raytrek ZFtop


当記事では、raytrek ZFのレビューをしている。今回は趣向を変えてクリエイター向けモデルをピックアップした。クリエイター向けモデルとは言っても高性能なグラフィックボードにCPUを搭載していてゲームプレイもこなせる。

2020年9月に3万円の値引きが適用となり元々優秀だったモデルがより高みへと引き上げられた。コスパ重視でゲーミングPCを探している方はぜひチェックして欲しい。

raytrek ZFのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek ZF
製品名ZF
価格Windows 10 / 189,980円
CPUCore i9-10900KF
グラフィックボードGeForce RTX 2070 SUPER
メモリDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 512GB
HDD4TB
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ490
光学ドライブブルーレイドライブ
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0over!!

>>raytrek ZF購入<<

各タイトルの対応表

X4:FoundationsPUBG黒い砂漠FF14Fortnite
X4Foundations
★★★★★
pubg
★★★★★
kurosabakutop
★★★★★
ff14suisyou
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek ZFのゲーミング性能

raytrek ZFseinou

raytrek ZFはゲーミングPCではなく、クリエイター向けPCだ。グラフィックボードを搭載していることはもちろん非常に高いCPU性能、余裕のあるメモリ容量が魅力のモデルとなっている。Core i9-10900KFとRTX 2070 SUPERを搭載していてゲームも快適にプレイすることができる。ゲーミングでもあり、クリエイター向けでもあるハイブリッドな性質を持っている。

ゲームプレイでは144Hz以上で安定し、ゲーム以外では他に類を見ないほど突出したパフォーマンスを見せる。何をするにも快適性を維持できるという意味では、ゲーミングPCの一つ上のランクに位置すると言える。ゲームも配信も作業も、これ一台で解決できるということが最大の特徴である。ただ、GALLERIAシリーズというゲーミングブランドがあるせいか、あまり知名度が高くない。

現行最強のCore i9-10900K、GPU人気No1クラスのRTX 2070 SUPER、作業で活かせる32GBのメモリ。完全無欠に近いオールラウンド性は誰にとっても嬉しい要素のはずだ。ゲームを快適にプレイするためのゲーミングPCではなく、もう一歩先に進んだモデルを選択してみてもいいのではないだろうか。

>>raytrek ZF購入<<

raytrek ZFの概要&特徴

3万円の大型値引きでRTX 2070 SUPER搭載最強クラスへ

raytrek ZFは、2020年9月下旬に3万円の値引きが適用された。RTX 30シリーズ登場後、RTX 20搭載モデルは価格が下がっている。それにしても3万円の値引きというのは凄まじい。新ケース採用のGALLERIAでも、ケース分を値引いても2万円引きが上限だ。もしかするとこの値引きは一時的なものかもしれない。ドスパラはセールの告知や記載を行わなくなった。

この値下げは時期的なものなのか、キャンペーンによるものなのかは分からない。いずれにしてもこれでRTX 2070 SUPER最強クラスのモデルになったことは間違いない。圧倒的なCPU性能とトップクラスのストレージ容量を兼ね備えて価格以上の評価を手にした。後継モデルであるRTX 3070の登場を控えている中で、RTX 2070 SUPERを選択するのを躊躇う人もいるだろう。

確かに最新のRTX 3070の性能は驚異的だが、RTX 2070 SUPERの性能が下がるわけではない。登場時は高価であると予想されるので、今RTX 2070 SUPERを選択することは間違いではない。特にクリエイターにとってはお得なモデルだ。ゲーマーに関しても、プレイ動画の投稿を行う程度でも役立つ構成だ。

raytrek ZFより優れたRTX 2070 SUPER搭載モデルは存在しない。どんな用途であっても、RTX 2070 SUPERが必要なユーザーには最適なモデルと言える。用途の幅の広さは、それだけ受け入れられやすいということだ。完成されたハイクラスのゲーミングPC、クリエイター向けPCとして一歩先を行くモデルだ。

優れた構成がデメリットにもなり得る

raytrek ZFは性能・構成に死角のない無敵のモデルだ。フルHDなら最高設定+高リフレッシュレートのゲームプレイも快適だ。作業にしても、Core i9-10900KFと32GBのメモリで負荷を感じる場面はほとんどない。そんなraytrek ZFにも一つ弱点がある。それは価格である。

これだけ充実した性能と構成を持つモデルとしては破格とも言える安さだ。しかし、同時にRTX 2070 SUPER搭載モデルの中では価格は高い。総合的に判断すれば安くても、価格のみで見ると税抜189,980円は決して安くない。純粋にRTX 2070 SUPERの性能を求めるゲーマーには選びにくく、おすすめしにくいモデルになってしまう。

Core i9-10900Kと組み合わせて189,980円を実現できるなら、ゲーマー向けの構成の方が無難にまとまったかもしれない。例えば、HDDを1TBにまで下げ、メモリ16GBだったならどこまで価格を下げることができたのだろうか。ゲーミングPC向けの構成であれば、間違いなくRTX 2070 SUPER搭載最強モデルになっていたはずだ。

この構成が必要なユーザーには満足の高いモデルでも、ゲーマーにとっては無駄の多いモデルに映る可能性がある。価格を下げたことで評価は向上した。同時に、もしもこうなっていればというたらればも生んだ。それだけ突出した製品である。

価格に対していくら優れていても、自分の理想の構成や価格から外れてしまうと選ばれにくい。クリエイター向けのraytrek ZFはゲーマーに受け入れられにくい要素がある。raytrek ZFのメリットはそのままデメリットになる。ただし、このデメリットはユーザーによるところが大きい。

どれだけマイナス要素となるからユーザーの想定する用途次第だ。Core i9-10900KとRTX 2070 SUPER搭載モデルの中ではトップモデルであることに変わりはない。ただ、誰にでもおすすめできるモデルと言えないところがraytrek ZFの難しいところである。

>>raytrek ZF購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

raytrek ZFに対抗できる製品は、後にも先にも登場しないだろう。ここまでお得で充実したモデルはそうそう見かけない。フロンティアのセールモデルですら難しいはずだ。HDD 4TBを標準搭載しているモデルはほとんどない。Core i9-10900KとRTX 2070 SUPER搭載で税抜18万円台というだけで狙い目だと言える。総合的な評価ではダントツの1位だ。

注意したいのは、RTX 3080の登場でRTX 2080 SUPER搭載モデルの価格が大きく下がっている。総合的なゲーム性能ではCore i7-10700KとRTX 2080 SUPERの方が当然高い。raytrek ZFを選択する際は総合的な評価で選びたい。性能だけで選ぶならベストとは言えないこともある。強力なメモリとストレージこそがraytrek ZFの魅力だ。それを理解した上で選択してほしい。

>>raytrek ZF購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumen
ケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right

本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside

本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft

本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside

左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek ZF)

raytrek ZFtop

raytrek ZFは、ドスパラのクリエイター向けPCだ。その中でもコストパフォーマンスに優れたモデルでゲーミング用途でもおすすめだ。3万円の値引きは大きい。グラフィックボードには人気の高いRTX 2070 SUPERを、CPUにはフラグシップモデルのCore i9-10900KFを搭載していてゲームプレイでの満足度は高いだろう。

メモリ32GB・SSD 512GB NVMe対応・HDD 4TBと圧倒的な構成を持つ。ガレリアブランドにはガレリアブランドの良さが、そしてこのraytrekブランドにはraytrekブランドの良さがある。コストパフォーマンスを最重要視したいならこのraytrek ZFをおすすめしたい。

価格CPUグラボ
189,980円Core i9-10900KFRTX2070 Super
メモリSSDHDD
DDR4 32GB512GB4TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。