HouseFlippertop

当記事では、House Flipper推奨のゲームパソコンの紹介をしている。ページの下部で「House Flipper推奨おすすめゲーミングPC」をまとめているので、ぜひ参考にして欲しい。

House Flipperの動作&推奨スペック

houseflipper画像引用元:https://store.steampowered.com/

最低環境

OSWindows 7 64bit以上
CPU Intel Core i3 3.20GHz以上
メモリ4GB
GPUNVIDIA GeForce GTX 560以上

推奨環境

OSWindows 10 64bit
CPUIntel Core i5-8400以上
メモリ8GB RAM
GPUNVIDIA GeForce GTX 970以上

ゲーミングPC徹底解剖サイトの検証推奨スペック

CPU:Core i5-11400/Corei 5-10400以上

比較的ゲーム規模は小さいながら、環境や周囲が作り込まれていることやFPS視点で進むこともあってかCPU負荷が高めだ。Core i5-11400搭載のゲーミングPCなら標準設定以下で快適にプレイすることができる。

あまりゲームに影響しない最高設定でのゲームプレイはCore i7-11700/Core i7-10700以上が必要となるほど要求スペックは高い。これは最適化の問題もありそうなので今後のアップデートに期待しよう。

メモリ:8GB以上

様々な場面における負荷がハイエンドなゲーム並に高い。それでもメモリ消費はまだ軽いので8GBもあれば十分フォローできる。高解像度でのゲームプレイは16GBが必要となる可能性もある。8GB=標準設定を基準に考えたい。もっとも8GB搭載モデル自体珍しい時代になっているが…

グラボ:GeForce GTX 1660 以上

グラフィックの要求スペックも高めで現行であればGTX 1660以上は必要となる。最高設定+120hzのゲームプレイともなるとGTX 1660 SUPERやRTX 3060も視野に入れなくてはならないほどだ。ゲーム規模の割に要求スペックが高めになっているのでハイクラスを試すにもちょうどよいゲームと言えるだろう。

House Flipper向けおすすめのゲーミングPC

GALLERIA RM5C-G60(ドスパラ)

GALLERIA RM5C-G60S価格:109,980円(税込)
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:550W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

ドスパラの低価格帯を支えるモデルとなっている。グラフィックボードにはGTX 1660を搭載し性能面ではかなり余裕がある。メモリ容量やCPU性能も十分だ。高リフレッシュレートや高設定でのゲームプレイには最低限これぐらいの性能が必要だ。また、高解像度を始め、性能が不足する可能性も十分にあるのでフルHD+標準設定くらいを基準としたゲームプレイに最適だと言える。今後のアップデートで最適化が進み余裕が出てくるまではこのくらいの性能が標準として必要になる。

GALLERIA XA7C-R37T 第10世代(ドスパラ)

GALLERIA XA7R-R37T価格:229,980円(税込)
CPU:Core i7-10700
GPU:GeForce RTX 3070 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:700W 80PLUS GOLD

公式サイトFRXN710/WS3詳細

当サイトでも売れ筋のゲーミングPCだ。フルHD+最高設定+高リフレッシュレートでのゲームプレイにはかなり余裕を持ったこのくらいの性能はあったほうがよいだろう。ややオーバースペック気味となるがゲームの最適化の問題もあってか、この性能でも高リフレッシュレートはやや安定せず、かくつきを感じることもあるほどだ。スムーズなゲームプレイはそれなりの性能を擁するのでハイクラスであるGALLERIA XA7C-R37Tの性能も無駄にならない。他のゲームも楽しみたいなら選んで後悔はしないはずだ。

House Flipperの概要とゲーミングPC選びのポイント

フルHDでなく、ウィンドウモードでのゲームプレイで作業をしながら軽くプレイするというプレイスタイルもある。その際は解像度を少し下げることで負荷を大幅に軽減することができる。じっくりとフルHDで遊ぶ場合は推奨環境を上回る性能を用意しておくほうが安定する。

家をリフォームするというゲームであるHouse Flipperの自由度はそこまで高くない。割とできることは制限されている中で、ここまで負荷が高くなる理由は最適化が不十分であるとしか考えられない。その最適化に対抗するには性能がいくら高くても限界があるため、快適性を高めるためには解像度を下げるというのが手っ取り早い。

家の壁を壊す時や家の中を移動するときに負荷がかかるところを見ると、移動や破壊のできるオブジェクトが大量に存在している状態がもっとも負荷が掛かる。グラフィックボードの性能よりもCPUの性能が重要であり、多少カクついたところでゲームプレイの障害になりにくいので妥協するのも一つだ。

独特な負荷のかかり方をするHouse Flipperはそれなりに細かく設定を変更することが可能である。よって、公式の最低環境に合わせた性能でもプレイ自体は可能だ。この辺りはゲーム性を楽しむことを重視したプレイスタイルであれば問題ないだろう。現行のハイエンドでも負荷は感じるので完璧を求めず、まずまずを求めたほうが精神衛生上良いだろう。

大きな敷地を持つ家のリフォームは様々な場面で負荷を感じるものの、断続的に負荷がかかるというよりも一時的にフレームレートが下がる程度である。スムーズにプレイするにはそれなりの性能が要求され、妥協すれば現行のローエンドクラスでも十分対応できるほど幅広い。自分の思うままに楽しめるゲームであり、負荷がゲーム進行の障害にならないので、多少の負荷を受け入れるほうが良いように感じる。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

動画

関連外部サイト