Magnate IHtop


当記事では、Magnate IH 第12世代Core搭載のレビューをしている。税込96,980円とグラフィックボード搭載モデルとしては破格のビジネスPCだ。3,000円の値上げによって少しだけ評価を落とした。それでも税込10万円以下で購入できるモデル自体少なく候補に入れても問題ない。グラフィックスにはエントリークラスのGTX 1650を搭載している。

妥協すればゲームプレイにも対応できると考えてよい。CPUにIntel第12世代のCore i3-12100を搭載していて必要最低限の性能を持つ。GTX 1650と組み合わせるならまずまずだ。評価が伸びないのはやはり性能と構成を考えると控えめだからだ。それでもこの価格帯でゲームプレイに対応できるモデルがないのも事実だ。予算が合うなら購入を検討してもよいだろう。

Magnate IHのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名Magnate IH
価格99,980円(税込)
CPUCore i3-12100
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-3200 8GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源450W BRONZE
マザーボードチップセットH610
コスパ★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3.0
おすすめ度Bランク

>>Magnate IHを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
fortnite
★☆☆☆☆
fortnite
★★☆☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate IHseinou

Magnate IH 第12世代Core搭載はCore i3-12100とGTX 1650を搭載したモデルだ。一般向けPCとしては選びやすく、ゲーミングPCとしては扱いにくいモデルである。比較的低い性能で、Apex Legendsを最高設定で安定させるのも少し難しい。

しかしながら、Core i3-12100自体控えめな処理性能に対してゲーム性能は高めだ。ゲームによってはCore i5-11400に匹敵するパフォーマンスを発揮する。負荷の軽いゲームであれば144Hzを目指せる。コアなはゲーマーというよりも、エントリークラスと言ったところだろう。

Magnate IH 第12世代Core搭載のゲーミング性能

Intel Core i3-12100(CPU)

corei3-12100seinou

Magnate IH 第12世代Core搭載ではIntel第12世代のCore i3-12100を搭載している。Core i3シリーズもIntel第12世代Core iシリーズになってより高いパフォーマンスを発揮する。従来モデルのCore i3-10100と同じ4コア8スレッドながら70%以上処理性能が向上している。2世代前のCore i5-10400以上の性能だ。

4世代前のCore i3-8100と比べると2.5倍と驚くべき伸びを見せている。動画編集や画像編集などのクリエイター作業に適しているとは言えないが、ゲームプレイにおいては必要最低限の性能を持っている。同じ低価格帯のRyzen 5 3500と比べても優位性が高い。Core i5-12400になると一気に性能が高くなるのが悩ましい。Core i3-12100はあくまでも価格を抑えるためのCPUで性能を重視したい方には推奨しない。

GeForce GTX 1650(GPU)

gtx1650seinou20220205

当該モデルでは、Turing世代のエントリークラスであるGTX 1650を搭載している。従来モデルのGTX 1050と比べて50%以上高い性能を持つ。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。2022年時点で最低限必要なゲーミング性能を持つ。フルHD環境で設定を下げることを気にしないのであれば候補に入れてもよいだろう。税込10万円前後のモデルを探しているなら基本的にはこのGTX 1650搭載モデルを選択することになる。現行の50番台であるRTX 3050との性能差は50%以上と大きい。レイトレーシングやDLSSといった機能も利用できる。GTX 1650はとにかく価格を抑えるためのモデルだと認識しておこう。

>>Magnate IHを購入<<

Magnate IH 第12世代Core搭載の特徴

少しの値上げも選びやすさは変わらず

Magnate IHは3,000円値上げされたが、10万円を切る99,980円に留まっている。もしも、予算が10万円程度であるなら、Magnate IHは候補なるだろう。この選びやすさは非常に優秀である。現時点で10万円を切るモデルは数える程度しかない。その中で、ゲーム用途となれば選択肢はかなり限られる。

ゲームをプレイすることに関しては、Core i5-12400のような標準的なCPUとGTX 1650を搭載したモデルは13万円前後にまで高騰している。さすがにその価格帯になると他の選択肢が出てくる。GTX 1650搭載モデルの多くは選択する価値を失っている。Magnate IHはGTX 1650搭載モデルの中でしっかり価格を抑えられている。

予算を抑えることを第一に考えるならおすすめできる。この選びやすさは他のモデルではなかなか再現できない。3,000円の値上げで済んだのであれば問題は何もない。ただ、構成は削られているのでコストパフォーマンスの評価は低い。それでもおすすめ度は高めなので選ぶ価値のあるモデルと言える。構成を削って価格を抑えられるモデルは少ない。

10万円以下で展開できているのはゲーミングPCではなく、一般向けPCだからこそだろう。低価格帯のゲーミングPCがほぼ存在しなくなっているため、予算を抑えるなら一般向けPCもチェックしておきたい。Magnate IHをはじめ、ドスパラの一般向けPCはある程度妥協できるなら悪くないモデルである。

性能や構成は控えめなので要注意

Magnate IHは価格を抑えたモデルである。性能が高いわけではないので、その性能に関しては理解しておく必要がある。Core i3-12100とGTX 1650はエントリークラスとしても心もとない部分がある。特にCore i3-12100はやや特殊な性能となっている。Core i3は第12世代からゲーム性能を大きく伸ばした。その一方で処理性能自体はそこまで伸びていない。

第12世代で性能を大きく伸ばしたCPUは、Core i5-12600K以上のモデルで主にEコアPコアの2種類のコアを搭載している。一方で、Core i3を始めとした価格を抑えたCPUはPコアのみの従来と似た仕様となっている。それでも世代が進んだことで、処世性能の伸びは今ひとつながら第11世代のCore i3と比べるとかなり実用的にはなった。

この特性から、ゲームには適していてもCPU負荷の高い作業にはあまり適していない。もっとも処理性能はCore i5-11400に届かないながらも、ゲーム性能では非常に近い。Magnate IHをゲーム用途で選択しようとしているのであれば決して悪い選択ではない。構成面ではメモリが8GBである点に注意してほしい。

同等の価格でRyzen 5 4500を搭載したLightning AH5がある。このRyzen 5 4500は処理性能ではCore i3-12100よりもかなり高いがゲーム性能は落ちてしまう。作業用とも兼ねているならRyzen 5 4500搭載モデルの方がいい。比較の項目にピックアップしているので気になるならチェックしておいてほしい。

あくまでもMagnate IHはCore i3-12100とGTX 1650の性能を最低限活かす構成だ。その分だけ価格が抑えられていると考えてほしい。Magnate IHは価格帯で最も優れたゲーム性能を持つモデルだが、総合性能ではそこまで優れていない。比較対象のモデルと吟味して選んでほしい。

>>Magnate IHを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateLightning
イメージMagnate MHLightning AH5
製品名Magnate IHLightning AH5
Ryzen5 4500搭載モデル
価格99,980円(税込)99,980円(税込)
CPUCore i3-12100Ryzen 5 4500
GPUGTX 1650GTX 1650
メモリDDR4-3200 8GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 250GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源450W BRONZE450W BRONZE
チップセットH610A520
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
チェックポイント!!

比較対象は同じドスパラの一般向けPCであるLightning AH5だ。CPUの処理性能が大きく伸び、メモリ容量が倍増している。総合的な性能ではMagnate IHよりも高いが、ゲーム性能ではMagnate IHよりも落ちる。この2つの製品が持っている特性は異なるため、自分に合った方を選んでほしい。ゲームを中心とするのか、それ以外でも使用することもあるのか。それによって選択肢は異なる。用途に合わせて選択してほしい。

Magnate IH 第12世代Core搭載のパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflow
ミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate IH)

Magnate XJ

Magnate IHは、Core i3-12100×GTX 1650搭載のビジネスPCだ。エントリークラスながらグラフィックボードを搭載していてゲームプレイにも対応できる。基本的には標準設定以下でのゲームプレイが基本となる。メモリ8GB、SSD 500GBと構成は控えめだ。コストパフォーマンスが高いモデルではないが、税込10万円以下で購入できるモデルが少ないのも事実だ。予算10万円以下で考えているならこれ以外に選択肢がない。できればもう少し予算を増やしてワンランク上のモデルを検討した方がよいかもしれない。

価格CPUグラボ
99,980円(税込)Core i3-1200GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • 最新のおすすめゲーミングPCランキングを解説している。どのゲーミングPCが良いのかわからないという方やこれから探し始めるという方は一度読んで参考にして欲しい。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Magnate IH 第12世代Core搭載の販売をしているショップだ。BTOショップと言えばドスパラだと考えるユーザーも多く人気が高い。即日発送に対応したモデルが多いのもありがたい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya