Lightning AJ5top


当記事では、ドスパラ「Lightning AJ5」の詳細レビューをまとめている。このLightningはミニタワーを搭載したビジネスPCだが、2020年5月にゲーミングPCのラインナップ入りも果たしている。

「Minecraft for Windows 10 Master Collection 同梱版」であることからゲームを意識していることがわかる。今後低価格帯のゲーミングPCを探している方はこのLightningブランドを要チェックだ。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆
kurosabakutop
★★★☆☆
ff14suisyou
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

ライトなミドルクラスの性能を有するモデル。ゲームに求められる性能は概ねクリアできている。標準設定以下にすれば最新のゲームもプレイすることが可能だ。解像度を下げれば最新のゲームでも高リフレッシュレートが実現可能だ。価格を抑えるために構成は大きく削られている。総合的な評価ではなく、価格を抑えることを最重要視しているユーザー向けにまとめられている。

Lightning AJ5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AJ5
価格Windows 10 / 79,980円
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2666 8GB
SSDM.2 250GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB450
コスパ★★★★★★★☆☆☆6.3

>>>>>Lightning AJ5を購入する<<<<<

Lightning AJ5の性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660(グラフィックボード)

sa2-e-sports-gtx1660

GTX 1660は、旧型のグラフィックボードでGTX 1660 SUPERやGTX 1650 SUPERの登場後は影が薄れると思われていた。しかし、現在でもしっかりと地位を確立している。標準的な性能と価格は、多くのグラフィックボードの基準になっている。

ゲームを快適にプレイ出来ること、そして価格を抑えられることで低価格帯のモデルで人気が高い。既存のゲームであれば快適にプレイ出来る設定が存在しているので、不満に感じることはないだろう。

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen 5 3500-seinou

Ryzen 5 3500は、総合的な性能は非常に高いCPUとなっている。ゲームに関してはi5-9400を下回ると見ておいた方が良いだろう。特に、ゲームによっては不自然にフレームレートが下がることもある。

価格に対してのパフォーマンスは高くても、ゲームへの適性は相応。高性能なグラフィックボードとは合わしにくい。GTX 1660とならしっかりバランスも取れるので問題はない。

総合性能

Lightning AJ5seinou

標準設定であれば多くのゲームの推奨環境を満たしている。高望みさえしなければ標準構成でも十分だ。この性能であればメモリは8GBで十分でも心配はいらない。メモリ16GBが必要になる環境には性能が対応していないからだ。

ただ、今後登場するゲームの中には最低で8GBを超えるメモリを要求するものもあるかもしれない。現時点では全てのゲームに標準のまま対応出来る性能と構成を持っている。価格以上のパフォーマンスを期待できる。

>>>>>Lightning AJ5を購入する<<<<<

Lightning AJ5の特徴&強み

ゲームにも適した一般向けモデル

LightningシリーズはゲーミングPCではない。いわゆるビジネスモデルあるいはクリエイター向けモデルと言える。最近になって一部のLightningシリーズがゲーミングのラインナップに加えられている。グラフィックボードを搭載していることもあって構成的には一般向け用途よりもゲームに適しているのは間違いない。

Lightningシリーズはケース性能でゲーミングPCブランドのGALLERIAよりも落ちる。ゲーミングPCのカテゴリではないので当然だろう。排熱やエアフローが重要になるゲーミングPCとでは構造に違いが生じているからだ。このケース性能はゲーミングとそれ以外を分ける大きな要素である。

ただし、控えめな性能であることで、排熱やエアフローがそこまで重要ではないことも確かだ。GTX 1660ぐらいの性能であればゲーミングPCのケースを採用するデメリットの方が大きいかもしれない。ケースに掛かる費用が大きく違ってくる。一般向けPCとゲーミングPCの価格を比べれば一目瞭然だろう。

一般向けのモデルは同じ構成のゲーミングPCよりも価格が安くなる傾向にある。これはドスパラのGALLERIAシリーズとMagnateシリーズの関係にも出ている。ゲーミングPCには機構的な性能が前提になっているからだ。その枠から外れた製品は、同等の性能を持つ製品よりも安いことが多い。ただ、Lightning AJ5は同じ高性能ゲーミングPCと同じ価格にあるため、強くおすすめしにくい製品である。

GALLERIA RJ5という壁が立ちはだかる

ブランド名LightningGALLERIA
イメージLightning AH5galleriadhtop-1
製品名AJ5RJ5
価格79,980円79,980円
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3500
GPUGTX 1660GTX 1660
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GB
SSDM.2 250GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
チップセットB450B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー

一般向けPCシリーズのLightning AJ5、ゲーミングPCシリーズのGALLERIA RJ5。この2製品は同じ性能を持つモデルである。構成ではGALLERIA RJ5が上回っているにも関わらず価格が安くなっている。ストレージは明確に違っている。Lightning AJ5はM.2 250GBのみ、GALLERIA RJ5には1TBのHDDと256GBのNVMe対応SSDが搭載されている。

この時点で同じ価格ならGALLERIA RJ5の方が良いだろう。性能的にゲーミングPCのケースは不必要であったとしても、価格による優位が無い以上お得である。Lightning AJ5はGALLERIAシリーズのメインラインナップに並んでいる。しかし、同等以上のモデルが既にラインナップに存在している。

LightningシリーズはGALLERIA Rシリーズを押しのける形で登場した。そしてメインラインナップに加わった。そこには同等以上の製品が既に存在している。こうなってくると、わざわざ新たに追加する必要があったのか疑問に思えてくる。

今後、キャンペーンで大きな差を付けるのだろうか。現時点ではLightning AJ5は期待の新星という程度で、おすすめすることの出来ないモデルである。

>>>>>Lightning AJ5を購入する<<<<<

Lightning AJ5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumen
ぱっと見るとわかるとおりゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用とのパソコンと考えた方が良いだろう。見た目も重視したい方は避けよう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right
本体の右側は何もなくシンプルだ。一般的なパソコンそのものだと言える。

左側

Lightning AH5-left
左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。ミドルクラスの性能なら不安は何もない。

内部

Lightning AH5-inside
かなりすっきりとした中身となっている。GTX 1660自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflow
エアフローの流れをまとめている。すでに書いたサイドと前面から空気を取り入れてファンの力を借りて後方に熱い空気を排出する。

似ているモデルとの比較

ブランド名LightningGALLERIA
イメージLightning AH5galleriadhtop-1
製品名AJ5RT5
価格79,980円89,980円
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3500
GPUGTX 1660GTX 1660 Super
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDM.2 250GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
チップセットB450B450
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は税込10万円以下最強モデルGALLERIA RT5だ。グラフィックボードの性能が一つ高くなり、メモリ容量は倍増だ。更にストレージでも差をつけている。この差で1万円高くなる程度である。これならGALLERIA RT5を選ぶ方が賢明だ。

ゲームへの対応力、利便性、コストパフォーマンスで上回るGALLERIA RT5は低価格モデルで強い支持を得ている。ただ安いわけではない。性能をしっかり考えられ、12万円台のモデルと同等の構成を持っている。1万円では到底届かない構成である。予算的に厳しかったとしても、1万円安いという一時の優位でしかない。予算が足りないなら少し我慢してでもGALLERIA RT5に手を伸ばしておきたい。

管理人による総評(Lightning AJ5)

galleriadhtop-1

GTX 1660を搭載したビジネス向けモデルだ。ゲーム用途でも使えるグラフィックボードを搭載していることからライトなゲーミングPCと考えても良い。採用しているPCパーツ的に熱について気にせず使用できる。FULL HD環境までなら問題なく対応可能だ。ただし、比較対象になっているGALLERIA RJ5やGALLERIA RT5の方が優れているのでそちらをチェックして欲しい。

価格CPUグラボ
79,980円Ryzen 5 3500GTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 8GB250GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

Lightning AJ5を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る