raytrek XV 11700top


当記事では、raytrek XV 11700F搭載モデルのレビューをしている。RTX 3060×Core i7-11700F搭載のクリエイターPCだ。ドスパラのクリエイターモデルはゲーミングブランドのガレリアを凌駕するときがある。また、ゲーミングPCにはない光学ドライブ・SDカードのダブル搭載は魅力的だ。定期的にチェックしておいて損はないはずだ。

raytrek XV 11700F搭載モデルのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek
製品名XV 11700F搭載モデル
価格Windows 10 / 175,980円(税込)
CPUCore i7-11700F
グラフィックボードGeForce RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットH570
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 7.2

>>raytrek XVを購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★☆☆
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek XV 11700F搭載モデルのゲーミング性能

GeForce RTX 3060(GPU)

rtx3060seinounew

RTX 3060は、Ampere世代待望のミドルクラスのグラフィックボードだ。RTX 2060の後継モデルということになる。ゲーミング性能的にはRTX 2060 SUPERよりも高い。フルHD環境でのゲーム向けのモデルだと言える。タイトルによってはWQHDに対応することも可能だ。GPUメモリ容量が16GBと余裕があるのが心強い。

レイトレーシング性能も第2世代になって向上しているが、60番台ではまだ物足りなさがある。最低限のレイトレーシング性能は持っていると考えておくとよいだろう。マイニング性能を落としているためマイニング目的の購入は避けよう。あくまでもゲーマー向けのグラフィックボードということになる。

Core i7-11700F(CPU)

i7-11700seinou

Core i7-11700Fは、Intel第11世代のハイクラスモデルとなっている。CPU内臓グラフィックスは搭載されていないがその分価格が安い。8コア16スレッドと前世代のCore i7-10700よりも大幅にマルチスレッド性能が高くなった。その分ゲーム適性も向上していると考えてよい。ゲーム実況・動画編集・RAW現像・3D CADなどの作業にも対応することができる。これらの作業でストレスを感じている方は買い替えてもよいだろう。RTX 3060に合わせるには十分すぎるほどだ。

総合性能

raytrek XV 11700seinou

raytrek XVはCore i7-11700FとRTX 3060を搭載したモデルだ。ゲーム性能はミドルクラスなので非常に扱いやすい。ただ、raytrekシリーズはゲーミングPCではなくクリエイター向けPCだ。ただ、raytrek XVはクリエイター向けよりもゲーミング向けの性質を強く持っている。クリエイター向けPCには珍しく、ゲーミングPCとして選択したいモデルだ。
最新のミドルクラスはゲームへの対応力に長けている。設定を少し下げればFF14を4K解像度でプレイ可能だ。フルHDなら多くのタイトルを144Hzでプレイできる。フォートナイトは240Hzを目指せる性能だ。本格的なゲームプレイにも対応できる優秀なミドルクラスである。

>>raytrek XV 11700F搭載を購入<<

raytrek XV 11700F搭載モデルの概要&特徴

構成ダウンで大幅な評価ダウン

raytrek XVは、RTX 3060搭載モデルでトップクラスの評価を持っていたクリエイターPCだ。しかしながら、今回の構成変更で大きく評価を落とした。Core i7-11700からCore i7-11700Fに変更し、価格は4,000円下がっている。これだけならプラス要素として評価は最高値に達していただろう。まさかのSSD容量半減のおまけがついてきたことで、実質的な値上げと判断した。

これまで優秀な変化を遂げていただけに、今回の構成変更は少し残念だ。それでも、RTX 3060の価格が不安定な今、これだけのことで済んだと思えば悪くない。本来なら20万円を突破していてもおかしくない流れだ。性能をそのままに価格を下げられたと見れば、決して悪い変化とは言えない。ミドルクラスの本質は扱いやすい性能と選びやすさにある。

そこを活かせているなら避ける必要もないのかもしれない。現状、第11世代のCore i7とRTX 3060搭載モデルの中では破格とも言える価格設定だ。これはraytrek XVが評価されているというよりも、他製品の動向により相対的に評価が上昇したに過ぎない。今の段階では消去法でトップクラスに躍り出た形だ。

それでも20万円を大きく下回る17万円台での展開は嬉しい。RTX 3060搭載モデルに関しては評価よりも選びやすさを重視するくらいでいいかもしれない。大幅に評価はダウンしてしまったが、おすすめ度自体はそこまで下がっていない。今でも強力な選択肢である。ただ、魅力が損なわれている分だけ他製品にも分がありそうだ。

CPU性能と価格に注意しよう

raytrek XVはCPUCore i7-11700Fを搭載しているのがポイントだ。非常に強力なCPU性能で、ゲーム以外でも活用しやすいが、ゲームをメインとする場合、RTX 3060にはオーバースペック気味である。ミドルクラスらしさを求めるならraytrek XVよりも適したモデルは存在する。この構成のraytrek XVの魅力はCore i7-11700Fを搭載しているところにある。

raytrekシリーズはクリエイター向けPCである。その点でraytrek XVはクリエイター向けとしてはよくできたモデルだと言える。もしも、ゲーム以外の用途も視野に入れているなら、Core i7-11700Fを搭載していることは大きなメリットになる。一方で、ゲームをメインとするならCore i7-11700Fであることはコストが掛かる分だけデメリットにもなり得る。

このCPUと価格の関係がraytrek XVを選ぶ上で重要な要素だ。Core i7-11700Fを求めるならraytrek XVでよく、価格を重視するならCore i7-10700搭載モデルが選択肢に加わる。RTX 3060搭載モデルは性能よりも価格を重視したモデルが人気の傾向がある。

自分に必要なモデルはどちらかを理解した上で選択してほしい。比較対象には強力なRTX 3060搭載モデルをピックアップしている。特性の異なるモデルなのでどちらが優れているかは判断しにくい。CPU性能か価格か。永遠とも言えるミドルクラスのテーマを体現したモデルである。

>>raytrek XV 11700F搭載を購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekG-Tune
イメージraytrek ZFtopnextgear-micro
製品名XV 11700FTD-S
価格175,980円(税込)164,780円(税込)
CPUCore i7-11700FCore i7-10700
GPURTX 3060RTX 3060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE500W BRONZE
マザーボードH570B460
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は当サイトとG-TuneによるコラボレーションモデルG-Tune TD-Sだ。CPU性能はraytrek XVに分があり、価格は11,000円安いG-Tune TD-Sに分がある。構成はメモリ規格とチップセットに優れるraytrek XVだろうか。総合的なパフォーマンスのraytrek XV、コストパフォーマンスのG-Tune TD-Sと言ったところだ。

どちらも優秀なモデルであるが、基本的にゲーム性能は同等である。Core i7-11700Fは性能では優れているが、RTX 3060の性能を加味すればアドバンテージと言えるものはない。ゲーム以外も視野に入れるならraytrek XVがおすすめだ。

ゲームをメインにしつつ、配信を行う程度であればG-Tune TD-Sでも対応できる。それぞれのよさをよく理解した上で選択してほしい。どちらにも魅力を感じるなら価格が安い分だけミドルクラスのよさが出ているG-Tune TD-Sをおすすめしたい。

>>raytrek XV 11700F搭載を購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek XV 11700F搭載)

raytrek ZFtop

raytrek XV 11700F搭載は、RTX 3060×Core i7-11700F搭載のクリエイターPCだ。動画編集・ゲーム配信などお手の物だ。高性能なグラフィックボードを搭載しているためゲーム用途でも通用する。当該モデルはとにかくコストパフォーマンスが高くおすすめしやすい。RTX 3060搭載モデルが税込20万円を超えて来ている中で税込17万円台は素晴らしい。当面の間はトップの座に着き続けるはずだ。

価格CPUグラボ
175,980円(税込)Core i7-11700FRTX3060
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!