raytrek XFtop


当記事では、raytrek XF 11700F搭載モデルのレビューをしている。RTX 3070搭載モデルで最安値クラスだ。相場よりも3,4万円も安く購入できる価格設定となっている。RTX 3070搭載モデルの購入を考えている方はこのモデル以外の選択肢はないと考えてもよいほどだ。すぐに値上げされてしまうのではないかと今から不安になっている。

raytrek XF 11700F搭載モデルのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XF 11700F搭載モデル
価格Windows 10 / 215,980円(税込)
CPUCore i7-11700F
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 500B
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットH570
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0 over!!

>>raytrek XFを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XF 11700F搭載モデルのゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

GeForce RTX 3070は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。70番台ながら4Kでのゲームプレイも視野に入る性能の高さを持っている。フルHDなら高リフレッシュレートでのゲームプレイも可能だ。オールラウンドに対応できるモデルは評価が高い。レイトレーシング性能にも余裕があるのは心強い。将来性が高く長く使い続けたいと考えているゲーマーの方にもおすすめだ。最近は価格が高騰していて単体モデルなら倍近い14万円前後が相場となっている。

Core i7-11700F(CPU)

i7-11700seinou

Core i7-11700Fは、Intel第11世代のハイパフォーマンスモデルだ。2021年3月30日に発売された新しいモデルとなっている。8コア16スレッドと従来モデルと共通ながらCPUコアの改良で性能の底上げが行われている。動画編集・画像編集・ゲーム実況など様々な用途で活躍すること間違いなしだ。Intel第11世代では消費電力が上がりすぎていると酷評されることも多いが、Core i7シリーズなら抑えられていて選びやすい。電源ユニットも極端に気を使う必要はない。

総合性能

raytrek XFseinou

raytrek XFはRTX 3070とCore i7-11700Fを搭載した最新モデルだ。raytrekブランドは、ゲーミングPCではなく、クリエイター向けPCにカテゴライズされる。しかし、その用途は主にゲームとなりそうだ。ゲーミングPCとして使用することがraytrek XFのよさを最大限引き出せる。

高解像度から高リフレッシュレートまで、プレイスタイルを選ばない。FF14を高解像度でプレイできるのはもちろん、多くのタイトルを4Kで楽しめる。フルHDでも性能は無駄にしない。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートで快適にプレイできる。

本格的に上位を目指すようなコアなスタイルにも適している。メモリ容量が32GBあるので、配信や動画作成にも役立つ。ゲーム以外の用途でもパフォーマンスを発揮できるオールラウンドなモデルと言える。

>>raytrek XF 11700F搭載モデルの概要&特徴

ゲーマーにおすすめの現行最強モデル

raytrek XFはRTX 3070を搭載したモデルの中で、長らくトップモデルとして君臨してきた一台だ。raytrek XFは非常に価格が抑えられている。ずば抜け過ぎて比較対象が存在しないほどだ。RTX 3070搭載モデルに限らず、多くのモデルが高騰を続けている。raytrek XFと同じ構成のモデルなら27万円台であってもおかしくない。それほどまでに相場が崩れている。その中で、健闘しているモデルだと言える。

raytrek XFはゲーミングPCではなくクリエイター向けPCである。それでも搭載されているCPUとGPUから本格的なゲームプレイにも対応できる。また、クリエイター向けらしくメモリ容量が32GBあることもプラスに働いている。RTX 3060搭載モデルが20万円を超えていることからも、ミドルクラスの価格は崩壊している。

raytrek XFはハイクラスの上位の性能を有していながら、少し価格の高めなミドルクラスと同程度の価格設定である。このことから、多くのユーザーにおすすめできるモデルだ。ハイクラスの人気は価格が高騰していても衰えない。しかし、その一方でおすすめできるモデルは限られている。それもraytrek XFの台頭により選択肢はあってないようなものだ。

少なくとも20万円前後の価格帯ではraytrek XF以外の選択肢はない。多少無理をしてでも選びたいモデルだ。適正価格はもう少し上なので、2万円の値上げが適用されたとしても最強モデルの座は揺るがないだろう。ただし、ハイクラスというカテゴリに強力なモデルは存在するので油断は禁物である。

デザインよりも実用性を重視

raytrek XFはクリエイター向けPCだ。ドスパラのクリエイター向けPCのケースデザインは汎用型となっている。特別クリエイティブな見た目をしているわけではない。デザインを重視するならあまりおすすめできない。実用性を重視するなら評価は変わらずNo.1だ。クリエイター向けPCの特徴として、マルチカードリーダーと光学ドライブの両方を搭載している。これはゲーミングPCでは見かけない構成だ。

さらに、Core i7-11700Fとメモリ32GBの組み合わせはゲーム以外でも処理性能を発揮できる。ゲームに特化したゲーミングPCよりもゲーム性能が高く、作業に特化したモデルにも並ぶことができる。まさにオールラウンドなモデルである。価格と性能を重視するならraytrek XFを選んでおけば間違いない。ゲームをするにも、作業をするにも、予算がこのあたりならraytrek XFより優れたモデルはない。

一方で、配信を行うためにデザインを重視するようなストリーマーにはあまり受けはよくない。使用しているパソコンのデザインはある意味でインテリアでもある。無骨なデザインのケースは雰囲気にマッチしないかもしれない。性能や価格も重要ながら、それ以外の要素も求めるならraytrek XFは微妙かもしれない。つまり、一般的なプレイヤーやユーザーにとってはデメリットがないということだ。

raytrek XFを手にしてワンランク上の環境を構築してほしい。注意点として、raytrekシリーズはラインナップが急に変更することがある。どれだけ人気であっても、突然前触れもなく変化して全く別のモデルになることも珍しくない。少しでも魅力にを感じたら選択してしまいたい。

気になるところ

メモリは16GBで十分だった!?

raytrek XFは非常に強力なモデルだ。ここにマイナス要素を挙げるとすれば、メモリ32GBが標準構成になっている点だろうか。RTX 3070を運用するならメモリは16GBでも十分だった。高解像度でのゲームプレイを中心としない限り32GBはそこまで重要ではない。このメモリ構成は贅沢と言える部分だ。その贅沢を取り入れてなお最安値クラスである。

もしもメモリを削ることができていればさらに価格を落とすことができたのではないだろうか。不要なコストを掛けたことは納得しにくい。ただし、raytrek XFはゲーミングPCではなく、クリエイター向けPCだ。クリエイターに適した構成にすることが前提だったのかもしれない。ゲーミングPCとして見ると少しもったいない。

構成が中途半端

ストレージ構成はこのクラスのクリエイター向けPCにしては珍しいシングルストレージ構成だ。それもNVMe対応SSD 512GBのみだ。これはゲーミングPCに多い構成だ。価格を抑えるためだろうか。いっそのこと、ゲーミングPC寄りの構成にしていれば用途を限定して価格を抑えられたように思う。

どこか中途半端さがあるのはマイナス要素と言えなくもない。ただし、RTX 3070搭載モデルとして非常に強力なモデルであることは間違いない。これらの気になるところは、強いて言えばマイナスという程度だ。raytrek XFを選択するメリットを覆すほどではない。また、評価を僅かでも下がることはない。それだけ優れたモデルであることだけは断言しておきたい。

>>raytrek XF 11700F搭載モデルを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekG-Tune
イメージraytrek ZFtopnextgear-micro
製品名XFHM-B-KK
価格215,980円(税込)169,800円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i7-10700F
GPURTX 3070RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD700W BRONZE
マザーボードH570B460
公式公式公式
詳細当ページレビュー
比較対象は価格.comとG-Tuneのコラボレーションモデルだ。性能ではraytrek XFが圧倒的に上である。しかし、G-Tune HM-B-KKはコストパフォーマンスで並べるお得なモデルだ。raytrek XFが予算的に厳しいなら、G-Tune HM-B-KKは有力な比較対象になるはずだ。ゲーマー向けの最強モデルはraytrek XFだが、G-Tune HM-B-KKもそれに準ずるものがある。ゲーミングPC最強のコストパフォーマンスは間違いなくG-Tune HM-B-KKだ。この2製品は予算に合わせて選択するくらいでいい。

>>raytrek XF 11700F搭載モデルを購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside
左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XF 11700F搭載モデル)

raytrek ZFtop

raytrek XF 11700F搭載モデルは、今購入できるRTX 3070搭載モデルの中で最もおすすめのゲーミングPCだ。厳密に言えばクリエイターPCだが、高性能なグラフィックボードを搭載していてゲーミングPCとしても通用する。相場よりもかなり安く購入できるのは嬉しい。CPUには最新のCore i7-11700Fを搭載しているのもポイントだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイター作業にも適している。メモリ32GB、SSD 512GBと構成も充実している。

価格CPUグラボ
215,980円 (税込)Core i7-11700FRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 32GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!