fortnite

当記事では、フォートナイトバトルロワイヤル(FORTNITE)の必要スペックとおすすめのゲーミングPCの紹介をしている。フォートナイトはバトルロワイヤルというジャンルにおいて圧倒的な人気を博しているタイトルだ。バトルロワイヤルモードなら無料で遊べるというのもユーザーを惹き付ける理由の一つだろう。

当ページの最後で「フォートナイト推奨のおすすめゲーミングPC」をまとめている。要求スペックが極端に高いタイトルではなくミドルクラスのゲーミングPCでも対応できる。Switch/PS4などの家庭用コンソールからゲーミングPCに切り替えるユーザーも多い。当サイトへの問い合わせも多くなっている。

フォートナイト概要
フォートナイトのタイトル自体はPUBGをプレイしたことがある方ならフォートナイトのバトルロワイヤルのコンセプトを理解しやすいだろう。プレイヤーの目的は、最後の人やチームとして残ることだ。できる限り長く生き残り、邪魔になる敵を倒すだけだ。プレイヤーが多いためマッチのしやすさの人気タイトルが故の魅力だと言える。

2018年フォートナイトは、PUBGが持つ320万アクセスを超える340万アクセスーを記録したのは記憶に新しい。パソコン(Win、Mac)、PS4、Xbox one、Nintendo Switch、iOSなど様々なプラットフォームでプレイできるのも嬉しい。ここではパソコンでプレイすることを考えている方を対象に詳しく解説していく。

フォートナイト(FORTNITE)の必要&推奨環境公式

必要環境

OSWindows 7/8/10 64-bit
Mac OSX Sierra
CPUCore i3 2.4 Ghz
メモリ4GB RAM
GPUIntel HD 4000
Iris Pro 5200

推奨環境

OSWindows 7/8/10 64-bit
Mac OSX Sierra
CPUCore i5 2.8 Ghz
メモリ8GB RAM
GPUNvidia GTX 660
AMD Radeon HD 7870
GPUメモリ2GB
最小スペック及び推奨スペックについてまとめている。実はフォートナイトではそれほど高いスペックは要求されない。ノートパソコンでも動かすことができる。すでにゲーミングPCを持っている方であれば新たに購入する必要はない。次の項目で詳しくスペックごとの違いについて検証していくので、合わせて参考にして欲しい。

FORTNITEのおすすめスペック検証

この検証では、最高設定(Epic)でFULL HD、WQHD、4K解像度それぞれでfpsを計測している。fosについては60以上で快適、スムーズだと言われている。

グラフィックボード検証

fortnitespec

FULL HD環境でのゲームプレイならエントリークラスのグラフィックボードでも対応することが可能だ。それほど解像度を上げてプレイするタイプのタイトルでもないので価格の安いゲーミングPCでも問題ない。GTX 1650以下のモデルを選択する場合はFULL HD環境×標準設定でのゲームプレイとなる。GTX 1650 SUPER以上なら最高設定(Epic)でも60fps以上を出せるので快適だ。

FORTNITEの設定をカスタマイズする

フォートナイトでは、追加のカスタマイズ設定を行うことができる。簡単にそれぞれの調整を試してみると良い。

View Distance(ビューディスタンス)

離れた物体のクオリティだけではなくレンダリングされた物体の幅を広げる。パフォーマンスに与える影響はそれほど多くないが、minimumに落とせば4-5%程度パフォーマンスがアップする。できればEpicにしておくことを推奨する。

Shadows(シャドウ)

この設定はシャドウマッピングに影響を与え、すべての設定の中でも最も効果が大きい。EpicからLowにするとおよそ50%のパフォーマンス改善が見られる。highあるいはmediumにするだけでもフレームレートが改善するので、フレームレートが安定しない方は変更してみると良い。

Anti-Aliasing

Unreal Engine 4はアンチエイリアシングにポストプロセス技術を採用している。ほとんどのグラフィックボードでパフォーマンスに影響を与えることはない。

Textures(テクスチャ)

highで2GB以上あるいはEpicで4GB以上のGPUメモリを搭載しているのであれば大きな影響は与えない。Lowにすることで最大5%フレームレートが改善する。

Effects(エフェクト)

様々な環境設定に影響を与える項目だ。水のエフェクト、光のフェクト、爆発のエフェクトなどゲームの演出では必要不可欠となる。Lowにすることで20-25%パフォーマンスが改善する。ただ、mediumあるいはhighにしておくことを推奨。

Post-Processing(ポストプロセス)

これを下げると画面が暗くなる。Lowにすると20-25%パフォーマンスが改善する。フレームレートを下げたい方は低くしておこう。推奨はMediumだ。

Motion Blur(モーションブラー)

これはデフォルトでOFFになっている。モーションブラーをONにすると残像で敵を見つけるのが難しくなるため推奨しない。ONにした場合フレームレートが2-3%低下する。

フォートナイト(FORTNITE)向けおすすめのゲーミングPC

最高設定でFULL HD環境を楽しみたいならGTX 1660 SUPER以上かつCore i5-10400以上を推奨する。CPUに関してはIntel製であればボトルネックも発生しにくくもう少し落としても問題ない。なお、FULL HDでも最高設定にこだわらなければGTX 1650 SUPERでも問題ない。ただ、どうせなら最高設定でプレイする方がゲームに没頭できるだろう。

もう少しサイズを上げてWQHD環境ならRTX 2060 SUPER以上かつCore i5-10400以上を推奨。4K解像度ならRTX 2070 SUPERかつCore i7-10700以上を推奨する。もちろん最高設定にこだわらなければもう少し性能を落としても快適にゲームプレイが可能だ。ここではFULL HDあるいはWQHD環境を想定しておすすめのモデルをピックアップした。

GALLERIA RM5C-G60S(ドスパラ)

GALLERIA DS価格:119,980円
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB
HDD:非搭載
電源:550W BRONZE
公式詳細

ドスパラのミドルクラスのゲーミングPCだ。ガレリアDTの後継モデルとなっている。グラフィックボードにGTX 1660 SUPERを搭載。FULL HD環境でのゲームを得意としている。CPUにはCore i5-10400を選択していて価格を抑えているのがポイントだ。フォートナイトだけでいうとCPU性能はそれほど影響を与えない。そう考えるとこの構成の方が理想かもしれない。

G-Tune TD-S(G-Tune)

nextgear価格:129,800円
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:NVMe対応256GB+M.2 512GB
HDD:2TB
電源:700W BRONZE
公式詳細

当サイトとのコラボモデルだ。GTX 1660 SUPERを採用しFULL HDでは安定したゲームプレイが可能。CPUには最高峰のi7-10700を搭載し動画編集など幅広い用途で利用できる。GALLERIA RM5C-G60Sよりも幅広いタイトルに対応しやすい。SSD×2基とHDD×1基のトリプルストレージを採用しはじめての一台としてもぴったりだろう。

GALLERIA XA7C-R60S(ドスパラ)

GALLERIA XA7C-R70S (2)価格:159,980円
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 2060 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:650W BRONZE
公式詳細

ドスパラの隠れた高コスパモデルだ。RTX 2070 SUPER搭載モデルの影に隠れがちだが魅力的なゲーミングPCだと言える。グラフィックボードには比較的新しいRTX 2060 SUPERを搭載し、FULL HDはもちろんWQHD環境でも快適なゲームプレイができる。レイトレーシングやDLSSにも対応可能だ。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も優秀だ。将来性を重視したいという方必見。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

動画

関連外部サイト