raytrek XVtop


当記事では、raytrek XVのレビューをしている。最新のRTX 3060を搭載したクリエイターPCだ。クリエイター向けモデルとは言っても性能的にはゲーミングPCと何ら変わらない。DVDドライブやSDカード標準搭載でゲーミングPCブランドのガレリアよりも機能性が高い。同じ価格ならお得感がある。

raytrek XVのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XV
価格Windows 10 / 154,980円
(税込170,478円)
CPUCore i7-10700
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源550W BRONZE
マザーボードチップセットH470
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★☆☆☆☆ 5.6

>>raytrek XVを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek ZFのゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

RTX 3060は、Ampere世代待望のミドルクラスのグラフィックボードだ。RTX 2060の後継モデルということになる。ゲーミング性能的にはRTX 2060 SUPERよりも高い。フルHD環境でのゲーム向けのモデルだと言える。

レイトレーシング性能も第2世代になって向上しているが、60番台ではまだ物足りなさがある。マイニング性能を落としているためマイニング目的の購入は避けよう。あくまでもゲーマー向けのグラフィックボードということになる。

Core i7-10700(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700は、Intel第10世代のハイクラスモデルとなっている。8コア16スレッドと前世代のCore i7-9700よりも大幅にマルチスレッド性能が高くなった。その分ゲーム適性も向上していると考えてよい。ゲーム実況・動画編集・RAW現像・3D CADなどの作業にも対応することができる。RTX 3060に合わせるには十分すぎるほどだ。

総合性能

raytrek XVseinou

raytrek XVはRTX 3060を搭載したオーソドックスなモデルだ。ゲーミングPCではなくクリエイター向けPCである。性能自体はRTX 3060とCore i7-10700を組み合わせたゲーミングPCと同等だ。raytrek XVの場合はあまりクリエイター向けという性質は活かされていない。

ゲーム目的のゲーミングPCとして見ても問題なさそうだ。RTX 3060は4Kがあまり得意ではない。それでもFF14程度であれば標準設定で4Kを実現できる。ただし、4Kは画質の鮮やかさが魅力だ。その魅力を半減してまで4K解像度でゲームプレイするメリットは薄い。RTX 3060はフルHDでこそ輝く。

RTX 2060 SUPERと同等の性能であるため、Apex Legendsやフォートナイトを高リフレッシュレートでプレイできる。また、最新のタイトルではRTX 2060 SUPERよりも安定しやすい。次世代のミドルクラスはこれからのゲームに強い性能が特徴である。

>>raytrek XVを購入<<

raytrek XVの概要&特徴

オーソドックスなミドルクラス

raytrek XVは、標準的な評価を持つオーソドックスなミドルクラスである。ゲーミングPCではなくクリエイター向けPCのカテゴリだ。クリエイター向けの要素はケースにしかなく、ゲーミングPCとしての運用も問題ない。クリエイター向けとゲーミングPCの違いは主にケースだ。エアフローや拡張性に差が出やすい。高性能なモデルになると排熱性能の差でパフォーマンスの安定感も変わってくる。

ミドルクラスであれば排熱性能もそこそこで十分だ。つまり、このモデルなら排熱性能が劣ってもマイナスにならない。ケースの差は目に見えない性能だけではなく、メディア関連の装備にもある。一般的なゲーミングPCはカードリーダーを搭載し、光学ドライブが非搭載である。クリエイター向けPCはクリエイターの需要に対応するために、その両方を備えている。この点でケースの性能は低くても利便性で上回っている。

そのケース性能もミドルクラスではデメリットがないのでraytrek XVはメリットの大きいモデルだと言える。あとはケースデザインが好みかどうかだ。ドスパラのゲーミングPCブランドGALLERIAのケースは今風のゲーミングPCである。一見しただけでデザインが通常のパソコンとは異なることが分かる。一方で、クリエイター向けのraytrekは個性的とは言えないケースデザインだ。

購入後はあまりケースを見ないとしても、デザイン性の差は好みに大きな影響を与える。もしもケースデザインが気に入らなければ別のモデルを検討したい。raytrek XVに対して優れたモデルはそう多くないが、これから各ショップの取り扱いは増えるはずだ。今すぐ選ばなくても少し待てば同等のモデルはすぐに見つかるはずだ。光学ドライブを必要としないなら、ケースデザインで選ぶのも悪くないかもしれない。

ここからの変化に期待

raytrekシリーズはGALLERIAシリーズほど知名度はない。あまり目立たないがキャンペーンやセール、構成のアップグレードは適度に行われている。特に、期間限定のキャンペーン頻度はGALLERIAシリーズよりも多い。凡庸なモデルが一時的に価格帯、性能帯でトップモデルになることもある。今のままでは率先して選ぶほどのモデルではない。

購入時期が少し先なら別のモデルの登場を待ちつつ、キャンペーンやセール対象になるまで様子を見るのもありだ。過去、raytrekシリーズはCPUのアップグレード、ストレージの強化、値引きなど様々な変化があった。特にraytrek XシリーズのミドルクラスはGALLERIAと違い、存在感のあるモデルとなった実績がある。影が薄く、あまり選ばれてこなかったRTX 2060 SUPERもraytrekシリーズでは強力なモデルになったこともある。

raytrek XVが登場したことは、これからのゲーミングPCによい影響を与えそうだ。現在の状態でも選んで後悔するものではない。raytrek XVの価格が少し割高なのがおすすめしにくい要因だ。RTX 3060が登場したばかり価格、BTOパソコン全体の値上げの2点からおすすめ度が低くなっているだけだ。価格が落ち着けばraytrek XVは何のキャンペーンもなしに選べるモデルになるかもしれない。

グラフィックボードの高騰やRTX 3060の価格が落ち着けば、それも変化の一つとして選択する理由になる。今はパソコンを選ぶのが難しい時期である。raytrekシリーズのように、コストパフォーマンスで勝負するようなモデルにとってはかなり厳しい状態だ。

それでも、最新モデルやラインナップの増加は、よりお得に選択できるチャンスが増えるのだからユーザーにとってありがたいものだ。今すぐ選択するならおすすめはしない。何か一つ変化が起きれば一気にその評価を覆せる。その時まで様子を見つつ、別のモデルを検討しておいてほしい。

>>raytrek XVを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

現在RTX 3060の比較は行っていない。今は価格と在庫が不安定な状態だ。比較対象のモデルの評価も安定しにくい。また、最新モデルはリニューアルの度に入れ替えを行うショップもある。昨日まであったモデルがなくなり、型番を変えてそのまま登場してくることも珍しくない。

比較を行うことで混乱を招く可能性もある。製品と価格が安定するまで比較を行うことが難しい。raytrek XVは標準的なモデルなので、選んで失敗するようなモデルではない。ただ、変化に期待が持てるので、変化してから選択しても遅くはないはずだ。

PC全体の価格が高騰している今だからこそ、少しでもお得に選択できるタイミングを図るべきだ。少なくとも、登場したばかりのraytrek XVはお得に選択できる状態ではない。他に優れた製品はある。RTX 3060と同等の性能を持つRTX 2060 SUPER搭載モデルも含めてチェックしておきたい。

>>raytrek XVを購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XV)

raytrek ZFtop

raytrek XVは、RTX 3060×i7-10700搭載のクリエイター向けモデルとなっている。グラフィックボードには最新のAmpere世代のRTX 3060を搭載していてゲーミングPCとしても十分だ。フルHD環境なら高いレベルでゲームを楽しめる。CPUにはゲーミングPCでも人気の高いCore i7-10700を搭載している。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分だろう。DVDドライブ・SDカードリーダー標準搭載も魅力の一つだ。

価格CPUグラボ
154,980円Core i7-10700RTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。