LEVEL-R049-iX7K-VAXHtop


当記事では、LEVEL-R049-iX7K-VAXHの評判とレビューを紹介している。RTX 3080×i7-10700K搭載のゲーミングPCだ。現行トップクラスのゲーミング性能を持っている。価格が高騰している現状を考えるとかなり頑張った価格設定だと言える。ハイエンドクラスのモデルを探している方は必見だ。

LEVEL-R049-iX7K-VAXHのスペック

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-R049-iX7K-VAXH
価格Windows 10 / 249,980円
(税込274,978円)
CPUCore i7-10700K
グラフィックボードGeForce RTX 3080
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD2TB
電源00W TITANIUM
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆5.2

>>>LEVEL-R049-iX7K-VAXHを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

のゲーミング性能

LEVEL-R049-iX7K-VAXHseinou

LEVEL-R049-iX7K-VAXHは、RTX 3080とCore i7-10700Kを搭載したハイエンドのゲーミングPCだ。RTX 3080は、かつてのフラグシップモデルであるRTX 2080 Tiを有に超える。非常に高い性能はゲームのプレイスタイルを選ばない。4K、WQHDのような高解像度を前提とし、360Hzのような高リフレッシュレートも目指せる。環境やスタイルを限定しないので誰にとっても理想的な性能である。

その性能の高さは人気のMMORPG FF14を4Kで快適にプレイできるほどだ。もちろんFF 14以外でも高解像度ではトップクラスの安定感を誇る。フルHDではApex Legendsやフォートナイトを360Hzでのプレイを目指せる。Apex Legendsは少し設定を下げれば届きそうだ。フォートナイトは最高設定でも360Hzで安定できる。ゲームジャンルに合わせた環境を構築できるのはハイエンドモデルの魅力である。

>>>LEVEL-R049-iX7K-VAXHを購入<<<

LEVEL-R049-iX7K-VAXHの概要

価格の高騰で評価を高めるモデル

LEVEL-R049-iX7K-VAXHは、RTX 3080搭載のゲーミングPCとしては標準的な評価だ。本来であれば5.0前後のハイエンドモデルは選択する価値はないが、BTOパソコンの価格高騰となる今はその限りではない。RTX 3070は1万円~3万円ほどの値上げが適用され、コストパフォーマンスの評価は5.0を下回るモデルが増えた。RTX 3080も当然値上げされたが同時期に品薄状態となり、あまり値上げした印象を残していない。現状、5.0を上回る評価を持つモデルならおすすめしやすい。

グラボ価格及びそれに伴うゲーミングPC価格の高騰は評価の基準値にまで影響を与えている。RTX 3080搭載モデルの価格は税抜24万円台が多い。値上げ前は税抜20万円を下回っていたことを考えると、5万円近く価格に変化がある。流石に今はコストパフォーマンスに優れたモデルとは言いにくいが、ゲーミングPC全体の価格が上がっている今はLEVEL-R049-iX7K-VAXHの評価はまずまずだ。

率先して選ぶほどではなくても、他製品の動向次第では有力な候補に挙がる。価格の高騰で標準的な評価を保てるのは強みだ。徐々にRTX 3080搭載モデルは販売が再開され始めているが、まだRTX 3080搭載モデルの数は少ない。価格に関してはまだ元通りではない。税抜24万円台を超えるモデルも珍しくない。今すぐ選択するというのであれば損をしないおすすめしやすいモデルである。

充実した構成が持ち味

LEVEL-R049-iX7K-VAXHは、充実の構成が特徴のゲーミングPCとなっている。特に高品質な800W TITANIUM電源を採用したのは大きい。RTX 3080のような高性能なGPUの消費電力に対応するには電源の容量と規格は重要だ。Core i7-10700Kのオーバークロックも考慮すれば800W TITANIUMは必須とは言わずとも理想的だ。その構成が魅力として活きたことで、コストパフォーマンスの評価を標準程度で押し留めたと言える。

Core i7-10700KとRTX 3080を活かすのに十分な構成である。その他にも、ストレージはHDDとSSDのデュアルストレージを採用している。ハイエンドモデルでは今でもポピュラーなストレージ構成である。ここから価格が下がっていき、どの程度で落ち着くかによってはデュアルストレージの評価が大きく影響する。RTX 3080搭載最安値クラスは難しいが、そのモデルに対して1万円高い程度なら十分である。

価格のマイナスを構成で補えるのはコストパフォーマンスに長けたモデルの強みだ。今の状況を考えれば、LEVEL-R049-iX7K-VAXHは構成の割には価格が抑えられているように思う。まだRTX 3080の供給は不安定な状態が続いているので多少の割高はやむを得ない。

この高騰がいつ落ち着くか分からない以上、予算に合うなら選択してしまうのも一つだ。数ヶ月後に2万円ほど安く買えるのと、2万円高い状態ですぐに買うのとではそれぞれにメリットがある。少しでも安く手に入れるのか、少しでも早く手に入れるかだ。キャンペーンを待つのではなく高騰が落ち着くのを待つことになる。数ヶ月先に安くなる保証がないので今購入しておいても損はしないように思う。

>>>LEVEL-R049-iX7K-VAXHを購入<<<

パソコンケースレビュー

パソコン工房ミドルタワー当該モデルで採用されているのはR-Class共通のミドルタワーとなっている。拡張性も高くストレージを増やすことも可能だ。エアーフローもしっかりと考えられているためCore i9-10900Kのようなウルトラハイエンドクラスのパーツを搭載しても問題ない。

似ているモデルとの比較

現在RTX 3080は供給が安定しておらず、RTX 3080搭載モデルの多くはまだ入荷待ち状態だ。そのため、比較を行える製品がほとんどない。いくつか似たモデルはあっても、数日で入荷待ちになることも考えられる。高騰と品薄により安定して比較できるモデルがない。

しばらくは在庫だけでなく、価格も安定しないはずだ。RTX 3080搭載モデルはある程度供給が安定するまでは好みのモデルを選択することを推奨する。これだけ価格が高騰してしまえば全体的に評価は暴落する。今ならよほど割高なモデルでなければ評価に大差はないはずだ。

管理人による総評(LEVEL-R049-iX7K-VAXH)

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER

LEVEL-R049-iX7K-VAXHは、RTX 3080×i7-10700K搭載のゲーミングPCだ。4K解像度にも対応できる性能の高さが魅力だ。フルHD環境で高リフレッシュレートを実現することもできる。前世代のRTX 2080 Tiと比べて飛躍的にゲーミング性能が向上している。当該モデルについては構成も充実している。メモリ16GB、SSD 500GB、HDD 2TBと十分だ。ゲーミングPCの価格が高等している今は相対的に評価は高くなる。

価格CPUグラボ
249,980円Core i7-10700KRTX3080
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ

LEVEL-R049-iX7K-VAXHを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。