raytrek ZFtop


当記事では、raytrek ZFのレビューをしている。今回は趣向を変えてクリエイター向けモデルをピックアップした。クリエイター向けモデルとは言っても高性能なグラフィックボードにCPUを搭載していてゲームプレイもこなせる。CPUがCore i9-10900KからCore i9-11900Kへと切り替えられてゲーミング性能は向上している。春のクリエイター応援キャンペーン特別モデルとしておすすめ度の高いモデルに仕上がっている。

raytrek ZFのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek ZF
製品名ZF
価格Windows 10 / 256,980円(税込)
CPUCore i9-11900K
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-3200 32GB
SSDNVMe 1TB Gen4
HDD非搭載
電源750W GOLD
マザーボードチップセットZ590
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★★☆☆ 7.8

>>raytrek ZF購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek ZFのゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、Ampere世代の最新グラフィックボードだ。ハイクラスに属するモデルで前世代のRTX 2080 Tiに匹敵する高いゲーミング性能を持つ。4K解像度やWQHD環境でのゲームプレイを考えている方向けだ。FULL HD環境でのゲームプレイを考えているならオーバースペックとなる。RTX 3060やそれ以下のモデルが出るのを待つとよい。RTX 3070は、性能が高くボトルネックを防ぐためにもハイクラスのCPUと合わせたい。raytrek ZFで採用されているCore i9-10900KFとの相性はばっちりだ。

Core i9-11900K(CPU)

i9-11900kseinou

Core i9-11900Kは、Intel第11世代のフラグシップモデルだ。前世代のCore i9-10900Kでは10コア20スレッドを採用していたが、今回は8コア16スレッドへとスペックが下げられている。これまでのIntelの歴史でもこのダウングレードはなかったのではんだろうか。

それでもIPCの改善によってコア当たりのCPU性能は向上している。ゲーミングPC向けCPUとしては最高峰だ。ボトルネックを生じさせにくくハイクラスなグラフィックボードの性能を引き出すことができる。動画編集などのCPUコア数が重要になる用途ではやや不利になることは理解しておこう。この点ではRyzen 9 5900Xが優勢だ。

総合性能

raytrek ZFseinou

raytrek ZFはCore i9-11900Kを搭載した最新モデルへリニューアルされた。CPUが最新モデルになったことで、処理性能は大幅に向上した。しかし、その一方でコア数とスレッド数は10コア20スレッドから8コア16スレッドに減少した。シングルコアあたりの性能でカバーしているものの、クリエイティブな用途ではマイナスに作用する場面もありそうだ。

ゲームでは期待通りの性能を発揮するので、これまで通りの最上位のCPUとして見て間違いない。RTX 3070の性能を引き出すには十分である。FF14を4Kでプレイするような高解像度主体のプレイスタイルにも対応できる。フルHDで高リフレッシュレートを用いた本格的なゲームプレイも当然可能だ。

Apex Legendsやフォートナイトのような人気タイトルを快適にプレイできる。性能面においては特に不満はない。プレイスタイルを選ばないゲーム性能と用途を選ばない処理性能で高い効率を生み出せるハイスペックのモンスターマシンだ。

>>raytrek ZF購入<<

raytrek ZFの概要&特徴

順当なリニューアルで評価は上々

raytrek ZFのリニューアルは従来モデルを踏襲している。構成や性能がグレードアップしているくらいで、基本的には従来の上位互換である。raytrek ZFは代々人気のシリーズだ。高性能で扱いやすく、クリエイター向けPCでありながらゲーミングPCの側面も併せ持つ。そのスタイルからゲーマーやクリエイターなどのユーザー層を選ばないモデルとして親しまれている。

今回のリニューアルでは価格が上がってしまい評価は下がったが、RTX 3070搭載モデルの中では評価は高い。従来よりも価格が高い分だけ選びやすさとおすすめ度が下がった程度だろうか。ゲーミングPCとして見ても、クリエイター向けPCとして見ても優秀なモデルだ。

なお、CPUが変わったことでチップセットがIntel 500シリーズへと変更されている。これにより、メモリ規格が上位規格であるDDR4-3200に対応した。メモリとチップセットはアップグレードされた箇所である。そして、これこそが第11世代搭載モデルの特徴だ。ゲームと作業に影響を与えるメモリの強化は微増ながら確実にプラスに働く。

多少の価格アップもCPUのみならず、こういった部分のアップグレードを加味していると思えば安いものだ。Core i9-11900Kはゲームにおいて現行最強クラスのCPUだ。つまり、Core i9-11900KとRTX 3070の組み合わせは、RTX 3070搭載最強クラスの性能ということだ。

ほぼハイエンドと言って差し支えない水準にまで引き上げられている。ワンランク上の環境に届くRTX 3070搭載モデルはあまり多くない。性能だけで言えばRTX 3070搭載最強モデルと言い切っていいかもしれない。

電源容量ダウンなどのマイナス要素あり

raytrek ZFは非常に優れた構成と性能でRTX 3070搭載最強と言えるモデルだが、そんなraytrek ZFにも弱点はある。まず、従来と比べて電源容量がダウンしていることだ。850W GOLDから750W GOLDへ下がったのは、主にコストダウンが目的である。もちろんショップ側は動作テストをしているので750W GOLDでも十分と判断していることになる。

それは分かっていてもユーザーからすると不安は残る。Core i9-11900Kの消費電力は非常に高い。最大時ではCore i9-10900Kを置き去りにするほどだ。従来より圧倒的に消費電力が高いモデルに対して、電源容量を抑えるのは不安要素になるのは間違いない。カスタマイズするならまずは電源容量だ。注意点としてraytrek ZFのカスタマイズ項目には800W TITANIUMが最大だ。カスタマイズしたくてもできないのが現状である。

もう一つはNVMe SSDがGen4に対応していることだ。Intelチップセット500シリーズからPCI-e 4.0に対応したのは目玉要素だ。それを活かした選択は優秀に思えるかもしれない。一方で、ストレージをGen4接続してしまうとグラフィックボードはGen3接続になることは覚えておこう。登場時のM.2のような排他仕様に近い。SSDの高速化を重視するならこのままでいい。

少しでもGPU性能を求めるならSSDをGen4非対応のものに変更することをおすすめする。これらのマイナス要素は人や用途によってプラスにもなり得るやや上級者向けのものだ。初心者にとっては難しい話になるかもしれない。raytrek ZFの抱えるマイナス要素は、好みや志向によってマイナスかプラスに変わる難しさと言える。

>>raytrek ZF購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

現在Intel第11世代搭載モデルの比較は行っていない。まだ製品が出揃っていないことと、価格が不安定であることが要因だ。また、ここから世代落ちとなった第10世代の価格が大きく変わってくるかもしれない。

比較対象として第10世代をピックアップする可能性も十分ある。ある程度価格やラインナップが落ち着くまでは様子を見たい。優秀なモデルは1日単位で変化していくことも考えられる。それまでは各モデルの評価をチェックして選択しておいてほしい。

>>raytrek ZF購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumenケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside

左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek ZF)

raytrek ZFtop

raytrek ZFは、ドスパラのクリエイター向けPCだ。その中でもコストパフォーマンスに優れたモデルでゲーミング用途でもおすすめだ。CPUが最新のCore i9-11900Kへアップグレードされている。グラフィックボードには人気の高いRTX 3070を、CPUにはフラグシップモデルのCore i9-11900Kを搭載していてゲームプレイでの満足度は高い。4K解像度でのゲームプレイにも対応できるポテンシャルが光る。

メモリ32GB・SSD 1TB NVMe対応と圧倒的な構成を持つ。旧モデルのHDD 4TBに比べるとインパクトは薄いがそれでも構成は充実していてモデルとしてのコストパフォーマンスは高い。ガレリアブランドにはガレリアブランドの良さが、そしてこのraytrekブランドにはraytrekブランドの良さがある。コストパフォーマンスを最重要視したいならこのraytrek ZFをおすすめしたい。

価格CPUグラボ
256,980円 (税込)Core i9-11900KRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!