raytrek ZFtop


当記事では、raytrek ZFのレビューをしている。今回は趣向を変えてクリエイター向けモデルをピックアップした。クリエイター向けモデルとは言っても高性能なグラフィックボードにCPUを搭載していてゲームプレイもこなせる。

グラフィックボードがRTX 2070 SUPERから最新のRTX 3070へと切り替えられ大幅なパフォーマンス向上となっている。15,000円の値引きとなったのも後押ししている。非常にコスパに優れた一台だ。

raytrek ZFのスペック

raytrek ZFtop

ブランド名raytrek ZF
製品名ZF
価格Windows 10 / 199,980円
CPUCore i9-10900K
グラフィックボードGeForce RTX 3070
メモリDDR4-2666 32GB
SSDNVMe 1TB
HDD非搭載
電源850W GOLD
マザーボードチップセットZ490
光学ドライブDVDドライブ
コスパ★★★★★★★★★★ 10.0over!!

>>raytrek ZF購入<<

各タイトルの対応表

FF14 4KApex Legends 144HzApex Legends 60HzFortnite 144HzFortnite 60Hz
ff14suisyou
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
Apex-Legends
★★★★★
fortnite
★★★★★
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

raytrek ZFのゲーミング性能

GeForce RTX 3070(GPU)

rtx3070seinou

RTX 3070は、Ampere世代の最新グラフィックボードだ。ハイクラスに属するモデルで前世代のRTX 2080 Tiに匹敵する高いゲーミング性能を持つ。4K解像度やWQHD環境でのゲームプレイを考えている方向けだ。FULL HD環境でのゲームプレイを考えているならオーバースペックとなる。RTX 3060やそれ以下のモデルが出るのを待つとよい。RTX 3070は、性能が高くボトルネックを防ぐためにもハイクラスのCPUと合わせたい。raytrek ZFで採用されているCore i9-10900KFとの相性はばっちりだ。

Core i9-10900K(CPU)

corei9-10900kseinou

Core i9-10900Kは、Intel第10世代のフラグシップモデルだ。CPU内蔵グラフィックス非搭載のFモデルから搭載の無印モデルへと変更された。性能的な違いは当然ない。

10コア20スレッドと圧倒的なスペックを持ち様々な用途に対応することができる。ゲーミングPC向けCPUとしては最高峰だ。ボトルネックを生じさせにくくハイクラスなグラフィックボードの性能を引き出すことができる。動画編集や画像編集などのCPU負荷の高い作業もお手の物だ。

総合性能

raytrek ZFseinou

raytrek ZFは本格的なゲームプレイも可能なクリエイター向けのパソコンだ。Core i9-10900KとRTX 3070の組み合わせはフルHD、WQHDでは最高設定でも安定する。4Kに関してはゲーム次第ながら、最高峰のパフォーマンスを発揮する。要求スペックがほどほどのタイトルであれば、環境を気にしなくてもいい。

FF14、Apex Legends、フォートナイト程度なら4K+最高設定でプレイできる。どんなゲームにも対応できる性能はクリエイティブな用途にも対応できるゲーミングPCとも言える。むしろ、クリエイターやゲーマーなどのジャンルに分ける必要もない。どんな用途にも対応できるオールラウンドなモデルである。

しかしながら、RTX 3070の性能では4K+リアルタイムレイトレーシングのような最新の環境を構築するのは難しい。そういった用途はRTX 3080の領域だ。WQHD+リアルタイムレイトレーシング+高リフレッシュレート辺りが上限だろう。特に高リフレッシュレートを目指すユーザーには最適な性能だ。

>>raytrek ZF購入<<

raytrek ZFの概要&特徴

15,000円の値引きで存在感を示す

raytrek ZFは1.5万円の値引きが適用となりコスパ急上昇中のモデルだ。ただし、評価の割に注目度は低い。一般向けPCやゲーミングPCほど露出が少ないからだ。決して製品が悪いからというわけではない。それだけに、raytrek ZFに目を付けた方ならおおよそ必要な性能を理解していることと思う。単に予算が合うからとチェックしていたなら運がよい。

RTX 3070搭載モデルの中で最も優れたモデルとは言わないが、最も優れた性能を持つモデルだ。Core i9-10900KとRTX 3070の組み合わせで32GBのメモリを搭載したモデルは少ない。しかし、RTX 3070の性能をしっかり活かすにはメモリ32GBは必要な容量だ。本来であればraytrek ZFのようなモデルがもっと増えるべきだ。価格の面で控えめなモデルが多い現状に一石を投じるモデルである。

raytrekシリーズは意外とキャンペーン対象に選ばれやすく、2020年以降のドスパラで最もキャンペーンモデルを排出している。お得なモデル探しはraytrekシリーズをチェックすれば見つかりやすい。クリエイター向けということでメモリ容量が多い。また、光学ドライブとSDカードリーダーの両方を搭載している。性能・機能ともにゲーミングPCより優れている傾向にある。

価格もそれなりに高くなるので上位互換とは言い難い。それでも、キャンペーンの適用によりそれに近い存在になることも珍しくない。現在のraytrek ZFも少し前より15,000円値引きされている。ケースに力を入れたせいか割高な価格設定のGALLERIAシリーズよりも選びやすい。

raytrekシリーズのケースは汎用型で魅力的とは言えない。堅実さと実用性を重視したせいで華はない。ストイックな見た目は玄人好みだ。華やかさはなくても、多くのゲーミングPCを上回る評価を得ている。何を重視したいのかを再度見つめ直して欲しい。

性能はRTX 3070搭載最強クラス

raytrek ZFは、RTX 3070搭載モデルの中で最も性能の高いモデルあることは間違いない。RTX 3080搭載モデルに追いつくことはできなくても、同価格帯では頭一つ抜けた存在だ。この突き抜けた性能こそがドスパラのクリエイター向けの特徴だ。ゲーミングPCの多くはGPUと価格を重視したモデルが多い。それがクリエイター向けとなるとCPU性能にも注力しなくてはならない。

本来RTX 3070にはCore i9-10900Kくらいがベストマッチだ。ゲーミングPCがCPU性能を控えるのは、ゲームにそこまでのCPUが求められにくいからだ。一方で、クリエイティブな用途ではGPU性能は必要ではない。CPUに注力したモデルが一般的だ。一部の用途でGPUが必要であるため、より汎用性を広げるためにゲーム向けのGPUを搭載している。

少し前までゲーム以外ではパフォーマンスを発揮できなかったGPUが、作業向けのGPUにも劣らない性能を持つようになった。ゲームも作業も両立できるようになったのはGPUの進化による恩恵だ。これまで明確に分けられていたものが統一されたことで、クリエイター向けPCもゲーミングに流用できるようになった。

クリエイターにとってゲーミングPCは選択しにくくても、ゲーマーは必要な性能が被っているのでクリエイター向けモデルを選びやすい。RTX 3070搭載最強クラスの性能はクリエイター向けだから実現できたと言える。もちろん、同等の構成を持つモデルも登場してくるだろう。

ただし、それは少し時間が掛かる。ゲーム用途ではまだまだ32GBのメモリは主流ではない。性能に関する構成はクリエイター向けがリードしている。raytrek ZFは性能に関してのRTX 3070搭載最強モデルとして当分の間は君臨しそうだ。性能を求めるならチェックしておきたいモデルだ。

>>raytrek ZF購入<<

似ているゲーミングPCとの比較

ブランド名raytrekLEVEL∞
イメージraytrek ZFtopLEVEL-R049-LCiX7K-VWXH-JUPITER
製品名ZFLEVEL-R049-LCiX9K-TAXH
価格199,980円192,980円
CPUCore i9-10900KCore i9-10900K
(水冷)
GPURTX 3070RTX 3070
メモリDDR4-2666 32GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 1TBNVMe 512GB
HDD非搭載2TB
電源850W GOLD700W BRONZE
マザーボードZ490Z490
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象はパソコン工房のLEVEL-R049-LCiX9K-TAXHだ。raytrek ZFはメモリ容量・SSD容量・電源容量と規格で上回る。LEVEL-R049-LCiX9K-TAXHはCPUファン・HDD・価格に強みがある。これまではLEVEL-R049-LCiX9K-TAXHが有利な立場にあったが、raytrek ZFは価格差が下がったことで、LEVEL-R049-LCiX9K-TAXHとの差を逆転した。

似たような構成にカスタマイズした場合、raytrek ZFは207,080円、LEVEL-R049-LCiX9K-TAXHは213,920円だ。構成を全く同じすることは難しく、多少の差がある。それはraytrek ZFも同じで、水冷ファンを搭載することはできない。この2製品は標準構成で見ればraytrek ZFが上だ。

しかし、変更できない水冷ファンを搭載しているLEVEL-R049-LCiX9K-TAXHより優れているとは言い切れない。Core i9-10900Kになると水冷であることはメリットだ。性能やコストパフォーマンスはraytrek ZF、水冷ファンのLEVEL-R049-LCiX9K-TAXHと言ったところだろうか。価格と性能を重視するならraytrek ZFを推奨したい。

>>raytrek ZF購入<<

パソコンケースレビュー

本体前後

raytrek ZFsyoumen
ケースデザインは非常にシンプルだ。ゲーミングPCらしさはなくビジネスモデルと考えた方がわかりやすい。LADDER(ハシゴ)をイメージしたデザインとなっている。もちろんデザインの好みこそあれ機能面で劣るわけではない。光学ドライブも標準搭載で実用性の高さも光る。吸気は前面部及び左サイドから行い、天板及び後部から熱を放出する。

右側

raytrek ZF-right

本体右側には小さな吸気口が設けられている。非常にシンプルなデザインだと言える。

右側内部

raytrek ZFrightinside

本体内部は配線も綺麗にまとめられていて好印象だ。プロのなせる技だろう。個人でここまでの作業を行うにはどうしても時間が掛かってしまうし、手先の器用さが求められてしまう。

左側

raytrek ZFleft

本体左側には大きな吸気口が設けられている。グラフィックボードやCPUといったパーツを直接増やすことが可能だ。

左側内部

raytrek ZFleftinside

左側から見た内部はこのようになっている。配線がタイラップで綺麗にまとめられている。ケーブルがパーツに干渉しないように工夫されているのがわかるだろう。シンプルながらその完成度は高い。

管理人による総評(raytrek ZF)

raytrek ZFtop

raytrek ZFは、ドスパラのクリエイター向けPCだ。その中でもコストパフォーマンスに優れたモデルでゲーミング用途でもおすすめだ。15,000円の値引きが実施されて評価は高い。グラフィックボードには人気の高いRTX 3070を、CPUにはフラグシップモデルのCore i9-10900Kを搭載していてゲームプレイでの満足度は高いだろう。4K解像度でのゲームプレイにも対応できるポテンシャルが光る。

メモリ32GB・SSD 1TB NVMe対応と圧倒的な構成を持つ。旧モデルのHDD 4TBに比べるとインパクトは薄いがそれでも構成は充実していてモデルとしてのコストパフォーマンスは高い。ガレリアブランドにはガレリアブランドの良さが、そしてこのraytrekブランドにはraytrekブランドの良さがある。コストパフォーマンスを最重要視したいならこのraytrek ZFをおすすめしたい。

価格CPUグラボ
199,980円Core i9-10900KRTX3070
メモリSSDHDD
DDR4 32GB1TB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2021年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ

ドスパラの評判をまとめている。BTOパソコンの販売台数が多くゲーマーからの人気も高い。全国にリアル店舗を構えていて実機を見てからの購入もおすすめだ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握するのに役立つはずだ。