raytrek XFtop


当記事では、raytrek XF ASUS H570搭載のレビューをしている。RTX 3070搭載の最安値クラスとして名を馳せるモデルだ。クリエイターPCとして販売されているが、高性能なグラフィックボードを搭載しているのでゲーミングPCとしても通用する。RTX 3060 Ti搭載モデルの価格が上がっている中でRTX 3070搭載モデルに注目が集まっている。キャンペーン終了でやや評価は下がったが、現在の市場を考えると及第点だ。比較対象モデルと合わせて確認しておこう。

raytrek XF ASUS H570搭載のスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XF ASUS H570搭載
価格・通常時
219,980円(税込)

・キャンペーン時
199,980円(税込)
CPUCore i7-11700
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットH570
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 5.7

★★★★★★★★☆☆ 8.3

>>raytrek XF ASUS H570搭載を購入<<

追記 キャンペーン時に化けるモデル

raytrek XF ASUS H570搭載は20万円を切った。RTX 3070搭載モデルとしては異常な価格設定である。raytrekシリーズはゲーミングPCではないこともあり、しばしばこういった驚異的な価格のモデルが誕生する。現在、RTX 3060 Tiの高騰により、ハイクラスは20万円前後に集中している。その中でCore i7-11700を搭載したハイクラスは20万円を切れば圧倒的なコストパフォーマンスとなる。

Core i7-11700とRTX 3070を搭載したモデルでは他に例がないのではないだろうか。それほどまでに突出した存在である。もしも、RTX 3070搭載モデルがraytrek XFのような価格設定になれば、ハイクラスは再びRTX 3070搭載モデルが主流となるだろう。ただ、RTX 3070搭載モデルとして優れているだけで、ハイクラスとしてはあともう一歩と言ったところか。

前述のように性能の近いRTX 3060 Ti搭載モデルも同じ価格帯にある。特別な値引きでここまで来たraytrek XFに対して、同価格帯のモデルは通常価格だ。それでも、価格が上昇を続けているRTX 3070搭載モデルとしてまだまだこれからに期待が持てる。

raytrek XFはかつてハイクラス最強のモデルに選出されたこともある。ポテンシャルの高さは折り紙付きだ。そして、今回の値引きでキャンペーンに期待ができるモデル、キャンペーンで化けるモデルとしてその名を示しそうだ。少し前まで定価219,980円のモデルが204,980円になった。そしてそれも束の間、ついに20万円を切ったのだ。ハイクラスのモデルを探しているなら、まずはチェックしておいてもらいたい。

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XF ASUS H570搭載のゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

GeForce RTX 3070は、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。70番台ながら4Kでのゲームプレイも視野に入る性能の高さを持っている。フルHDなら高リフレッシュレートでのゲームプレイも可能だ。オールラウンドに対応できるモデルは評価が高い。レイトレーシング性能にも余裕があるのは心強い。将来性が高く長く使い続けたいと考えているゲーマーの方にもおすすめだ。最近は価格が高騰していて単体モデルなら倍近い14万円前後が相場となっている。

Core i7-11700F(CPU)

i7-11700seinou

Core i7-11700Fは、Intel第11世代のハイパフォーマンスモデルだ。2021年3月30日に発売された新しいモデルとなっている。8コア16スレッドと従来モデルと共通ながらCPUコアの改良で性能の底上げが行われている。動画編集・画像編集・ゲーム実況など様々な用途で活躍すること間違いなしだ。Intel第11世代では消費電力が上がりすぎていると酷評されることも多いが、Core i7シリーズなら抑えられていて選びやすい。電源ユニットも極端に気を使う必要はない。

総合性能

raytrek XFseinou

raytrek XF ASUS H570搭載はRTX 3070とCore i7-11700Fを搭載した最新モデルだ。raytrekブランドは、ゲーミングPCではなく、クリエイター向けPCにカテゴライズされる。しかし、その用途は主にゲームとなりそうだ。ゲーミングPCとして使用することがraytrek XFのよさを最大限引き出せる。

高解像度から高リフレッシュレートまで、プレイスタイルを選ばない。FF14を高解像度でプレイできるのはもちろん、多くのタイトルを4Kで楽しめる。フルHDでも性能は無駄にしない。Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートで快適にプレイできる。本格的に上位を目指すようなコアなスタイルにも適している。

>>raytrek XF ASUS H570搭載を購入<<

raytrek XF ASUS H570搭載の概要&特徴

キャンペーン終了もまだまだ優秀

raytrek XF ASUS H570搭載は、RTX 3070×Core i7-11700搭載のクリエイターPCだ。キャンペーンが終了して落ち着きを取り戻した今も、RTX 3070搭載モデルの中では頭一つ抜きん出た存在である。迫力こそなくなったが、この価格帯でCore i7-11700とRTX 3070の組み合わせを選べること自体少なく希少だ。通常のraytrek XFでも他社製品と戦うことができる。

税込219,980円という価格は一つ下のRTX 3060 Ti搭載モデルの多い価格帯だ。RTX 3070搭載モデルとの差別化のためか、20万円前後での展開が多いものの、RTX 3060 Ti搭載モデルも価格には苦労していそうだ。そして、raytrekシリーズのRTX 3070搭載モデルが同じ価格帯に降りてきた。これにより、ハイクラスのモデルはまたRTX 3070の時代に戻りそうな予感さえある。

ただし、Core i7-11700とRTX 3060 Tiの組み合わせでは20万円を切るモデルもある。単純な価格勝負ではまだまだ分が悪い。RTX 3070搭載モデルの強みは性能とコストパフォーマンスの高さだ。RTX 3060 Tiとの関係を再度逆転するにはやはり価格差を縮めておかなくてはならない。価格差が1万円以上開いていることを考えると、どの立場に立っても厳しい状況である。

優秀であっても、ハイクラスの選択肢としては少し弱い。raytrek XFに期待するのはここからの変化だ。もちろん、RTX 3070搭載モデルを候補に入れているならraytrek XFは選んでもいい。この価格帯、性能帯で選ぶならまだ少し様子を見たいモデルである。ここからのお得な変化に期待したい。

多彩な変化が強みであり弱みでもある

raytrek XF ASUS H570搭載は頻繁に変化を繰り返す。トップモデルに立っていてもある日突然マイナス方向へ大きく変化することもある。あともう一歩と言える状況である今ならプラス方向へ期待しつつ様子を見たい。構成の変更は少ないが、価格の変化は1週間単位で変化することもある。基本となる価格に対しての値引きが多い。

そのため、定期的にチェックしておくとお得なタイミングを掴みやすい。変化が頻繁に起こるモデルはそれだけお得なタイミングが多いというメリットがある。反面、タイミング次第ではよくない状態があるというデメリットもある。raytrek XFは本命モデルというよりも、購入する時にお得だったら良しくらいに考えておきたい。

raytrekシリーズは変化の頻度が高く、選択するタイミングが非常に難しくなる。強力な状態でもいつ変化するか分からないので、なるべく早く選択する必要がある。少し先に購入しようとチェックした時よりも構成も価格も悪化していることもある。一度確認した構成と価格になるまで待ってしまうとそれなりに時間が掛かる。それこそ、キャンペーンが終了したこの状態が通常のraytrek XFの最良の状態かもしれない。

いつ選んでもお得なのか分かりにくいのはデメリットと言えるだろう。raytrek XFに多いのはメモリ容量が32GBにアップグレードされることだ。価格の変化よりもメモリ容量がアップグレードを優先したい。メモリが32GBになることは実質的に14,000円程度の値引きよりお得だ。タイミングがわかりにくければ219,980円より1万円以上安くなるか、5,000円高くなっても32GB搭載のタイミングがおすすめだ。

>>raytrek XF ASUS H570搭載を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekG-Tune
イメージraytrek ZFtopnextgear-micro
製品名XF ASUS H570搭載TD-S
価格219,980円(税込)
199,980円(税込)
189,800円(税込)
CPUCore i7-11700Core i7-11700F
GPURTX 3070RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源750W GOLD700W BRONZE
マザーボードH570B560
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。GPU性能はraytrek XFが上回り、コストパフォーマンスはG-Tune TD-Sが上回る。GPU性能・電源・チップセットで上回るraytrek XFに対して、性能は僅かに下回りながら価格を抑えたG-Tune TD-Sという位置付けだ。この2つのモデルはraytrek XFがキャンペーンであれば1万円の差だ。この差であるならraytrek XFに分がある。

一方で、通常価格の219,980円であれば価格差は3万円となり、G-Tune TD-Sに分がある。仮にraytrek XFが204,980円であれば、どちらを選んでもよさそうだ。双方ともに優れたモデルであるため、まずは価格から比べるのがいい。構成や性能を求めるならraytrek XFを、コストパフォーマンスを求めるならG-Tune TD-Sとなる。これを基準に、その時の価格差から選んでほしい。

>>raytrek XF ASUS H570搭載を購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside
左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XF ASUS H570搭載)

raytrek ZFtop

raytrek XF ASUS H570搭載は、厳密に言えばクリエイターPCだが、高性能なグラフィックボードを搭載していてゲーミングPCとしても通用する。CPUにはハイクラスのCore i7-11700を搭載している。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高くクリエイター作業にも適している。

税込20万円を切っていて非常に高いコストパフォーマンスを持っている。RTX 3060 Ti搭載モデルの価格が上昇傾向にある中でこのRTX 3070搭載モデルに改めて注目が集まっている。ハイクラスのモデルを探している方は必見だ。比較対象モデルと合わせて確認しておくと後悔しないはずだ。

価格CPUグラボ
199,980円 (税込)Core i7-11700RTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!