Lightning AT5top


当記事では、ドスパラのビジネスモデル「Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデル」の詳細レビューをまとめている。ビジネスモデルだが、グラフィックボードが搭載されていてドスパラもゲーミングPCのラインナップに入れているため当サイトでも取り扱っている。

ついにGTX 1660 SUPER搭載モデルであるLightning AT5が復活した。税込119,980円と価格が抑えられていて評価はまずまずだ。Ryzen 5 4500はそれほど性能が高いわけではないので、その点は理解しておこう。同時にCore i5-12400搭載モデルを確認しておくとよい。

Lightning AT5のスペック解説

Lightning AH5

ブランド名Lightning
製品名AT5
価格119,980円(税込)
CPURyzen 5 4500
グラフィックボードGeForce GTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GB
HDD非搭載
電源500W BRONZE
マザーボードチップセットA520
コスパ★★★★★☆☆☆☆☆ 5.3
おすすめ度Bランク

>>Lightning AT5を購入<<

各タイトルの対応表

Final Fantasy 14
4K
Apex Legends
144Hz
Apex Legends
60Hz
フォートナイト
240Hz
フォートナイト
144Hz
ff14suisyou
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★☆☆☆☆
Apex-Legends
★★★★☆
fortnite
★☆☆☆☆
fortnite
★★★☆☆

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

Lightning AT5seinou

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルはRyzen 5 4500とGTX 1660 SUPERを搭載したミドルクラスのモデルだ。CPUとGPUのバランスは取れているが、性能は最高設定や高解像度に適したものではない。ただ、性能さえ理解していれば、Apex LegendsやFortniteも快適にプレイできる。設定次第では144Hzのモニターでも快適にプレイ可能だ。最新のゲームも設定を下げれば対応できるので、エントリークラスとしては十分な性能と言える。

Lightning AT5のゲーミング性能

Ryzen 5 4500(CPU)

Ryzen 7 5700X22,789
Core i5-1240022,546
Ryzen 5 5600X20,616
Core i7-1170020,009
Ryzen 5 560019,765
Ryzen 5 550018,262
Ryzen 5 3600X16,117
Core i5-1140016,019
Ryzen 5 360015,975
Ryzen 5 450015,380
Core i3-1210011,415
Core i5-104009,979
Ryzen 5 35009,708
Core i3-101006,652
Ryzen 5 4500は、第4世代RyzenシリーズのエントリークラスCPUとなっている。6コア12スレッドとAMD製CPUとしてはそれほどスペックが高いわけではない。それでも旧世代のCore i5-10400などの競合モデルよりも性能は高い。このCPUの特徴は価格の安さにある。最低限必要な性能を持ち価格が安いということだ。

動画編集やRAW現像をがりがり行うことは苦手だが、それほど負荷の掛かるファイルを取り扱わなければ対応できる。ゲーミングCPUとしては最低クラスの性能に留まる。総合性能では上回ってもIntel Core i5-10400よりも劣ることを理解しておこう。現行モデルであるCore i5-12400との差は大きい。

GeForce GTX 1660 SUPER(GPU)

RTX 3060 Ti24,213
RTX 306020,322
RTX 2060 SUPER19,366
RTX 206017,012
RTX 305014,734
GTX 1660 Ti14,522
GTX 1660 SUPER14,113
GTX 166013,645
GTX 1650 SUPER12,238
GTX 1060 6GB12,009
GTX 1060 3GB11,144
GTX 16509,506
GTX 9607,405
GTX 1660 SUPERは、Turing世代のミドルクラスのグラフィックボードだ。在庫状況が不安定で今でも入手が難しいモデルとなっている。その代わりにGTX 1660搭載モデルが増えていたが、やはり性能を考えるとGTX 1660 SUPERの方が好ましい。RTX 2060との差は23%程度とやや大きい。大きな壁があると考えてよい。

ローエンドクラスとして必要十分なモデルだと言える。前世代のGTX 1060 6GBと比べても余裕がある。およそ15%も性能が向上している。設定調整を行えば最新のタイトルでも対応することが可能だ。次世代モデルが登場している中で安く購入できる最後のチャンスだと言えるかもしれない。

>>Lightning AT5を購入<<

Lightning AT5の特徴&強み

復活したLightning AT5は優秀な選択肢となる

Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルは、半年ほどの間販売が終了していた。久しぶりの復活はまずまずの評価からスタートとなっている。現在低価格帯と呼べるモデルは少なく、GTX 1660 SUPER搭載モデルでも13万円台が多い。Ryzen 5 4500は確かに性能はそこまで高いCPUではない。それでもここまで価格を抑えられるなら選択するメリットはあると言える。

Ryzen 5 4500の性能は高くないが、GTX 1660 SUPERと組み合わせるなら十分バランスは取れている。CPU性能が低いというデメリットはこの性能帯ではあまり関係がないように思う。そうなるとGTX 1660 SUPER搭載モデルが11万円台で選択できるというメリットが残る。この一つ上の性能帯であるRTX 3050は13万円台が最安値なので、11万円台なら優秀な選択肢だ。

一つ下にあるGTX 1650は価格が高騰しているのか、多くのモデルが12万円台以上だ。唯一Ryzen 5 4500と組み合わせたモデルが9万円台にある。つまり、上位モデルと下位モデルとの価格差がしっかりあるので、予算がこの辺りなら迷わないモデルということだ。価格に魅力があると同時に、扱いやすい性能であり、他製品と被らない価格帯のモデルというのは強みだ。

復活したLightning AT5は非常に優秀なモデルとなって帰ってきた。ただし、この評価は市場状況があまりよくないことが要因だ。ゲーミングPCをはじめ、パソコン全体の価格が下がった時にどうなるかは未知数である。少なくとも現段階では選んで損のないモデルである。

性能をよく理解して選びたい

前述の通り、Lightning AT5 Ryzen5 4500搭載モデルの性能はそこまで高いものではない。CPUとGPUのバランスは取れているが、用途によってはCPU性能がネックとなる。例えば、単純にゲームをするだけなら高望みしなければ対応できる。しかし、動画の編集や配信などを行う際は注意したい。ゲームをプレイするには十分でも、それプラスアルファとなると厳しくなる。

配信の際はプレイするゲームによるので、設定に少し余裕を持たせる必要がある。動画の編集の際はエンコードはもちろん、編集量が多くなると負荷を感じやすい。これはラグに繋がったり、音声や映像の乱れの原因ともなる。また、使用する編集ソフトによってはクライアントが強制終了されることもある。必然的に簡単な編集、ビットレートを下げるなど画質の下がる映像となる。

こういった用途をメインと考えている場合はもう少しCPU性能の高いモデルをおすすめしたい。Lightning AT5はゲームを中心としたユーザーに適したモデルと言える。また、プレイできる環境もある程度限られるので性能をよく理解した上で選んでほしいモデルだ。

ミドルクラスとは言っても2世代前のミドルクラスで、現行全ての中でランク付けするならロークラスと言っても過言ではない。性能よりもコストパフォーマンスに長けているのが特徴だ。エントリークラスとしては優秀ながら、性能を理解するという点では中級者以上におすすめだ。自分がやりたいことができるのかを確認して選ばなければ優れたモデルでも後悔する。価格だけで選ばないようにしてほしい。

>>Lightning AT5を購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名LightningFRONTIER
イメージLightning AH5FRGXB46037
製品名Lightning AT5
Ryzen5 4500搭載モデル
FRGXB660/WS1102/NTK
価格119,980円(税込)129,800円(税込)
CPURyzen 5 4500Core i5-12400F
GPUGTX 1660 SUPERGTX 1660 SUPER
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSDNVMe 500GBNVMe 512GB
HDD非搭載非搭載
電源550W BRONZE600W BRONZE
チップセットA520B660
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
ここをチェック!!

比較対象はフロンティアのセールモデルFRGXB660/WS1102/NTKだ。CPUの性能で優れるが、価格は1万円高くなる。コストパフォーマンスの高さが魅力のフロンティアのセールモデルと並び立てるのがLightning AT5の強さを表している。ゲーム以外の用途も考えているならCPUは、Ryzen 5 4500よりもCore i5-12400Fの方がいい。その場合はFRGXB660/WS1102/NTKが候補になる。簡単な動画編集や配信程度ならRyzen 5 4500でも対応可能なので、予算を重視してLightning AT5を選択するのも悪くない。どちらがいいかは用途に合わせて選択してほしい。

Lightning AT5のパソコンケースレビュー

正面

Lightning AH5-syoumen
ぱっと見るとわかるとおりケースからはゲーミングPCという印象を受けない。やはり一般用途のパソコンと考えた方が良いだろう。見た目も重視したい方は避けるべきだろう。I/Pパネルの一部は全面に配置されている。

右側

Lightning AH5-right本体の右側は何もなくシンプルだ。一般的なパソコンそのものだと言える。

左側

Lightning AH5-left左側には空気弁が設けられている。ここから空気を取り入れて本体内部を冷やす。ミドルクラスの性能なら不安は何もない。

内部

Lightning AH5-insideかなりすっきりとした中身となっている。GTX 1660自体がコンパクトなこともあって圧迫感はない。

エアフロー

Lightning AH5-airflowエアフローの流れをまとめている。すでに書いたサイドと前面から空気を取り入れてファンの力を借りて後方に熱い空気を排出する。

>>Lightning AT5を購入<<

管理人による総評(Lightning AT5)

Lightning AH5

Lightning AT5は、Ryzen 5 4500×GTX 1660 SUPERを搭載したビジネスモデルとなっている。一時販売停止となっていたが今回年末年始を前にして復活した。GTX 1660 sUPER搭載モデルで税込11万円台はまずまず価格が抑えられているが、コストパフォーマンスはそれほど高いわけではない。CPUについては妥協が見られるからだ。

基本的には比較対象モデルを確認しておくとよい。枠組み的にはビジネスモデルとなるが、グラフィックボードを搭載しているためゲームプレイに対応することが可能だ。フルHD環境で設定を調整することが前提となる。メモリ16GBモデルを選択しておけばある程度安心してゲームができるだろう。

価格CPUグラボ
119,980円(税込)Ryzen 5 4500GTX1660 Super
メモリSSDHDD
DDR4 16GB512GB非搭載

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

  • おすすめゲーミングPCランキング【2022年】
  • おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

  • ドスパラ(ガレリア)の評判まとめ
  • Lightning AT5を販売しているドスパラの評判をまとめている。BTOショップとして圧倒的な知名度を誇りゲーミングPCブランドのガレリアは評価が高い。ラインナップ数も豊富なので、購入検討中の方は是非参考にして欲しい。

  • 当サイト紹介ゲーミングPC一覧表
  • 当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。