raytrek XV-Titop


当記事では、raytrek XV-Tiのレビューをしている。RTX 3060 Ti×Core i7-11700F搭載のクリエイターPCだ。ゲーミングブランドのガレリアとの大きな違いはケースデザインにある。raytrekブランドではオーソドックスなデザインが採用されている。そこにデメリットを感じないのであれば十分候補に入る。ゲーミング性能は高く高解像度でのゲームプレイにも対応可能だ。

raytrek XV-Tiのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XV-Ti
価格Windows 10 / 179,980円(税込)
CPUCore i7-11700F
グラフィックボードGeForce RTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH570
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★★☆☆ 7.6

>>raytrek XV-Ti購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XV-Tiのゲーミング性能

GeForce RTX 3060 Ti(GPU)

rtx3060tiseinou

GeForce RTX 3060 Tiは、Ampere世代におけるハイクラスのグラフィックボードだ。同じ60番台でもRTX 3060との差は大きく18%程度の差がある。WQHD環境でのゲームプレイがメインターゲットだ。従来モデルのRTX 2080 SUPERを超える高いゲーミング性能を持つ。RTX 3070との差は11%程度でRTX 3070寄りの性能であることがわかる。

Core i7-11700F(CPU)

corei7-11700seinou

Core i7-11700Fは、Intel第11世代の高パフォーマンスモデルだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高く、従来モデルのCore i7-10700と比べて25%もパフォーマンスが向上している。動画編集や画像編集などにも対応することが可能だ。強敵であるRyzen 7 5800Xとの左派を縮めることができた。ゲームプレイにおいてはRyzen 7 5800Xを超える高い性能を発揮する。

総合性能

raytrek XV-Tiseinou

raytrek XV-TiはCore i7-11700FとRTX 3060 Tiを搭載したモデルだ。クリエイター向けPCながら、ハイクラスのゲーミングPCと同等の性能を有している。むしろ、ケース以外はハイクラスのゲーミングPCである。FF14を4Kでプレイすることもできる。

もちろんフルHDでフォートナイトやApex Legendsのような人気タイトルを144Hz以上で安定させられる。本格的なゲームプレイを想定しているなら、期待に十分応えられるモデルだ。最新のゲームタイトルにも対応しやすいので、幅広いジャンルをプレイするユーザーにもおすすめだ。

>>raytrek XV-Ti購入<<

raytrek XV-Tiの概要&特徴

これからのスタンダードなハイクラスモデル

raytrek XV-Tiは、RTX 3060 Ti×Core i7-11700F搭載のクリエイターPCだ。第10世代Intel Core iシリーズが市場から消えつつあるため、raytrek XV-Tiのような構成がハイクラスの主流になっていくだろう。
今のハイクラスの主流はCore i7-10700FとRTX 3060 Tiを搭載したコストパフォーマンス重視型だ。raytrek XV-TiはCPUに次世代のCore i7-11700Fを搭載しており、やや性能に寄ったモデルである。

Core i7-10700F搭載モデルが当面の対抗モデルとなる。Core i7-11700F搭載であることで価格は少し高くなるのはデメリットだ。メリットは性能も高くなるのでRTX 3060 Tiの性能を上手く引き出せる。このメリットで価格面のデメリットを補える。コストパフォーマンスでも決して引けを取らない。あとはほんの少しでも価格が下がれば一気に価格帯、性能帯最強のモデルになれる。

現時点では最高のモデルには届かないながらも次点に着けている。何かの切っ掛けがあればすぐにでもトップモデルに君臨するだろう。遅くても第10世代が市場から消えるタイミングでトップモデルになれるはずだ。つまり、raytrek XV-Tiが最強のモデルになるのは時間の問題ということだ。

旧世代に近い価格帯で販売するコストパフォーマンスの高さは注目したい。他に優れたモデルが登場したとしても、置き去りにされるようなことはない。常にトップモデルと熾烈な競争を繰り広げていくことになりそうだ。スタンダードでありながら、ベストなモデルとしてraytrek XV-Tiは期待できる。

価格などの変化に注意したい

raytrekシリーズは変化の激しいモデルである。もしかすると、トップモデルを目前に突如マイナスに変化をするかもしれない。これまでの傾向からも、raytrekシリーズは動きが読めない。明らかに人気モデルであっても、微妙な構成に変化することもよくある。raytrek XV-Tiは最近登場したばかりのモデルだ。RTX 3070よりもRTX 3060 Tiの方が人気を博したこともあり、急遽登場したような形である。

それだけに、一定期間を過ぎると魅力的とは言えないモデルに成り代わるかもしれない。構成と価格を見る限り、ここから変化するとしたらマイナス方向のみだ。これ以上の値引きや構成アップには期待できない。選択する際は必ず価格と構成をチェックしてほしい。もう一つ、raytrekシリーズには独特の変化がある。それはモデルに起こるのではなく、ラインナップに起こる変化だ。

例えば、raytrek XV-Tiが微妙な変化をした場合、元のモデルに近いモデルがラインナップに追加されることがある。1つのモデルから複数のラインナップが誕生するのが特徴だ。これにより、悪くなったモデルとちょっと悪くなったモデルの2種類が誕生する。ユーザーの好みもあるので、2種類誕生することでネガティブな意見が半減するような気がする。

単純なマイナス変化ではなく、少しごまかすような変化をするのがraytrekシリーズだ。raytrek XV-Tiがなくなった、マイナス方向へ変化したと思ったらラインナップを確認してほしい。もしかすると、マイナス変化が軽減したようなモデルが見つかるかもしれない。何にしても、選択する際は早めに選んでおきたいモデルだ。

>>raytrek XV-Ti購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekG-Tune
イメージraytrek ZFtopnextgear-micro
製品名XV-TiTD-S
価格179,980円(税込)169,800円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i7-10700
GPURTX 3060 TiRTX 3060 Ti
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE700W BRONZE
マザーボードH570B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。CPU性能・メモリ規格・チップセットでは劣るが、価格は1万円ほど安い。この1万円安いことに魅力を感じるならG-Tune TD-Sがおすすめだ。1万円よりもCPU性能の差や構成差が気になるならraytrek XV-Tiがおすすめだ。

基本的にフルHDでの運用であれば、ゲーム性能に差はほとんどない。ゲーム以外での用途ではそれなりに差が生じるので、用途に合わせた選びたい。動画投稿や配信を行うならCore i7-11700Fの方がいい。基本的にゲームプレイを中心とするならG-Tune TD-Sで十分だ。Core i7-10700Fでも動画投稿や配信に対応することはできる。

Core i7-11700Fの方が適正が高いくらいで、対応力にそれほど大きな差はない。予算に余裕があるならraytrek XV-Ti、予算を少しでも抑えたいならG-Tune TD-Sだ。現時点では評価、人気ともにG-Tune TD-Sの方が上で、ハイクラスの主流であり最強のモデルだ。

>>raytrek XV-Ti購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside

左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XV-Ti)

raytrek ZFtop

raytrek XV-Tiは、RTX 3060 Ti×Core i7-11700F搭載のクリエイターPCだ。すでに見てきたとおりゲーミングPCとしても通用する高い性能を誇る。WQHD環境でのゲームプレイに適している。フルHDで高リフレッシュレートを実現することも可能だ。今後の主流になる可能性を秘めているが、なんせraytrekブランドはすぐに構成や価格が変わるため注意が必要となる。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実している。

価格CPUグラボ
179,980円 (税込)Core i7-11700FRTX3060Ti
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!