Magnate MJtop


当記事では、ドスパラ「Magnate MJ」の詳細レビューをまとめている。GTX 1660×Core i5-10400搭載のゲーミングPCだ。ミドルクラスのモデルとしてオーソドックスな構成となっている。5,000円の値下げとメモリ容量倍増のアップグレードが適用となり評価は急上昇中だ。

Magnate MJのスペック解説

Magnate XJ

ブランド名Magnate
製品名MJ
価格Windows 10 / 84,980円
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2666 16GB
SSDM.2 500GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットH410
コスパ★★★★★★★★☆☆8.3

>>Magnate MJを購入<<

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★★☆(対応)
kurosabakutop
★★★★☆(対応)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
fortnite
★★★★☆(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Magnate MJは、バランスの取れたミドルクラスのゲーミングPCだ。標準的な性能で、ゲームへの対応力は無難である。標準設定より少し下げることでほぼ全てのゲームを快適にプレイできる。ただし、高リフレッシュレートでのゲームプレイの場合は最低設定を基準に考えなくてはならない。性能と価格からエントリークラスの傾向が強い。初めてのゲーミングPCに適した性能である。性能の寿命はあまり長くないので、吟味して選択してほしいモデルだ。

Magnate MJの性能まとめ

PC初心者の方がスペックを見てもなかなか性能面をイメージすることができないかもしれない。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1660(GPU)

gtx1660seinou

GeForce GTX 1660は、ミドルクラスのグラフィックボードだ。登場時は標準的なGPUとして注目され、人気も非常に高かった。その後最新のゲームの要求スペックが跳ね上がったことでGTX 1660 TiやGTX 1660 SUPERに人気を奪われた。

GTX 1660 SUPERの価格が落ち着き性能の劣るGTX 1660は立ち位置が難しくなってきている。もし、価格が大幅に引き下げられればおすすめモデルとなる可能性はあるが、現実的とは言えない。と思っていたがMagnate MJがリニューアルされて選択肢として悪くない状況になっている。

Core i5-10400(CPU)

i5-10400seinou

Core i5-10400は、標準的な性能を持ちゲーム用途では最低限必要なCPUとなっている。性能的には第9世代のi5-9600Kより性能が高く、Core i7-9700より性能が低いCPUだ。第10世代になって、非常に優秀なCPUとなった最低ランクのi5だ。6コア6スレッドから6コア12スレッドになったことは大きい。ミドルクラスであるGTX 1660とのバランスは取れている。

ただ、理想を言えばGTX 1660 SUPERからRTX 2060 SUPERに合わせたい。それだけ第10世代は性能が向上しているということだ。特にi5-10400はこれまでのi5と比べて伸び率が高い。意外と高性能なグラフィックボードと合わせられるように進化している。

総合性能

Magnate MJseinou

Core i5-10400とGTX 1660を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。Intel製CPUも第10世代になり、Core i5の性能が大きく向上したことで用途の幅が広がった。ゲーム以外への適性も高く、CPU性能は非常に扱いやすい。メモリ容量が16GBになったこともプラスに働きゲームへの対応力も向上した。

従来のミドルクラスとして不十分だったゲーム性能も改善され、苦手な用途も少なくなったのは大きい。Core i5-10400の性能でゲームも作業も快適に処理できる。GTX 1660搭載で価格を抑えつつ、ゲームに十分なパフォーマンスを発揮できる。そしてそれを支えるメモリ16GB。

性能面に関してはかなり完成されているように感じる。ただ、今後のゲーム事情を考えるとGTX 1660は安泰ではない。少し負荷の高いゲームでは最低設定も視野にいれなくてはならない。言い換えれば最低設定にすれば全てのゲームを快適にプレイすることができる。自分の求める用途に過不足なく対応するモデルを探しているならちょうどいい性能かもしれない。

注意したいのは60Hzを超える高リフレッシュレートでのゲームプレイだ。安定させるためには設定だけではなく、解像度を下げなければならないタイトルもある。ゲームによっては解像度を下げると視認性がよくなるものも、悪くなるものもある。プレイ予定のゲームは確認した方がいいだろう。性能さえ理解していればゲーミングPCとして不満は生まれない。そこまで性能の高いモデルではないので、性能についての理解は重要である。

>>Magnate MJを購入<<

Magnate MJの特徴&強み

まさかの改善で一気に評価を高めたモデル

これまでMagnate MTの下位互換、引き立て役というポジションに甘んじてきたMagnate MJが大きく成長した。価格が5,000円安くなり、メモリが16GBにアップグレードされた。この変更と相まって、競合だったMagnate MTの価格が5,000円アップした。これにより、ある程度の地位を築くことに成功した。低価格帯最強のモデルは変わらずMagnate MTだ。

しかしながら、税込み10万円以下というカテゴリでは最強モデルと言えるかもしれない。価格が下がったことも大きいが、何よりメモリ16GBへの変更は待ち望んでいたことである。性能的には8GBでも問題はなかったものの上位モデルとの関係から必要だった。コストパフォーマンスを大幅に向上させたMagnate MJは、絶対選んではいけないモデルから脱却した。

予算が合うならおすすめしたいモデルにまで駆け上がった。ドスパラの低価格帯のモデルは強力である。その事実を知らしめるには十分な変化である。Magnate MTとの価格差は1万円だ。この価格差ならMagnate MJを避ける理由にはならない。これまでも、かれからも変わらず引き立て役になると思っていただけに嬉しい誤算だ。予想を裏切るプラスの変化に、まだまだ次を期待してしまう。

GTX 1660というだけで価格は安くても性能では不利だ。過去にMagnate MTが84,980円まで価格が下がっていたことを考えると油断はできない。Magnate MJが目指すべきは税抜7万円台だ。もしも、その領域に入ることができれば、低価格帯を支える2大モデルの一台になれる。そうなる可能性は低い。しかし、ゼロではない。Magnate MJに掛かる期待が一気に跳ね上がった瞬間だ。

Intel第10世代CPUがMagnate MJの評価を引き上げた

Intel製CPUは第10世代から評価を大きく伸ばした。その恩恵を最も大きく受けたモデルはMagnate MJかもしれない。従来のMagnateシリーズはCore i5-9400を搭載していた。CPU性能に掛かる期待が低かった分、GPU性能が全てだった。第10世代になり、性能が著しく向上したことでMagnateシリーズも脚光を浴び始めた。中でも、上位モデルのMagnate MTは低価格帯最強モデルにまで上り詰めた。

その影に隠れていたMagnate MJは価格で優位を築けない微妙なモデルに落ちぶれていた。構成・価格・性能のバランスが取れた今、Magnate MTを脅かすのは間違いなくMagnate MJだ。Core i5-10400という高性能なCPUの登場で、GPU性能だけで片付くシリーズではなくなった。価格的な優位を身につけ、優秀なCPUとバランスの取れるGPUにより地位を確立した。GTX 1660はGTX 1660 SUPERよりも性能が低い。

そのおかげでCPUを選ばず100%の性能を発揮することができる。Core i5-10400の登場により、GPU性能をフルで発揮することも、ゲーム以外の用途への対応力も高まった。性能を余すことなく使い切れるモデルは、最もコストパフォーマンスがよいと言える。Magnate MJはそんなモデルになりつつある。一方で、価格的な優位は1万円でしかないことは注意したい。Magnate MTの価格は頻繁に変化している。

この差が5,000円まで縮まると、Magnate MTに並ぶことはできない。そして、5,000円に縮まる可能性は非常に高い。Magnate MTやMagnate MJを選択する際は双方の価格をよく確認しておくことをおすすめする。過去に同じ価格だったことを考えれば、Magnate MJとMagnate MTが同じ価格になることもある。そのタイミングでMagnate MJを購入することにメリットはない。必ず確認してもらいたい。

>>Magnate MJを購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名MagnateMagnate
イメージMagnate XJMagnate XJ
製品名MJMT
価格84,980円94,980円
CPUi5-10400i5-10400
GPUGTX 1660GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSDM.2 500GBM.2 500GB
HDD非搭載非搭載
電源500W BRONZE500W BRONZE
マザーボードH410H410
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はMagnate MTだ。Magnate MJと並んで低価格帯を支える強力なモデルだ。現時点では予算に合わせた選択でいい。ただ、Magnate MTは定期的に値下げが行われる。少し前まで税抜84,980円だったので、選択する際は注意してほしい。言い換えれば、Magnate MJはMagnate MTの価格が税抜94,980円の場合にのみおすすめできる。

Magnate MTの価格が税抜8万円台であればMagnate MTを選ぶ方がいいだろう。この価格帯ではこの2製品にだけ注目しておけば問題はない。価格の割に性能は優秀なのでエントリークラスとしても十分過ぎるモデルだ。初めてのゲーミングPCにはMagnate MTかMagnate MJがおすすめである。

>>Magnate MJを購入<<

Magnate MJのパソコンケースレビュー

エアフロー

Magnate XH-airflow
ミニタワーモデルだ。ビジネス向けモデルということもあって落ち着いたデザインとなっている。一般的なエアフローでゲームプレイにも問題はない。もっとも性能的にも熱を持ちにくく対応しやすい。

本体右側

Magnate XH-right
本体右側はシンプルだ。特に何も記載することはない。

本体左側

Magnate XH-left
左側にはやや大きめの給気口がある。ファンの力を借りて多くの空気を取り入れられる。

本体内部

Magnate XH-inside
本体に内部もシンプルだ。配線もしっかりまとめられている。グラフィックボードも補助電源が不要なGTX 1650のためコンパクトだ。最低限の拡張性は担保されている。

I/Oパネル

Magnate XH-iopanel
本体前面にI/Oパネルが配置されている。USB端子×2とヘッドフォン端子があり使い勝手は良好だ。

管理人による総評(Magnate MJ)

Magnate XJ

Magnate MJは、GTX 1660×i5-10400搭載のゲーミングPCだ。値下げが行われたことでMagnateシリーズの中でもコスパに優れたゲーミングPCとなった。メモリ容量16GBへのアップグレードもメリットが大きい。FULL HD環境でのゲームプレイに適した性能となっている。タイトルによっては設定調整が前提となる。WQHD環境以上には対応できないということは理解しておこう。

価格CPUグラボ
84,980円Core i5-10400GTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

Magnate MJを販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。