NEXTGEAR i690SA4

当記事では、NEXTGEAR i690SA4の評判とレビューをまとめている。GTX1660Tiを搭載した最新のモデルだ。

NEXTGEAR i690SA4のスペック

gtunenextgearcase

ブランド名NEXTGEAR
製品名i690SA4
価格Windows 10 /149,800円
(送料・税込165,024円)
CPUCore i7-8700
GPUGeForce GTX1660Ti
メモリDDR4-2400 8GB
SSD240GB
HDD1TB
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットZ390
コスパ4.3

NEXTGEAR i690SA4の特徴&概要

FULL HDでのゲームプレイがターゲット

GTX 1660 Tiは、GTX 1070に匹敵する高い性能を持っている。FULL HD×最高設定でもスムーズなゲーム描写が可能だ。GTX 1050TiやGTX90シリーズのミドルクラスからなら性能差を体感できる。買い替えのメリットがあると言える。

CPU性能については第八世代のCore i7シリーズを搭載している。第九世代が登場した今でも現役で活躍しているCPUだ。グラフィックボードとの相性も良好でゲームプレイはもちろん動画配信などでも使いやすい。

ようやく登場したGTX1660Ti搭載モデル

他社より遅れること2ヶ月ほどでGTX1660Ti搭載モデルが登場した。スタートダッシュに遅れただけに、このモデルの評価は少し悪い。それも時間が解決する問題であるため今はおすすめできないが、後々GTX1660Ti搭載モデルを代表するような製品になるかもしれない。

今は様子を見つつ変化を楽しむくらいがちょうど良いだろう。平凡な構成というべきか、スタンダードな構成というべきか難しいところだ。価格的にはもう少し充実していて欲しいのが本音だ。

期待はしているが期待値は低め

今後優れた製品の仲間入りとなると予想し期待はしているが、現実的にはそこまで大きく変化しないだろうという冷めた部分もある。最近のG-tuneの動向は非常に掴みづらく、1~2年前と比べて製品単位の変化が非常に少なくなっている。長い間BTOパソコンを見てきた管理人の私だからこそ気づくポイントだ。

他社が頻繁にマイナーチェンジを繰り返す間も変化が無く、ようやく変化したと思えば数ヶ月前の他社にようやく追いついたり、かと思えば突然圧倒的な製品が登場することもある。その圧倒的な製品もすぐに消えたりと、いまいち強くおすすめでしにくい。i690SA4にかかる期待は大きいものの、このモデルをベースにしたカスタムモデルが本命。

そして、i690SA4の価格が変化しなくてはそのカスタムモデルもおすすめしにくくなる。今のG-tuneにどこまで期待して良いか分からないため、期待値は1万円引き程度と見ている。

>>>NEXTGEAR i690SA4を購入する<<<

パソコンケースレビュー

gtunenextgearcase当該モデルに採用されているのはNEXTGEARの最新ケースだ。I/Oパネルを本体上部サイドに持ってきたことで利便性が向上している。デザインもシンプルで評価できる。

似ているモデルとの比較

ブランドNEXTGEARGALLERIAG-GEAR
画像nextgeartopgalleriaxgG-GEAR GA7A-B180T
製品名i690SA4XTGA7A-B181/T
ケースミドルミドルミドル
価格149,800円129,980円129,980円
CPUi7-8700i7-8700Ryzen7 2700
GPUGTX1660TiGTX1660TiGTX1660Ti
メモリDDR4-2400 8GBDDR4-2666 16GBDDR4-2666 16GB
SSD240GB500GB240GB
HDD1TB1TB1TB
電源500W BRONZE500W BRONZE500W BRONZE
マザボZ390B365B450
公式公式公式公式

比較対象はGTX1660Ti搭載モデルを代表する製品だ。GALLERIA XTの強みはi7-8700+GTX1660Ti、そして大容量のSSDを標準搭載して価格を抑えている点。ゲームへの安定感と信頼のあるモデルだ。

G-GEAR GA7A-B181/Tは価格を抑えつつ性能を確保しているのが特徴だ。特にメモリ16GB標準搭載が強みであり、総合的なパフォーマンスを高めている。

それぞれに特徴はあるが、少なくともi690SA4よりはお得でありおすすめだ。コストパフォーマンスを重視するならG-GEAR GA7A-B181/T、バランスを重視するならGALLERIA XTというところか。CPUの差よりもメモリ容量の差のほうが大きく感じるためG-GEAR GA7A-B181/Tのほうが少し上だろう。

管理人による総評

G-TuneからやっとGTX1660Ti搭載のゲーミングPCが登場した。ただし、後発モデルとしては魅力的に思える部分がなくおすすめしにくい。コストパフォーマンスは4.3とかなり控え目。性能的には申し分なくGTX 1060 6GBよりも50%以上高い性能を持っている。この価格を考えるとコスパは高くないが非常に優秀なグラフィックボードだ。CPUの性能も高く6コア12スレッドとマルチスレッドを活かせるスペックとなっている。

なお、構成はメモリ8GB、SSD 240GB、HDD 1TBと必要最低限に抑えられている。そう考えるとやはり割高なモデルだと言える。比較対象モデルのGALLERIA XTやG-GEAR GA7A-B181/Tなど優秀なモデルがあるためそれらを選択した方が無難だ。

>>>NEXTGEAR i690SA4を購入する<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

G-Tune(マウスコンピュータ)の評判まとめ

を販売しているG-Tuneの評判を解説している。コスパ重視のモデルが多いのが特徴だ。プロゲーマーとのコラボやW水冷・VR推奨等コンセプトモデルが充実している。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る