mouse DT5-Gtop


当記事では、mouse DT5-Gの評判とレビューをまとめている。GTX 1650 GDDR6版×Core i5-10400を搭載した一般モデルだ。性能はそれほど高くないもののグラフィックボードを搭載しているためゲームプレイにも対応できる。価格が抑えられているためライトゲーマーの方ならチェックしておいて損はない。

mouse DT5-Gのスペック

mouse DT6-G

ブランド名mouse
製品名DT5-G
価格Windows 10 / 98,780円(税込)

キャンペーン時 / 93,280円(税込)
CPUCore i5-10400
グラフィックボードGeForce GTX 1650 GDDR6版
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットB460
コスパ通常時
★★★★★★★☆☆☆7.1

キャンペーン時
★★★★★★★★☆☆8.3

>>mouse DT5-Gを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

mouse DT5-Gのゲーミング性能

当該モデルは非常に高いゲーミングパフォーマンスを持っている。ただ、PC初心者の方がスペックを見て性能をイメージすることは難しいだろう。ここでは具体的に当該ゲーミングPCに搭載されているパーツについて解説していく。

GeForce GTX 1650 GDDR6版(GPU)

gtx1650seinou

GeForce GTX 1650は、Turing世代におけるエントリークラスのグラフィックボードだ。メモリ規格が通常のGDDR5からGDDR6版になり少しだけ強化されている。フルHD環境で設定を下げることを前提とすれば十分ゲームプレイに対応可能だ。高リフレッシュレートでのゲームプレイは厳しいと考えておこう。性能よりも価格を抑えたいユーザーの方向けだ。クリエイターPCとしてもおすすめできる。

Core i5-10400(CPU)

corei5-10400seinou

Core i5-10400は、Intel第10世代の高コスパCPUとなっている。6コア12スレッドというスペックで標準以上のパフォーマンスを持っている。動画編集・画像編集などのクリエイター作業にも対応可能だ。4Kファイルなど負荷の掛かる作業あるいはエフェクト・効果などを使用するならCore i7シリーズ以上を選択した方が無難だ。

後継モデルであるCore i5-11400になると20%程度パフォーマンスが向上している。6コア12スレッドとコア/スレッドは変わっていないが、CPUコアが改良されたのが大きい。価格が高めになっているためCore i5-10400をあえて選ぶのもありだ。

総合性能(ゲームプレイ)

mouse DT5-Gseinou

mouse DT5-Gは、GTX 1650とCore i5-10400を組み合わせた一般向けPCだ。そのゲーム性能はロークラスであり、多くのタイトルで設定を下げる必要がある。言い換えれば、設定を下げることに抵抗がなければ最新タイトルも快適にプレイできるということだ。

4KやWQHDへの対応は難しく、フルHDが基本となる。そこに納得できれば悪くないモデルだ。フルHDならApex Legendsやフォートナイトなどの負荷の軽めのタイトルであれば144Hzで快適にプレイできる。当然、高リフレッシュレートは最新のタイトルになるほど厳しくなる。60Hzでのゲームプレイを前提としておくほうが無難かもしれない。

>>mouse DT5-Gを購入<<

mouse DT5-Gの強み&特徴

ユーザーを選ぶ低価格モデル

mouse DT5-Gは、GTX 1650 GDDR6版×Core i5-10400搭載のエントリークラスのモデルだ。性能が高いわけではなく誰にでもおすすめできるモデルではない。性能や価格に優れたモデルは他にもある。メモリ8GB、SSD 256GBと構成も平凡だ。ゲーミングPCではないのでゲームを中心とした用途に考えられていない。mouse DT5-Gには一般向けPCのよさがある。それを求めるユーザーにこそおすすめしたいモデルだ。

例えば、mouse DT5-GにはWi-Fi(無線LAN)とBluetoothが標準で搭載されている。これらの機能は後から追加しても2,000円~3,000円で解決できる程度のものだ。しかし、そういったものは希少なUSBの枠を圧迫してしまったり、何よりも自分で増設する手間が掛かったりというデメリットがある。標準搭載であることは初心者にとっては嬉しいことだ。無線接続を前提としているなら優先度の高い項目だ。手元に届いてすぐに利用できるのは魅力的だろう。

ある意味でゲーム性能よりも優先される部分だ。無線接続のメリットはインテリアを崩さないことにある。設置する場所によってはLANケーブルを張り巡らせる必要がある。ドアが完全に閉まらない、ロボット掃除機引っかかるなどのデメリットが生じる。これらを解消するにはLANポートに近い場所に設置するしかない。そうするとパソコンを置く場所が固定され、結果的にインテリアは崩れてしまう。

そういった家具の配置を変更させなくてよくなるのがWi-FiやBluetoothの魅力だ。一方で、無線にこだわりがなければメリットにはなりにくい。機能面を重視して性能をカットしたかのようなmouse DT5-Gはデメリットですらある。この特性を受け入れられるかどうかでmouse DT5-Gの評価は変わる。選びやすい価格のモデルなので特性をよく理解した上で選択してほしい。

キャンペーンが適用でお得に購入できる

価格の高騰が続いている今、mouse DT5-Gはキャンペーンによる値引きが適用された珍しいモデルだ。大きな値上げもなく、逆に値下げが適用されたなら、これからも注目したいモデルである。mouse DT5-Gは本格的なゲームプレイよりも機能性を重視した一般向けPCである。しかし、構成的には一般的なゲーミングPCと掛かるコストに差はない。それでいて値引きができるというのは期待ができる。

ただ、性能だけを見ると少し価格が高いかもしれない。それもWi-Fiなどの機能を考えれば妥当なところだ。コストパフォーマンスの高いモデルを選択したいならmouse DT5-Gは注目しておきたい。この状況下で値上げされることはあっても、値引きされることはめったにない。低価格帯のモデルの値引きは大きく影響を受ける。元々の価格が安いことで1万円の価値が高価なモデルより大きくなるからだ。今は価格が高騰しているせいで評価が振れやすい。

5,000円の値引きで評価値に明確に違いが出ている。他ショップでは見かけなくなった値引きを変わらず実施しているのは、ユーザーにとって選択する理由になる。ただ、前述のように本格的なゲームプレイやゲームを中心とした用途には適していない部分がある。価格が特徴でも価格で選択するのはよくない。あくまでもゲームがプレイできる一般向けPCである。このことを留意した上で選択してほしい。

マウスコンピューターはキャンペーン期間が2週間に設定されている。この期間が終了した直後から連続して適用されることはない。本来なら今選択しないのであれば次のキャンペーンを待つことをおすすめしていた。しかし、価格の高騰で値上げの可能性がある以上、次を待つことをおすすめできない。一応低価格のモデルに比較対象となるモデルがある。特徴が異なるのでそちらもチェックしておくのもいいかもしれない。

>>mouse DT5-Gを購入<<

比較対象モデルの紹介

ブランドmousePavilion
画像mouse DT6-GPavilion Gaming Desktop
製品名DT5-GGaming Desktop TG01
ケースミニミニ
価格76,780円(税込)79,200円(税込)
CPUCore i5-10400Core i5-10400F
GPUGTX 1650 GDDR6版GTX 1650 SUPER
メモリDDR4-2666 8GBDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 256GBNVMe 256GB
HDD非搭載1TB
電源500W BRONZE310W GOLD
マザボB460H470
公式公式公式
詳細当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はHPの価格.com限定モデルだ。価格が安く、性能も構成も優れている。低価格のモデルを探しているなら価格.com限定モデルは避けられない。mouse DT5-Gに対して2万円近く安くて、それでいて構成も性能も上だ。価格.com限定モデルは出荷に1ヶ月以上掛かることもあるのですぐに欲しい場合はおすすめできない。

出荷速度を我慢できるなら間違いなく低価格帯最強のモデルだ。さらに機能面でも引けを取らない。Wi-FiとBluetoothを標準搭載している。見方によっては完全な上位互換だ。mouse DT5-Gを候補に加えているなら是非ともチェックして欲しいモデルだ。mouse DT5-Gが上回るのは電源容量・出荷速度・サポートだ。国内生産で24時間365日の電話サポートは心強い。

パソコンケースレビュー

種類

mouse DT6-Gtypes右が標準のPCケースとなっている。左がメッシュパネル採用でエアフローを強化したモデルだ。+5,900円でカスタマイズすることができる。前面から吸気ができるためよりエアフローがより優れたものになる。もっともこのクラスのモデルならそれほど熱に対して気を使わなくてよいだろう。自宅にエアコンがないなど特殊な場合を除けば基本モデで問題ない。

右向き

mouse DT6-G-leftシンプルなデザインを採用している。ゲーミングPCというよりはビジネス寄りのモデルだということは疑いの余地がない。長らくデザインが変わっていないためやや古さを感じてしまうかもしれない。

I/Oパネル

mouse DT6-Ginterface前面にI/Oパネルが配置されている。ヘッドフォン・マイク端子及びUSB 2.0×2となっている。

左下

mouse DT6-Gleftdown本体の左側には排気口が設けられている。熱を持ちやすい電源ユニットの横にあるのは理にかなっている。

背面

mouse DT6-Gback背面にはDsplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1、USB3.0×4、USB 3.1×2が設けられている。

管理人による総評(mouse DT5-G)

mouse DT6-G

mouse DT5-Gは、GTX 1650 GDDR6版を搭載したビジネスモデルとなっている。エントリークラスながらグラフィックボードを搭載しているためゲーム用途で考えている方も検討してよい。当サイトで紹介しているのだから当然だろう。メモリ8GB、SSD 256GBと構成は最低限に留まる。性能・構成よりも出荷速度やサポートが必要な方なら魅力的だろう。価格を最優先に考えるなら比較対象モデルをチェックしよう。

価格CPUグラボ
93,280円(税込)Core i5-10400GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 8GB256GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!