gamingkagu画像引用元:https://www.bauhutte.jp/

当ページでは、ちょっと風変わりなゲーミング◯◯について紹介している。ここで紹介するのはゲーミングマウスやゲーミングキーボードのような一般的なものではない。ここで紹介するのは、例えばゲーミングソファ・ゲーミングベッド・ゲーミングメガネといった一風変わった製品だ。

え!?そんな製品あったの!?と思える遊び心のあるゲーミング◯◯をピックアップした。こだわりのゲーミング環境を作りたいと考えているゲーマーの方はぜひチェックして欲しい。SNSなどで注目を集めること間違いなしだ。もちろん中には実用性がないものもあるので適宜吟味していただければと思う。

最新のゲーミング◯◯一覧

ゲーミング◯◯ブランド驚き度価格
ゲーミングソファ(クッション)Bauhutte★★☆☆☆20,167円
ゲーミングソファCOUGAR★★★☆☆31,900円
ゲーミング座布団GBauhutte★★★★☆6,281円
デバイスウォールBauhutte★★★☆☆20,630円
ダメ着2020Bauhutte★★★★☆7,681円
ゲーミングベッドBauhutte★★★★★150,000円
電動ゲーミングベッドBauhutte★★★★★59,800円
ぼっちてんとBauhutte★★★★★9,281円
ゲーミングこたつヤマダ電機★★★★★15,180円
ゲーミングマスクRazer★★★★★国内未販売
ゲーミングメガネBauhutte★★★☆☆23,500円
ゲーミングお箸上海問屋★★★★☆580円
振動フィードバックデバイスGuitammer★★★★☆24,800円
ゲーミングクレジットカードRazer★★★☆☆国内未販売

まだわかる!?「ゲーミング◯◯」特集

ちょっと変わっている中でもまだあってもおかしくないかなと思えるものをまとめている。クッションやソファなど座る系が多いのが特徴だ。

ゲーミングソファ(クッション)

gamingcushion

ブランド価格公式HP
Bauhutte20,167円https://www.bauhutte.jp/

かなり大きなビーズクッションだ。サイズは幅約68cm×奥行き約72cm×高さ約64cmとなっている。床に座りながらまったりゲームをしたいユーザー向けだ。マイクロビーズを採用しているのでフィット感が強く快適にゲームプレイができる。インテリアとしてもおしゃれでおすすめだ。ヨギボーに似ている。

ゲーミングソファ

gamingsofa

ブランド価格公式HP
COUGAR31,900円https://www.milestone-eshop.com/

高級感のあるデザインが魅力のソファだ。非常に優雅で離れたくなくなってしまうかもしれない。ダイヤモンドチェックが高級感を演出している。95°~160°までリクライニングができるので、ソファの上で休憩することも容易に行える。デスクの使用が想定されていないことからPCゲーマー向けというよりは家庭用ゲーム機向けだと言える。

ゲーミング座布団G

gamingzabuton

ブランド価格公式HP
Bauhutte6,281円https://www.bauhutte.jp/

ゲーミングチェア向けの専用クッションだ。ゲーミングチェアの形に沿ったクッションでぴったり隙間を埋められる。固めの仕上がりでしっかりフィットする仕様となっている。長時間のゲームプレイを想定しているユーザーにおすすめだ。腰やお尻への負担を軽減してくれる。

デバイスウォール

devicewall

ブランド価格公式HP
Bauhutte20,630円https://www.bauhutte.jp/

ゲーミングデバイスのための収納スペースを簡単に構築できる。ヘッドセット・コントローラー・マウス・キーボードなどをキレイに収納できる。これを製品が必要なほどデバイスを所有しているユーザーがいるのだろうか。実用性はともかく夢のあるデバイスの一つだと言える。十分なデバイスがあればインスタ映えすること間違いなしだ。

ダメ着2020

damegi2020

ブランド価格公式HP
Bauhutte7,681円https://www.bauhutte.jp/

最高のゲーミング◯◯だと言える。ブルー、レッド、グリーンの三色から選ぶことが可能だ。洗濯機で丸洗いができたり、スマホ用のポケットが付いていたりと実用性が高い。1万円以下で購入できるならお買い得だと言わざるを得ない。夏場に使うのは厳しいが、冬場なら毎日着たくなるだろう。問題は郵便物が届いた時だ。

驚き度MAX!驚きしかない「ゲーミング◯◯」まとめ

ゲーミングベッド

gamingbed

ブランド価格公式HP
Bauhutte150,000円程度https://www.bauhutte.jp/

これはインパクト大だ。注意点としてゲーミングベッドという製品があるのではなく、いくつかの製品を組み合わせて作り上げる必要がある。ロングサイドテーブル、エナジーワゴン、ゲーミングソファなどを組み合わせてあなたにとって理想のベッド環境を作ることができるというわけだ。必要なものだけを購入すればそれほど費用は掛からない。

電動ゲーミングベッド

bauhuttedendou

ブランド価格公式HP
Bauhutte59,800円https://www.bauhutte.jp/

電動ゲーミングベッドは実用性の高いベッドだ。税込59,800円とリーズナブルなのではないかと思う。ゲームも睡眠もベッドの上で完結できる。アクセサリのベッドデスクを活用すれば食事を取ることも容易だ。廃人になってしまいそうなのが不安なところだ。

ぼっちてんと

bocchitento

ブランド価格公式HP
Bauhutte9,281円https://www.bauhutte.jp/

あなただけの秘密基地を気軽に構築できるアイテムだ。遮光性の高い生地を採用しているため中は薄暗く秘密基地を演出してくれる。天井部分もファスナーで開閉できる。ゲームだけではなく勉強や読書にも最適だと言える。兄弟で部屋を共有しているという方にもおすすめだ。収納袋付きで小さく畳めるのも嬉しい。

ゲーミングこたつ

gamingkotatsu

ブランド価格公式HP
ヤマダ電機15,180円https://www.yamada-denkiweb.com/

ゲームをプレイするためのこたつが登場した。主にカードゲームがメインとなる。カードスロット及びチップホルダー装備でごちゃごちゃせずにゲームに集中することができる。こたつ使用時における電気代の目安は1時間当たり4.8円と経済的だ。家族や友人と冬を乗り越えるのに最適だと言える。

ゲーミングマスク

Razer Zephyr

ブランド価格公式HP
Razer$99.99-$149.99https://www.razer.com/gear-accessories/

Razerから本格的なマスク「Razer Zephyr」が登場した。国内での販売はまだ未定だ。N95グレードのフィルター及びファンを搭載していてマスクとしての機能性が追求されている。医療用マスクとして販売されているわけではないので注意しよう。ウェアラブル空気清浄機と考えておくとよいだろう。内部LED搭載でRazerらしく光らせることが可能だ。もちろんRGBライトはカスタマイズができる。吸気ファンは高速及び低速を切り替えることができ最長5.5時間の駆動に対応している。USB Type-Cで充電することができる。ちなみに海外では販売後即完売となったようだ。

その他のゲーミング◯◯まとめ

ゲーミングメガネ

gamingmegane

ブランド価格公式HP
Bauhutte23,500円https://www.bauhutte.jp/

長時間のゲームプレイを支えてくれるメガネが登場した。福井県のメガネメーカーの「カズプランニング」との共同開発だ。ブルーライト38%カット、紫外線99%カッとゲーマーの眼を守ります。普段メガネをしていてヘッドセットをすると耳が痛くなって悩んでいる方には最高の製品だろう。問題は別途レンズ代が掛かることだ。

ゲーミングお箸

gamingchopstick

ブランド価格公式HP
上海問屋580円https://www.dospara.co.jp/

上海問屋から光るゲーミングお箸がリリースされた。とりあえず光る=ゲーミングというわけだ。価格は580円と比較的抑えられていてお試しでも購入しやすいのではないかと思う。レッド・イエロー・ブルー・グリーン・ホワイト・パープル・オレンジ・ピンク・ミントと全9色から選択できる。ボタン電池を使用している。持ち手に付いているボタンで光る。食事用に使用できるものの調理箸としては使用できない。

振動フィードバックデバイス

sindoudevice

ブランド価格公式HP
ButtKicker24,800円https://thebuttkicker.com/

ゲーミングチェアに設置することで音に合わせて振動を感じられる製品だ。より臨場感のあるゲームプレイが可能となる。レースゲームや映画視聴などにおすすめだ。Amazonから購入できる。

ゲーミングクレジットカード

razercardrgb

ブランド価格公式HP
Razerhttps://www.razer.com/

Razerがクレジットカードの発行を開始した。シンガポールでのみの提供となっているのは残念だ。VISAブランドを冠していて世界中で使用することができる。購入額の1%のキャッシュバックを受けられる。さらに、RazerStoreでの支払いでは最大5%のキャッシュバックを受けることができる。支払い時にRazerのロゴが光る粋な仕様となっている。ベータ運用中で本格的な導入はもうすぐ先になるだろう。

国内の第一人者はBauhutte(バウヒュッテ)!

企業情報

be-scompany画像引用元:https://www.be-s.co.jp/

企業名ビーズ株式会社
URLhttps://www.be-s.co.jp/
本社所在地大阪府東大阪市川俣1丁目14番33号
資本金1億円
設立1997年4月
取り扱いブランド バウヒュッテ(ゲーミング家具)
ディーオーディー(アウトドア)
ドッペルギャンガー(こだわり)
ダブスタック(ストリートスポーツ)
ブリッツァー(ダーツボード)
コックスフォックス(プラスワンアイテム)
ビースリーエス(Webシステム・アプリ開発)

企業の特徴

  • 企画力がすごい
  • 何より企業の企画力の高さには驚かされる。インパクトがありながら実用性の高い製品が続々と登場している。ゲーミングPCを新調したら次は関連製品だ。今後もどのような製品が登場するのか期待したい。

  • Twitterがおもしろい
  • バウヒュッテブランドとしてTwitterを運用(公式アカウント)している。様々なゲーミング環境構築のためのアイデアを得られるだろう。一般ユーザーとのコミュニケーションも豊富でゲーム好きの方なら楽しめるはずだ。

  • 採用に力を入れている
  • バウヒュッテブランドを運営している企業について知っている人はあまりいないかもしれない。これを機会にぜひ知って欲しい。このビーズ株式会社は採用にも力を入れていて勢いがあることがわかる。採用の特設ページを作っている企業は良い企業であると考えている。どのような会社なのか、どのような社員が在籍しているのか、どのような職種があるのかといったことを把握することが可能だ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya