Magnate XTtop


当記事では、ドスパラ「Magnate XT」の詳細レビューをまとめている。ビジネスモデルでありながらゲーミングに対応できるのが特徴だ。さらに、ビジネスモデルらしく光学ドライブ搭載やマウス・キーボードが標準同梱となっているのは嬉しいだろう。今は価格が上がってしまい評価を下げている。上位モデルが視野に入る価格帯に突入しているため積極的におすすめできない状況だ。

Magnate XTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名XT
価格Windows 10 / 155,980円(税込)
CPUCore i7-11700
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH510
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4.0

>>>Magnate XTを購入<<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate XTのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、一世代前のTuring世代のグラフィックボードだ。Ampere世代でRTX 3050がリリースされるまでは現役となるだろう。ゲーミング性能はローエンドクラスに属している。負荷の低いタイトルであれば高設定でも60fps以上で安定させることができる。基本的には設定調整が必要であることは理解しておこう。レイトレーシングやDLSSなどの機能は搭載されていない。

Core i7-11700(CPU)

i7-11700seinou

Core i7-11700は、Intel第11世代のCPUだ。かつて人気だったCore i7-10700の後継モデルとなっている。8コア16スレッドと従来モデルを踏襲しつつCPUコアの改良などでおおよそ15%パフォーマンスが向上している。動画編集・画像編集など様々な用途で通用するモデルだ。

総合性能

Magnate XTseinou

Magnate XTはゲーミングPCではなく、一般向けPCにカテゴリされるモデルだ。そうは言ってもグラフィックボードを搭載していて、ライトなミドルクラスと同等のゲーム性能を有している。ゲーミングPCとしての運用も可能である。

4KやWQHDなどの高解像度には適しておらず、FF14でも4Kは少し厳しい。この性能はフルHDを前提としている。Apex Legendsやフォートナイトのように、フルHDが最適なゲームで本領を発揮する。フルHDであれば多くのタイトルを快適にプレイできる。また、144Hzなどの高リフレッシュレートへの対応も可能だ。

設定を下げれば本格的なゲームプレイも目指せる。本気でゲームをプレイするために必要なエントリーモデルとも言える。対人要素の強いタイトルを想定しているなら最低限候補に入れておきたいモデルだ。

>>>Magnate XTを購入<<<

Magnate XTの特徴&強み

ゲーム用途としては微妙なモデル

Magnate XTは、この度の1万円の値上げによって評価を落としたモデルだ。この価格帯になると、ゲーム性能で上回るモデルも出てくる。Magnate XTをゲーム用途で考えるなら微妙なモデルと言わざるを得ない。これまで細かな変化が適用され、その度に評価を向上させてきたことを考えると残念だ。

Core i7-11700を搭載しているため、CPUの処理性能を活かした用途をメインに考えよう。また、グラフィックボードにGTX 1660 SUPERを搭載していてゲームプレイも用途に含めてることができるというわけだ。メインは作業でたまにゲームをプレイする。そういった用途でなければMagnate XTはおすすめできない。

少しでも用途が偏れば別のモデルがよくなる。例えば、ゲームに偏るならゲーミングPCを選ぶべきだ。ゲームをあまりプレイしないなら作業を中心としたモデルを選ぶ方がよくなる。やや作業寄りであるならまだ対応できるが、ゲームに偏るならCPU性能を落としてでもGPU性能の高いモデルの方がいい。

価格が上がったことで、他モデルの選択肢が広がってしまった。あえてMagnate XTを選ぶメリットがなくなった。現時点でMagnate XTをおすすめできるのは前述のような限られたユーザーだ。ゲームにも対応できるという特徴が、一般向けPCの特徴に変わったようにも見える。

正しい方向に進んでいる反面、ゲーマーにとっては魅力的に映らないモデルになった。一般向けPCでありながら、ゲーマーに受け入れられたモデルの姿はない。ゲーマー向けではなく、ゲームもプレイするユーザー向けに落ち着いた。

RTX 3060搭載モデルも視野に入る中途半端な存在

ただ、この価格帯でCore i7-11700を搭載したモデルは少ない。GPU性能よりもCPU性能を優先したモデルらしさがある。これは一般向けPCだからこそできることだ。しかしながら、Magnate XTは値上げにより、RTX 3060搭載モデルの価格帯に入っていてどっち着かずのモデルとしても見れる。

作業を中心とする一般向けPCであるなら、GTX 1660 SUPERは邪魔である。ゲームにも対応するなら価格が少し高めである。むしろCore i7-11700であることがマイナスになる。性能、価格、構成のバランスが上手く取れていないというのが正直なところだ。Magnate XTはCore i7-11700を搭載していることで評価を高めたモデルだ。

CPU性能を重視したモデルであることは間違いない。その特性を活かしにくいのがゲーム性能だ。従来のように、価格が抑えられていたのならゲーミングPCの代替として選択できた。GTX 1660 SUPERの性能を引き出すだけならCore i5-11400でも十分だ。専門的な作業をこなさないならCore i7である必要がない。

ゲームにしても、作業にしてもCPU性能がネックになっていそうだ。ゲームに対応できるGPUを搭載したことで器用貧乏になったようにも見える。これはハイブリッドを目指したモデルにはよくあることだ。コストパフォーマンス的には選びにくく、性能的におすすめしにくい。

本来の持ち味を発揮しにくい状況だ。特に、下位モデルのCore i5-11400で対応できる用途が増えた。一般向けの用途では、あえてCore i7-11700を選ぶメリットがなくなりつつある。Magnate XTは、オーバースペックとアンバランスが混ざりあった中途半端なモデルになった。今はおすすめできない。

>>>Magnate XTを購入<<<

似ているモデルとの比較

ブランドMagnateG-Tune
画像Magnate ZSnextgear-micro
製品名XTTD-B
価格155,980円(税込)154,800円(税込)
CPUCore i7-11700Core i5-11400
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB
電源550W BRONZE700W BRONZE
マザボH510B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Bだ。CPU性能は下がり、GPU性能を上げたゲーム性能を重視したモデルである。多くの用途はCore i5-11400で事足りる。Core i5-11400の性能は前世代のCore i7-10700に匹敵するものだ。

CPUの処理性能が求められる場面でも、Core i5-11400であれば概ね快適性を得られる。ゲームもプレイするなら、ゲームに合わせた性能が無難である。Magnate XTも悪いモデルではない。ただ、RTX 3060搭載モデルと価格帯が被るなら微妙である。GTX 1660 SUPER搭載モデルはコストパフォーマンスが命だ。

Core i7-11700と合わせて価格が上がるなら、中途半端なモデルにしかならない。比較対象のG-Tune TD-Bは圧倒的に優れたモデルというわけではない。それでも、Magnate XTを選択するなら一考の価値のあるモデルのはずだ。

>>>Magnate XTを購入<<<

Magnate XTのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflowミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate XT)

Magnate XJ

Magnate XTは、GTX 1660 SUPER×i7-11700搭載のビジネスモデルだ。ラインナップ的にはビジネスモデルだが、ゲーミング性能もそこそこ高くゲーミングPCとしてもおすすめできる。光学ドライブ搭載・マウス・キーボード同梱などメリットも大きい。ただし、1万円の値上げが適用となり評価を落としている。比較対象モデルを確認しておくとよいだろう。

価格CPUグラボ
155,980円(税込)Core i7-11700GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • 管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Magnate XTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。