SUPER搭載モデルには追いつけなくても、RTX 2080 SUPER搭載モデルは捉えている。従来のハイエンドモデルと同等の性能を持ちながら価格はハイクラス。つまり、RTX 20シリーズの値下げは、RTX 3070の価格があってのことなのだろう。

絶妙な価格設定で、今なおRTX 20シリーズの存在価値を残している。RTX 3070はRTX 2080 Tiと置き換える形で、しばらくの間は新旧の製品が入り混じりそうだ。いち早く登場したRTX 3070搭載モデルであるLEVEL-R049-iX7K-TAXHがこれからの基準になる。

24時間以内に様々な製品が登場してくる。これにより、RTX 30シリーズは広く浸透してくるだろう。LEVEL-R049-iX7K-TAXHは、RTX 3070搭載モデルはまだ数が少ない中で安いと思わせたモデルだ。GPUとともにスタートダッシュを決めたモデルと言える。

CPUとの相性もよく評価は上々だ

LEVEL-R049-iX7K-TAXHは現時点でしっかり存在感を出していてRTX 3070搭載モデルとして強くおすすめしたいモデルである。Core i7-10700Kを搭載していて、価格もしっかり抑えられているからだ。RTX 2080 Tiに匹敵する性能を持つなら、CPUはCore i7-10700K以上を推奨したい。性能と価格のバランスに長け、コストパフォーマンスも優れているのは評価が高い。

RTX 3070が登場間もないこともあってまだまだ搭載モデルは少ない。おそらく多くのショップはこれまで同様にCore i7-10700と組み合わせたモデルを展開してくるはずだ。Core i7-10700K搭載で税抜18万円を下回っているなら、確実に頭一つ抜けた存在となる。一部のセールモデルを除き、現状トップクラスであることは間違いない。

その一方で、ここまで性能が高くなると持て余しやすくもなる。性能を考えれば安価でも、必要とする場面は相当限られる。同等の性能を持つRTX 2080 Tiにも言えたことである。これまでのハイクラスのゲーミングPCとは違い、スタンダードな性能となることは考えにくい。GPU性能がゲームに求められる性能よりも大きくリードしてしまったことが原因だ。

ただ、それだけ性能の寿命が長いとも言える。性能が高いことは本来デメリットにならない。真っ直ぐに評価すればLEVEL-R049-iX7K-TAXHは弱点のないモデルである。新製品と旧製品が入り交じる今は評価は難しい部分がある。それでも、現時点で最もおすすめしたいRTX 3070搭載モデルだ。

>>>LEVEL-R049-iX7K-TAXHを購入<<<

パソコンケースレビュー

パソコン工房ミドルタワー当該モデルで採用されているのはR-Class共通のミドルタワーとなっている。拡張性も高くストレージを増やすことも可能だ。エアーフローもしっかりと考えられているためCore i9-10900Kのようなウルトラハイエンドクラスのパーツを搭載しても問題ない。

似ているモデルとの比較

ブランド名LEVEL∞G-Tune
イメージLEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITERnextgear
製品名LEVEL-R049-iX7K-TAXHTD-G
価格206,980円169,800円
CPUCore i7-10700KCore i7-10700
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD2TB非搭載
電源700W BRONZE700W GOLD
マザーボードZ490B460
公式公式公式
詳細当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Gだ。CPU性能、HDD、チップセットでLEVEL-R049-iX7K-TAXHがリードしている。一方、G-Tune TD-Gは電源と価格に優れている。特に価格は37,000円ほど安い。G-Tune TD-Gも2万円の値上げが適用されたが、元々が最安値モデルだったことで、現在もRTX 3070搭載最安値モデルである。

今ならG-Tune TD-Gの方が選びやすさからしてもおすすめだ。CPU性能を重視するならLEVEL-R049-iX7K-TAXHも悪いわけではない。ただ、もう少し価格が下がるまでは様子を見るべきだ。流石に税抜20万円を超えるとおすすめしできない。多少の妥協でG-Tune TD-Gを選ぶか、少し様子を見てLEVEL-R049-iX7K-TAXHを選ぶか。難しいところである。それでも37,000円安いのは大きなメリットと言える。

管理人による総評(LEVEL-R049-iX7K-TAXH)

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER

LEVEL-R049-iX7K-TAXHは、RTX 3070を搭載したゲーミングPCだ。数少ないラインナップの中でもひときわ目立つ存在となっている。高解像度でのゲームプレイや高リフレッシュレートでのゲームプレイに最適だ。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと構成にも抜かりはない。カスタマイズ不要でこのまま選択して欲しい一台だ。

価格高騰が続く中で1万円の値上げで済んでいたものがここに来てさらに2万円の値上げでトータル3万円も価格が上がってしまった。価格が落ち着くのを待てるのであれば今すぐ購入する必要はないだろう。

価格CPUグラボ
206,980円Core i7-10700KRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ

LEVEL-R049-iX7K-TAXHを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya