LEVEL-R969-LC127K-SAXtop


当記事では、LEVEL-R969-LC127K-SAXの評判とレビューを紹介している。RTX 3060 Ti×Core i7-12700K搭載のゲーミングPCだ。Core i7-12700Kは、Intel第12世代の倍率ロックフリーモデルで12コア20スレッドという高いスペックを持つ。ゲームプレイ以上のことを考えている方は必見だ。値上げが適用となって少し評価を落としているが、今でも十分な評価を得ているモデルだと言える。

LEVEL-R969-LC127K-SAXのスペック

LEVEL-R959-LC117-UAX

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-R969-LC127K-SAX
価格Windows 10 / 250,980円(税込)
CPUCore i7-12700K(水冷)
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源700W BRONZE
マザーボードチップセットZ690
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 6.4

>>>LEVEL-R969-LC127K-SAXを購入<<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-R969-LC127K-SAXのゲーミング性能

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

GeForce RTX 3060 Tiは、Ampere世代のハイクラスのグラフィックボードだ。今世代では60番台でも高解像度に対応できる高い性能を持っている。これまでは70番台のグラフィックボードが人気だったが、Ampere世代ではこのRTX 3060 Tiの人気が高い。

それもそのはずでRTX 3070に近い性能を持ちながらも価格が抑えられていて選びやすいからだ。WQHD環境でのゲームプレイをメインにしつつフルHD環境で高リフレッシュレートを実現することもできる。オールラウンド性の高いモデルは人気なのも納得だ。

Core i7-12700K(CPU)

当該モデルに採用されているCore i7-12700Kは、2021年11月に発売されたばかりの新しいCPUだ。その分だけ価格が高めになっている。Core i7-12700Kは、12コア20スレッドとスペックが高くRyzen 9 5900XやCore i9-11900Kを大きく上回るパフォーマンスを発揮する。これまではRyzen 5000シリーズの独壇場だった動画編集・Zipファイル解凍などの作業でも上回るほどになった。ゲーミングCPUとしての評価は相変わらず高いが、性能が高すぎて使い切れるかと尋ねられると疑問が残る。ゲームプレイだけを考えるなら下位モデルのCore i7-12700やCore i5-12600Kでも十分かもしれない。

総合性能

LEVEL-R969-LC127K-SAX seinou

LEVEL-R969-LC127K-SAX は最新のCore i7-12700KとRTX 3060 Tiを搭載したハイクラスのゲーミングPCだ。RTX 3060 Tiに対してCore i7-12700Kは性能が高すぎる。高い水準で作業とゲームを両立できるマルチロールなモデルだ。

ゲームを配信するストリーマーや動画を投稿するユーザーに適している。ゲームの一歩先の用途を想定しているならありだ。ハイクラスの性能なのでFF14を4Kでプレイすることも、フルHDで高リフレッシュレートを目指すこともできる。汎用性の高い性能である。

>>>LEVEL-R969-LC127K-SAXを購入<<<

LEVEL-R969-LC129K-WAXの概要

1.7万円の値上げも評価はまずまず

LEVEL-R969-LC127K-SAXは、RTX 3060 Ti×Core i7-12700K搭載のハイクラスのゲーミングPCだ。2022年になって17,000円ほどの値上げが適用された。最新モデルは徐々に価格が下がっていくものだが、RTX 3060 Tiの高騰の影響を受けて逆行しているようだ。ハイクラスとしてはなかなか高価な25万円に到達したのは痛い。

それでもCore i7-12700Kを搭載していることで、多少割高でもまだ納得できる。LEVEL-R969-LC127K-SAXの強みはCore i7-12700Kを搭載していることだ。ゲーム性能で言えばCore i9-11900KやRyzen 9 5950Xを超える。もっとも、RTX 3060 Tiとの組み合わせを考えるとオーバースペック気味である。必要かどうかは別として、非常に強力なCPUを搭載しての価格設定だ。

今になってみれば値上げ前の23万円台は非常にお得だった。そんな選択する理由を持つLEVEL-R969-LC127K-SAXの弱点は価格だ。いかに納得できようと、上位モデルに迫る価格は非常に厳しい。Core i7-12700Kの性能がRTX 3060 Tiに対してオーバースペックであるなら、ゲームを中心に考えているとマイナス要素となる。

それならCPUの性能を落とし、GPUのランクを上げた方が実用的だ。構成を考えれば納得できるモデルであっても、適した用途が見当たらないのでは意味がない。現時点での評価はまずまずでも、おすすめ度は案外低いのかもしれない。LEVEL-R969-LC127K-SAXは最新の高性能CPUを重要視するユーザー向けである。ゲームを第一に考えるなら別のモデルをおすすめしたい。

キャンペーンに期待したいモデル

LEVEL-R969-LC127K-SAXは構成を考えれば妥当な価格である。人を選ぶ性能であるため、価格も含めて万人受けするようなモデルではない。こうなると、なかなか受け入れられないモデルになっていきそうだ。

パソコン工房は定期的に大規模なキャンペーンを展開している。値引きに関してはそこまで大きくはないものの、リニューアル含めた変化に期待することは十分可能だ。しばらくするとCPUの価格も下がってくる。当然搭載モデルであるLEVEL-R969-LC127K-SAXの価格も下がる。その価格改定後の安くなった価格にキャンペーンの値引きが適用されると化けるかもしれない。

長い目で見ればポテンシャルを秘めたモデルと言える。今現在おすすめすることはできなくても、購入がしばらく先であるならチェックはしておきたい。第12世代搭載モデルはまだまだ出揃っていない。ハイクラスやハイエンドクラスでこそ輝く高性能CPUであるため、この価格帯でチェックしているなら候補には入る。

ただし、高すぎる性能はゲームで上手く活かせないこともある。その点だけは理解しておきたい。LEVEL-R969-LC127K-SAXに期待できる変化は値下げだ。ストレージやメモリなどの構成の変化は期待できない。以前と同様とまではいかなくてもなんとか24万円台中盤程度に落ち着けば御の字だ。比較対象を含めて、この価格帯は選択肢が広い。用途に合ったモデルを選択してほしい。

>>>LEVEL-R969-LC127K-SAXを購入<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名LEVEL∞G-GEAR
イメージLEVEL-R959-LC117-UAXG-GEAR GA7A-B180T
製品名LEVEL-R969-LC127K-SAXGA7J-G212/T
価格250,980円(税込)239,800円(税込)
CPUCore i7-12700K(水冷)Core i7-11700
GPURTX 3060 TiRTX 3070 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB
SSD非搭載非搭載
電源700W BRONZE850W GOLD
マザーボードZ690H570
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はツクモのG-GEAR GA7J-G212/Tだ。CPU性能は大きく落ちてかつチップセットも落ちてしまう。一方で、GPU性能は大きくアップして電源容量と規格はアップする。それぞれに一長一短ある。ゲームを中心とするならRTX 3070 Tiを搭載しているG-GEAR GA7J-G212/Tに分がある。

Core i7-11700はCore i7-12700Kと比べると処理性能やゲーム性能に落ちる。それでも、GPU性能を支えるだけの性能を持っているため、RTX 3070 Tiと組み合わせたG-GEAR GA7J-G212/Tの方がゲームに適している。

一方でゲーム以外の用途をメインに考えているなら、処理性能に優れるLEVEL-R969-LC127K-SAXがリードする。現時点ではコストパフォーマンスの観点から見てもG-GEAR GA7J-G212/Tがよさそうだ。

パソコンケースレビュー

正面

LEVEL-R959-LC117-UAXsyoumenオーソドックスなミドルタワーケースとなっている。正面にはLEVEL∞のロゴが刻印されている。

左側

LEVEL-R959-LC117-UAXleft本体の左側面はクリアガラスパネルが採用されている。内部を魅せる演出が魅力的だ。

右側

LEVEL-R959-LC117-UAXright本体の右側には特に何もない。排気口も設けられていない。

背面

LEVEL-R959-LC117-UAXback背面は一般的なゲーミングPCと同じだ。本体左側上部にはマザーボードのI/Oパネルが出てくる。下部の空白部分は電源ユニットが配置される形だ。

I/Oパネル

LEVEL-R959-LC117-UAXiopanelI/Oパネルは正面上部に配置されている。電源ボタン、USB 3.0×2、ヘッドフォン・マイク端子が配置されている。

上部

LEVEL-R959-LC117-UAXupper本体上部には大きめの排気口が設けられている。ものを置いてしまうと排気を妨げてしまうことになるので注意しよう。

底面

LEVEL-R959-LC117-UAXdown本体下部には吸気口が設けられている。

管理人による総評(LEVEL-R969-LC127K-SAX)

LEVEL-R959-LC117-UAX

LEVEL-R969-LC127K-SAXは、最新のCore i7-12700Kを搭載したゲーミングPCだ。12コア20スレッドと圧倒的なスペックを誇る。高いCPU性能を心強いが、ゲームプレイだけを考えるならオーバースペックになりがちだ。ゲーム配信や動画編集などの作業を考えている方に最適だ。

グラフィックボードにはRTX 3060 Tiを搭載していてWQHD環境でのゲームプレイにも対応できる。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も十分だろう。1.7万円の値上げが適用となって評価を落としたが、他社の動向を見ている限り十分戦える一台だと言える。

価格CPUグラボ
250,980円(税込)Core i7-12700KRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ
  • LEVEL-R969-LC127K-SAXを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。