LEVEL-R769-LC129K-WAX


当記事では、LEVEL-R769-LC129K-WAXの評判とレビューを紹介している。2021年11月に登場したばかりのIntel Core i9-12900Kを搭載したゲーミングPCだ。16コア24スレッドと高いマルチスレッド性能を発揮する。競合であるRyzen 9 5950Xをも上回る性能は素晴らしい。グラフィックスにはこれまで性能の高いRTX 3080 Tiを搭載していてCPUとのバランスも良好だ。予算度外視で最強のゲーミングPCを手に入れたい方向けだと言える。

LEVEL-R769-LC129K-WAXのスペック

LEVEL-R969-LC129K-WAXsyoumen

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-R769-LC129K-WAX
価格408,980円(税込)
CPUCore i9-12900K
グラフィックボードGeForce RTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 32GB
SSD1TB NVMe
HDD非搭載
電源800W GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 6.4

>>>LEVEL-R769-LC129K-WAXを購入<<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。
LEVEL-R969-LC129K-WAXseinou

LEVEL-R769-LC129K-WAXは最新のCore i9-12900KとRTX 3080 Tiを搭載したハイエンドクラスだ。RTX 3080 Tiとバランスの取れるCPUが遂に登場した。圧倒的なCPU性能で、高い快適性を維持できる。RTX 3080 Tiの性能を上手く引き出せるようになったのは大きい。

4Kを超える解像度の可能性を大きく近づけた。既存のゲームであればどんなゲームでも快適にプレイできる。WQHDでも240Hzを目指せる性能だ。環境次第では4Kで144Hzも不可能ではないだろう。この性能に関しては何も言うことはない。現行最強クラスの性能である。

LEVEL-R769-LC129K-WAXのゲーミング性能

GeForce RTX 3080 Ti(GPU)

rtx3080tiseinou202111

GeForce RTX 3080 Tiは、Ampere世代におけるハイエンドクラスのグラフィックボードだ。フラグシップモデルであるRTX 3090と同等のゲーミング性能を発揮する。つまり、4K解像度でのゲームプレイが前提となる。あるいはフルHD環境で高いfpsを実現したい方向けだと言える。大は小を兼ねるといった形で手を出してしまうと持て余してしまうだろう。AMD製のフラグシップモデルであるRadeon RX 6900 XTよりも4%以上高いゲーミング性能を持つ。下位モデルであるRTX 3080との差は8%程度とやや大きい。

Core i9-12900K(CPU)

i9-12900kseinou

Core i9-12900Kは、Intel第12世代のフラグシップモデルだ。Alder Lake世代になって2つのコアを搭載する形になっている。トータルコア数は16コアとRyzen 9 5950Xと同等だ。スレッド数は24とRyzen 9 5950Xよりも25%少ないがマルチスレッド性能ではRyzen 9 5950Xを4%程度上回る。

これによって動画編集などRyzenシリーズが強かった用途でも十分通用するCPUになったと言える。もちろんゲーミングCPUとしての評価も高く現行最強クラスのモデルだ。予算に余裕があるのであれば選択するとよいだろう。

>>>LEVEL-R769-LC129K-WAXを購入<<<

LEVEL-R769-LC129K-WAXの概要

評価微減も、未だに有力なハイエンドクラス

LEVEL-R769-LC129K-WAXは登場から4ヶ月ほど経ち、価格は2,000円値上げされた程度の変化しかない。登場したばかりの頃と違い、評価値も最適化が進んだことで評価は下がった。標準より高い評価程度に留まっているものの、RTX 3080を超える性能を有するハイエンドクラスとしては有力な選択肢である。

RTX 3080 Ti搭載モデルはあまり数が多くない。その上、価格が非常に高い。対抗できるモデルはいくつかあるものの、40万円を超えるとなると、似て非なるモデルばかりだ。また、特徴も構成も異なるので、比較を行えるモデルがない。せいぜい近い価格のモデルを引っ張ってくるくらいしかできない。

35万円を超えるゲーミングPCは、ショップのカラーが色濃く反映されやすい。そのため、ハイクラスのような主流の性能帯と異なり、同じ価格帯でも優劣を付けるのが難しいのだ。単純に性能を重視するなら、Core i9-12900KとRTX 3080 Tiを搭載したLEVEL-R769-LC129K-WAXは非常に強力だ。構成よりも性能を求めるなら今でもおすすめしやすいモデルである。

この価格帯のモデルを評価するのが難しいのは、一定の装備が標準化しているというのもある。例えば、水冷ファンがそれにあたる。この価格帯になると搭載されるCPUは最上級のものが採用される。その発熱を抑えるCPUファンは当然のように水冷ファンだ。

ハイクラスやミドルクラスでは強みとなる水冷ファンがあって当たり前になる。充実した構成を持っていて当たり前になるので、ある意味でコストパフォーマンスは重要ではなくなる。最高峰の性能を求めるなら、LEVEL-R769-LC129K-WAXは非常に優秀なモデルと言える。

40万円オーバーの予算が合うならおすすめ

LEVEL-R769-LC129K-WAXは現行最強クラスの性能を有するゲーミングPCだ。価格が40万円を超える非常に高価なモデルだが、予算が合うならおすすめできる。本当にこの性能が必要なのかを考えてもらいたい。性能が高ければ最新のゲームにも対応しやすく、長く快適な環境を維持できる。ただし、プレイするゲームやジャンルがある程度決まっているならここまでの性能は必要としない。

たとえば、FPSをメインにプレイするならRTX 3080で十分だ。フルHDで少し古めのゲームを中心とするならハイクラスで十分だ。この性能でなければプレイできないゲームはない。プレイ環境をどの程度構築するかだ。フルHDで240Hzを超える、4Kで最高設定、WQHDで144Hz以上などがそれにあたる環境だ。

シミュレーター系のゲームを本格的にプレイする際も性能は求められる。どういったゲームジャンルをプレイするのか、最新のゲームをプレイするのか。最新のゲームと言っても、ピンからキリまであり、負荷の高いゲームはごく一部だ。今で言えばエルデンリングのようなゲームをプレイするなら、このくらいの性能があっても使いこなせるだろう。

Apex Legendsやフォートナイトのような、人気タイトルを中心にプレイするならそれほどスペックは必要としない。多人数参加型のゲームは、多くのユーザーが参加できるように負荷が抑えられている。シングルプレイヤー、マルチプレイヤーのゲームで負荷や特色が違う。色々あるが、予算に余裕があるならLEVEL-R769-LC129K-WAXを選ぶことをおすすめしたい。

>>>LEVEL-R769-LC129K-WAXを購入<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名LEVEL∞GALLERIA
イメージLEVEL-R959-LC117-UAXGALLERIA XA7C-R70S (2)
製品名LEVEL-R769-LC129K-WAXZA9C-R38T
価格408,980 円(税込)399,980円(税込)
CPUCore i9-12900K(水冷)Core i9-12900K(水冷)
GPURTX 3080 TiRTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載非搭載
電源850W GOLD850W GOLD
マザーボードZ690Z690
公式公式公式
比較対象はドスパラのGALLERIA ZA9C-R38Tだ。LEVEL-R769-LC129K-WAXと比べて12,000円ほど安いが、メモリ容量は半減となる。GALLERIAシリーズは比較的オーソドックスなモデルが多いのでハイエンドクラスでも大人しいモデルが多い。GALLERIA ZA9C-R38Tも無難にまとめられている。ハイエンドクラスでメモリ16GBは少し寂しいのは本音だ。

これを32GBにカスタマイズすると17,000円掛かるのでLEVEL-R769-LC129K-WAXを価格で上回ってしまう。パーツの流用や増設を考えていないならLEVEL-R769-LC129K-WAXがいい。この価格差ならGALLERIA ZA9C-R38Tはセールによる値引き次第では逆転するかもしれないが、基本的にLEVEL-R769-LC129K-WAXを中心に考えたい。

パソコンケースレビュー

正面

LEVEL-R969-LC129K-WAXsyoumen
2022年2月17日にLEVEL∞のR-Classに採用されるケースデザインがリニューアルされた。ここ数年はゲーミングブランドのケースリニューアルが続く。スタイリッシュで落ち着いたデザインを採用していて万人受けしそうだ。RGB対応ケースを選択できるのも特徴だ。本体前面に吸気口が設けられている。

左側面

LEVEL-R969-LC129K-WAXleft
左側面は非常にシンプルだ。

右側面

LEVEL-R969-LC129K-WAXright
右側面と左側面と同様にシンプルな形となっている。

I/Oパネル

LEVEL-R969-LC129K-WAXiopanel
I/Opパネルは本体上部にまとめられている。使い勝手も良好だ。USB 3.0×2、ヘッドフォン端子×1、マイク端子×1が配置されている。

背面

LEVEL-R969-LC129K-WAXback
背面は上記のとおりだ。搭載するグラフィックボードと電源によってI/Oパネルは変わる。後方からも排気が行われている。

本体上部

LEVEL-R969-LC129K-WAXjyobu
本体上部からは大型のファンが2基見える。メッシュ加工をしていてたっぷりと内部の空気を排気できる。

本体下部

LEVEL-R969-LC129K-WAXkabu
本体下部は上記のとおりだ。

管理人による総評(LEVEL-R769-LC129K-WAX)

LEVEL-R969-LC129K-WAXsyoumen

LEVEL-R769-LC129K-WAXは、RTX 3080 Ti×Core i9-12900Kを搭載したゲーミングPCだ。2022年03月時点でトップクラスのゲーミング性能を誇る1台となっている。この構成で通用しないならそれはゲーム側の問題だと踏ん切りがつくほどだ。360mmの大型CPU水冷クーラーを搭載していて夏場でも安心して使用できる。

メモリ32GB、SSD 1TBと構成もフラグシップモデルにふさわしい。税込40万円と豊富な予算がある方は必見だ。この価格帯まで来るとコスパだけでモデルを見るのはナンセンスと言えるかもしれない。ビビッと来たモデルを候補に入れるとよいだろう。

価格CPUグラボ
408,980円(税込)Core i9-12900KRTX3080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • パソコン工房(LEVEL∞)の評判まとめ
  • LEVEL-R769-LC129K-WAXを販売しているショップである「パソコン工房」の評判をまとめている。低価格と充実したラインナップが魅力のショップとなっている。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。