raytrek XTtop


当記事では、raytrek XT-C Liteのレビューをまとめている。raytrekはドスパラのクリエイター向けブランドだ。実際はブランドとケースが異なるだけでゲーミングPCブランドのガレリアと大きな違いがあるわけではない。ゲームプレイにも問題のない性能を持っている。

raytrek XT-C Liteを始めとしてraytrekブランドは構成が充実していることが多く魅力的なモデルだと言える。ガレリアブランドよりも価格を重視したいと考えているゲーマーの方は必見だ。もちろんクリエイターの方にもおすすめできる。raytrek XT-C Liteは、GTX 1660×i7-10700F搭載でライトミドルクラスの王道的存在だ。

raytrek XT-C Liteのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XT-C Lite
価格Windows 10 / 139,980円(税込)
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH570
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆ 5.0

>>raytrek XT-C Liteを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XT-C Liteのゲーミング性能

GeForce GTX 1660(GPU)

gtx1660seinou

GTX 1660は、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。後継モデルであるGTX 1660 SUPERの在庫切れが続きこの旧モデルであるGTX 1660が復活した。Pascal世代のGTX 1060 6GBよりも性能が高くなりゲーム適性が向上している。次世代のAmepere世代では実質後継モデルが登場していないため今でも人気が高い。フルHD環境でのゲームプレイに最適だ。設定調整に抵抗がなければ十分だろう。2021年8月時点ではローエンドクラスのモデルだと考えておこう。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、Intel第10世代の高パフォーマンスモデルだ。前世代のCore i7-9700を超えるCPU性能を持っている。動画編集や画像編集などもこなせるポテンシャルがある。ゲームプレイ時のフレームレートでは現行モデルであるCore i7-11700に近いパフォーマンスを発揮する。GTX 1660との組み合わせではややCPU寄りだ。

総合性能

raytrek XTseinou

raytrek XT-C Liteはライトなミドルクラスの性能を持つクリエイター向けPCだ。ゲームから作業まで幅広く対応できるraytrekシリーズとしては少し物足りなさがある。必要十分なゲーム性能と、対応力の高いCPU性能が持ち味だ。高負荷は苦手でもできることの幅が広い。

フルHDであれば多くのゲームタイトルを144Hz以上で楽しめる。作動画や配信と言ったゲームに関する人気の用途に適している。クリエイター向けモデルながら、ゲーミングPCと同程度の用途はこなせる。性能よりも選びやすさを重視したモデルと言える。

>>raytrek XT-C Liteを購入<<

raytrek XT-C Liteの概要&特徴

全体的に物足りなさを感じるモデル

raytrek XT-C Liteの評価は、標準ど真ん中である。その評価通り構成と価格のバランスはいいが、ライトな性能なモデルということで特徴がないとも言える。raytrek XT-C Liteを選択するなら、他に候補は幾つか出てきそうだ。決しておすすめできないわけではない。ただ、あまりにも無難なモデル過ぎておすすめしにくい。

せめてCPUがCore i7-11700であったなら、GPUがGTX 1660 SUPERであったなら評価は違っただろう。何か一つランクアップしていればそれが特徴になる。価格に対して当然過ぎる構成が評価を下げているようにも思える。メモリ、ストレージ、電源、チップセットが価格通りに収まっている。お得さを感じられないのが一番のデメリットだ。13万円台に突出したモデルは少ない。それでもraytrek XT-C Liteより優れたモデルはすぐに登場しそうだ。

この性能帯は比較的価格を抑えたモデルが多い。それらのモデルと同等の構成であるraytrek XT-C Liteは価格帯でも真ん中あたりの評価だろう。少しでも上回るモデルがあれば、それだけで選択肢から外れてしまうのが標準的なモデルの宿命だ。もう少し個性的な要素があれば、充実しているとは言えないこの性能帯で輝ける存在になっていたはずだ。

それこそ、HDD 1TBが標準搭載されているだけで違う。他のGTX 1660搭載モデルと代わり映えしない無難なモデルは目を引かない。raytrekシリーズに期待しているのは、こういった無難なモデルではない。クリエイター向けだからできた、ゲームに適した特殊なモデルである。

クリエイター向けPCとしても今ひとつ

raytrek XT-C Liteはクリエイター向けPCであるが、クリエイター向けの要素はない。raytrek XT-C Liteに限ってはraytrekシリーズのケースを採用している以外、一般的なゲーミングPCと同等だ。作業に特化した要素はない。それこそ、ケースのカードリーダーや光学ドライブが搭載されていることくらいだ。

ゲーミングPCとして見ると、個性や特徴を持たない面白みのないモデルとなっている。一方で、本職であるクリエイター向けPCとして見ることができる箇所はほとんどない。この価格でCore i7搭載というくらいだろうか。raytrekシリーズはゲーミングPCの性能を持ち、クリエイター向けの要素が濃いことが特徴である。それを持たないraytrek XT-C Liteはインパクトがない。

あえて言うならraytrek XT-C Liteを選択する理由がない。他の製品で十分代用できてしまうのが難点だ。raytrekシリーズは頻繁に価格や構成が変化する。そういう意味では、これからに期待したいモデルである。優れたraytrekシリーズにとって、頻繁に変化が訪れるのはデメリットだ。

ところが特徴のないraytrek XT-C Liteにとってはこれ以上ない好機である。今はおすすめできないが、タイミング次第で化ける可能性は十分にある。特にGTX 1660 SUPERが復活した際には必ずチェックしておきたい。raytrek XT-C Liteはraytrek XTの派生モデルだ。ベースモデルが変われば、派生モデルにもよりよい影響があるはずだ。それまでは様子を見ておきたい。

>>raytrek XT-C Liteを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekGALLERIA
イメージraytrek ZFtopGALLERIA RM5C-G60S
製品名XT-C LiteRM5C-G60
価格139,980円(税込)134,979 円(税込)
CPUCore i7-10700FCore i5-10400
GPUGTX 1660GTX 1660
メモリDDR4-2933 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードH470B560
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は同じドスパラのGALLERIA RM5C-G60だ。GALLERIAシリーズと比べるとraytrekシリーズは優れたモデルが多い。それはこの比較を見るとわかりやすい。同じ価格帯でCPU性能が大幅に向上する。チップセットもメモリ規格も上回る。

知名度で言えば、GALLERIA RM5C-G60の方が高い。こういったモデルと比べるとraytrek XT-C Liteは優秀である。無難でありながらも選択肢としては十分確立できている。それでも、raytrek XT-C Liteはあまりおすすめできない。この価格帯で対抗できる製品はそう多くはない。そもそもこの価格帯に存在するモデルが少ない。

それだけに、優れたモデルが登場するのは時間の問題のはずだ。例えば、ゲーム性能重視や作業効率重視など、用途に特化したモデルを探す方がいい。なんでもできるオールラウンド性の高いモデルは価格ももう少し高い。求めている用途に絞れば、まだ探しやすいかもしれない。

>>raytrek XT-C Liteを購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XT-C Lite)

raytrek ZFtop

raytrek XTは、GTX 1660×i7-10700F搭載のクリエイター向けPCだ。グラフィックボードを搭載していることからゲームプレイにも使用することができる。フルHD環境でのゲーム適正が高く高リフレッシュレートにもある程度対応することが可能だ。ライトなミドルクラスだと考えておこう。価格を考えるとやや物足りなさがある。もう少し価格が下がるか、CPU・GPUがアップグレードされない限りは推奨しない。

価格CPUグラボ
139,980円(税込)Core i7-10700FGTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!