windows10

当記事では、ゲーミングPCにおけるOSの選び方や各OSの特徴について解説している。Windows 7やWindows 8など過去のOSを使っている方向けのコンテンツだ。

これからOS搭載のゲーミングPCの購入を考えている方はWindows 10の一択となる。特にBTOメーカーでは、Windwos 7や8は選べないのでOSのことを考える必要はない。

Windows10が基準になる!Win 10を選ぶ理由&メリットまとめ

win10
画像引用元:https://www.microsoft.com(マイクロソフト社HP)

実質Windows 10以外の選択肢がない

パソコンを新しく購入する際はWindows 10以外の選択肢が無い。Windows 10あるいはOS非搭載モデルのいずれかの選択となる。最新のOSで最後のOSと言われている。今後は有料を含むアップデートが繰り返されて進化していく。

現時点でWindow 7やWindow 8を使用しているユーザーは無料でWindows 10にアップグレードすることが可能である。アップグレード方法は簡単で、Microsoftのホームページ(公式HP)からツールをダウンロードしてアップグレードを適用するだけだ。

ゲームとの相性が良い

最後のOSというだけあって、今後のタイトルはWindows 10を基準に開発されていくだろう。OSの負荷も考えると現在はWindows 10がゲームをプレイする上で最も適したOSである。特に最新のタイトルではWindows 10のみを推奨環境としているものもある。

2020年に入ってWindow 7のサポートが終了した。それに伴い推奨環境にWindows 10が入っていないゲームでも、ほとんどの場合互換性があると考えて良い。当然ゲーム側も最新のOSに対応しなければユーザーが激減してしまうことになるので当然だろう。

Windows 10は、サポート期限がバージョン毎に設定されているので、長く使用できるOSであることは間違い無い。当サイトではWindows 10 が登場した当初、Windows 7を推奨していた。それは古いゲームやツールがWindows 10に対応していなかったことが要因だ。特に基本無料系のゲームはWindows 10への対応が遅れていた。そういう事情もあって最新であってもゲーミングPCを紹介する以上、おすすめしにくい状況だった。

現在はほぼ全てのゲームがWindows 10に対応している。更新が終了したゲームなどは一部対応していない。互換性自体はあるので自己責任でプレイということになる。Windows 7、Windows 8からの無償アップグレードが可能である点からも、Windows 10を選ぶ上でデメリットは無いだろう。

パフォーマンスが高い

Windows 10は総合的にパフォーマンスが高い。具体的にはパソコン作業を行う上でカクつきにくくフリーズしにくいという特徴がある。ゲームプレイにおいて非常に重要な要素である。Windows 10は過去のOSに比べて必要なストレージ容量が少ない。それだけではなく、パソコンに掛かる負荷も軽めとなっている。

負荷が軽いのでアプリやWEBが快適に操作することが出来るということだ。これは大きなメリットの一つだと言える。デスクトップ画面が簡素な造りになった恩恵もあるだろう。ゲームだけではなく、パソコン操作全般でストレスを感じにくくなった。

OSの変更は一大決心が必要となるかもしれないが、Windows 10は登場から5年近く経過している。そのため、Windows 10に変更して使用できないアプリやゲームがあるというようなことは考えにくい。快適性が上がるなどのメリットはあってもデメリットは少ないと言えるだろう。

現在、多少の不具合はある。例えば、矢印キーで操作するとマウスカーソルも同じ動きをするなどだ。ただし、それらは再起動することで解消されるので、重大な不具合は残っていない。マイクロソフトは世界的にも評価の高い企業だ。そのような企業が重大な不具合を放置しておくとは考えられない。

セキュリティ面で安心

随時優先的にアップデートされるということは、当然セキュリティ面も強固になるということだ。パソコンは常にウイルスなどの脅威にされされているが、マイクロソフトが徹底して対応してくれるので、何も考えずに安全に使用することができてユーザーの心理的な負担は軽減する。これだけでWindows10を選ぶ十分な理由になるだろう。

Windows 10に標準搭載のWindows Defenderは一般的なセキュリティソフトよりも優れた部分がある。こういった面でセキュリティに関しては最新であることが大きい。悪意あるプログラム等、最新の情報を得てすぐに適用してくれる。これはどんなセキュリティソフトを使用するよりも重要なことだ。オンラインで銀行やSNSにアクセス出来る時代にセキュリティはしっかりしておくに越したことはない。個人情報の流通というリスクが限りなく0に近づくのが最大のメリットと言える。

Windows 7などの過去のOSのメインストリームアップデートが終了している。現在Windows 8に適用されているのは延長サポートでしかない。古いOSは、優先的にアップデートが適用されるWindows 10よりも脆弱性が気になる。

サポート期限が長い

Windows10は最新のOSなので、当然サポート期限も長い。Windows 10はこれまでのOSと異なるサポート期限が設けられている。Windows 7など以前のOSはOS単位で何年何月何日までと定められていた。Windows 10はアップデートを適用したバージョン単位でサポート期限が設けられている。そのため、現在でもWindows 10自体のサポート期限は設定されていない。

注意点としては、Windowsアップデートを一切適用しないままでいるとバージョンのサポートが終了してしまうことがある。定期的なアップデートを忘れず行っておきたい。OSの方向性を変更する可能性は否めない。最後のOSの次が登場するかもしれない。

そうなった時でも、過去の期間から考えると2026年までは使用できるだろう。現在最新のOSである以上、最も長く使用出来るのは当然ながら大きい。長期政権を担う可能性の高いWindows 10を使用することに目立ったデメリットは無い。

各OSのサポート期限一覧

  • Windows 8.1 2023年1月10日
  • Windows 7 2020年1月14日

各OSとゲーミングPCの相性検証【2020年】

ここではWindows 10以外のOSとゲーミングPCの相性を見ていこう。具体的にはWindows 7、Windows 8.1、Mac OSの3つだ。これらのOSの導入を検討している方はぜひ参考にして欲しい。

Windows 7

win7
画像引用元:https://www.microsoft.com(マイクロソフト社HP)

Windows 7は、現在サポートが終了している。2019年までは最も人気の高いOSだった。Windows 10が登場してもWindows 7搭載モデルが主流だったことからも分かるだろう。ほぼ全てのゲームやツールに対応していたこと、64bitが一般的になった時のOSだったことも影響している。また、買い替えに関しては、これまでと同じ環境で使用できたのも大きい。

サポート終了とWindows 10のユーザビリティ改善、ほぼ全てのゲームへの対応が完了したということもあってWindows 7の存在意義が失われて結果的にWindows 10が主流になった。現在はセキュリティの面でもWindows 7の使用を推奨することはない。早急に無償アップグレードを適用し、Windows 10にアップグレードするべきだ。

Windows 7で使用できたツールやソフトは、Windows 10でも使用出来るようになっている。互換性の高さからもWindows 7を無理して使用し続けるメリットは無い。また、Windows 7のプロダクトキーはWindows 10でも使用できるので、その点も安心だ。

Windows 8.1

win8
画像引用元:https://www.microsoft.com(マイクロソフト社HP)

現在使用出来るもう一つのWindowsがこの8だ。ゲーミングPCでは非常に不評で、搭載モデルの取り扱いも一瞬で無くなった。ゲーム用途に最適でないのは、UIの仕様だろう。タブレットには適していても、デスクトップでゲームをプレイするには扱いにくかった。

登場時からゲーム向けという認識は薄い。一部のゲームではWindows 8だけを除いた推奨環境が設定されている。Windows Vistaには対応していてもWindows 8には対応していないものもあった程だ。優れたOSやゲームに適したOSは2世代毎に登場すると言われる不名誉な原因を作ったOSでもある。そのため、XP、Win7、Win10が優れたOSとして評価されている。実際には賛否あり、正しい情報ではない。

現在でもWindows 8は推奨環境どころか、対応OSに含まれていないタイトルも存在する。もちろんプレイ自体は可能である。ただ、Windows 8を使用して遭遇した不具合には対応してくれないなどの弊害がある。できることならWindows 10にアップグレードしておく方が良いだろう。

また、ゲームをメインにするユーザーには不要な機能も多い。それらが負荷を高め、ゲームやアプリに負荷が掛かった状態になっていた。Windows 8.1になり、UIや負荷が大幅に改善された。しかし、これまでのイメージが悪すぎたことで、デスクトップPCでは普及しなかった。ノートパソコンでは一般的なOSで、タッチパネル採用等で活かされていた。Windows 10登場後は価格を下げるなどで対応していた。

用途を限って言えばWindows 8は非常に優れたOSである。様々な機能を搭載したことで次世代のOSを体現した。それらの機能が必要だったかは別として、Windows 10の完成はWindows 8があってこそだ。試金石のように、様々なことに挑戦していた。その機能性が受け入れられたのはノートタイプであり、一般ユーザーである。ゲーマーは不要な機能によるゲームの阻害にストレスを抱えていた。

Windows 10の使用感はWindows 7よりもWindows 8の方が近い。Windows 8ユーザーならすぐに馴染むことが出来るだろう。Windows 8に留まり続けるメリットは薄い。もはやリスクと言えるところまで来ているのではないだろうか。ゲームやアプリを使用するならWindows 10へのアップグレードを行わない手は無い。

Mac OS

macos
画像引用元:https://www.apple.com/jp/(Apple社HP)

最後にMac OSについても少しだけ触れておこう。本来はここで取り扱うべきでは無いだろう。しかし、気になるユーザーもいると思うので当サイトの見解をまとめておく。Macに対応しているゲームは非常に少ない。

そのため、ゲーミングPCとしての選択はおすすめしない。有名なタイトルや人気のタイトルでもほとんど対応してない。フォートナイトなどの負荷の軽いゲームやスマートフォンに展開されているようなゲームには対応しているくらいだろう。グラフィックボードを搭載しにくいなど理由はあるだろう。

根本的なことを言えば、ゲームをプレイすることを想定した造りになっていない。それは性能や排熱などゲームをプレイする上で不利になるということだ。Mac OSでゲーミングPCを構築するなら、Windows 10搭載のゲーミングPCを購入した方が良い。

PUBG推奨スペック
pubgos
画像引用元:http://pubg.dmm.com/(DMM公式)

人気タイトルであるPUBGの推奨スペックを引用しておいた。OSの欄にMacの記載はない。他のほとんどのタイトルが同様だ。FF14などほんの一部のタイトルではMac版が用意されていることもある。Mac OSだからゲームがプレイできないというよりも、ゲームに必要な性能を備えていないというのが根本にあるのだろう。

ゲームプレイにおけるOS選びのよくある疑問

32bitと64bitの違いは?

OSの種類Windows 10 32bitWindows 10 64bit
最小メモリ容量1GB2GB
最大メモリ容量4GB128GB / Pro 2TB 
ストレージ上限2TB以下2TB以上
(理論上144000TB/144PB)

最初に結論を言っておくと、ゲームをメインにする場合は64bitの選択を推奨する。32bitと64bitの主な違いは上記の通りだ。32bitと64bitには大きな違いがある。最も影響を受けるのはメモリ容量だ。

ゲームの推奨環境に8GBや16GBを求められることが珍しくなくなっている。この状況で32bitを選択することは、それだけでプレイ出来るゲームを大幅に制限してしまうことになるのだ。そういった影響もあって、多くのゲームの推奨環境には64bit OSと記載されている。

では64bitは32bitの上位互換なのかと言うとそうでもない。32bitにも役目はある。主にビジネスモデルなど、性能が控えめなパソコンには非常に有用だ。まず、性能が控えめであるパソコンに64bitを搭載すると、システムにリソースを割いてしまう。また、古いソフトは64bitで正しく動作しないこともある。

限定的な目的が主なパソコンでは64bit OSを搭載することはデメリットになる。例えば、2GBのメモリに500GBのストレージを搭載した低スペックなノートパソコンなどがそれにあたる。ハイスペックが求められるゲーミングPCでは64bitが必須だ。

簡単にまとめると、用途と搭載するメモリ容量に依存する。4GB以下なら32bitでも問題無い。4GBを超えるメモリを搭載するなら64bitを選択しなくてはならない。仮に32bitで4GBを超えるメモリ搭載しても実質3GBしか認識しない。(3GBスイッチを有効にすることで4GBまで認識)

ビジネスモデルは古いアプリやソフトに対応出来たほうが良いので32bitを選択したりもする。ゲームでは何があろうと64bitを選択して欲しい。BTOショップも以前は32bitが選択出来ていた。今ではゲーミングPCに限り64bitのみ選択出来るのが一般的だ。

HomeとProのどちらが良いのか?

Windows10にはHomeとProの二種類がある。これらは機能的に違うものだが、どちらを選んでも問題ない。Homeは一般の消費者向けで家庭用のパソコンで使用されることが多い。一方、Pro版はビジネス向けのモデルということでビジネスに便利な機能が備わっている。例えば、BitLocker、Remote Desktopなどが代表的だろう。これらの機能が必要なのであれば選ぶと良い。

ゲーミング用途ではHomeもProも影響は何も無いのでHomeの方が安価に選択できておすすめだ。Windows 7は16GBを超えるメモリを搭載するにはHomePremiumの上位のProffessionalが必要だった。Windows 8からどのグレードでも128GBは搭載できるので好みの選択で良くなった。

当記事のまとめ

当記事では、ゲーミングPCにおけるOSの選択及び各OSの特徴について解説した。2020年時点ではWindows 10がベストな選択だということは間違いない。これはゲームとの相性が良いことやセキュリティ面で安心だという理由が大きい。

ゲームを主体とするゲーミングPCではMacを選択することは出来ない。ゲーミングPCではWindows 10を選択することになる。グレードも一番下のHOMEで十分な機能性がある。そのため、現在はOSの選択肢は無いと言える。Windows 8やWindows 7を使用しているユーザーはWindows 10へのアップグレードや買い替えの参考にして欲しい。どちらのユーザーにも扱いやすいユーザーインターフェースになっているので直感的に使用出来るだろう。

ゲームもほぼ全てWindows 10に対応している。今ではWindows 7やWindows 8に対応していないゲームのほうが多いのではないだろうか。32GBを搭載することで配信や高解像度への安定に繋がる。Windows 10は一般的であり、前提のOSになりつつある。

合わせて読みたい記事一覧

  • OSとは | パソコンパーツの基礎
  • OSとは何かなど基本的なことを知りたい方向けのコンテンツだ。ゲームというよりもっと広範な意味でのOSについて解説している。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

サイトのトップに戻る