ROG Strix SCAR 17 G733QS


当記事では、ROG Strix SCAR 17 G733QS-R9XR3080ECQ(以下ROG Strix SCAR 17 G733QS)の評判とレビューをまとめている。RTX 3080 Mobile×Ryzen 9 5900HX搭載の現行モデル最強のゲーミングノートPCだ。WQHDモニターを搭載していてワンランク上のゲーム体験を得られる。

構成面でも妥協は見られず価格に見合う価値のある一台だと言える。デスクトップパソコンに近い環境を作りたいと考えているこだわりのあるゲーマーの方は必見だ。キャンペーン時であれば税込25万円台で購入できる。

2つのお得なキャンペーン実施中

ゆく年くる年キャンペーンセール

asusyukutoshikurutoshi2022年1月11日10:00までは24%OFFで購入することができる。通常価格339,800円が259,800円と80,000円も安くなるのだ。ハイエンドクラスのゲーミングノートPCを探しているなら検討する価値がある。この価格帯での購入はなかなか難しいはずだ。

30日間返品保証キャンペーン

asus30nichi
当該モデルには30日感の返品保証が付いている。製品到着時より30日以内に申し込みをすれば購入代金が返金される。お申し込み方法はASUS Storeコールセンターに電話をして、返送製品一式を準備して配送業者に渡すだけだ。また、30日後の使用継続で「ASUSのあんしん保証プレミアム3年パック」がプレゼントされる。落下や水没など通常の保証ではカバーできない事象にも対応してもらえるのは嬉しい。

ROG Strix SCAR 17 G733QS-R9XR3080ECQのスペック

ROG Strix SCAR 17 G733QS (2)

ブランド名ASUS
製品名ROG Strix SCAR 17 G733QS-R9XR3080ECQ
液晶サイズ17.3インチ WQHD 165Hz
価格Windows 10 / 339,800円(税込)

キャンペーン時 / 259,800円(税込)
CPURyzen 9 5900HX
グラボGeForce RTX 3080 Mobile
メモリDDR4-3200 32GB
SSD1TB NVMe×2基
(トータル2TB)
HDD非搭載
重さ約2.57kg
バッテリー駆動時間非公開
コスパ★★★★★★★☆☆☆ 7.4

★★★★★★★★★★ 10.0 Over!!

>>ROG Strix SCAR 17 G733QSを購入<<

ROG Strix SCAR 17 G733QSのゲーミング性能

GeForce RTX 3080(GPU)

rtx3080mobileseinou

GeForce RTX 3080 Mobileは、Ampere世代におけるハイエンドクラスのモバイル向けグラフィックボードだ。2022年1月時点でモバイル向けモデルとして最も高い処理性能を持つ。競合モデルであるAMD Radeon RX 6800Mと比べても20%近くも性能が高く圧倒的なモデルとなっている。

RTX 3080 MobileであればWQHDモニターのパフォーマンスを引き出せる。高解像度モニターを搭載しているのも納得できる。高リフレッシュレートを実現することも可能だ。デスクトップ向けのモデルで言えばRTX 3060 Tiと同等だ。消費電力の違いがあるため高負荷時にはRTX 3060 Tiの方が性能が高くなることもある。

Ryzen 9 5900HX(CPU)

ryzen95900hxseinou

Ryzen 9 5900HXは、モバイル向けCPUとしてトップクラスの性能を持つCPUだ。上位モデルとしてRyzen 9 5980HXがあるが、2022年1月時点でほとんど搭載モデルを見かけない。実質このRyzen 9 5900HXがフラグシップモデルだと考えてよさそうだ。末尾のHXシリーズはクロック周波数をゲーム向けに高めたモデルで高いパフォーマンスを期待できる。最大クロック周波数は4.6Ghzまで到達している。下位モデルのRyzen 7 5800Hが4.4GHzなので5%程度高いということだ。Intel製Core i9-11980HKと比べて5%程度性能が高い。

動画編集など負荷の掛かる作業をが得意としている。クリエイターの方にもおすすめだ。一方で、ゲーミングCPUとしての評価はCore i9-11980HKに劣る。やはりゲームプレイに関してはIntel製CPUが得意とするところだ。もちろん大幅に劣るわけではなく、Zen 3アーキテクチャになってある程度パフォーマンスは引き上げられていると考えてよい。

>>ROG Strix SCAR 17 G733QSを購入<<

ROG Strix SCAR 17 G733QSの特徴&注意点

現行最強の性能を持つゲーミングノートPC

ROG Strix SCAR 17 G733QSは、2022年時点で購入できるゲーミングノートPCの中で最高峰の性能を誇る一台となっている。モバイル向け最高の性能を持つRTX 3080 mobile、Ryzenシリーズ最強クラスのRyzen 9 5900HXを搭載している。これにより、ゲーム性能は現行最高峰となり、性能を重視するゲーマーにとっては有力な選択肢と言える。

ここまで性能を重視しているだけに、ゲーミングノートPCでも一切妥協をしたくないというゲーマー向けのモデルだ。ただ、これだけ高性能なCPUを採用すると熱対策が気になるところだ。CPUグリスにThermal Grizzly液体金属グリスを採用している程度で、ハード面での排熱性能にはやや疑問が残る。流石にCPUグリスだけで何%も改善するものではない。

薄型に仕上げている以上、この熱対策の面で不安と疑問が残る。ハイエンドクラスに見合った形状とは言えない点で、ゲーマーにはおすすめしにくい部分がある。ROG Strix SCAR 17 G733QSは17.3インチのゲーミングノートPCだ。サイズが大きい分だけエアフロー的には有利だと考えれれる。とは言っても、グリス同様これだけでどうにかなるものではない。熱対策は個人でも工夫しておきたい。

ROG Strix SCAR 17 G733QSの強みは性能だけではない。17.3インチWQHDモニター搭載であることも目玉の一つだ。MMORPGなどのグラフィックを作り込んだゲームでは適している。ただし、フルHDを超える解像度はFPSやRTSではあまり好まれない。どういったジャンルのタイトルをプレイするのかで判断しよう。

WQHDと165Hzに対応しているので、ゲームによって解像度を変更できる。ゲームに環境を合わせられるのはデスクトップPCの強みだった。ゲーミングノートでもその領域に手が届いたのは大きい。性能と環境で大きく進化を見せつけている。構成はメモリ32GBとSSD 1TB x2の大容量メモリとストレージが特徴だ。搭載されているSSDはPCI-e接続のNVMe対応SSDである。

ただでさえ熱の問題がある中で、発熱量の大きいNVMe対応SSDを2枚搭載しているのは少し気になるところだ。利便性を考えれば悪くないものの、CPU/GPUとSSDの熱を上手く排気できるのだろうか。熱によるパフォーマンスの低下は懸念として残る。デスクトップPCに負けないようなモデルを目指したのかもしれないが、構成まで上回る必要はなかったように思う。

光学メカニカルスイッチ採用のゲーミングキーボード搭載

ROG Strix SCAR 17 G733QSのこだわりは性能だけではなく、搭載しているキーボードにも見られる。ゲームのための環境をしっかり構築しようとしているのは見て取れるが、どれだけ力を入れてもノートタイプのキーボードから脱却できてはいない。耐久性こそクリック回数1億回と凄まじい数値を誇っているが、一般的なキーボードとノートタイプでは造りが大きく異なる。

耐久性に関してはキーボードとしてではなく、ノートパソコンのキーボードとして見る必要がある。打鍵感よりも耐久性を重視している点、キーボード特有の浅いストロークとスイッチ感はある。優れたものは感じるものの、これまでのゲーミングノートPCに比べて秀でているとは思えない。

多くのゲーミングノートPCがキーボードにこだわり、RGB対応が当たり前になった今では魅力的な特徴とは言えない。ただし、ゲーミングノートPCの枠の中では十分優れたキーボードである。最高峰の性能を持ち、機能面に優れたモデルがこだわったキーボードとしては期待はずれだったに過ぎない。総合的に見れば及第点程度だろうか。

メカニカルスイッチ採用という文言から、デスクトップ向けのメカニカルキーボードの打鍵感を想像してしまう。実際にはノートタイプのキーボードのレスポンスがよくなった程度である。この落差が評価を貶める一因となっている。性能は進化しても、キーボードの形状は停滞している。ゲームに特化したキーボードとして全く新しいものを生み出せるメーカーはないものか。

ASUSはデザインと機能に優れたメーカーだ。キーボードに革命を起こしてくれるのはASUSである可能性は十分にある。デスクトップのキーボードに負けない、優れた打鍵感を持つキーボードを搭載できればゲーミングノートPCの人気は変わってくるはずだ。それこそ、デスクトップユーザーもノートユーザーに変わるだろう。

17.3インチの大型モデルで持ち運びには適さない

本体重量約2.75kgとかなり重く持ち運びに適したモデルとは言えない。もちろんそれを理解した上で購入を検討しているはずだ。17.3インチWQHD搭載ノートパソコンかつハイエンドクラスのモデルなのでこれは仕方がないところだろう。本体自体も大きくカバンに入れることすら難しい。専用のバッグを用意しなければいけない。女性の方だとより厳しくなる。

移動先での使用であれば車や電車を用いればそれほど苦にはならないかもしれない。しかし、移動中での使用はそれなりに負担となる。バスや電車内で使用すると座席の机では耐荷重が持たないこともある。取り出しや収納時、すぐに取り出せるようなかばんに入れると負荷は感じやすい。携帯性に関しては性能とトレードオフなところがある。

高性能、高解像度に対応したモデルであるため、携帯性はかなり犠牲にしている。最高峰のゲーム性能を持つモデルをビジネス用途で使用することはないと想定されていそうだ。一方で、バッテリー連続駆動時間は約11.0時間と余裕があるため外出先でも電源を気にせず使用できるのはメリットだ。モニターが大きく資料作成や動画視聴などを快適に行うことが可能だ。

ゲームプレイ時には駆動時間が短くなるため注意しよう。この数値はあくまでもJEITAバッテリー動作時間測定法というふざけた環境で計測している。公称値とかけ離れた数値が出るのは仕方がない。ただ、このJEITAバッテリー動作時間測定法は実使用とかけ離れた環境を想定している。音量はミュート、画面輝度は150cd/m2、無線LANはアクセスポイントに接続(通信は問わない)、フルスクリーンとこの環境でフルHDの動画を延々流してバッテリーが切れるまでを計測するというものだ。

極端な話、省電力モードでも条件を満たすことができれば問題ないということだ。低負荷な状況で11時間ということは、ゲームでは3~5時間持てばいい方だ。また、多くのゲーミングノートPCは電源に接続していない状況では省エネモードに入り、性能が著しく低下する。設定が必要な可能性もあるので注意してほしい。

17.3インチというサイズなので、持ち運ぶことはあまり多くないと思う。それこそ、電源が確保できない状況での使用や、そういった場所でゲームプレイはほとんどないはずだ。このバッテリーの持ち時間に関してはそれほどデメリットにはならない。

>>ROG Strix SCAR 17 G733QSを購入<<

Razer Blade 14と比較

ブランドASUSRazer
イメージROG Strix SCAR 15 G533QSRazer Blade 14 RZ09-0370CJA3-R3J1
型番ROG Strix SCAR 15
G733QS-R9XR3080ECQ
Razer Blade 14
RZ09-0370CJA3-R3J1
価格339,800円(税込)
259,800円(税込)
338,800円(税込)
納期最短翌営業日最短5営業日
液晶サイズ17.3インチ WQHD 165Hz14.0インチ WQHD 165Hz
重量約2.75kg約1.78kg
動作時間約11.0時間約12.0時間
CPURyzen 9 5900HXRyzen 9 5900HX
GPURTX 3080RTX 3080
メモリDDR4-3200 32GBDDR4-3200 16GB
SSD1TB NVMe×2
(合計2TB)
1TB NVMe
HDD非搭載非搭載
公式公式公式
ここをチェック!!

国内BTOメーカーには同等のハイエンドクラスモデルがないため、Razerのフラグシップモデルと比較していく。定価で見れば価格差は1,000円とほぼ同等だ。そう考えるとキャンペーン時のROG Strix SCAR 17 G733QSはかなりお得だということがわかる。納期については最短翌営業日に対応しているので、ROG Strix SCAR 17 G733QSの方が優れている。一方Razer Blade 14では最短でも5営業日が掛かってしまう。

液晶サイズはROG Strix SCAR 17 G733QSが17.3インチWQHDモニターを搭載していて、Razer Blade 14は14.0インチWQHDモニターを搭載している。リフレッシュレートは165Hzと共通だ。ポータブル性を重視するなら重量が約1.78kgとかなり軽いRazer Blade 14がおすすめだ。一般的なパソコンと比べても優秀だ。ROG Strix SCAR 17 G733QSは本体重量が約2.75kgとかなり重く持ち運びには適さない。

バッテリー駆動時間はほぼ同等で誤差の範囲だろう。CPU・GPUは共通となっている。メモリ容量についてはROG Strix SCAR 17 G733QSは、Razer Blade 14の倍の32GBを搭載している。また、SSDも倍のSSD 2TBだ。SSDのダブルストレージは希少性・実用性が高くおすすめできる。ROG Strix SCAR 17 G733QSは、構成面で圧倒していると言える。

ROG Strix SCAR 17 G733QSの本体レビュー

正面

ROG Strix SCAR 17 G733QSsyoumen

17.3インチの大型モニターを搭載したモデルだ。WQHD対応で綺麗なグラフィック描写が可能となる。狭額縁デザインを採用しているためすっきりとした印象を受ける。なお、本体下部やキーボードなどにRGB LEDが配置されていてゲーミングノートPCらしさが見える。もちろんLEDを全て消すことも可能だ。外出時にはOFFにしておくとよいかもしれない。

背面

ROG Strix SCAR 17 G733QShaimen背面にはドットでROGの文字が刻印されている。見る角度によって与える印象が異なる。ROGのブランドロゴはLEDで光る。

本体裏側

ROG Strix SCAR 17 G733QSura
本体の裏側を見るとメッシュになっていてしっかりと空気を取り入れられる。高性能なゲーミングノートPCなのでこれぐらいの吸気口が必要となるのだ。2基の空冷ファンを搭載していて万全だ。

左側面

ROG Strix SCAR 17 G733QSleft
本体左側面にはUSB 3.2 Gen2 Type-A×2基とヘッドフォン端子が配置されている。

右側面

ROG Strix SCAR 17 G733QSright
本体右側面には「ROG Keystone II」装着用のスロットが設けられている。上記画像の赤い色の部分に差し込まれている形だ。ROG Keystone IIは、パソコン本体とNFC通信を行う個人認証用のデバイスとなっている。本体に取り付けることで暗号化されたストレージ領域(Shadow Drive)にアクセスしたり、保存したプロファイルを呼び出したりすることができる。セキュリティとしての役割を果たす。なお、右側面には端子は一切配置されていない。

本体奥側

ROG Strix SCAR 17 G733QSback

本体の奥にはUSB 3.2 Gen1 Type-A×1、USB 3.2 Gen2 Type-C×1、HDMI×1、RJ45、電源端子が配置されている。USB 3.2 Gen2 Type-CポートはUSB Power Delivery(急速充電)に対応していて利便性が高い。画像出力には対応していないため、画像出力をするにはHDMI端子のみということになる。

>>ROG Strix SCAR 17 G733QSを購入<<

管理人による総評(ROG Strix SCAR 17 G733QS)

ROG Strix SCAR 17 G733QS-R9XR3080ECQ

ROG Strix SCAR 17 G733QSは、RTX 3080 Mobile×Ryzen 9 5900HXを搭載した現行最強のゲーミングノートPCだ。WQHDモニターを搭載していて快適なゲームプレイが約束される。グラフィックボードにはフラグシップモデルのRTX 3080を搭載していて高リフレッシュレートを実現することも可能だ。

CPU性能も現行トップクラスだ。8コア16スレッドとマルチスレッド性能が高い。クロック周波数も最大4.6GHzまで高められていて高いパフォーマンスを期待できる。ゲームプレイにおいてはIntel製CPUに劣るケースがあるものの従来モデルのRyzenシリーズと比べると飛躍的に性能は向上している。

キャンペーン中の今は税込259,800円で購入することができる。競合モデルと比べてメモリ容量・ストレージ容量が倍でコストパフォーマンスに優れている。さらに、30日間返品保証キャンペーンも実施中で安心して購入できるはずだ。予算が合う方なら購入して後悔はしないだろう。

価格CPUグラボ
259,800円(税込)9 5900HXRTX3080
メモリSSDHDD
32GB1TB×2基非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya