raytrek XTM-Titop


当記事では、raytrek XTM-Tiのレビューをしている。GTX 1660 Ti×Core i5-11400搭載のクリエイターPCだ。もちろんグラフィックボードを搭載していることからゲームプレイにも対応することができる。正直今の価格は異常ですぐに調整が入ると考えている。これまでもコスパが極端に高いraytrekシリーズはすべて値上げが行われている。この性能帯のモデルを探しているなら購入しておこう。ケースデザインに納得できるなら買いだ。

raytrek XTM-Tiのスペック

raytrek XTM-Titop

ブランド名raytrek
製品名XTM-Ti
価格Windows 10 / 109,980円(税込)
CPUCore i5-11400
グラフィックボードGeForce GTX 1660 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH510
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0 Over!!

>>raytrek XTM-Tiを購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XTM-Tiのゲーミング性能

GeForce GTX 1660 Ti(GPU)

gtx1660tiseinou202111

GeForce GTX 1660 Tiは、ローエンドクラス~ミドルクラスのグラフィックボードだ。フルHD環境でのゲームプレイに適している。Turing世代における人気モデルだと言える。GTX 1660 SUPERに立場を奪われていたがこのraytrekシリーズでは復活した。GTX 1660 SUPERとの性能差は5%だ。価格も抑えられていて非常にコストパフォーマンスに優れている。レイトレーシングやDLSSといった機能は搭載されていない。

Core i5-11400(CPU)

corei511400seinou202111

Core i5-11400は、Rocket Lake世代における高コスパCPUとなっている。6コア12スレッドと従来モデルのスペックを踏襲しつつCPUコアの改良でパフォーマンスが引き上げられている。前モデルで8コア16スレッドのCore i7-10700を超える性能は驚きだ。動画編集・画像編集・DTMなどのクリエイター作業にも対応しやすい。ゲーム実況を考えている方にも最適だ。ゲーミングCPUとしても確固たる地位を築いている。Core i7-11700に比べると性能は劣るが、価格を考えると必要十分だ。世代を重ねるごとにCore i5シリーズが選びやすくなっている。

総合性能

raytrek XTM-Tiseinou

raytrek XTM-TiはCore i5-10400とGTX 1660 Tiを搭載したモデルだ。ゲーミングPCではなく、クリエイター向けPCだ。しかしながら、類似した性能のゲーミングPCと比べて優れたコストパフォーマンスがある。4KやWQHDのような高解像度でのゲームプレイは苦手だ。フルHDであれば幅広く対応できる。コストパフォーマンスを重視するライトゲーマーや、特定のゲームを想定しているユーザーに適したモデルと言える。

>>raytrek XTM-Tiを購入<<

raytrek XTM-Tiの概要&特徴

価格帯最強のモデル登場

raytrek XTM-Tiは、GTX 1660 Tiを搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。上位モデルであるRTX 3060搭載モデルの下にはGTX 1660 SUPER搭載モデルがあった。価格帯的には12万円台である。raytrek XTM-Tiは性能的にそのGTX 1660 SUPER搭載モデルと同等のモデルだ。価格帯はGTX 1660やGTX 1650を搭載したモデルと同等だ。

本来であれば12万円台~13万円台で販売されていてもおすすめできるモデルだ。それが10万円台での展開だ。登場と同時に一気に最強モデルへ駆け上がったと言える。RTX 3060搭載モデルが15万円台で存在しているため、必然的にこの性能帯では15万円以下で展開される。その中で、これまで最強だったのは同じドスパラのMagnate MTだ。圧倒的なコストパフォーマンスで最強のポジションにあった。

それもraytrek XTM-Tiの登場により終わった。低価格帯と言えるモデルで久しぶりの強力なモデルの登場だ。予算を抑えたいユーザー、15万円以下で考えているユーザーには心強いモデルだ。それこそ、価格が高騰する前のMagnate MTよりも安価での展開だ。コストパフォーマンスを求めるならraytrekシリーズの方が適しているのかもしれない。

価格が安いモデルにありがちな構成を削ったようなモデルではない。12万円台~13万円台のモデルと比べても見劣りしない。価格の高騰が収まらない中で、こういったモデルの登場は本当に驚きだ。予算を抑えたいユーザーは是非チェックしてほしい。選びやすさと扱いやすさを両立した非常に優秀なモデルだ。その特性からエントリークラスとしてもおすすめできる。

選択できるうちに選びたい

なぜこのタイミングでGTX 1660 Ti搭載モデルが登場したのかは分からない。他ショップでもラインナップから消え始め、ドスパラ全体でも取り扱いがraytrekシリーズにしかない。GTX 1660 SUPERが市場から消えた時ではなく、GTX 1660 SUPERが復活してからの登場だ。他ショップではGTX 16シリーズは未だにGTX 1650かGTX 1660しかない。

その中でGTX 1660 SUPERとGTX 1660 Tiを取り扱うドスパラに幅の広さを感じる。raytrekシリーズは非常にお得なモデルを多く輩出してきた。注意点としてはraytrekシリーズは構成や価格が非常に不安定である。どれだけ人気があっても、ある日突然構成や価格が変わる。原型を思い出せないほど大きく変わる。そのため、非常に優れた評価を得ているraytrek XTM-Tiも選べるうちに選んでおきたい。

驚異的な価格設定であるため、多少の値上げで評価が変わることはない。ただし、構成や価格に変更が加わり、全く別のモデルになってしまうと当然評価も一変する。こういった変更が唐突に展開されるのがraytrekシリーズだ。購入時期が少し先なら、このモデルがこのままの形で残っているか分からない。

比較対象に登場するモデルは前述のMagnate MTだ。raytrek XTM-Tiがなくなった場合はそちらを選ぶしかない。比較を見て貰うと分かると思うが、Magnate MTが優れていると言っても差は大きい。できるならraytrek XTM-Tiを選んでおきたい。

>>raytrek XTM-Tiを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekMagnate
イメージraytrek ZFtopmagnatemh
製品名XTM-TiMT
価格109,980円(税込)125,980円(税込)
CPUCore i5-11400Core i5-11400
GPUGTX 1660 TiGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE550W BRONZE
マザーボードH510H510
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラの一般向けPCであるMagnate MTだ。構成はほぼ同等だ。GPUはGTX 1660 Tiの方が性能は高いので、raytrek XTM-Tiの方が評価は上だ。上位互換と言えるモデルが16,000円安く選択できる。この価格帯での16,000円は非常に大きい。ワンランク以上の性能差が現れるほどだ。

もちろん、Magnate MTが悪いわけではない。raytrek XTM-Tiが突出しているだけで、Magnate MTの評価も非常に高い。より優れたモデルがあるならそちらを選ぶべきだ。raytrek XTM-Tiを選べるうちはraytrek XTM-Tiをおすすめしたい。10万円~14万円台前半で予算を考えているならraytrek XTM-Tiより優れたモデルは存在しない。

>>raytrek XTM-Tiを購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek XTM-Tisyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek XTM-Tiright本体右側は非常にシンプルなデザインだと言える。

左側

raytrek XTM-Tileft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek XTM-Tiinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

管理人による総評(raytrek XTM-Ti)

raytrek XTM-Titop

raytrek XTM-Tiは、GTX 1660 Ti×Core i5-11400搭載のミドルクラスのクリエイターPCだ。ゲーム目的の購入もおすすめできる。だからこそ当サイトで紹介しているわけだ。フルHD環境ならある程度余裕を持って対応できる。フレームレートが上がらなければ設定を下げればOKだ。正直このモデルはいい意味で相場からかけ離れている。すぐに値上げ調整が行われるだろう。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も不足なしだ。

価格CPUグラボ
109,980円 (税込)Core i5-11400GTX1660Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!