raytrek MX-i5top


当記事では、raytrek MX-i5 Windows 11 搭載のレビューをしている。Core i5-12400×GTX 1650搭載のクリエイターPCだ。エントリークラスながらグラフィックボードを搭載しているのでゲームプレイに対応できる。1.5万円の値上げが適用となり評価を落としてしまった。税込15万円以下のモデルでこの値上げは厳しいと言わざるを得ない。今後も価格や構成が変わる可能性があるため随時最新の価格情報を確認しておこう。

raytrek MX-i5のスペック

raytrek XTM-Titop

ブランド名raytrek
製品名raytrek MX-i5
価格129,980円(税込)
CPUCore i5-12400
グラフィックボードGeForce GTX 1650
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH610
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4.1

>>raytrek MX-i5 Windows 11 搭載を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
140Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
fortnite
★★☆☆☆
fortnite
★★★☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek MX-i5seinou

raytrek MX-i5 Windows 11 搭載はCore i5-12400とGTX 1650を搭載したロークラスのモデルだ。CPUの処理性能には優れているが、ゲーム性能はそれほど高くない。そのため、最高設定でのゲームプレイであればApex Legendsでさえも負荷を感じるだろう。性能を犠牲にして価格を抑えたモデルであるため、その性質をよく理解した上で選択してほしい。本格的なゲームプレイよりも、簡単なゲームを快適にプレイするくらいに留めたい。

raytrek MX-i5 Windows 11 搭載のゲーミング性能

Core i5-12400(CPU)

corei5-12400-seinou

raytrek MX-i5で搭載されているのはIntel第12世代のCore i5-12400だ。6コア12スレッドと前世代のCore i5-11400と同等のスペックだが、CPUコアの改良によってパフォーマンスが引き上げられている。およそ26%も性能が高い。競合モデルのRyzen 5 5600Xと比べても3%程度上回っている。ゲーム適正についてはCore i5-11400と同等程度に留まる。Core i5-12600K以上のモデルとは違ってハイブリッドコアアーキテクチャに採用していないことが弱みだと言える。もっとも価格が抑えられている分だけ選びやすさがある。

GeForce GTX 1650(GPU)

gtx1650seinou20220205

当該モデルで採用されているのはTuring世代のエントリークラスであるGTX 1650だ。従来モデルのGTX 1050と比べて50%程度処理性能が向上している。フルHD環境で設定を落とせばある程度ゲームプレイに対応可能だ。すでに後継モデルであるAmpere世代のRTX 3050が登場している。性能差は50%以上と大きい。GTX 1660 SUPERと同等の性能を持っている。RTX 3050の価格が落ち着いていないためGTX 1650は優位性がある。価格を抑えたいユーザーはGTX 1650は魅力的な選択肢となるだろう。

>>raytrek MX-i5 Windows 11 搭載を購入<<

raytrek MX-i5 Windows 11 搭載の概要&特徴

15,000円の値上げで評価は暴落

raytrek MX-i5は、15,000円の値上げが適用されたことで評価を大きく下げている。円安の影響を受けて、ゲーミングPC全体が値上げされているので仕方がない。性能の高いモデルよりもミドルクラス以下のモデルでこの値上げ額の高さは厳しい。raytrek MX-i5は109,980円程度に抑えたい。理想は10万円を切る価格と考えると、今回の値上げは苦しい。

ゲーミングPCが全体的に値上げされているので、129,980円になってもロークラスのモデルも似たような価格になっている。値上げは仕方がないにしても、15,000円の値上げは何としてでも防いでほしかった。上位のモデルでも1万円以下の値上げで済んだモデルもある。低価格帯は同じ金額を値上げされたとしても、割合が高くなるので評価が大きく下がりやすい。

ロークラスの中では選びやすかったraytrek MX-i5の評価は5.0を下回り、微妙におすすめできないラインにまでに落ちている。raytrek MX-i5の特徴は、一般向けPCやゲーミングPCと同じ構成でありながらも価格が安いところにあった。その特徴を失ってしまっては何の魅力もないモデルだ。価格を抑えたモデルの弱点は、値上げに弱いことだ。

価格が高くなると、それを補える要素が何もない。価格だけが全てになりがちだ。その弱いところが円安により露呈してしまった。raytrek MX-i5はここから巻き返すことが相当難しい。せめて5,000円程度の値上げであれば、いつも通りの価格揺れで済んだ。

ドスパラ製品は定期的に5,000円単位で値上げと値下げを繰り返すので誤魔化せたかもしれない。価格が安いという特徴は諸刃の剣でもある。キャンペーンやセールでより高みに登れる反面、値上げや価格の安いモデルが登場すると一気に評価が下がる。今回はその悪いところが全面に出てしまったようだ。

値下げと停滞を繰り返す競合モデル

raytrek MX-i5のように、Core i5-12400とGTX 1650を搭載したモデルはどこのショップにもある。その中で、同じドスパラの製品に類似モデルがある。その製品は一時期119,980円で展開されており、当時のraytrek MX-i5が114,980円だったことで評価を落としていた。今回、raytrek MX-i5の比較対象に再度ピックアップされたそのモデルは109,980円に値下げされている。

15,000円の値上げを適用したモデルと、値引きを適用したモデルだ。厳密に言えば少し前に値引きされ、値上げされずに停滞していただけだ。しかし、この停滞こそ大きなプラスを生み出している。値上げが当たり前になっている状況での停滞は実質的な値下げと同等だ。特に値下げ後の価格で踏みとどまっているのは素晴らしい。このモデルのような動きをraytrek MX-i5にも期待していた。

raytrekシリーズの価格は全体的に控えめに設定されている。そのため、いつ選んでも強力な選択肢という印象があった。その印象が崩れたのはコロナにより半導体が不足した時だ。価格が一気に高騰し、ゲーミングPCが選びにくい状況となった。raytrekシリーズは値上げ額が大きく、一般的なゲーミングPCと同じ価格にまでなったのだ。

相場25万円のモデルがraytrekでは21万円程度で販売されていたことがある。相場25万円のモデルが28万円に値上げされ、raytrekも同じ価格帯に値上げされた。その値上げ額は他のモデルと比べても大きい。raytrekシリーズは値上げに弱いモデルである。市場の相場が崩れている状況ではraytrekシリーズはおすすめしにくい。上位モデルは価格を抑えて踏みとどまっているが、ロークラスやミドルクラスは耐えきれていない。大きな成長もないが、大きく崩れない比較対象は強力な存在である。

>>raytrek MX-i5を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekMagnate
イメージraytrek ZFtopmagnatemh
製品名MX-i5MH 第12世代Core搭載
価格129,980円(税込)109,980円(税込)
CPUCore i5-12400Core i5-12400
GPUGTX 1650GTX 1650
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE450W BRONZE
マザーボードH610H610
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのMagnate MHだ。一時はraytrek MX-i5の方が評価は高く、おすすめモデルとなっていた。しかし、今回の値上げで価格差は逆に2万円もつけられてしまい、評価は一気に逆転してしまった。ロークラスの性能、この価格帯でゲーミングPCを探しているならMagnate MHをおすすめしたい。raytrek MX-i5も価格が下がればおすすめモデルになれるポテンシャルはある。Magnate MHが値上げされ、raytrek MX-i5が値下げされると評価が逆転する。この2製品は基本的な構成が同等である。単純に安い方を選ぶだけなので比較しやすい。どちらを選ぶにしても、もう一方の価格をチェックしておいてほしい。

>>raytrek MX-i5を購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek XTM-Tisyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek XTM-Tiright本体右側は非常にシンプルなデザインだと言える。

左側

raytrek XTM-Tileft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek XTM-Tiinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

管理人による総評(raytrek MX-i5)

raytrek XTM-Titop

raytrek MX-i5は、税込12万円台と低価格帯のクリエイターPCとなっている。元々109,980円という値札が付いていたので、今回の1.5万円の値上げは致命的だ。グラフィックスにはエントリークラスのGTX 1650を搭載、CPUにはミドルクラスのCore i5-12400を搭載している。フルHD環境でなら設定次第で十分ゲームプレイに対応可能だ。

メモリ16GB、SSD 500GBという構成になっている。これならカスタマイズをしなくても通用するだろう。raytrekシリーズはコスパに優れたモデルが多いが、価格や構成が変わりやすいので注意しよう。常に最新のモデルを確認しておくとよい。

価格CPUグラボ
129,980円 (税込)Core i5-12400GTX1650
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya