hdd

当記事では、ストレージのパーティション分割及び統合について画像付きで解説している。パーティション分割という言葉を聞くとハードルが高く感じられるかもしれない。事実少し前までは一部のマニアックなユーザーの特権だったが、今はWindowsの管理ツールから簡単に行えるようになりより身近なものになっているように思う。

ただし、最近はBTOパソコンでもSSDが一般的になり容量がそれほど多くないためパーティションのカスタマイズは消滅している。ストレージの価格が下がり、複数のストレージを搭載しやすくなったのもパーティション分割が行われなくなった要因と言えるかもしれない。BTOメーカーのカスタマイズの項目にもパーティション分割の選択があるほどだったのだ。パーティション分割のメリット・デメリットについて詳しく見ていく。

パーティション分割とは

partition画像引用元:https://www.dospara.co.jp/

パーティション分割とは、パソコンに搭載されているHDDまたはSSDを内部的に2つに切り分けることをいう。上記ドスパラの画像がわかりやすい。通常1つのストレージのみを搭載しているパソコンにはCドライブしかない。Cドライブだけしかないと様々なデータを取り扱う上で不便さを感じてしまうこともあるだろう。例えば、システム・アプリケーション・動画/画像ファイルがごちゃごちゃになり管理がしづらくなってしまう。

パーティション分割を行えば仮想的にDドライブを追加できる。つまり、1つのストレージしか搭載していなくても2つのストレージがあるかのような状態になるわけだ。CドライブにはOSなどのシステムソフトを、Dドライブには動画や画像ファイルをといった形で分類できるようになる。

Dドライブを追加すると言っても、仮想的なのでストレージの総容量が増えるというようなことはない。内部的に分かれているだけだと理解しておこう。3TBの容量を持つHDDを1TBと2TBというように指定した容量ごとに分けるということだ。作業自体は管理ルーツから誰でも簡単に行えるので、あまりパソコンについて詳しくない方でも扱いやすい。

SSD採用が一般的なゲーミングPCではもう不要!?

galleriaxseries
最近のBTOパソコンではSSDのみのシングルストレージ採用が多くなっている。SSDの価格が下がったことでより実用性の高いSSDが採用されているということだ。HDDに比べるとストレージ容量がそれほど大きくないためパーティションを実施すると使いづらくなってしまう状況だ。1TB以上のSSDを搭載しているモデルであればパーティションのメリットはあるが、BTOメーカーでカスタマイズできるショップは少ない。

パーティションを実行するならHDDを追加してダブルストレージ環境を構築した方が利便性が高いだろう。ストレージが2つあれば実質パーティションをしていることと変わらない。しかも、ストレージが2つ以上ある場合は仮想的ではなく、総容量も増えているのでパーティションの必要性は薄れる。

デュアルストレージならSSDにシステムを、HDDに動画などのファイルを保存といった形で分けることができる。特にこれからゲーミングPCの購入を考えている方にとってはパーティション自体不要かもしれない。今後はBTOメーカーのカスタマイズでパーティションという項目が完全になくなる日が来るだろう。

パーティション分割のメリット&デメリット

ここではパーティション分割のメリットとデメリットを見ていく。具体的にパーティションの実施を考えている方は参考にして欲しい。

(+) システムと他のファイルを分けて保存できる

パーティション分割の最大のメリットはシステムとその他のファイルを分けて保存・管理できることだろう。2つのストレージがあることと同じだからだ。CドライブにOSやアプリケーションなどのシステムソフトを保存して基本的には触らないようにするのだ。動画や画像ファイルなど頻繁にアクセスするファイルはDドライブに保存しておくと管理がしやすくなる。

(+) 不具合発生時のリスクヘッジになる

もう一つのメリットとしては、パソコンの不具合発生時のリスクヘッジになるということだ。不具合などによってOSを再インストールすることになったとしてもC(OS保存)とDに分けていればCのみの削除で済む。Dドライブのデータは削除されないので、そのままデータを使うことができる。これがパーティション最大のメリットだ。

もし分かれていない場合は全てバックアップを取る必要がありかなりの手間と時間が必要になる。少しでもリスクを軽減するためにCはOSシステムを保存する場所で、Dはゲームやその他全てのものを保存する場所として分けておく必要がある。CにOSの容量と少し余裕を持たせたぐらいがよい。また、システムと保存領域を分けることでHDDの動作が安定し、処理速度の向上も見込めるのだ。

(-)お店に依頼する場合は費用が掛かる

パーテーションをすること自体に大きなデメリットはない。一つ挙げるとすればお店に依頼した時の価格面になる。ドスパラなどではオプションで料金を取っているが、明らかに高すぎる値段に設定されている。自分でも簡単にできるものなので、ショップには頼らずあなた自身で実行されることをお勧めする。

また、今はSSDやHDDの価格がかなり下落しているので、パーティションする代わりにHDDを1台追加するという選択肢もある。HDDあるいはSSDを2台搭載しておけば、パーティションしなくてもパーティション分割と同じ状態になる上に、熱などの物理的な破損からも助かる可能性が高くなるというメリットが生まれる。

パーティション分割手順【画像付き】

パーティション分割はお店に依頼すると数千円の費用が掛かってしまう。専門的な知識がいるのではないかと考えてしまうかもしれない。しかし、実は至って簡単でここで紹介する通りに行えばパソコンに全く詳しくない方でも対応できる。今回はWindows7でのやり方を紹介しているが、基本的なことはどのOSでも変わらないので応用していただきたい。

*画像ではボリュームZやGとなっている。ただ、どのボリュームでも出来るので気にしなくて良い。多くの人はボリュームCをパーティションすることになると思う。しかし、ZをそのままCに置き換えてもらったほうがわかり易いと思う。
  1. 左下のWindowsロゴをクリックし、スタートメニューを開き【コントロールパネル】を開く
  2. パーティションやりかたコントロールパネル

  3. コントロールパネルから【システムとセキュリティ】を選択する
  4. システムとセキュリティ

  5. システムのセキュリティから【ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット】を選択する
  6. パーティションやりかた3

    3.1【ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット】が無い場合は【管理ツールを選択】
    パーティション3.1

    3.2コンピューターの管理から記憶域内の【ディスクの管理】を選択する
    partition3.2

  7. パーティション分割したいHDDを選択し、右クリックから【ボリュームの縮小】を選択する
  8. パーティションやり方4

    選択後に、利用可能な縮小領域のボリュームを照会していますと表示される。ここでは少し時間が掛かってしまうこともある。

    パーティション待ち時間

  9. 縮小可能な領域を選択できるのでパーティションしたい容量を選択する
  10. パーティションやり方5

    Cドライブしか存在しない場合は1TBなら700GB~900GB程度にしておこう。システム領域として100GBあれば十分なので好みで選択。注意事項として、MB表記なので800GBの場合は800000としなくてはならない。
  11. 選択した容量分の未割り当て領域の確認を行う
  12. パーティションやり方6

    *分割容量を間違えた場合は【パーティションの統合】の項目を見て結合してやり直そう。
  13. 未割り当て領域を選択し、右クリックから【新しいシンプルボリューム】を選択する
  14. パーティションやり方8

  15. 新しいシンプルボリュームウィザードの開始、次へをクリックする
  16. パーティション9

  17. シンプルボリュームサイズに最大ディスク領域と同じ数値を打ち込む
  18. パーティションやり方10

  19. 任意のドライブ文字を選択する
  20. パーティション11

    画像ではGを選択しているが、A~Zまでのアルファベットで選択されていない文字を選べるため好みの文字を選択して構わない。
  21. パーティションのフォーマットは規定値のままで行う
  22. パーティションやり方12

  23. 新しいシンプルボリュームウィザードの完了画面で”完了”をクリックする
  24. パーティション13

  25. フォーマットを自動で行い、終了後に選択したボリューム内に新しいボリュームが追加されている。これでパーティションは完了だ
  26. パーティションやり方14

  27. スタートメニューからコンピューターを選択し、追加されていることを確認する
  28. パーティション15

以上で終了だ。初めてでも30分も掛からない!お疲れ様。かなり簡単だということがわかっていただけたかと思う。こんなに簡単な作業でもショップに依頼すると数千円取られてしまう。予算を抑え、かつパフォーマンスの向上やデータを守るためにもハードディスクなどを一台しか搭載していないパソコンでは行っておいたほうが良い。

パーティション分割自体行わなければダメというわけでもないので、いざという時のための備えとして頭の片隅にでも置いておきたい。一番最初にも記載したが、ZやGはこのパーティションの説明のために作ったドライブなのでアルファベットは人によって違うと思われる。多くの人はシステムボリュームがCに割り当てられているので、ZをCと置き換えてもらったほうがわかりやすいかもしれない。

パーティション統合手順【画像付き】

パーティションを間違ってしまった方やCにシステムパーティションでDを作ってて今回新しくHDDやSSDを増設した方などが対象だ。

パーティション分割で割り当て容量を間違ってしまった人は1~4の項目は飛ばしても構わない。*画像ではボリュームZやGとなっているが、どのボリュームでも出来るので気にしなくて良い。
  1. 左下のWindowsロゴをクリックし、スタートメニューを開く
  2. 統合1

  3. スタートメニューからコントロールパネルを開く
  4. コントロールパネル選択

  5. コントロールパネルから【システムとセキュリティ】を選択する
  6. システムとセキュリティ

  7. システムのセキュリティから【ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット】を選択する
  8. パーティション設定

    *【ハードディスクのパーティションの作成とフォーマット】が無い場合は【管理ツールを選択】する。管理ツールを選択した場合の流れを解説していく。

    4-1 管理ツールから【コンピューターの管理】を選択する
    コンピュータの管理

    4-2 コンピューターの管理から記憶域内の【ディスクの管理】を選択する
    ディスクの管理

  9. 統合(削除)したいボリュームを選択し、右クリックから【ボリュームの削除】を選択する
  10. ボリュームの削除

    *今回は画像で言うとZとGを統合し、Zとして1つのボリュームにする。同じボリューム内でしか統合は行えないので注意。また、統合される側(G)のデータは全て削除されるため、必要であればバックアップを取っておこう。
  11. 削除について質問されるが、合ってるかの確認の後”はい”を選択する
  12. 削除確認

  13. 削除されたボリュームは未割り当て領域として表示されるので確認する
  14. 未割当領域確認

  15. 統合するボリューム(Z)を選択し、右クリックから【ボリュームの拡張】を選択する
  16. ボリュームの拡張

  17. ボリュームの拡張ウィザードが開始されるので”次へ”を選択する
  18. 拡張ウィザード

  19. 未割り当て領域が選択されている状態となっていると思うのでそのまま”次へ”を選択する
  20. 未割当確認

  21. ボリューム拡張ウィザード完了画面が表示されたら”完了”をクリックして終了する
  22. 拡張ウィザード確認

  23. ボリュームGとボリュームZが統合され、ボリュームZのみになっていれば問題なく統合されたということを確認する
  24. 統合最終確認

当記事のまとめ

パーティション分割とは、仮想的にSSD/HDDのストレージを分けることを言う。パーティションを行うことでOSのインストール場所と画像・動画・アプリケーションのインストール場所を分けることが容易になる。結果的にリスク管理が行いやすいというメリットがある。

今はSSDやHDDの価格が落ちていることから2つあるいは3つ搭載することも珍しくなくなった。ストレージ自体が多ければパーティション分割の必要性は薄くなる。ストレージ価格の下落によって今後はパーティション分割という言葉自体なくなってしまうかもしれない。

パーティションを行うこと自体にはメリットしかない。デメリットを挙げるとすればショップに任せるとお金がかかるという点だ。仮にパーティションを行うなら、注文時に行うのでなく、自分で行ったほうがいいだろう。当サイトでは自分自身で行うことを推奨する。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya