Magnate XHtop


当記事では、ドスパラ「Magnate XH」の詳細レビューをまとめている。控え目ながらもグラフィックボードを搭載しているモデルだ。ただし、コストパフォーマンスに優れているわけではないので、比較対象モデルをチェックして欲しい。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★☆☆☆
kurosabakutop
★★☆☆☆
ff14suisyou
★★★☆☆
fortnite
★★★☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

当該モデルは、CPU性能が魅力のパソコンとなっている。ゲーミングPCというよりも一般向けモデルと考える方がしっくりくる。ゲームへの対応力はそこまで高くない。最新のゲームへは最低設定が前提となってしまう。また、一部のゲームでは解像度を下げることが必要となる。ゲームを快適にプレイするためのゲーミングPCとしては少し心許ない。用途を考えた選択が重要だ。

Magnate XHのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名XH
価格Windows 10 / 109,980円
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-2666 8GB
SSDM.2 250GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆4.9

>>>>>Magnate XHを購入する<<<<<

Magnate XHの性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650(GPU)

gtx1650-seinou

GTX 1650は、現行最低限のグラフィックボードだが、前世代のミドルクラスに匹敵するパフォーマンスが魅力となっている。性能は控え目で2018年以降のゲームに対しては適正が低くなるので注意が必要だ。また、快適にゲームをプレイするためには設定を大きく落とす必要がある。価格を抑えることを最重要視している。性能を求めるなら選択は避けたいグラフィックボードである。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、第10世代の中で最も人気の高いCPUだ。8コア16スレッドとハイパースレッディングに対応したことでパフォーマンスは高い。CPU性能に関しては非常に優秀である。ただ、それだけで快適にプレイ出来るゲームはそれほど多くない。グラフィックボードとのバランスを考えなければ通用しないのだ。

総合性能

Magnate XHseinou

一般向けPCによくあるCPU性能だけが高いタイプのモデルだ。Magnateシリーズは一般向けなので間違っているわけではない。それでも、一時的にゲーミングカテゴリに入っていたこともある。そのインパクトから、今でもMagnateシリーズはゲーム用途を前提として使用を検討するユーザーが多い。

ただ、グラフを見ても性能が高いとは言えない。CPU性能は最新のi7-10700を搭載しているだけあって、推奨スペックを十分満たしている。しかし、GPU性能は現行の最低クラスのGTX 1650である。CPUとのバランスは一切取れていない。これだけを見てもゲームを前提に組まれたモデルでないことは分かる。CPU性能はハイクラス以上でも、GPUとメモリ容量はロークラスだ。

どれだけCPU性能が高くても、それだけではゲームに活かすことはできない。ゲームをプレイしないのであれば、GPU性能が関係なくなるので活かすことができる。その場合、GPUはGPGPU機能を活かした動画視聴補助くらいにしか役に立たない。何をするにも少し無駄が生じてしまうのが弱点だ。

>>>>>Magnate XHを購入する<<<<<

Magnate XHの特徴&強み

ゲーミングPCとしての運用は厳しい

Magnate XHは、ゲーミングPCではない。そして、ゲーミングPCとして運用するのにも適していない。ゲームをメインにパソコンを探しているならMagnate XHは避けるべきだ。製品自体は悪くない。ただゲームに適していないだけだ。CPU性能とGPU性能のバランスが悪い。ゲームをプレイするなら、CPU性能を落としてGPU性能を上げた方が快適性は高い。

一般向けのパソコン要素が強いのでゲーミングPCとしての評価は非常に低い。作業やクリエイティブな用途をメインに、たまに要求スペックの低い簡単なゲームをプレイするというなら悪くない。一般向けのパソコンに適した用途を中心に使用するのであれば評価も違ったものになる。

Magnate XHのややこしいところはグラフィックボードを搭載していることだ。性能に詳しくない初心者からすると、グラフィックボードを搭載している=ゲーミングPCと認識してしまうのは珍しくない。そのため、性能を理解せずに価格だけを見て選択してしまう事が多い。

価格的にも手を出しやすいのもある。一般向けのパソコンにしては価格が少し高めで、ゲーミングPCの低価格帯やミドルクラスと価格が被っている。ゲーミングPCと勘違いして選択してしまうのも無理はない。GPU性能が低いMagnate XHはゲーム運用が難しい。

GPUのカスタマイズができない以上、購入するとグラフィックボードを交換しなければ性能アップはできない。そうなると、最初から搭載されているGTX 1650が余って無駄が生じる。Magnate XHをおすすめしにくいのはGTX 1650搭載であることが大きい。もちろんGTX 1650で事足りるゲームなら問題はない。

Core i7に強いこだわりがあっても避けるべき

Magnate XHの強みは、Core i7-10700という強力なCPUを搭載していることである。ただし、Core i7に強いこだわりがあっても、ゲーム目的であるならMagnate XHは選んではいけない。ゲームを中心にするなら、ゲーム性能の高いモデルを選択するべきだ。Core i7-10700搭載モデルとしては妥当なモデルでも、GTX 1650搭載モデルとして見ると割高なモデルである。

CPUはゲームに影響を与えるが、そのCPU性能を上手く活かせてこそだ。ゲームに求められるCPU性能はGPU性能に合ったものである。CPU性能だけが高くてもゲームを快適にプレイすることはできない。ゲームはGPU性能ありきで考えなくてはならない。

Core i7-10700が悪いわけでも、GTX 1650が悪いわけでもない。それぞれのよさを活かした組み合わせなら問題なくおすすめできる。i7-10700のよさは性能の高さだ。最新の第10世代になり、マルチコア性能の向上で従来よりも大幅に性能がアップした。GTX 1650のよさは価格の安さだ。

捉えようによってはコストパフォーマンスに優れたGPUである。GTX 1650搭載モデルは性能の高さよりも価格の安さに重きが置かれやすい。それはそのGPUの特性を活かしているからだ。i7-10700とGTX 1650はそれぞれを単体で見ると優秀だ。異なる性質を持つCPUとGPUを組み合わせることでそのよさを失うこともある。

低価格が魅力のはずが、Core i7-10700を搭載したことで価格が高くなった。性能の高さが魅力のはずが、GTX 1650を搭載したことでゲーム性能はCPUに見合わなくなった。これがMagnate XHである。それぞれのよさを潰しあってしまうので、ゲーミングPCとしてはおすすめできない。

>>>>>Magnate XHを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateMagnate
イメージMagnate XJMagnate XJ
製品名XHMT
価格109,980円94,980円
CPUCore i7-10700Core i5-10400
GPUGTX 1650GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 16GB
SSDM.2 250GB500GB
HDD1TB非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
チップセットB460H410
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は同じMagnateシリーズであり、低価格帯最強のモデルであるMagnate MTだ。CPU性能は大きく落ちるが、GPU性能は大きく上がる。メモリ容量も倍の16GBあるので、ゲームへの対応力は非常に高い。従来のi5と違い、第10世代のi5は性能が優秀で扱いやすい。

Core i5-10400とGTX 1660 SUPERを組み合わせ、16GBのメモリを搭載したことでゲーム性能はMagnate XHを遥かに凌駕している。ゲームプレイを中心に考えているならMagnate XHよりもMagnate MTを選択するべきだ。より快適にゲームをプレイするために、あえてCPU性能を落とし、価格の安いモデルを選択する。

こういった今までにない選択方法が取れるのは、低価格帯に強くなったMagnateシリーズの恩恵とも言える。Magnateシリーズの中でMagnate MTが突き抜けて優れているからこそ取れる手法である。価格が安くてもゲーム性能が高い。ゲーミングPCを探しているならMagnate MTを強く推奨する。

Magnate XHのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflow
ミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate XH)

Magnate XJ

Magnate XHは、ミドルタワーを採用しているビジネスPCだ。GTX 1650を搭載しているので最低限のゲーミング性能は持っている。ただし、コストパフォーマンスが低くおすすめしにくいので、比較対象モデルをチェックして欲しい。

価格CPUグラボ
109,980円Core i7-10700GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB250GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ | 知名度抜群の日本一のBTOショップ

Magnate XHを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。