LEVEL-R969-LC129K-WAXtop


当記事では、LEVEL-R969-LC129K-WAXの評判とレビューを紹介している。2021年11月に登場したばかりのIntel Core i9-12900Kを搭載したゲーミングPCだ。16コア24スレッドと高いマルチスレッド性能を発揮する。競合であるRyzen 9 5950Xをも上回る性能は素晴らしい。グラフィックスにはこれまで性能の高いRTX 3080 Tiを搭載していてCPUとのバランスも良好だ。予算度外視で最強のゲーミングPCを手に入れたい方向けだと言える。

LEVEL-R969-LC129K-WAXのスペック

LEVEL-R959-LC117-UAX

ブランド名LEVEL∞
製品名LEVEL-R969-LC129K-WAX
価格Windows 10 / 409,880円(税込)
CPUCore i9-12900K
グラフィックボードGeForce RTX 3080 Ti
メモリDDR4-3200 32GB
SSD1TB NVMe
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットZ690
コスパ★★★★★★★★☆☆8.2(暫定)

>>>LEVEL-R969-LC129K-WAXを購入<<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★
★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

LEVEL-R969-LC129K-WAXのゲーミング性能

GeForce RTX 3080 Ti(GPU)

rtx3080tiseinou202111

GeForce RTX 3080 Tiは、Ampere世代におけるハイエンドクラスのグラフィックボードだ。フラグシップモデルであるRTX 3090と同等のゲーミング性能を発揮する。つまり、4K解像度でのゲームプレイが前提となる。あるいはフルHD環境で高いfpsを実現したい方向けだと言える。大は小を兼ねるといった形で手を出してしまうと持て余してしまうだろう。AMD製のフラグシップモデルであるRadeon RX 6900 XTよりも4%以上高いゲーミング性能を持つ。下位モデルであるRTX 3080との差は8%程度とやや大きい。

Core i9-12900K(CPU)

i9-12900kseinou

Core i9-12900Kは、Intel第12世代のフラグシップモデルだ。Alder Lake世代になって2つのコアを搭載する形になっている。トータルコア数は16コアとRyzen 9 5950Xと同等だ。スレッド数は24とRyzen 9 5950Xよりも25%少ないがマルチスレッド性能ではRyzen 9 5950Xを4%程度上回る。

これによって動画編集などRyzenシリーズが強かった用途でも十分通用するCPUになったと言える。もちろんゲーミングCPUとしての評価も高く現行最強クラスのモデルだ。予算に余裕があるのであれば選択するとよいだろう。

総合性能

LEVEL-R969-LC129K-WAXseinou

LEVEL-R969-LC129K-WAXは最新のCore i9-12900KとRTX 3080 Tiを搭載したハイエンドクラスだ。RTX 3080 Tiとバランスの取れるCPUが遂に登場した。圧倒的なCPU性能で、高い快適性を維持できる。RTX 3080 Tiの性能を上手く引き出せるようになったのは大きい。

4Kを超える解像度の可能性を大きく近づけた。既存のゲームであればどんなゲームでも快適にプレイできる。WQHDでも240Hzを目指せる性能だ。環境次第では4Kで144Hzも不可能ではないだろう。この性能に関しては何も言うことはない。現行最強クラスの性能である。

>>>LEVEL-R969-LC129K-WAXを購入<<<

LEVEL-R969-LC129K-WAXの概要

これまでにない圧倒的な性能を持つ

LEVEL-R969-LC129K-WAXは、最新のCore i9-12900Kを搭載したゲーミングPCだ。ついに登場したIntel第12世代Core iシリーズは、過去のIntel第11世代CPUを置き去りにする性能を持っている。そのフラグシップモデルであるCore i9-12900Kはこれまで苦手だったマルチスレッドの性能も大幅に強化された。これにより、ゲーム以外の用途でも最強クラスに立った。用途を選ばないオールラウンドのCPUである。

当然その突き抜けた性能はゲームでも活かせる。性能を持て余し気味だったRTX 3080 Tiに注目が集まりそうだ。Core i9-12900KとRTX 3080 Tiの組み合わせは性能を重視するハイエンドユーザーに人気を博するだろう。気になる消費電力の高さは850W GOLDの電源でカバーしている。CPUファンはもちろん水冷式だ。弱点になりがちな部分を弱点にさせない構成は流石である。

メモリ容量はハイエンドクラスに求められる32GBを標準搭載だ。完成度の高さもハイエンドクラスに恥じない優秀なモデルだ。高負荷な環境でゲームをプレイするなら誰にでもおすすめできるモデルだ。動画のエンコードやクリエイティブな用途など、これまで苦手とされてきた用途も完璧に対応している。ユーザーも用途も選ばない圧倒的な性能がLEVEL-R969-LC129K-WAXの魅力である。

ただ、それだけにゲームオンリーの使い方では少しもったいなくも感じる。LEVEL-R969-LC129K-WAXの特徴は何と言ってもCPU性能だ。その性能はゲームだけに留めるには惜しい。少なくとも配信や動画投稿を行わなければ宝の持ち腐れだ。現行最強クラスのCPUを体感するためにも用途は広いに越したことはない。

最大の弱点は価格にあり

最新最強のLEVEL-R969-LC129K-WAXなどの最新モデルは高評価になりやすい傾向にあるのに対して、LEVEL-R969-LC129K-WAXは暫定ながら8.2と控えめだ。これは価格が40万円を超えていることで評価値が大幅に下がっていることにある。いかに優れたモデルであっても、30万円を超えたあたりから評価の伸びは厳しくなる。もちろんおすすめ度の高いゲーミングPCであることは変わらない。

性能も構成も間違いのないモデルだ。これだけ価格が高いなら性能も構成も優れていて当然ということだ。これまで40万円台はRTX 3090やTITANシリーズ搭載くらいでしか見かけなかった。それがゲーム向けの性能であるRTX 3080 Ti搭載モデルが到達した。登場時の価格は少し高めとは言っても、流石に予算内に収まるユーザーは圧倒的に少数だろう。

人気のゲーミングPCは15万円~20万円だ。LEVEL-R969-LC129K-WAXは、その人気のモデルを2台購入できる価格だ。ゲームをプレイする環境によってはオーバースペックになるモデルだ。誰にでもおすすめできるモデルではあるが、もう一度本当に必要な性能なのかを確認してほしい。用途によっては、ゲーミングPCとクリエイター向けPCを別々に購入した方が安くて便利かもしれない。

この価格に対して安いと思えるユーザーであるなら何の問題もない。ただ、それでもこの高すぎる性能を扱いこなすのは難しいはずだ。クリエイターに受け入れられやすいCPU性能、ハイエンドゲーマーに求められるGPU性能。この2つのトップ性能を使うユーザーはそう多くない。もう少し安くなるまでは一般的なハイエンドモデルとはならなさそうだ。

>>>LEVEL-R969-LC129K-WAXを購入<<<

パソコンケースレビュー

正面

LEVEL-R959-LC117-UAXsyoumen
オーソドックスなミドルタワーケースとなっている。正面にはLEVEL∞のロゴが刻印されている。

左側

LEVEL-R959-LC117-UAXleft
本体の左側面はクリアガラスパネルが採用されている。内部を魅せる演出が魅力的だ。

右側

LEVEL-R959-LC117-UAXright
本体の右側には特に何もない。排気口も設けられていない。

背面

LEVEL-R959-LC117-UAXback
背面は一般的なゲーミングPCと同じだ。本体左側上部にはマザーボードのI/Oパネルが出てくる。下部の空白部分は電源ユニットが配置される形だ。

I/Oパネル

LEVEL-R959-LC117-UAXiopanel
I/Oパネルは正面上部に配置されている。電源ボタン、USB 3.0×2、ヘッドフォン・マイク端子が配置されている。

上部

LEVEL-R959-LC117-UAXupper
本体上部には大きめの排気口が設けられている。

底面

LEVEL-R959-LC117-UAXdown
本体下部には吸気口が設けられている。

似ているモデルとの比較

現在比較対象となるモデルは存在していない。厳密に言えば近いモデルはあるが、登場したてのハイエンドクラスはショップの個性が反映されている傾向にある。似て非なるものである現状では比較するのは難しい。もう少しラインナップが増えて価格が落ち着くまでは比較は行わない。

また、最新モデルに関しては評価や指標が暫定扱いであるため、正確に良し悪しが判断しにくい。時間の経過でモデルが落ち着くに連れて評価も精度が高まる。それまでは単純に暫定の評価で良し悪しを判断してほしい。40万円を切って落ち着かない限り比較をすること自体難易度が高い。

圧倒的に優れたモデルが登場するまでは、どれを選んでもそれほど後悔はしなさそうだ。登場したての新モデルを選択するというのは、ある意味で後悔とは最も遠いところにある。最新・最強であるモデルを選んだ事実が高い満足度を与えてくれそうだ。

管理人による総評(LEVEL-R969-LC129K-WAX)

LEVEL-R959-LC117-UAX

LEVEL-R969-LC129K-WAXは、RTX 3080 Ti×Core i9-12900Kを搭載したゲーミングPCだ。2021年11月時点でトップクラスのゲーミング性能を誇る1台となっている。この構成で通用しないならそれはゲーム側の問題だと踏ん切りがつくほどだ。360mmの大型CPU水冷クーラーを搭載していて夏場でも安心して使用できる。メモリ32GB、SSD 1TBと構成もフラグシップモデルにふさわしい。税込40万円と豊富な予算がある方は必見だ。

価格CPUグラボ
409,880円(税込)Core i9-12900KRTX3080Ti
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!