raytrekXTkakakutop


当記事では、raytrek XT 価格.com限定モデルのレビューをしている。通常ラインナップの「raytrek XT」よりも14,000円も安く購入できる。CPUがCore i7-10700からCore i7-10700Fとなっているが、特に問題とはならないだろう。今後値上げされてしまう可能性も否定できないため急いで決めてしまった方がよいかもしれない。

raytrek XT 価格.com限定モデルのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XT 価格.com限定モデル
価格Windows 10 / 119,980円(税込)
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH470
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 6.6

値上げで評価ダウンも今後の変化に期待

raytrek XT 価格.com限定モデルにも値上げが適用された。税込109,978円から税込119,980円へ1万円ほど値上げされてしまった。低価格帯最強クラスのモデルとして人気を博していたモデルの1万円アップは致命的だ。これで低価格帯から外れることになる。ただし、値上げされても元々の価格が安かったことから、評価自体は大きく崩れなかった。

税込11万円台のモデルとしては今でも優秀な選択肢の一つだ。その一方で対抗製品の存在を許し、価格帯最強のモデルというポジションも失った。評価に現れないところでマイナスは加速していたように思う。RTX 3060の登場でGTX 1660 SUPERは存在意義が問われる状態だ。価格でアドバンテージを取れなければ選択する理由はない。

その価格でも迫られていることもあり、raytrek XT 価格.com限定モデルはリニューアルを考えているのではないだろうか。raytrek XT 価格.com限定モデルは在庫切れの状態が続いている。コラボレーションモデルの在庫切れは品薄のパーツを使用していない限りは考えにくい。どこかのタイミングでリニューアルモデルが登場すると見ている。

今raytrek XT 価格.com限定モデルをチェックしているなら、そういったモデルが登場するまで様子を見るのもありだ。もしくは、同等品が比較対象に出ているのでそちらをチェックしておいてほしい。リニューアルモデルは遅くても夏までには登場する。早ければ春モデルとして出てくるはずだ。しばらくは市場を観察しておくというのも悪くない。

>>raytrek XT 価格.com限定モデルを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XT 価格.com限定モデルのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。次世代のAmpere世代のグラフィックボードが登場してからも現役として活躍している。それはこの性能帯の後継モデルが登場していないからだ。

GTX 1660 SUPERはフルHD環境でのゲームプレイに適している。必要に応じて設定を下げる必要がある。GTX 1660 Tiの代わりにこのGTX 1660 SUPERが採用されるケースが増えた。レイトレーシングやDLSSといった最新の機能はないが、価格を抑えたいと考えているゲーマーにとっては魅力的だろう。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、Intel第10世代のハイクラスのCPUとなっている。ハイパースレッディングに対応したことで前世代のCore i7-9700よりもマルチスレッド性能が向上している。ゲームだけではなくクリエイター作業にも最適化された。GTX 1660 SUPERとの組み合わせはややバランスが良いとは言えないものの特にデメリットとはならない。グラフィックボードの換装を今後行いたいなら悪くない選択だと言える。もっと価格を抑えたいならCore i5-10400搭載モデルを選択するとよいだろう。

総合性能

raytrekXTkakakuseinou

raytrek XT 価格.com限定モデルは、オーソドックスなミドルクラスの性能を持つモデルだ。ゲーミングPCではなくクリエイター向けモデルだが、ゲーム用途をメインに考えても問題ない構成である。GTX 1660 SUPERはRTX 30シリーズ登場以降はロークラス~ミドルクラスの中間的なポジションにある。ゲームへの対応力よりも選びやすい価格と扱いやすい性能を中心としたコストパフォーマンス重視モデルである。

比較的ライトなミドルクラスなので高解像度への対応はできない。FF14であってもフルHDを超える解像度では動作させることも難しい。一方で、フルHDであれば高リフレッシュレートでのゲームプレイは目指せる。Apex Legendsは設定を落とせば144Hzで快適にプレイ可能だ。フォートナイトは設定を下げれば240Hzを目指すことができる。

raytrek XT 価格.com限定モデルの性能を活かすにはフルHDが最適だ。設定次第でどんなゲームにも対応できる汎用性の高さも魅力である。本格的なゲームプレイのためのエントリークラスと言える。この性能の特性さえ理解すればおすすめしやすいもでるだ。

>>raytrek XT 価格.com限定モデルを購入<<

raytrek XT 価格.com限定モデルの概要&特徴

低価格帯最強のゲーミングPC登場

raytrek XT 価格.com限定モデルは、低価格帯最強のゲーミングPCに君臨している。raytrekシリーズはゲーミングPCではなくクリエイター向けPCだ。しかし、その枠を取っ払って考えたいほど優れている。ここまで来るとゲーミングPCとして扱っても何の問題もないはずだ。BTOパソコンの価格高騰以降、税抜10万円を下回る低価格帯のモデルは大幅に減少している。

Core i7とGTX 1660 SUPERの組み合わせなら税抜11万円台でも珍しいくらいだ。そのような状況でraytrek XT 価格.com限定モデルは税抜10万円を切っている。他製品の価格が高騰したことで競合製品がなくなった。消去法に近い形で最強モデルにランクアップされた。RTX 3060の価格がそれなりに抑えられていたことから、GTX 1660 SUPERの時代は終わりを迎えると思われた。

価格の高騰と相まってGTX 1660 SUPER搭載モデルとRTX 3060搭載モデルの価格差が小さかったからだ。raytrek XT 価格.com限定モデルはGTX 1660 SUPER搭載モデルの終焉を感じさせない存在感がある。しっかりと価格帯を分け、選択するメリットを生み出している。予算を抑えたいユーザーにとっては優秀な選択肢だ。

クリエイター向けモデルでありながら、同等の構成を持つゲーミングPCよりも安い。これこそがraytrek XT 価格.com限定モデル最大の特徴だ。予算がこの辺りなら最も優れた選択肢の一つと言える。少なくともBTOパソコンの高騰が落ち着くまではGTX 1660 SUPER搭載、低価格帯で最強のモデルだ。

今後の価格の変化に注意

raytrek XT 価格.com限定モデルは、今後価格が引き上げられてしまう可能性がある。現在グラフィックボード価格の高騰を受けてBTOパソコン全体で価格の値上げが続いているからだ。ドスパラのクリエイター向けPCはまだ本格的な値上がりはしていない。クリエイター向けPCのraytrek XT 価格.com限定モデルも価格に変化はない。ここから急に値上げされることも十分考えられる。今や値上げされていないモデルは貴重なほど少ない。

もしも候補に入れているなら税抜99,980円の段階で選択しておきたい。GTX 1660 SUPER搭載モデルの価格はあまり上がらない傾向にあるが、それでも1万円前後は変わってくるはずだ。価格の安さがraytrek XT 価格.com限定モデルの強みである。その強みを失うことになる値上げはユーザーにとって何のメリットもない。なお、ベースモデルのraytrek XTにもまだ変化はない。

価格が抑えられている今が選択のタイミングだ。ケースデザインはオーソドックスなもので、見た目はゲーミングPCよりも優れてはいない。デザインやケースにコストがあまり掛かっていないことで価格が安いこともある。ガレリアではケースが一新されるなど投資費用が掛かっている。ゲーミングPCに対してのアドバンテージは弱点でもあるデザイン性から生まれていると言える。

ケースデザインを犠牲にした分だけ利便性や拡張性は優れている。ゲーミングPCではほとんど見られないマルチカードリーダーと光学ドライブを標準で搭載している。どちらか一つが主流の中、両方を搭載しているのはクリエイター向けPCだ以外では滅多に見かけない。

ケースの価格を抑えつつも機能面ではゲーミングPCよりも優れている。価格をただ抑えているだけのモデルではない。しっかりしたコストパフォーマンスを確立できている。値上げされてしまうとこれらの特徴も魅力半減だ。raytrek XT 価格.com限定モデルのよさを活かしたまま選択しておきたい。

>>raytrek XT 価格.com限定モデルを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekOMEN by HP
イメージraytrek ZFtopOMEN 25L GT12
製品名XT25L Desktop
価格.com限定
(i7-0700F/GTX1660SUPER/
256GB SSD+2TB HDD/
16GB/WinPro/空冷クーラー)
価格119,980円(税込)119,980円(税込)
CPUCore i7-10700FCore i7-10700F
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-2666 16GBDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 256B
HDD非搭載2TB
電源550W BRONZE500W BRONZE
マザーボードH470H470
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象はHPのOMEN シリーズの価格.com限定モデルだ。価格が並んだことで、OMENシリーズの方が構成的には選びやすいモデルとなった。メモリ規格、HDDでOMENシリーズが、 SSD容量と電源容量でraytrek XT 価格.com限定モデルが上回っている状態だ。どちらも善し悪しあり、評価の上では同等と言える。

ただ、Wi-FiとBluetoothに対応したOMENの利便性は強力だ。更に、品質を重視したOMENのメモリなどを考慮しても、価格が同じであるならOMENシリーズに分がある。raytrek XT 価格.com限定モデルが在庫切れであるため、今なら迷うことなくOMENシリーズをおすすめしたい。

>>raytrek XT 価格.com限定モデルを購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XT 価格.com限定モデル)

raytrek ZFtop

raytrek XT 価格.com限定モデルは、GTX 1660 SUPER×i7-10700F搭載のクリエイターPCだ。ミドルクラスの性能を持ちゲームプレイにも対応することができる。フルHDでのゲームプレイを考えている方におすすめだ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。

昨今のグラボ高騰によるゲーミングPCの値上げの影響を受けておらずコストパフォーマンスに優れている。今後価格が変わってしまう可能性が高い。このような状況では価格の優位性が大きくコストパフォーマンスは圧倒的だ。2021年3月に値上げが適用となり評価はダウンしてしまった。比較対象モデルをチェックしよう。

価格CPUグラボ
119,980円(税込)Core i7-10700FGTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!