LEVEL-R049-LCiX9K-TAXHtop


当記事では、LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRの評判とレビューを紹介している。RTX 3070×i9-10900K搭載のゲーミングPCだ。組み合わせ的にはベストマッチだと言える。水冷CPUクーラーを搭載しているのも高評価だ。ここまでだと言うことはないように思えるが、電源ユニットの容量・グレードがイマイチだというデメリットがある。また、3万円以上の値上げで評価は急落してしまった。

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRのスペック

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CR
価格Windows 10 / 212,278円(税込)

・追記
Windows 10 / 245,168円(税込)

CPUCore i9-10900K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD2TB
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットZ490
コスパ★★★★★★★★★★10.0 over!!

・追記
★★★★★★☆☆☆☆5.8

価格高騰に注意

現在グラフィックボードの価格高騰によって、BTOパソコンは価格が高くなっている。そのような状況下でLEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CR-CRは3万円を超える値上げが適用された。結果的に評価は大幅に下がってしまった。トップクラスのコストパフォーマンスを持つモデルが標準程度にまで落ちた。RTX 3070搭載モデルはラインナップが豊富である。標準程度にまで落ちると注目度や人気も一気に下がる。

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CR-CRは充実した構成が特徴だ。最上位クラスのCPUに水冷ファンを搭載しているのでRTX 3070の性能を引き出しやすい。評価は下がっても性能の評価は下がらない。供給不足なことも影響して、充実したモデルは減少傾向にある。むしろ性能面の評価は向上しているとさえ言える。しかしながら、RTX 3070搭載モデルが税込24万円となると、流石に手放しにおすすめすることはできない。

価格が高騰しているとしても、上位モデルと同等の価格になると選択するメリットは薄くなる。RTX 3080搭載モデルでもCPU次第では税込22万円程度だ。この価格差はかなり厳しい。Core i9-10900Kと水冷ファン搭載にどこまで価値を見出だせるかだ。CPU性能を重視するなら悪い選択ではない。選択するメリットは薄くても、CPU性能が優れている点だけは間違いない。

RTX 3070の性能を最大限引き出したいなら多少コストパフォーマンスが悪くても選択も一考の価値がある。ただ、総合的な性能は価格帯の中では特別優れているわけではない。そういった意味では少しくせのある性能だ。このモデルは初心者よりも性能を理解した中級者以上のゲーマーにおすすめだ。また、コストパフォーマンスに目を瞑っても優先した箇所がなければ魅力は薄いので注意してもらいたい。

>>>LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRのゲーミング性能

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXHseinou

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CR-CRは非常に優れた性能を持つハイエンドクラスのゲーミングPCだ。FF14を4Kで快適にプレイできるように、多くのタイトルを4K解像度でプレイすることができる。最新のタイトルでは対応しきれないので、4K解像度をメインにプレイするなら少し心許ない。

ゲームプレイを少しだけ有利にするために解像度を上げるプレイスタイルに適している。これだけ高い性能を持ってしてもフルHDではオーバースペックとなりにくい。Apex Legendsやフォートナイトのようなタイトルでは高リフレッシュレートでのゲームプレイが一般的だからだ。Core i9-10900KとRTX 3070の性能でより高みを目指すことができる。Apex Legendsなら240Hz、フォートナイトなら360Hzを目指すことができる。

要求スペックの低いタイトルでも、性能を余すことなく使い切れる用途がある。この特性から、LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CR-CRは本格的なゲームプレイを目指すゲーマー向けと言える。高解像度にも対応できるので、MMORPGを本気でプレイするのにも適している。もちろんタイトルによるが、視野が広がればそれだけ有利に進めやすいからだ。ジャンルを問わずゲームを本格的にプレイできる優れた性能を有するモデルだ。

>>>LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRを購入<<<

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRの概要

評価は高いがおすすめ度は低い

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRは、非常に高いコストパフォーマンスを持つモデルだ。抑えられた価格に充実した構成により評価は高い。何よりもその性能の高さが魅力である。RTX 3070は登場からそれなりに時間が経過している。徐々に搭載モデルの価格は下がってきているように思う。その中でもLEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRは価格が抑えられていてCore i9-10900K搭載でCore i7-10700K搭載モデルに近い価格設定だ。従来のハイエンドに匹敵するモデルが税抜20万円を切っている。GPUの進化を感じるには十分過ぎる。コストパフォーマンスの高さも納得である。

その一方で、充実した構成であっても完璧というわけではない。LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRには一つ弱点がある。それは電源ユニットだ。Core i9-10900KとRTX 3070を搭載して700W BRONZEは最低限の容量と規格である。他ショップの製品では850W GOLD搭載が多い。また、カスタマイズでも700W GOLDへの変更しかできない。変更すると納期が20日以上伸びる状態なのでカスタマイズもおすすめしにくい。

高いコストパフォーマンスと性能を持つモデルには致命的とも言える弱点だ。本来、性能が高くてコストパフォーマンスに優れるモデルはおすすめのモデルになる。ところが、LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRについてはこの弱点から人を選ぶこともあっておすすめしにくい。オーバークロックや増設を考えているなら別の製品の方が無難だ。価格が抑えられているので、せめてカスタマイズできればよかった。購入後に交換するにも、手間と費用を考えれば割に合わない。あともう一歩で完成された最強クラスのゲーミングPCだった。それだけに惜しい。

時期を選べば化ける

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRがおすすめできないのは、あくまでも現時点での話だ。電源を除けばほぼパーフェクトなモデルだ。当然、パソコン工房もこのまま放置することはないだろう。カスタマイズの状況から見ても電源の在庫が少ないのかもしれない。電源の選択肢が増えればLEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRの抱える問題は一気に解消する。しばらく様子を見つつ、別の製品を検討するのがよさそうだ。

元々パソコン工房のモデルはカスタマイズの幅が特別広いわけではなかった。特に電源の選択肢は他ショップに比べて少ない印象がある。他の製品でも選択肢が700W GOLDのみというのは珍しくない。RTX 3080搭載モデルには800W TITANIUMを搭載しているところを見ると価格を抑えるための構成なのだろうか。もしくは、完璧なテストを行った上で700W BRONZEで十分という判断なのだろうか。

RTX 3070はともかく、Core i9-10900K搭載であることを考えるとギリギリを攻めているように思える。LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRは、電源が強化されるかカスタマイズの幅が増えるまでは選択を避けたい。もちろん、販売しているということは問題がないということではある。それでも、先々の可能性を考慮すると電源には余裕を持たせたい。水冷CPUクーラー採用でオーバークロックにも対応している。

性能を最大限引き出すには700W BRONZEでは心許ない。Core i9-10900Kの最大消費電力は250W、RTX 3070と組み合わせると450Wを超える。変換効率に優れる700W GOLDくらいにはしておきたい。カスタマイズで納期が伸びない時期を選べば悪くない選択肢となる。理想は800W GOLDだ。あとはカスタマイズの価格次第である。繰り返しになるが、用途が限定的であり、増設やオーバークロックをしないならそのまま選択しても問題はない。

>>>LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRを購入<<<

パソコンケースレビュー

パソコン工房ミドルタワー当該モデルで採用されているのはR-Class共通のミドルタワーとなっている。拡張性も高くストレージを増やすことも可能だ。エアーフローもしっかりと考えられているためCore i9-10900Kのようなウルトラハイエンドクラスのパーツを搭載しても問題ない。

似ているモデルとの比較

ブランド名LEVEL∞raytrek
イメージLEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITERraytrek ZFtop
製品名LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRZF
価格245,168円(税込)256,980円(税込)
CPUCore i9-10900K
(水冷)
Core i9-11900K
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 512GBNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載非搭載
電源700W BRONZE750W GOLD
マザーボードZ490Z590
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象はドスパラのraytrek ZFだ。最新の第11世代Core i9-11900Kを搭載し、メモリ容量32GB、Gen4対応NVMe SSD 1TB、チップセットZ590と最新の構成だ。そして価格差が11,000円程度である。この価格差はLEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRのメモリを32GBにする価格よりも安い。その上でほぼ全ての項目でリードする最新モデルを選択できる。

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRを候補に加えるユーザーは間違いなく性能を重視しているはずだ。raytrek ZFは性能も構成も優れる強力な最新モデルだ。今ならraytrek ZFを強く推奨したい。ただし、比較に登場しているraytrek ZFはキャンペーンモデルである。せっかくチェックしてもキャンペーンが終了しているかもしれない。期間限定なので選択する際は少し早めに選択しておきたい。

管理人による総評(LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CR)

LEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER

LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRは、RTX 3070×i9-10900K搭載のゲーミングPCだ。GPUとCPUの相性は良いが、意外とこの組み合わせのゲーミングPCはラインナップが少ない。水冷CPUクーラーを搭載していてパフォーマンスの低下を防ぐことができる。構成を見てもメモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと合格点だ。電源ユニットについては少し物足りない。今はグラボ価格高騰の煽りを受けて3万円以上も値上げされて評価が下がった。基本的には比較対象モデルをチェックしておこう。

価格CPUグラボ
245,168円(税込)Core i9-10900KRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB2TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ
  • LEVEL-R049-LCiX9K-TAXH-CRを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。