radeonrx580
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当記事では、AMD Radeon RX 580の性能スペック&おすすめBTOパソコンを紹介している。GTX1060 3GBの対抗馬として登場したグラフィックボードだ。GTX 1060が登場してから10ヶ月遅れでの登場なのでやや出遅れ感がある。それでも2020年時点でも一定の評価を受けているグラフィックボードで、気になる性能について詳しく見ていくとしよう。

よくわかる!!Radeon RX 580の特徴まとめ
総合評価 :60/100
ゲーム評価:65/100

  • GTX 1060 3GBよりもゲーミング性能が高い(+)
  • DirectX 12のタイトルに強い(+)
  • 消費電力が非常に高い(-)

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 580の概要、基本を押さえる!

基本スペック・仕様

 RX 580RX 590RX 480
GPUPolaris 20Polaris 30Polaris 10 XT
プロセス14nm12nm14nm
トランジスタ数57億個57億個57億個
ダイサイズ232mm2232mm2232mm2
CUDAコア数2304基2304基2304基
コアクロック1257MHz1469MHz1120MHz
ブーストクロック1340MHz1545MHz1266MHz
メモリクロック2000MHz
(8Gbps)
2000MHz
(8Gbps)
2000MHz
(8Gbps)
GPUメモリ8GB8GB8GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス256 bit256 bit256 bit
バンド幅256.0 GB/s256.0 GB/s256.0 GB/s
TDP185W175W150W
価格$229$279$229
発売日2017/04/182017/04/182016/06/29
Radeon RX 580のスペックについて前世代のRadeon RX 480と上位モデルであるRadeon RX 590と比較しながら見ていく。まず、前モデルのRX 480と比べると正直それほど大きく変わったことはない。GPUもPolaris 10からPolaris 20になっているが、基本的にはリネームモデルだ。10ヶ月前のモデルと比べて大きな変化がないのは残念だ。Radeon RX 480からの買い替えは意味をなさない。

アーキテクチャは共通のものでクロック周波数を引き上げることで性能を高くしているだけだと言える。コアクロックは12%、ブーストクロックは6%高くなった。およそ5%012%引き上げられている。一方で、その代償として消費電力が150Wから185Wへと23%大きくなっている。アーキテクチャを変えずクロック周波数を高くするとこうなるのは自然だ。価格も同じ$239となっている。

上位のRadeon RX 590は、RX 580のように前世代のリフレッシュモデルというわけではない。このRX 590ではプロセスが12nmと縮小化されている。結果的に消費電力を抑えつつクロック周波数を引き上げるこができている。ただし、ダイサイズやトランジスタ数に変わりはなく少しだけパワー効率を引き上げただけに留まる。メモリ周りも共通のものを採用していて評価が難しい。

GeForce GTX1060 6GBと比較

 RX 580GTX 1060GTX 1060 3GB
プロセス14nm16nm16nm
トランジスタ数57億個44億個44億個
ダイサイズ232mm2200mm2200mm2
CUDAコア数2304基1280基1152基
コアクロック1257MHz1506MHz1506MHz
ブーストクロック1340MHz1709MHz1708MHz
メモリクロック2000MHz
(8Gbps)
2002MHz
(8Gbps)
2002MHz
(8Gbps)
GPUメモリ8GB6GB3GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
メモリバス256 bit192 bit192 bit
バンド幅256.0 GB/s192.2 GB/s192.2 GB/s
TDP185W120W120W
価格$229$249$199
発売日2017/04/182016/07/192016/08/18
NVIDIAから販売されているGTX 1060 6GB/GTX 1060 3GBとスペックを比較していこう。まず初めに考えるべきはグラフィックボードの発売時期だろう。GTX 1060 6GBはRX 580が発売される9ヶ月前に発売されている。GTX 1060 3GBでも8ヶ月前ということになる。AMDがNVIDIAに追いつけていないというのが現状だ。

プロセスはNVIDIAの16nmに対してAMDでは14nmと縮小化に成功している。しかしながら、多くのトランジスタを搭載するためにダイサイズが大きくなっている。ここも消費電力の高さに繋がっているのだろう。

それぞれのグラフィックボードについてAMD及びIntelの特徴がよく現れている。RX 580は、コア数を多くしてクロック数を抑えている。一方、GTX 1060は、コア数が45%少ないもののクロック数が20%程度高い。いきなり結論を言うとRX 580の方が性能がわずかに低い。さらに、1年近く前のモデルだと考えると驚くべきことだと言える。

RX 580の強みはGPUメモリ容量が8GBと多いことだ。GTX 1060は6GBと3GBのモデルがあるが、差を付けていることがわかる。もっともFULL HD環境をターゲットにしたグラフィックボードなので、パフォーマンスに与える影響はそれほど大きくない。

消費電力はRX 580の方が25%多い。消費電力についてあまり考えずパワーアップさせたのだろう。今の時代に逆らっているように思える。価格はRX 580の方が$20安い。ただし、国内価格で見るとRX 580の方がGTX 1060 6GBよりも10%程度高くなっている。この価格を考えるとコスパはGTX 1060 6GBの方が良いと言えるだろう。同等の性能を持つGTX 1060 3GBになるとさらにコストパフォーマンスが高くなる。

>>>Radeon RX 580を確認(Amazon)<<<

Radeon RX 580の特徴まとめ【2020年時点】

GTX 1060と同等のゲーミング性能を持つが…

rx 580-seinou

総合性能を見るとやはりRX 580がGTX 1060 6GBを下回っていることがわかる。タイトルによっては大幅に劣ってしまうこともあるので、購入を検討する際は注意しよう。GTX 1060 3GBに対しては僅かにパフォーマンスが高い。

かつてのフラグシップモデルであるR9 390Xを上回っているのは興味深い。現行モデルでいうとGTX 1650 SUPERと同等だ。エントリークラス並みの性能は持っているということになる。

rx580-watt

性能面ではそこそこ通用するのだが、消費電力が高いというデメリットがある。これを見ると無理やり性能を引き上げただけに見えてしまう。競合であるGTX 1060 6GBよりも25%以上も消費電力が高い。ゲームプレイなど負荷の掛かる用途では熱も気になるところだ。電源ユニットなどにも費用を掛けないと熱によってパフォーマンスが低下してしまうことになる。

AMD製の中でもユーザーの多いモデル

rx580steam引用元:Steam ハードウェア & ソフトウェア 調査: November 2020

実はこのRadeon RX 580は、ユーザーの多いグラフィックボードとなっている。おおよそ2.0%のユーザーがSteamにいるということだ。AMD製グラフィックボードの中でトップに位置している。RX 500シリーズはそれなりに注目されていたのだろう。

GTX 1060 6GBがトップで10%のシェアをあることを考えると十分健闘しているのではないだろうか。この性能帯は2020年時点でも人気が高いということだ。高解像度や高設定にこだわなければある程度ゲームプレイに対応することができる。

お手頃価格でダークホース的存在

rx580dospara参考:https://used.dospara.co.jp/

Radeon RX 580は、中古で税抜14,000円ほどで販売されている。Amazon新品を購入できるのもポイントだ。競合であるGTX 1060 6GBは中古で税抜15,000円前後で販売されていることを考えると選択肢として悪くない。他のRadeonシリーズに比べてタマが多いのも魅力だ。穴場狙いをしたいならこのRX 580はおすすめできる。

Radeon RX 580のベンチマーク一覧

当該グラフィックボードのベンチマークを一覧でまとめている。各ゲームタイトルにおいて、FULL HD環境及びWQHD環境でのフレームレートを計測。どのぐらいゲームプレイが安定するかを把握することができる。

60fps以上の数値が出ていれば最高設定でも快適にゲームをプレイすることができるということだ。ただし、いずれも最高設定での計測となっているので60fpsに到達していなくても設定を下げれば十分対応できる場合もある。

Rise Of The Tomb Raider

Rise Of The Tomb Raiderrx580-rise of the tomb raider

GTX 1060 6GBがトップとなっている。WQHD環境でも及ばない。フレームレートの差は最大12%とFULL HD環境での差が顕著だ。高解像度になるとその差が縮まるのはGPUメモリの容量が大きいことが要因だろう。Radeon RX 480との差は3%と僅差でやはり飛躍的なパフォーマンス向上は見込めない。

Battlefield 4

battlefield4rx580-battlefield4

Battlefield 4でもGTX 1060 6GBがRadeonシリーズを圧倒している。FULL HD環境でのフレームレートの差は25%で、WQHD環境では27%だ。Battlefield 4では高解像度の方が差が広がってしまっている。価格差を考えてもやや厳しい状況だ。RX 480よりも4%-7%性能が高くなっているが、やはり最新モデルならもう少し性能が高くあってほしかった。

Grand Theft Auto V

gta5rx580-gta5

GTA 5でもGTX 1060の性能の高さが光る。RX 580よりも26%もフレームレートが高い。WQHD環境でも20%の差がある。69.4fpsなら快適なゲームプレイができる。一方、RX 580は55.1fpsと60fpsには届かない。設定調整を行うことは必須だ。

Hitman

hitmanrx580-hitman

Hitmanは、AMD製グラフィックボードが得意とするタイトルだ。GTX 1060よりも3%程度高い。僅かながらも上回っているタイトルがあるのは心強い。RX 480よりも4%高い。クロック周波数を引き上げている割にはフレームレートはそれほど上がらない。

Ashes of the Singularity: Escalation

ashesofthesingurx580-singularity

Hitmanと同様で、GTX 1060よりもほんの少しだけフレームレートが高い。上位3つのモデルについては僅差で並んでいる。RX 480と比べてもほとんど変わらず残念な結果だ。

>>>Radeon RX 580を確認(Amazon)<<<

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。