Magnate XTtop


当記事では、ドスパラ「Magnate XT」の詳細レビューをまとめている。ビジネスモデルでありながら高いゲーミング性能を持っているのが特徴の一台だ。税込14万円台という価格設定でミドルクラスとして上々の評価を得られている。ドスパラのビジネスモデルでは光学ドライブやマウスが搭載されているので初心者の方でも選びやすい。

Magnate XTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名XT
価格Windows 10 / 149,980円(税込)
CPUCore i7-11700
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD1TB
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH510
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 6.2

>>>Magnate XTを購入<<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate XTのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、一世代前のTuring世代のグラフィックボードだ。Ampere世代でRTX 3050がリリースされるまでは現役となるだろう。ゲーミング性能はローエンド~ミドルクラスに属している。負荷の低いタイトルであれば高設定でも60fps以上で安定させることができる。基本的には設定調整が必要であることは理解しておこう。レイトレーシングやDLSSなどの機能は搭載されていない。

Core i7-11700(CPU)

i7-11700seinou

Core i7-11700は、Intel第11世代のCPUだ。かつて人気だったCore i7-10700の後継モデルとなっている。8コア16スレッドと従来モデルを踏襲しつつCPUコアの改良などでおおよそ15%パフォーマンスが向上している。動画編集・画像編集など様々な用途で通用するモデルだ。

総合性能

Magnate XTseinou

Magnate XTはゲーミングPCではなく、一般向けPCにカテゴリされるモデルだ。そうは言ってもグラフィックボードを搭載していて、ライトなミドルクラスと同等のゲーム性能を有している。ゲーミングPCとしての運用も可能である。

4KやWQHDなどの高解像度には適しておらず、FF14でも4Kは少し厳しい。この性能はフルHDを前提としている。Apex Legendsやフォートナイトのように、フルHDが最適なゲームで本領を発揮する。フルHDであれば多くのタイトルを快適にプレイできる。また、144Hzなどの高リフレッシュレートへの対応も可能だ。

設定を下げれば本格的なゲームプレイも目指せる。本気でゲームをプレイするために必要なエントリーモデルとも言える。対人要素の強いタイトルを想定しているなら最低限候補に入れておきたいモデルだ。

>>>Magnate XTを購入<<<

Magnate XTの特徴&強み

リニューアル後も価格の高騰に注意

Magnate XTは最新のCPUであるCore i7-11700搭載モデルへリニューアルされた。最新のCPU搭載ということで、チップセットも最新のH510へ変更されている。さらに、メモリもチップセットに合わせたDDR4-3200が採用されている。価格は従来モデルよりも15,000円ほどアップしているが妥当なところだろう。

GTX 1660 SUPER搭載モデルは最大25,000円の値上げが適用されたモデルがある。Magnate XTの場合は単なる値上げではなくリニューアルである。15,000円で最新モデルにアップグレードされたと思えば安いものだ。GTX 1660 SUPER搭載モデルの中ではなかなかおすすめしやすいモデルである。

ただし、僅かながら値上げの影響を受けていることは間違いない。複数回値上げが適用されることも珍しくない今、Magnate XTがこのままの価格で展開され続けるとは考えにくい。リリース直後の第11世代搭載モデルは第10世代搭載モデルとほとんど同じ価格で展開されていたのだ。

そう遠くないうちに値上げが適用されるはずだ。値上げされたとしても税込15万円台に踏みとどまることができれば人気モデルになれそうだ。Magnate XTの魅力は最新であることや、価格がやすいことだけではない。ドスパラ全般に言えることで、出荷速度の速さも魅力の一つだ。

価格が高騰して以降、多くのショップでは出荷速度が大幅に下がっている。納期不明や30日以上も多く見かける。同じドスパラの最短翌日出荷に続いて2番目の速さを誇る。早く手元に届くというのは案外重視するユーザーが多い。性能に満足しているならMagnate XTは決して悪い選択肢ではない。

GTX 1660 SUPER搭載最強クラスのモデル

Magnate XTを評価するなら、GTX 1660 SUPER搭載最強クラスのモデルだ。ただし、価格の高騰や新旧世代の入り交じるラインナップからNo.1とはまだ言えない。何より今の地位は他製品の価格が大幅に高騰したことによる消去法に近い選出だ。まだまだ市場や相場が不安定なので断定できないでいる。

それこそMagnate XTの評価がこの先下がることも考えられるからだ。前述の通り、まだ値上げの可能性が残されている。最強クラスでいられるのは税込14万円台で展開されている今だけだ。もしも、5,000円でも値上げされると評価は必ず下がる。おすすめ度は維持できても、最強クラスの座は維持できない。

今の状況下では最強クラスという肩書にあまり意味はない。GTX 1660 SUPER搭載モデルは性能よりもコストパフォーマンスが重要なモデルだ。ストレートに言えば価格をどこまで抑えられるかが焦点となるモデルだ。価格を抑えられてこそのGTX 1660 SUPER搭載モデルである。

その強みを失えば一気に評価が下がってしまう。今回の値上げで最も打撃を受けたシリーズと言っても過言ではない。GTX 1660 SUPER搭載最強モデルは少しの値上げで順位がすぐに入れ替わる。Magnate XTの座も全く安泰ではない。言い換えれば、価格が税込14万円台にある限りは最強クラスのモデルということだ。

購入する時に値上げされていなければおすすめできるモデルだ。Magnate XTは何らかの変化が起こる可能性が高い。選択するならユーザーにとってマイナスとなる変化が起こる前がいい。Magnate XTが候補に挙がっているなら少し早めに選択した方が無難だ。今なら優秀なモデルとしておすすめできる。

>>>Magnate XTを購入<<<

似ているモデルとの比較

ブランドMagnateG-Tune
画像Magnate ZSnextgear
製品名XTTD-S
価格149,980円(税込)159,280円(税込)
CPUCore i7-11700Core i7-10700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 256GB /
SATA 512GB
HDD1TB1TB
電源550W BRONZE500W BRONZE
マザボH510B460
公式公式公式
レビュー当ページ詳細
ここをチェック!!

比較対象はG-Tuneと当サイトのコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。G-Tune TD-Sも遂に値上げが適用され、1万円近い価格差となった。Magnate XTはCPU・メモリ規格・電源容量・価格で優れている。対するG-Tune TD-SはSSDの総容量とチップセットで上回る程度だ。

1万円ほど安く、性能の高いMagnate XTが大きくリードしている。トリプルストレージが魅力のG-Tune TD-Sは、価格の高騰により強みが弱みになってしまった。今の状況ではより価格を抑えつつ、性能を伸ばそうとしたMagnate XTの方が時代に合ったモデルだと言える。価格的に性能的にもMagnate XTをおすすめしたい。

>>>Magnate XTを購入<<<

Magnate XTのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflowミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate XT)

Magnate XJ

Magnate XTは、GTX 1660 SUPER×i7-11700搭載のビジネスモデルだ。ラインナップ的にはビジネスモデルだが、ゲーミング性能もそこそこ高くゲーミングPCとしてもおすすめできる。FULL HD環境でのゲーミング性能が高く初心者の方から上級者の方までおすすめできる。光学ドライブ搭載・マウス・キーボード同梱などメリットも大きい。価格が高騰している昨今において選んでも後悔のしない一台だと言える。

価格CPUグラボ
149,980円(税込)Core i7-11700GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Magnate XTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。