gtx1660zotac画像引用元:https://www.zotac.com/jp/

当記事では、Geforce GTX1660の性能スペックレビュー&おすすめBTOパソコンを紹介。新しいTU116 GPU搭載のGTX1660Tiをリリースしてからそれほど期間を空けずにすぐにローコストの派生モデルが登場となった。

GeForce GTX 1660は、Turingアーキテクチャの特徴であるRT及びTensorコアをなくしたという点で上位モデルであるGTX 1660Tiと似ている。ある意味非常に扱いやすいグラフィックボードだと言える。このモデルの詳細について詳しく見ていこう。当該グラフィックボードの搭載モデルを探している方はページ最下部の「GTX 1660搭載のおすすめゲーミングPC」を参考にして欲しい。

よくわかる!!GTX1660の特徴まとめ

  • (+)FULL HD環境に最適な高パフォーマンスモデル
  • (+)Turing世代では安価で手を出しやすい
  • (-)GTX1060 6GBとの性能差は妥当なもの

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GTX1660の概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

gtx1660seinou

GTX 1660はGTX 1060 6GBよりも約15%、GTX 1060 3GBモデルよりも約30%高い性能を持つ。RX 590よりも性能は高く魅力的なグラフィックボードとなっている。RTX 2060やGTX 1660TIではオーバースペックに感じてしまうユーザーにおすすめだ。詳細スペックなどを見ていこう。GTX 1660 Tiとの差を見ればどれほど人気が出やすいのかがわかるだろう。

基本スペックまとめ

 GTX1660GTX1660TiGTX 1060
コードネームTuringTuringPascal
プロセス12nm212nm216nm2
ダイサイズ284m㎡284m㎡200m㎡
トランジスタ数66億66億44億
CUDAコア数1408基1536基1280基
ベースクロック1530MHz1500MHz1506MHz
ブーストクロック1785MHz1770MHz1708MHz
メモリバス帯域幅192 GB/s288 GB/s192 GB/s
GPUメモリ6GB GDDR56GB GDDR66GB GDDR5
TDP120W120W120W
価格$220$279$250
発売日2019/03/142019/02/222016/06/10

GTX 1660は、GTX 1660Tiの下位モデルということになる。GTX 1060 6GBの後継モデルはGTX 1660TiではなくGTX 1660だ。GTX 1660Tiと比較するとプロセス、ダイサイズ、トランジスタ数などは同じだ。GTX 1660のGPUは、「TU116-300-A1」と名付けられている。GTX 1660 Tiの「TU116-400-A1」と非常に近い。GTX 1660Tiと同様にGTX 1660でもリアルタイムレイトレーシングのRTコア及びDLSSのTensorコアは非搭載となっている。

TU116にはフルスペックで24つのストリーミングプロセッサが搭載されている。各ストリーミングプロセッサに64つのコアがあり最大1536のCUDAコア(24×64)があるということだ。GTX 1660では2つのストリーミングプロセッサを無効化して合計1408の有効なCUDAコアを搭載(22×64)している。クロック周波数についてはほぼ同等。メモリバス帯域幅はGDDR5を採用したことで192 GB/sへと約30%ダウン。それでも価格が20%ほど安いのは魅力的だろう。

前世代のGTX 1060 6GBと比較していこう。当然世代が変わっているためコードネーム、プロセスに違いがある。プロセスが16nm→12nmへと縮小したことでトランジスタ数を効率よく増やすことができた。結果的に性能アップに貢献している。CUDAコア数は10%アップ、クロック周波数も2%-5%ほど引き上げられている。GPUメモリ及びメモリ帯域幅に違いはない。それでも価格が$20下げられているためユーザーからすると魅力的だろう。

GeForce GTX1660の特徴&注意点など

FULL HD環境が得意なミドルクラスのグラフィックボード

GTX 1660は、FULL HD環境(1920×1080)でのゲームプレイを得意とするグラフィックボードだ。性能的にも実質GTX 1060 6GBの後継モデルだと言える。今後GTX 1660Tiと同様に市場の中心となると予想できる。Steamの統計調査でも$250以下のグラフィックボードが主流となっていることは明らかだ。

GTX 1080、GTX 1080TiそしてすべてのRTXモデルを合わせても市場の6%以下である一方で、GTX 1060、GTX 1050Ti、GTX 1050が統計におけるすべてのグラフィックボードの30%以上を占めている。もちろんSteamの統計がゲーム市場の完璧に表しているわけではないかもしれない。しかしながら、現時点ではわかりやすい指標であることは間違いなく、それだけ安価なグラフィックボードが人気かを把握することができる。

メモリ規格のダウングレードでコストカット

GTX 1660は、GTX 1660 Tiと比較して21%安いもののCUDAコアはわずか8%減に留められている。ベースクロック及びブーストクロックが非常に似ていることを考えると平均して5%程度の性能差しかないのではないかと思ってしまうかもしれない。しかしながら、他にもう一つ大きな変化があるため理論通りにはいかない。

GTX 1660 Tiではメモリバス帯域幅 288 GB/sと高くGDDR6メモリを使用している一方で、この新しいグラフィックボードではGDDR5メモリにダウングレードされている。GDDR5は、かろうじて192 bitメモリバスとなっている。しかし、性能が劣るGDDR5メモリではメモリバス帯域幅が192 GB/sへと33%低くなっている。結果的に性能差は5%以上に広がっているというわけだ。意外とメモリ規格は性能に与える影響が大きいと言える。

GTX 1660搭載ゲーミングPCは売れ筋になるか?

本当に輝くのは換装する方よりもこれからゲーミングPCの購入を考えている方だろう。$220という価格を考えると搭載モデルも手頃な価格に落ち着くことが予想される。2019年3月15日時点でGTX1660搭載モデルは価格の逆転が起きている。早く出たGTX1660Tiよりも高くなってしまっているのだ。今は買い時ではない。

前モデルであるGTX1060 6GBからの進化は順当で革新的というわけではない。買い替え対象となるのは、GTX 1050 Ti/GTX 960以下のグラフィックボードを現在使用している方が買い替え対象だ。あるいは価格の安くなるであろうGTX 1060 6GBを選択肢に入れるのも悪くない。

>>>>>GTX1660を確認する(Amazon)<<<<<

GTX1660のベンチマーク一覧

各タイトルのゲームプレイ時におけるフレームレートを計測している。当該グラフィックボードはFULL HDでのプレイが前提となる。ここでは各タイトルについてはFULL HD環境×最高設定での数値を計測。また、より性能がわかりやすいように平均fpsと最小fpsを計測した。

*フレームレート(fps)は、1秒間に描写されるコマ数のことだ。一般的に平均fpsが60以上が出れば快適だと言われている。最小fpsはゲームプレイ時において計測された最も低いfpsだ。負荷が高い場面などでの想定される目安のfpsだ。平均fpsと最小fpsとの乖離を見ればゲームプレイの安定度がわかる。

Fortnite

fortnite

RTX 2060130.4
92.9
GTX 1660Ti107.3
75.9
GTX 166090.7
65.0
GTX 1060 6GB82.8
59.6
RX 59081.2
57.9
平均fpsMin fps
GTX 1060 6GBよりも10%スコアが高い。最小fpsも底上げされより安定度が増すという結果になった。GTX 1660 Tiとの差も10%-15%程度と想定どおりだ。ここはメモリ規格の差が大きく出ているということになる。新しいタイトルでも余裕で対応することができる性能は魅力的だ。

Battlefield 5

battlefiled5

RTX 2060113.2
88.0
GTX 1660Ti94.5
74.3
RX 59093.7
70.1
GTX 166079.8
62.3
GTX 1060 6GB74.6
62.6
平均fpsMin fps
Battlefiedではややスペック通りの性能を発揮できていない。GTX 1060 6GBとほぼ同等のスコアとなっている。GTX 1660 Tiとの差が大きく20%も性能差が出ている。それでもFULL HD環境で安定したゲームプレイができることに変わりはない。

Far Cry 5

farcry5

RTX 2060107.6
82.3
GTX 1660Ti94.2
71.6
RX 59080.3
69.5
GTX 166081.5
62.1
GTX 1060 6GB71.1
59.5
平均fpsMin fps
GTX 1060 6GBよりもおよそ10%スコアが高い。最小fpsも62.1と安定していることがわかる。新しいTuring世代のグラフィックボードであることも伊達ではない。RX 590とほぼ同等のスコアだ。GTX 1660 Tiとの性能差はおよそ15%と妥当な数値となっている。

Deus EX: Mankind Divided

deusex

RTX 206078.3
60.7
GTX 1660Ti65.6
50.4
RX 59055.8
45.0
GTX 166055.3
43.2
GTX 1060 6GB47.4
37.1
平均fpsMin fps
Deus EXは、負荷の高いタイトルの一つだ。GTX 1660では最高設定でのゲームプレイが難しい。RX 590とほぼ並んでいる。GTX 1060 6GBと比べると20%程度性能が上がっているのはさすがだ。設定を落とせば十分対応することができる。なお、GTX 1660Tiなら60fpsオーバーで快適にゲームをすることが可能だ。

Hitman 2

hitman

RTX 2060108.3
67.5
GTX 1660Ti98.5
62.3
GTX 166089.7
58.9
RX 59081.6
57.0
GTX 1060 6GB74.1
51.0
平均fpsMin fps
Hitman 2でも飛躍的にスコアが伸びている。GTX 1060 6GBよりも20%性能が高い。最小fpsも15%高くなっていて底上げがしっかりと行われている。GTX 1660 Tiとの差は10%程度ほどで差は大きくない。リフレッシュレートの高いゲーミングモニターも活かせる高性能グラフィックボードだと言える。

Apex Legends

apexlegends

RTX 2060147
133
GTX 1660Ti123
103
GTX 1660106
95
RX 59096
78
GTX 1060 6GB83
61
平均fpsMin fps データ引用元:https://www.techspot.com/

最新のApex Legendsでも十分なスコアを計測。GTX 1060 6GBよりも30%も高く、最小fpsも50%以上高くなっている。最もPascal世代との性能差がはっきりと出ているタイトルだと言える。ほぼ同等の性能を持つRX 590よりも10%高く圧倒している。価格帯を考えると選択肢に入れておきたいグラフィックボードであることは間違いない。

>>>>>GTX1660を確認する(Amazon)<<<<<

GeForce GTX1660搭載おすすめBTOパソコン

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-TD(G-Tune)

im610価格:119,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX1660
メモリ:DDR4-2400 8GB
SSD:NVMe 256GB
HDD:1TB
電源:500W BRONZE
公式詳細

G-Tuneと当サイトとのコラボモデルだ。コストパフォーマンスが非常に高く人気のあるゲーミングPCに仕上がっている。グラフィックボードにはユーザーに人気の高いGTX1660を採用。FULL HD環境で快適なゲームができる。また、CPUには第八世代のi7-8700を採用。グラフィックボードとのバランスも良い。ゲーム配信などにも強さを発揮。このクラスのゲーミングPCとしては至高の一台だと言える。

GALLERIA XJ(ドスパラ)

galleriaxv-2価格:132,980円
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:1TB
電源:500W 静音電源 BRONZE
公式詳細

上位のGTX1660Ti搭載モデルが129,980円であることを考えると現時点で購入するのは得策ではない。もうしばらくすると10,000円程度は価格が落ちるだろう。それを待つかGTX1660Ti搭載モデルを選択すると良い。構成的には標準的で、メモリ8GB、SSD 240GB、HDD 1TBとなっている。

GALLERIA RJ5(ドスパラ)

galleriaxv-2価格:89,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:1TB
電源:500W 静音電源 BRONZE
公式詳細

GALLERIA XJのCPUをRyzen 5 2600に変更したモデルだ。当該モデルについてはすでにGTX1660のコスパの高さが反映されておりお得度が高い。GTX 1660 Ti搭載のGALLERIA RT 5よりも1万円安く購入することができる。SSDとHDDのダブルストレージも健在でカスタマイズをしなくても通用する一台となっている。

【Core i7】【SSD250GB】【GTX1660】PG-MR(ストーム)

stormneo価格:149,800円 137,800円(税込)
CPU:Core i7-8700
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 8GB
SSD:250GB
HDD:1TB
電源:750W GOLD
公式

発売記念ということで12,000円OFFとお得だ。価格は税込みであることを考えると価格設定は悪くない。今ならGALLERIA DJよりお得だ。さらに、SSDが超高性能なNVMe対応M.2 250GBにアップグレードされていたり、ゲーミングキーボード及びマウスを無償でプレゼントしていたりと魅力的だ。電源ユニットには750W GOLDを採用し安定した電源供給が可能となる。

GeForce GTX1660搭載ゲーミングPC一覧

製品名価格CPUGPUメモリSSDHDD
GALLERIA DJ94,980i5-9400FGTX16608GB240GB1TB
GALLERIA XJ132,980i7-8700GTX16608GB240GB1TB
GALLERIA RJ592,9805 2600GTX16608GB240GB1TB
Magnate MJ99,800i5-9400FGTX16608GB×1TB
Magnate XJ114,980i7-8700GTX16608GB240GB1TB
Monarch MJ94,800i5-9400FGTX16608GB×1TB
Monarch XJ136,980i7-8700GTX16608GB240GB1TB
am550BA1-TD99,8005 2600GTX16608GB256GB×
im610SA1-TD119,980i7-9700GTX16608GB256GB1TB
im610SA3112,800i5-9400GTX16608GB240GB1TB
im620SA5119,800i5-9400GTX16608GB256GB×
im610SA1-TV129,800i7-9700FGTX16608GB240GB×
im610SA2-SP-C144,800i7-9700FGTX166016GB240GB1TB
im610SA4-M2SH2-KK129,445i7-9700GTX166016GB256GB2TB
i690SA2-e-sports139,800i7-9700FGTX16608GB256GB×
LEVEL-M0B6-i5F-RI94,980i5-9400FGTX16608GB×1TB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング【2019年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB
DDR4-3200
SSDSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源EVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
参照元:NVIDIA GEFORCE GTX 1660 REVIEW (PCGAMER)