raytrek XVtop


当記事では、raytrek XV-Cのレビューをしている。最新のRTX 3060を搭載したクリエイターPCだ。クリエイター向けモデルとは言っても性能的にはゲーミングPCと何ら変わらない。DVDドライブやSDカード標準搭載でゲーミングPCブランドのガレリアよりも機能性が高い。同じ価格ならお得感がある。

raytrek XV-Cのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XV-C
価格Windows 10 / 169,980円(税込)
CPUCore i7-10700F
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-2933 16GB
SSDNVMe 512GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH570
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★★★☆ 8.8

>>raytrek XV-Cを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XVのゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

RTX 3060は、Ampere世代待望のミドルクラスのグラフィックボードだ。RTX 2060の後継モデルということになる。ゲーミング性能的にはRTX 2060 SUPERよりも高い。フルHD環境でのゲーム向けのモデルだと言える。

レイトレーシング性能も第2世代になって向上しているが、60番台ではまだ物足りなさがある。マイニング性能を落としているためマイニング目的の購入は避けよう。あくまでもゲーマー向けのグラフィックボードということになる。

Core i7-10700F(CPU)

i7-10700seinou

Core i7-10700Fは、Intel第10世代のハイクラスモデルとなっている。8コア16スレッドと前世代のCore i7-9700よりも大幅にマルチスレッド性能が高くなった。ゲーム実況・動画編集・RAW現像・3D CADなどの作業にも対応することができる。後継モデルであるCore i7-11700がリリースされたが、旧世代という枠になり価格的な優位性がある。ゲーム適性も向上していると考えてよい。RTX 3060に合わせるには十分すぎるほどだ。

総合性能

raytrek XVseinou

raytrek XV-Cは選びやすく実用性の高いミドルクラスの性能を有している。ゲーミングPCではなくクリエイター向けPCのカテゴリにある。当サイトではその性能と特性からゲームを中心とした用途に適したモデルだと考えている。グラフィックス処理性能が高くクリエイティブな用途よりもゲーム向けの性能だ。

FF14なら設定を下げれば4K解像度も実現できる。メインはフルHDによる高リフレッシュレートだ。対人要素の強いゲームタイトルを本格的にプレイできるのが強みだ。これからゲームを始める初心者ユーザーや、本格的なゲームプレイを目指すコアなゲーマーにまでおすすめできる。選びやすく扱いやすいのがraytrek XV-Cの持ち味だ。

>>raytrek XV-Cを購入<<

raytrek XV-Cの概要&特徴

ミドルクラスの中心になれそうなモデル

raytrek XV-Cは従来のraytrek XVをライトな構成に変更したモデルだ。CPU性能をダウングレードして価格も下げている。これにより価格の高騰が続くミドルクラスの穴を埋められる存在となった。選びやすさはミドルクラスに求められる要素だ。RTX 3060搭載モデルは20万円を超えるようになってきた。その中で16万円台で選択できるraytrek XV-Cは非常に優秀な選択肢だ。

raytrekシリーズはラインナップが安定せず、価格や構成がすに変更されてしまう。それさえなければミドルクラスの中心となれるモデルだ。選べるうちはおすすめできる。予算とタイミングが合っていれば選んでおきたいモデルである。今はミドルクラスに優秀なモデルが少ない。もしも、この構成と価格を定番化したモデルが登場すれば、ランキング上位に入ってくるだろう。

ミドルクラスの価格は安定せず、Core i5とRTX 3060を組み合わせたモデルが16万円台に突入しようとしている。その点、一世代前のものとは言えCore i7を搭載して価格を抑えたraytrek XV-Cは貴重だ。他製品もなかなか対抗しにくいモデルだ。競合製品の少ない今、ミドルクラスを牽引していけるモデルだ。あとは、いつまで販売が続くかという問題だけだ。

おすすめしたい優秀なモデルでも、あっさりと構成や価格が変更されるのがraytrekだ。ニーズや人気に合わせて柔軟に変更できることがメリットとデメリットに繋がっている。なかなか定番化しないので、選べるうちに選ぶのがraytrekシリーズの鉄則と言える。

構成についてはもう一歩先を目指したい

raytrek XV-Cは価格を抑えることに力を入れたモデルだが、ショップの方針なのか構成が削りきれていない。もう後ひと押しといったところだ。例えば、チップセットにH570を採用している点が気になる。ここをB460などの価格を抑えやすい前世代のものを採用していれば価格はもっと抑えられた。ドスパラはチップセットが完全に新世代に移行しているので、どこか中途半端さが出てしまう。

CPUに旧世代を採用するならもっと偏らせた方が評価はもっと高くなるはずだ。実用面はそのままに、価格を抑えられる。ショップ側にメリットがあるかは少し微妙なところだが、少なくとも今のモデルよりも販促に繋げられたように思う。raytrekシリーズはGALLERIAやMaganeteなどのシリーズに比べて制限は少ない。しかし、採用できるパーツの自由度にまでは及ばないようだ。

ショップのカラーが出てしまったことが残念なところだ。言い換えれば、まだ改良の余地は残っているとも言える。ただ、raytrekシリーズのこれまでの傾向から、よい方向に変更することは期待しにくい。raytrek XV-CはCore i7とRTX 3060を搭載した最安値モデルを目指すべきだ。構成的にもそこにこそ魅力がある。値上げが続き価格が安定しないミドルクラスを支えられる存在だ。

あともう一歩でRTX 3060搭載モデルを代表するモデルになっていたはずだ。他のシリーズと違い、raytrekシリーズはキャンペーンに期待しにくい。価格の変化よりも先に構成が変化してしまうだろう。これがGALLERIAシリーズだったならこれからに期待できた。評価は十分なので少し惜しいが、選んでも後悔しないモデルなのでおすすめだ。

>>raytrek XV-Cを購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekG-Tune
イメージraytrek ZFtopnextgear-micro
製品名XV-CTD-S
価格169,980円(税込)164,780円(税込)
CPUCore i7-10700FCore i7-10700
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-2933 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 512GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE500W BRONZE
マザーボードH570B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。raytrek XV-Cに求めていた構成を持つモデルだ。チップセットとメモリ規格を下げて、価格を抑えたのがG-Tune TD-Sである。ただし、価格は5,000円程度安くなるだけなのでコストパフォーマンスではraytrek XV-Cが上回る。性能は同等なので選びやすさはG-Tune TD-Sだ。

どちらもよさはある。しかし、性能も実用性も同等なら安価でサポートが充実しているG-Tune TD-Sの方に分がある。仮にraytrek XV-CとG-Tune TD-Sの価格が同じになったらraytrek XV-Cがおすすめだ。現時点ではG-Tune TD-Sがやや有利である。コストパフォーマンスではなく、価格が重要な価格帯のモデルは時に選びやすさが優先される。

>>raytrek XV-Cを購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XV-C)

raytrek ZFtop

raytrek XVは、RTX 3060×i7-10700F搭載のクリエイター向けモデルとなっている。グラフィックボードには最新のAmpere世代のRTX 3060を搭載していてゲーミングPCとしても十分だ。フルHD環境なら高いレベルでゲームを楽しめる。CPUにはゲーミングPCでも人気の高いCore i7-10700Fを搭載している。

メモリ16GB、SSD 512GBと構成も十分だろう。DVDドライブ・SDカードリーダー標準搭載も魅力の一つだ。ケースデザインではガレリアブランドと比べると見劣りしてしまうがコスパを重視するなら悪くない選択肢となる。

価格CPUグラボ
169,980円(税込)Core i7-10700FRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!