PG-URtop


当記事では、STORM PG-URの評判とレビューをまとめている。GTX 1660を搭載した低価格のゲーミングPCでコストパフォーマンスの高さが魅力のモデルだ。ストームの中でもおすすめ度が高い一台となっている。

各タイトルの対応表

PUBG黒い砂漠FF14Fortnite
pubg
★★★☆☆(対応)
kurosabakutop
★★★☆☆(対応)
ff14suisyou
★★★★☆(対応)
fortnite
★★★★★(対応)

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

標準的なミドルクラスの性能だ。ゲームへの対応力は高くない。そのため、設定を下げる事が必要となる。フルHD+最低設定であれば、多くのゲームを快適にプレイすることが出来る。高リフレッシュレートは解像度を下げる必要も出てくる。それらを受け入れられるのであれば選択自体は悪いものではない。ライトゲーマーやエントリーユーザー向けのゲーミングPCである。

STORM PG-URのスペック解説

levelrclass

ブランド名STORM
製品名PG-UR
価格Windows 10 / 96,182円
CPUCore i5-9400F
グラフィックボードGeForce GTX 1660
メモリDDR4-2666 8GB
SSDNVMe 250GB
HDD1TB
電源750W GOLD
マザーボードチップセットB365
コスパ★★★★★★★★★☆ 8.9

>>>>>STORM PG-URを購入する<<<<<

STORM PG-URの性能まとめ

GeForce GTX 1660(グラフィックボード)

Gtx1660sougou

GTX 1660は標準的な性能を持つグラフィックボードだ。高解像度へは対応出来ず、フルHDが基本となる。前世代で人気だったGTX 1060シリーズと同等の性能である。

Core i5-9400Fと合わせることでコストパフォーマンスを活かしやすい。性能と価格のバランスが良いので誰にでも扱える無難なグラフィックボードだ。

Core i5-9400F(CPU)

im620SA5-i5-9400

Core i5-9400Fは、最新のゲームをプレイするためには最低限必要になるCPUだ。注意点としては、公式推奨環境を満たしていないゲームも存在していることだ。その場合は設定を大きく下げて対応しなくてはならない。性能よりも価格を重視したモデルに選択されやすい。高い性能よりもコストパフォーマンスを重視するユーザー向けのCPUである。

総合性能

PG-URseinou

標準設定なら多くのゲームを快適にプレイ出来る。ギリギリ高リフレッシュレートに必要な性能を満たしている。ただ、高リフレッシュレートの場合は基本的に解像度まで下げることを考慮した方が良いだろう。

CPU性能はやや低めなので、CPU負荷の高いゲームではグラフィックボードの性能を活かしにくい。それでもこの辺りは設定次第で十分対応出来る。最高設定で快適性を維持することは難しい。設定を下げることを前提に使用すれば、ストレスは感じにくいはずだ。

STORM PG-URの特徴&強み

リニューアルで評価ダウンも人気

STORM PG-URは、リニューアルでストレージやチップセットが弱体化した。その分価格も安くはなったが、マイナス分を補える程ではない。Core i5-9400FとGTX 1660を組み合わせたモデルの中で特別抜きん出たモデルではない。

基本構成の優秀さが評価を支えている。例えば、電源ユニットには750W GOLDを搭載している。この性能帯には不必要なほど充実した選択だ。この電源が選択されていなければ、評価はもっと落ちていただろう。もっとも、500W BRONZEを搭載していれば価格を更に抑えることも出来ていた。STORMの最低ランクが750W GOLDで統一されている以上、ここはこだわりと見た方が良さそうだ。

評価は大きく下がったが、選択肢に加えるには十分な評価を得ている。低価格帯のモデルとしてはまだまだ強力なモデルである。STORMはカスタマイズ費用が安い事で有名だ。しかし、PG-URは低価格が魅力なので、カスタマイズを行うと評価が更に下がる可能性が高い。標準構成で検討すべきモデルだ。

苦境に立たされるPG-UR

PG-URは、一度ラインナップから消され、その後再登場した。以前はトップクラスのコストパフォーマンスが魅力モデルだった。今は低価格帯に強力な製品が多く登場しているため、現在では中堅モデルになる。人気のあるモデルが必ずしも優れているとは言えないのである。

PG-UR登場時、この組み合わせで税抜10万円を下回るモデルはほとんぞ存在していなかった。しかし、今では上位のグラフィックボードを搭載したモデルが安価で展開されている。つまり、PG-UR最大の特徴である低価格という武器が通用しなくなった。

当サイトでも人気ランキングに入っているが、外れる日も近いだろう。この人気は約束されたものではない。価格が安いという、言わば実力で手にしたランキングだ。その実力が通用しなくなっただけのことだ。
STORMのキャンペーン内容もあまり期待できるものではない。

恐らく、PG-URの人気は今より上がることは無い。もしも1万円の値下げがあって対等になるかもしれない。その差を低価格帯のモデルに埋められるかどうか。大幅な構成変更があることを期待しなくてはならないだろう。

>>>>>STORM PG-URを購入する<<<<<

他のゲーミングPCとの比較

ブランド名STORMGALLERIA
イメージgalleriadhtop-1
製品名PG-URRT5
価格96,182円89,980円
CPUi5-9400FRyzen 5 3500
GPUGTX 1660GTX 1660 Super
メモリDDR4-2400 8GBDDR4-2666 16GB
SSDNVMe 256GBNVMe 256GB
HDD1TB1TB
電源700W GOLD500W BRONZE
マザーボードB365B450
公式公式公式
詳細当ページ詳細
比較対象は低価格帯最強のGALLERIA RT5だ。CPU性能はPG-URに分がある。GALLERIA RT5はワンランク上のグラフィックボードGTX 1660 Superを搭載。ストレージも同等で7,000円安い強力な製品である。一方で、PG-URは750W GOLDの電源を採用している。この部分では絶対的な優位を築ける。

しかし、この性能帯では必要性の無い容量と規格である。価格を抑えるために搭載していないのではない。多くの製品は必要が無いから搭載していないのである。この部分で勝負を挑むにはあまりにも弱すぎる。かつては税抜10万円以下で最強クラスだったPG-URだったが少し分が悪い。

当該モデルの再登場までの間に強力な製品が多く登場している。これにより、今は過去の栄光で人気を保持している過ぎない。少なくとも、このまま何の変化も無ければ消えていくしかないだろう。現状、GALLERIA RT5を破る製品は存在していない。

管理人による総評(STORM PG-UR)

galleriaxg

STORM PG-URは、かつてはトップクラスのコスパを誇るゲーミングPCだった。一時ラインナップから姿を消してその後再復活となったが、今ではやや平凡なモデルへと変わってしまっている。少しでも値引きが行われれば評価は変わるはずだ。

性能的には及第点だ。GeForce GTX 1660×Core i5-9400Fを搭載し必要最低限より少し上の性能を持ち、ライトゲーマーにはうってつけのパフォーマンスを発揮できる。フルHD環境ではまずまずの安定感があり、60fpsを基準にすれば標準より高い設定でも安定したゲームプレイが可能である。

価格CPUグラボ
96,182円Core i5-9400FGTX1660
メモリSSDHDD
DDR4 8GB250GB1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

STORM(ストーム)の評判&口コミまとめ

STORM PG-URを販売しているショップのレビューを行っている。中小BTOメーカーでカスタマイズの自由度が高いという特徴がある。税込み表記であるのも親切だ。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る