Lightning AT5top


当記事では、ドスパラのビジネスモデル「Lightning AT5」の詳細レビューをまとめている。ビジネスモデルだが、グラフィックボードが搭載されていてドスパラもゲーミングPCのラインナップに入れているため当サイトでも取り扱っている。

ついにGTX 1660 SUPER搭載モデルであるLightning AT5が復活した。まさかの3万円引きが適用となり評価は大幅アップとなっている。税込み10万円以下のモデルでは最強の一台だと言える。在庫処分的な立ち位置である可能性が高く急いで購入した方がよいだろう。下記はその時につぶやいたものだが、結局価格は戻ってしまった。コストパフォーマンスは大きく低下することになった。

Lightning AT5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AT5
価格Windows 10 / 128,980円(税込)
CPURyzen 5 3500
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★☆☆☆☆☆☆ 3.5

>>Lightning AT5を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
144Hz
フォートナイト
60Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★★★☆☆
fortnite
★★★★★

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Lightning AT5seinou

Lightning AT5はRyzen 5 3500とGTX 1660 SUPERを搭載したロークラスのモデルだ。CPU性能とGPU性能は控えめながら、バランスは取れている。本格的なゲームプレイは苦手でも、設定を下げれば意外と快適にプレイできるゲームも多い。CPU負荷を下げる設定が効果的だ。よくて120Hz程度の高リフレッシュレートへ対応できる。ただ、基本は標準となるので、高リフレッシュレートも前提にしない方がよさそうだ。

Lightning AT5のゲーミング性能

Ryzen 5 3500(CPU)

ryzen53500seinou

Ryzen 5 3500は、第3世代RyzenシリーズのエントリークラスCPUとなっている。6コア6スレッドとAMD製CPUとしてはそれほどスペックが高いわけではない。それでもCore i5-10400などの競合モデルよりも性能は高い。このCPUの特徴は価格の安さにある。最低限必要な性能を持ち価格が安いということだ。

動画編集やRAW現像をがりがり行うことは苦手だが、それほど負荷の掛かるファイルを取り扱わなければ対応できる。ゲーミングCPUとしては最低クラスの性能に留まる。総合性能では上回ってもIntel Core i5-10400よりも劣ることを理解しておこう。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

gtx1660superseinou

GTX 1660 SUPERは、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。在庫状況が不安定で今でも入手が難しいモデルとなっている。その代わりにGTX 1660搭載モデルが増えていたが、やはり性能を考えるとGTX 1660 SUPERの方が好ましい。RTX 2060との差は23%程度とやや大きい。大きな壁があると考えてよい。

ローエンドクラスとして必要十分なモデルだと言える。前世代のGTX 1060 6GBと比べても余裕がある。およそ15%も性能が向上している。設定調整を行えば最新のタイトルでも対応することが可能だ。次世代モデルが登場している中で安く購入できる最後のチャンスだと言えるかもしれない。

>>Lightning AT5を購入<<

Lightning AT5の特徴&強み

タイミング次第では有力な選択肢となる

Lightning AT5は古くて性能が控えめなRyzen 5 3500と型落ちのGTX 1660 SUPERを組み合わせたモデルだ。性能は当然高くない。ゲームも作業も物足りなさがありそうだ。また、価格はあまり変わっていないことからおすすめしにくいモデルでもある。それでも、GTX 1650よりも高い性能を有するGTX 1660 SUPERを搭載して12万円台のモデルというのも珍しい。

真っ向から比較できるモデルは限られているだろう。予算次第では選択肢に入ることもあるかもしれない。もう少し予算に余裕があれば、ゲームをプレイしやすいワンランク上のモデルを選ぶことができそうだ。そんな絶妙とも言える価格設定がLightning AT5の特徴と言える。予算ギリギリであるなら他に選択肢が少なく、もう少し予算があっても劇的な変化があるわけでもない。

それなら価格を抑えられるLightning AT5もメリットのある選択肢になりそうだ。この絶妙な価格設定はキャンペーンやセールで活きる。最近はあまり見ないが、Lightningシリーズも価格が動きやすい。ここから5,000円程度の値引きなら十分期待できる。タイミング次第では1万円も考えられる範囲だろうか。もしも、11万円台になれば、比較対象の多くはGTX 1650搭載モデルになる。

たとえCPUがエントリークラスのRyzen 5 3500搭載でも、GPU性能で大きくリードできるので強みになる。選択するタイミング次第では化けるというのは、ドスパラのモデルに見られる特徴でもある。128,980円の状態では少しおすすめしにくい。万が一今後現在の価格から下がり、125,000円を下回ると評価は一変する。候補に加えているなら、価格が変化するのを待ってみてもいいかもしれない。もちろん、値上げの可能性もあるので判断は難しい。

用途によってはあり

Lightning AT5を選択する時に気をつけてほしいのは、性能が低くて思い通りのゲーム体験を得られない可能性があることだ。。性能をどこまで理解しているかによって、有用なモデルか後悔するモデルか分かれる。一般的な作業であれば十分事足りる。少し古めのゲームや設定を下げてのゲームプレイであれば対応できる性能だ。最新のゲームを最高設定でプレイするようなことを想定していると必ず後悔する。

専門的な作業を中心にするのにも適していない。あまり性能が高くなくても、それで事足りるようなゲームプレイやスタイルであれば問題ない。それは作業にも言えることだ。もっとも、GTX 1660 SUPERを搭載したモデルをチェックしている時点で、ゲームプレイも用途にあるはずだ。ここではゲームプレイを中心に考えている。例えば、Minecraftやフォートナイトのように、要求スペックは低くても人気のゲームタイトルをプレイするなら十分だ。

一方で、同じく人気タイトルながら要求スペックの少し高いApex Legendsや、かなり要求スペックの高いエルデンリングを快適にプレイすることは難しい。新作をメインに考えているなら絶対に避けるべきだ。学校の友だちなどとフォートナイトやMinecraftを中心に遊ぶなら選択肢に入るのでおすすめだ。

ただし、そういった用途でも、先々要求スペックの高いゲームをプレイしたくなるかもしれない。特に友達とプレイしていると、様々なゲームに出会っていくはずだ。その時に性能が足りずに自分だけプレイできないという状況は喜ばしくない。選択する際は、あまり性能が高くないということがデメリットになるか、ならないかが重要だ。Lightning AT5は想定している用途で事足りるだろうか。

>>Lightning AT5を購入<<

Lightning AT5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumen
ぱっと見るとわかるとおりケースからはゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用途のパソコンと考えた方が良いだろう。見た目も重視したい方は避けるべきだろう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right本体の右側は何もなくシンプルだ。一般的なパソコンそのものだと言える。

左側

Lightning AH5-left左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。ミドルクラスの性能なら不安は何もない。

内部

Lightning AH5-insideかなりすっきりとした中身となっている。GTX 1660自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflowエアフローの流れをまとめている。すでに書いたサイドと前面から空気を取り入れてファンの力を借りて後方に熱い空気を排出する。

>>Lightning AT5を購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名LightningGALLERIA
イメージLightning AH5galleriarseries
製品名AT5RM5R-R35
価格128,980円(税込)134,979円(税込)
CPURyzen 5 3500Ryzen 5 3600
GPUGTX 1660 SUPERRTX 3050
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 500GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE650W BRONZE
チップセットA520A520
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象は同じドスパラのゲーミングPCであるGALLERIA RM5R-R35だ。CPU性能、GPU性能がワンランクアップし、ゲーム性能は非常に向上する。価格は6,000円ほど高くなるが、予算に余裕があるならこちらの方がおすすめだ。
ケースデザインもゲーミングPCらしくなるので見栄えもいい。性能の伸びはそれほどではないかもしれないが、6,000円で到達できるなら十分なものだ。これなら設定次第では最新のゲームタイトルにも対応できる。CPU性能はあまり高くないが、実用性を考えると最低限+αだ。届くならGALLERIA RM5R-R35をおすすめしたい。

管理人による総評(Lightning AT5)

Lightning AH5

Lightning AT5は、Ryzen 5 3500×GTX 1660 SUPERを搭載したビジネスモデルとなっている。一時的に3万円の値引きが適用となり評価が上がっていたが、価格が戻り平凡な評価になった。GTX 1660 sUPER搭載モデルで税込12万円台はまずまず価格が抑えられているが、コストパフォーマンスはそれほど高いわけではない。CPUについては妥協が見られるからだ。

基本的には比較対象モデルを確認しておくとよい。枠組み的にはビジネスモデルとなるが、グラフィックボードを搭載しているためゲームプレイに対応することが可能だ。フルHD環境で設定を調整することが前提となる。メモリ16GBモデルを選択しておけばある程度安心してゲームができるだろう。

価格CPUグラボ
128,980円(税込)Ryzen 5 3500GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Lightning AT5を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。