Radeon RX 580の性能スペック&おすすめBTOパソコンの紹介【2018年】 | GTX1060 6GBを超えるパフォーマンスを持つ!ただし消費電力は高め!

radeonrx580
画像引用元:https://www.amazon.co.jp/(Amazon公式)

当記事では、AMD Radeon RX 580の性能スペック&おすすめBTOパソコンを紹介している。GTX1060 6GBの対抗馬として登場したグラフィックボードだ。

10ヶ月遅れての登場となったRadeon RX 580だがその実力が気になる方は多いだろう。その性能について徹底的に検証していく。

よくわかる!!Radeon RX 580の特徴まとめ
総合評価 :70/100
ゲーム評価:80/100

  • GTX 1060 6GBよりもゲーミング性能が高い(+)
  • DirectX 12のタイトルに強い(+)
  • 消費電力が非常に高い(-)
  • 価格が高いためコスパは平凡(-)

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

Radeon RX 580の概要、基本を押さえる!

基本スペック・仕様

 RX580RX570RX480
トランジスタ数57億個57億個57億個
ダイサイズ232mm2232mm2232mm2
CUDAコア数2304基2048基2304基
コアクロック1257MHz1168MHz1120MHz
ブーストクロック1340MHz1244MHz1266MHz
GPUメモリ8GB8GB8GB
メモリタイプGDDR5GDDR5GDDR5
TDP150W150W150W
価格$220$169$239
発売日2017/42017/42016/6
RX580のスペックについて前世代のRX480と下位モデルであるRX570と比較しながら見ていく。まず、前モデルと比べると正直それほど大きく変わったところはない。クロック数及びブーストクロックが10%程度上がったのみだ。価格については$19下がっている。10ヶ月前のモデルと比べて大きな変化がないのは残念だ。同じGPUを使っているので当然と言えば当然の結果だと言える。現在RX480を所有している方はわざわざ買い換えるほどのものではない。

RX570と比べるとクロック数を下げて価格を$50下げている。RX 570だとGTX1060 3GBと似た性能となる。GTX1060 6GBと3GBの関係と非常に似ている。次はGTX1060 6GBとのスペックの違いを見ていこう。

GeForce GTX1060 6GBと比較

 RX 580GTX 1060
プロセス14nm16nm
ダイサイズ232mm2200mm2
CUDAコア数2304基1280基
コアクロック1257MHz1506MHz
ブーストクロック1340MHz1709MHz
GPUメモリ8GB6GB
メモリタイプ GDDR5 GDDR5
TDP150W120W
価格$229$250
発売日2017/042016/07
GTX1060 6GBとの性能を見ていく。まず初めに考えるべきは発売時期だろう。GTX1060はRX580が発売される9ヶ月前に発売されている。それを踏まえた上でスペックを比較する。

それぞれのグラフィックボードについてAMD及びIntelの特徴がよく現れている。RX580は、コア数を多くしてクロック数を抑えている。一方、GTX1060は、コア数が45%低いもののクロック数が20%程度高い。いきなり結論を言うとRX580の方が性能がわずかに高い。しかし、1年近く前のモデルだと考えるとそれほど驚くべきことではないかもしれない。

消費電力は25% RX580の方が多い。省電力をあまり考えずパワーアップさせたのだろう。今の時代に逆らっているように思える。価格は$21 RX580の方が安い。ただし、国内価格で見るとRX580の方がGTX1060よりも10%程度高くなっている。この価格を考えるとコスパはGTX1060の方が良いと言えるだろう。

Radeon RX 580の実力派!?総合性能を計る!

総合性能を見るとやはりRX580がGTX1060 6GBを上回っていることがわかる。RX480と比べるとおよそ10%性能がアップしている。本来GTX1060 6GBのライバルはRX480だったと考えるとGTX1060の優秀さがわかる。約1年経った今でも優れたパフォーマンスを発揮する。それでもRX580は着実に性能を上げてきている。Fury Xに迫る性能はさすがだろう。

>>>>>Radeon RX 580を確認する(Amazon)<<<<<

Radeon RX 580のベンチマーク一覧

当該グラフィックボードのベンチマークを一覧でまとめている。各ゲームタイトルにおいて、FULL HD環境及びWQHD環境でのFPSを計測。どのぐらいゲームプレイが安定するかを把握することができる。

60FPS以上の数値が出ていれば最高設定でも快適にゲームをプレイすることができるということだ。ただし、いずれも最高設定での計測となっているので60FPSに到達していなくても設定を下げれば十分対応できる場合もある。

Rise Of The Tomb Raider

Rise Of The Tomb Raider

DirectX 12のタイトルでは高いパフォーマンスを発揮。GTX1060 6GBを上回る75.0FPSとなっている。FULL HD環境なら7%性能が高い。RX480と比べると8%スコアが伸びている。遅れて出ただけあってしっかりとライバルを捉えていると言えるだろう。

Battlefield1

battlefield

DirectX 12のタイトルだ。RX580及びRX480がGTX1060 6GBを上回る結果となっている。FULL HDで89.1FPS、WQHDで62.7FPSと優れたパフォーマンスを発揮。GTX1060だとWQHDでは54.5FPSと12%劣る結果だ。

Grand Theft Auto V

gta5

DirectX 11のタイトルだ。GTX1060 6GBがRX580を10%上回っている。それでもWQHD環境でも快適にプレイすることが可能だ。RX580で73.4FPS、RX 480でも70オーバーと十分な数値だろう。

Hitman

hitman

Radeonが光るタイトルだ。FULL HD環境で95.8FPS、WQHD環境でも75.1FPSと高いパフォーマンスを発揮している。GTX1060に比べて9-10%程度数値が良くなっていると言える。RX480と比べても10%以上スコアを伸ばしているのはさすがだ。

Doom

doom

RX480でもGTX1060 6GBを上回る結果となっている。RX580と比べると20%以上上回る結果だ。WQHD環境でも97.1FPSを叩き出す圧巻の性能。

Radeon RX 580搭載おすすめBTOパソコン

RX 580を搭載したゲーミングPCは実質arkでしか販売されていない。BTOパソコンで考えると非常にレアなグラフィックボードだと言える。arkは玄人向けのBTOメーカーで高性能なゲーミングPCが揃う。MSIの正規代理店でもある。

  • CY-AR6X47A-N5(ark)
  • CY-AR6X47A-N5価格:162,800円(税込)
    CPU:AMD RYZEN 5 2600X
    GPU:Radeon RX 580
    メモリ:16GB
    SSD:WesternDigital 250GB
    HDD:非搭載
    電源:550W 80Plus Gold電源

    公式

    RYZEN 5 2600Xを搭載している。AMDのコンビで非常に組み合わせが良い。メモリ16GB、SSD 250GB、電源550W 80PLUS GOLD認証と非常に構成も充実。AMDが好きだという方にとっては最高の一台だと言えるだろう。

    ————————————————————————————————————————

  • CY-IC6Z37A-FD(ark)
  • CY-IC6Z37A-FD価格:211,800円(税込)
    CPU:Intel Core i7 8700
    GPU:Radeon RX 580
    メモリ:16GB
    SSD:WesternDigital 500GB
    HDD:非搭載
    電源:550W 80Plus Gold電源

    公式

    Core i7-8700を搭載。CY-AR6X47A-N5よりもワンランク性能が上がっている。その他の構成は同じだ。CPU負荷の高いタイトルをプレイしたり、動画編集などゲーム以外でも使用する予定のある方におすすめだ。

    ————————————————————————————————————————

  • CY-AR6B35A-Co58B(ark)
  • CY-AR6B35A-Co58B価格:179,980円(税込)
    CPU:AMD RYZEN 5 1600
    GPU:Radeon RX 580
    メモリ:16GB
    SSD:500GB
    HDD:非搭載
    電源:550W 80Plus Gold電源

    公式

    RYZEN 5 1600と前世代のCPUを搭載している。このモデルより性能が上のCY-AR6X47A-N5より高いので選択肢に入れるべきモデルではない。ラインナップにあったので一応掲載しているが…

    ————————————————————————————————————————

あなたにぴったりのゲーミングPCを見つける

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7 5960X
メモリ16GB
電源ユニットCorsair 1200W PLATINUM認証
OSWindows 10 64-bit
参照元:AMD Radeon RX 580 8GB Review (tom’s HARDWARE)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ