Magnate XTtop


当記事では、ドスパラ「Magnate XT」の詳細レビューをまとめている。第10世代CPU搭載としてリニューアルされた。前世代と比べて+5,000円でワンランク上の性能が手に入るなら十分だ。ビジネス向けモデルとは言っても実質ゲーミングPCとして考えて良いだろう。

Magnate XTのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名XT
価格Windows 10 / 134,980円
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0 over!!

>>>>>Magnate XTを購入する<<<<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★☆☆
pubg
★★★☆☆
kurosabakutop
★★★★☆
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate XTのゲーミング性能

Magnate XTseinou

Magnate XTは、最新の第10世代CPUであるCore i7-10700を搭載したことで突き抜けたCPU性能が特徴となったモデルだ。性能のバランスが取れているとは言い難いものの、第10世代のCPUはマルチコア性能が大きく伸びた。これにより、ゲーム以外の用途にもパフォーマンスを発揮できる。

CPU性能が大きく伸びていること自体はプラスと捉えられるようになった。ミドルクラスのモデルとして、ゲームを標準設定でプレイできる性能を持つ。そして、ゲーム以外でも高い対応力を発揮するオールラウンド性に優れたモデルだ。GTX 1660 SUPERの性能を活かし、i7-10700の性能を活かせる用途に適している。例えば、ゲーム配信やCPU負荷の高い作業に適している。

PUBGのようにCPU負荷の高いゲームでは、高リフレッシュレートも実現しやすい。一方で、X4のようなCPUとGPUの両方に高い性能が求められるゲームにはあまり適していない。設定を下げることでプレイ自体は可能なので、標準的なミドルクラス+αと見ておきたい。基本はフルHD+標準設定である。ゲームタイトルや高リフレッシュレートの有無によっては最低設定も必要になるだろう。画質より快適性を重視するユーザー向けのゲーミングPCだ。

>>>>>Magnate XTを購入する<<<<<

Magnate XTの特徴&強み

第10世代CPU搭載で代替モデルを脱却

Magnate XTは、GTX 1660 SUPER×Core i7-10700搭載の高コスパゲーミングPCだ。第10世代CPU搭載モデルとなったことでGALLERIA XTの大体モデルを脱却したと言える。当初はGALLERIA XTの代替モデルとしてゲーミングにラインナップされていたのだ。GALLERIA XTの出荷が10営業日に対して、Magnate XTは翌日出荷に対応していた。同じ構成で同じ価格なので代替製品として十分なモデルだった。

元モデルとなるGALLERIA XTより一足早く第10世代を搭載して代替モデルとは言えなくなっている。将来的にGALLERIA XTがどういうモデルになるのか。それを証明した形になった。大方の予想通り、第10世代になると同じ構成で+5,000円である。実質5,000円で一段、二段上の性能となる。第9世代搭載モデルを選択するメリットは失われつつある。

現状、第10世代のミドルクラスとしてはドスパラ内で最速の登場だ。人気ランキング第2位に着けるGALLERIA XTよりも優れたモデルと言える。それがドスパラとしては不都合だったのか、第10世代搭載と同時にMagnate XTはゲーミングPCのラインナップから外れている。

ショップの不都合はユーザーに有利なことが多い。今、注目されにくい場所でひっそりと展開しているMagnate XTを見逃す手はない。ミドルクラスで最もおおすすめできるモデルは間違いなくMagnate XTだ。代替モデルが第10世代搭載になったということは、GALLERIA XTも第10世代搭載になる日は近い。

双方に大きな差はない。ただ、ケースサイズやカードリーダーなどのケース性能に違いがある。ゲーム用途ならやはりGALLERIAシリーズに分がある。この僅かな差を重要視するなら第10世代搭載のGALLERIA XTの登場を待つのも悪くない。

Magnateシリーズの利点を活かしたゲーミングPC

MagnateはゲーミングPCではないためケースなどはビジネスモデルを採用している。純粋なケース性能ではゲーミングシリーズのGALLERIAが有利である。排熱性能も向上していてゲームプレイに特化しているからだ。基本的な機能の差はそれほど大きくない。光学ドライブを搭載したMagnateに対してカードリーダーを搭載したGALLERIAとこれぐらいだ。ただ、ミニタワーとミドルタワーでは拡張性に大きな差がある。

ストレージの増設などを考えているならGALLERIAシリーズの方が適している。また、エアフローや排熱性能でもゲーミングモデルであるGALLERIAシリーズの方が高い。こういった性能を支える部分ではMagnateシリーズは不利だ。では、Magnateシリーズの利点はどこにあるのだろうか。

Magnateシリーズは本来ビジネスモデルである。拡張性の低いミニタワーは省スペース性に長けている。排熱性能とエアフローが強力でないということは静音性に長けている。ビジネスモデルは性能を補助する機構は弱いが、日常で使用する際の利便性は高い。

まとめると、GALLERIAシリーズと比べて、Magnateシリーズはコンパクトで静かなモデルだ。意外と省スペースな静音モデルは需要が高い。昔からGALLERIA XTを避けてMagnate XTを選択するユーザーもいるくらいだ。また、ビジネスモデルというだけあってマウスとキーボードが標準搭載である。

マウスとキーボードは不必要なものかもしれないが、これらが標準で付属しているということは、マイナスカスタマイズができるということだ。マウス、キーボードをそれぞれ削除すると1,000円引きになる。

GALLERIA XTよりも1,000円安くなるのである。小さな額なので評価に与える影響も小さい。ただ、同じ構成、同じ性能を持つモデルが1,000円でも安く選択できるのは大きい。省スペースな静音モデルを求めるなら、GALLERIAより優れたモデルの方が安いことになる。Magnate XTを選択する利点は、ユーザーによってはGALLERIA XTよりも多い。

>>>>>Magnate XTを購入する<<<<<

似ているモデルとの比較

ブランドMagnateGALLERIA
画像Magnate ZSgalleriaxv-2
製品名XTXT
価格134,980円129,980円
CPUi7-10700i7-9700
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザボB460B365
公式公式公式
ここをチェック!!

比較対象は元ベースモデルのGALLERIA XTだ。第10世代搭載のミドルクラスは販売終了したり、新製品が登場したりと安定しない。ここは、あえてベースモデルとの比較を行う。GALLERIA XTとの差は、CPUとチップセットと価格である。ケースの差については前述しているので確認してほしい。

CPU性能は第10世代か第9世代かである。しかし、同じi7のランクでも世代が違うことで性能差はかなり開いている。i7-10700は第9世代で言えばi9-9900だ。i7-9700からすると2ランク上のCPUである。その性能を5,000円程度で手に入るなら第10世代を選ぶべきだ。

チップセットは同等。第10世代向けか第9世代向けかの違いだ。これらを踏まえると、第9世代搭載のGALLERIA XTを選択するメリットは薄い。今ならMagnate XT以外の選択肢を探すことも難しいだろう。

>>>>>Magnate XTを購入する<<<<<

Magnate XTのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflow
ミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate XT)

Magnate XJ

Magnate XTは、GTX 1660 SUPER×i7-10700搭載のゲーミングPCだ。(ラインナップ的にはビジネスモデル)ゲーミング向けモデルのGALLERIA XTよりもいち早く第10世代CPUを採用し代替モデルを脱却した。FULL HD環境でのゲーミング性能が高く初心者の方から上級者の方までおすすめできる。コストパフォーマンスが高くミドルクラスのモデルを探している方はぜひチェックして欲しい。

価格CPUグラボ
134,980円Core i7-10700GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

Magnate XTを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る