gtx1660zotac画像引用元:https://www.zotac.com/jp/

当記事では、Geforce GTX 1660の性能スペックレビュー&ベンチマークを紹介している。新しいTU116 GPU搭載のGTX 1660 Tiをリリースしてからそれほど期間を空けずすぐにローコストの派生モデルが登場となった。価格的にも性能的にもGTX 1060 6GBの実質後継モデルはこのGTX 1660だろう。

GeForce GTX 1660は、Turingアーキテクチャの特徴であるRT及びTensorコアをなくしたという点で上位モデルであるGTX 1660 Tiと似ている。ある意味非常に扱いやすいグラフィックボードだと言える。その後GTX 1660の後継モデルであるGTX 1660 SUPERが登場して存在感がなくなってしまった。搭載BTOパソコンもすべてGTX 1660 SUPERに移っている。

ところがその後2021年5月頃からグラフィックボードの供給不足の影響でGTX 1660 SUPERの入手が困難になり代わりにGTX 1660搭載モデルが復活した。これまでこのように旧モデルが復活したことがなかったのではないだろうか。同時にGeForce RTX 2060搭載モデルも復活している。

GeForce GTX 1660の基本情報

アーキテクチャTuring
プロセス12nm
CUDAコア1408
ベースクロック1530 MHz
ブーストクロック1785 MHz
GPUメモリ6GB GDDR5
TDP120W
発売日2019年3月14日
価格$219
特徴 (+) フルHD環境に最適な高コスパモデル
(+) Turing世代では安価で手を出しやすい
(-) GTX 1060 6GBとの性能差は妥当なものに落ち着く
(-) GTX 1660 SUPERの登場で搭載BTOパソコンは減少
評価★★★★★★★☆☆☆7.0

>>GTX 1660を確認(Amazon)<<

GTX1660の概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

gtx1660seinou

GeForce GTX 1660は、Pascal世代のGTX 1060 6GBよりも10%程度高いゲーミング性能を持っている。6GBモデルより人気のあったGTX 1060 3GBと比べるとパフォーマンスは15%程度高い。競合であるRadeon RX 590よりも性能が高いのも魅力的だ。

上位モデルであるRTX 2060やGTX 1660 Tiではオーバースペックに感じてしまうユーザーにおすすめだ。その後リリースされたGTX 1660 SUPERになるとGTX 1660よりも高い性能を得られる。価格も$10高いだけでGTX 1660 Tiに近い性能が手に入るということで評価されている。現行モデルのRTX 3060になると同じ60番台でも一気にパフォーマンスが高くなる。

基本スペックまとめ

 GTX1660GTX1660TiGTX 1060
コードネームTuringTuringPascal
GPUTU116TU116GP106
SM数222410
プロセス12nm12nm16nm
ダイサイズ284m㎡284m㎡200m㎡
トランジスタ数66億66億44億
CUDAコア数1408基1536基1280基
ベースクロック1530MHz1500MHz1506MHz
ブーストクロック1785MHz1770MHz1708MHz
GPUメモリ6GB GDDR56GB GDDR66GB GDDR5
メモリバス192 bit192 bit192 bit
帯域幅192.1 GB/s288.0 GB/s192.2 GB/s
TDP120W120W120W
価格$219$279$249
発売日2019/03/142019/02/222016/06/10

GTX 1660は、GTX 1660 Tiのスペックを落としたモデルだ。プロセスは12nm、ダイサイズは284m㎡、トランジスタ数は66億と共通となっている。GPUはいずれのモデルでも同じTU116を採用している。このTU116にはフルスペックで24つのストリーミングプロセッサが搭載されている。各ストリーミングプロセッサに64つのコアがあり最大1536のCUDAコア(24×64)があるということだ。GTX 1660では2つのストリーミングプロセッサを無効化されているため合計1408の有効なCUDAコアを搭載(22×64)しているということになる。GTX 1660でもGTX 1660 Tiと同様にRTコア及びTensorコアは非搭載となっている。

クロック周波数については、GTX 1660の方が僅かに高い。ベースクロックは2%、ブーストクロックは1%程度引き上げられている。メモリについてはGTX 1660 TiのGDDR6に対してGTX 1660ではGDDR5を採用している。メモリ周りで差別化が行われているということだ。GPUメモリ容量は同じ6GBとなっている。メモリバスは192 bitで共通だが、帯域幅がGTX 1660では68%程度に抑えられている形だ。消費電力は同じ120Wだ。価格差は$60となっている。

前世代のGTX 1060 6GBと比較していこう。当然世代が変わっているためコードネーム、プロセスに違いがある。プロセスが16nm→12nmへと縮小したことでトランジスタ数を効率よく増やすことができた。結果的に性能アップに貢献している。CUDAコア数は10%アップ、クロック周波数も2%-5%ほど引き上げられている。GPUメモリ及びメモリ帯域幅に違いはない。それでも価格が$20下げられているためユーザーからすると魅力的だろう。

>>GTX 1660を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 1660の特徴&注意点など

フルHD環境が得意なミドルクラスのモデル

GTX 1660は、フルHD環境(1920×1080)でのゲームプレイを得意とするグラフィックボードだ。性能的にも実質GTX 1060 6GBの後継モデルだと言える。今後GTX 1660 Tiと同様に市場の中心となると予想できる。Steamの統計調査でも$250以下のグラフィックボードが主流となっていることからも明らかだ。

GTX 1080やGTX 1080 TiそしてすべてのRTXモデルを合わせても市場の6%以下である一方で、GTX 1060・GTX 1050 Ti・GTX 1050が統計におけるすべてのグラフィックボードの30%以上を占めている。もちろんSteamの統計がゲーム市場の完璧に表しているわけではないかもしれない。しかしながら、現時点ではわかりやすい指標であることは間違いなく、それだけ安価なグラフィックボードが人気かを把握することができる。

メモリ規格のダウングレードでコストカット

GTX 1660は、メモリ規格をダウングレードすることで辻褄を合わせている形だ。上位モデルのGeForce GTX 1660 Tiと比較して21%安いもののCUDAコアはわずか8%減に留められている。ベースクロック及びブーストクロックが非常に似ていることを考えると平均して5%程度の性能差しかないのではないかと思ってしまうかもしれない。しかし、他にもう一つ大きな変化があるためこの理論通りにはいかない。もちろんメモリ周りだ。

GTX 1660 Tiではメモリバス帯域幅 288.0 GB/sと高くGDDR6メモリを使用している一方で、この新しいグラフィックボードではGDDR5メモリにダウングレードされている。GDDR5は、かろうじて192 bitメモリバスとなっている。性能が劣るGDDR5メモリではメモリバス帯域幅を高くすることもできず192.0 GB/sと33%も低くなっている。

結果的に性能差はCUDAコアとクロック周波数の差である5%以上に広がっているというわけだ。意外とメモリ規格は性能に与える影響が大きいと言える。GTX 1660 Tiとの性能差はこのメモリ周りにあると言っても過言ではない。

GTX 1660 SUPERの供給不足で復活した

GeForce GTX 1660の後継モデルとして、2019年10月29日にGeForce GTX 1660 SUPERがリリースされた。CUDAコアやクロック周波数はGTX 1660と変わっていないが、メモリ周りが強化されてパフォーマンスが向上している。GTX 1660 Tiと同じGDDR6を採用してバンド幅も336.0 GB/sとGTX 1660 Tiを上回っている。

わずか$10アップ(5%)で10%以上の性能アップが見込めるのでコストパフォーマンスが高い。BTOメーカーにおいても、GTX 1660の取り扱いをなくしてGTX 1660 SUPER搭載モデルのみとなっている。税込10万円前後の価格帯を支える魅力的なグラフィックボードだ。これで一旦GTX 1660の役割を終えたと言えるだろう。

2021年5月時点でGTX 1660 SUPERを搭載したゲーミングPCが減少した結果再度このGTX 1660が注目されている。搭載BTOパソコンの価格も抑えられていて選びやすい。まさか旧モデルのグラフィックボードが再販されるとは思わなかったしNVIDIAも想定していなかっただろう。

>>GTX 1660を確認(Amazon)<<

GeForce GTX 1660のベンチマーク一覧

各タイトルのゲームプレイ時におけるフレームレートを計測している。当該グラフィックボードはFULL HDでのプレイが前提となる。ここでは各タイトルについてはFULL HD環境×最高設定での数値を計測。また、より性能がわかりやすいように平均fpsと最小fpsを計測した。

*フレームレート(fps)は、1秒間に描写されるコマ数のことだ。一般的に平均fpsが60以上が出れば快適だと言われている。最小fpsはゲームプレイ時において計測された最も低いfpsだ。負荷が高い場面などでの想定される目安のfpsだ。平均fpsと最小fpsとの乖離を見ればゲームプレイの安定度がわかる。

Fortnite

fortnite

RTX 2060130.4
92.9
GTX 1660Ti107.3
75.9
GTX 166090.7
65.0
GTX 1060 6GB82.8
59.6
RX 59081.2
57.9
平均fpsMin fps
GTX 1060 6GBよりも10%スコアが高い。最小fpsも底上げされより安定度が増すという結果になった。GTX 1660 Tiとの差も10%-15%程度と想定どおりだ。ここはメモリ規格の差が大きく出ているということになる。新しいタイトルでも余裕で対応することができる性能は魅力的だ。RTX 2060と比べると45%程度の差が生じている。RTX 20シリーズとの差はそれなりにありそうだ。

Battlefield 5

battlefiled5

RTX 2060113.2
88.0
GTX 1660Ti94.5
74.3
RX 59093.7
70.1
GTX 166079.8
62.3
GTX 1060 6GB74.6
62.6
平均fpsMin fps
Battlefiedではややスペック通りの性能を発揮できていない。GTX 1060 6GBとほぼ同等のスコアとなっている。Radeon RX 590と比べても17%程度の差がある。また、GTX 1660 Tiとの差が大きく20%も性能差が出ている。それでも平均fpsで80近い数値を出していてフルHD環境で安定したゲームプレイができることに変わりはない。

Far Cry 5

farcry5

RTX 2060107.6
82.3
GTX 1660Ti94.2
71.6
RX 59080.3
69.5
GTX 166081.5
62.1
GTX 1060 6GB71.1
59.5
平均fpsMin fps
GTX 1660は、Pascal世代のGTX 1060 6GBよりもおよそ10%スコアが高い。最小fpsも62.1と安定していることがわかる。新しいTuring世代のグラフィックボードであることも伊達ではない。Radeon RX 590とほぼ同等のスコアだ。GTX 1660 Tiとの性能差はおよそ15%と妥当な数値となっている。

Deus EX: Mankind Divided

deusex

RTX 206078.3
60.7
GTX 1660Ti65.6
50.4
RX 59055.8
45.0
GTX 166055.3
43.2
GTX 1060 6GB47.4
37.1
平均fpsMin fps
Deus EXは、負荷の高いタイトルの一つだ。GTX 1660では最高設定でのゲームプレイが難しい。RX 590とほぼ並んでいる。GTX 1060 6GBと比べると20%程度性能が上がっているのはさすがだ。設定を落とせば十分対応することができる。なお、GTX 1660Tiなら60fpsオーバーで快適にゲームをすることが可能だ。

Hitman 2

hitman

RTX 2060108.3
67.5
GTX 1660Ti98.5
62.3
GTX 166089.7
58.9
RX 59081.6
57.0
GTX 1060 6GB74.1
51.0
平均fpsMin fps
Hitman 2でも飛躍的にスコアが伸びている。GTX 1060 6GBよりも20%性能が高い。最小fpsも15%高くなっていて底上げがしっかりと行われている。GTX 1660 Tiとの差は10%程度ほどで差は大きくない。リフレッシュレートの高いゲーミングモニターも活かせる高性能グラフィックボードだと言える。

Apex Legends

apexlegends

RTX 2060147
133
GTX 1660Ti123
103
GTX 1660106
95
RX 59096
78
GTX 1060 6GB83
61
平均fpsMin fps データ引用元:https://www.techspot.com/

最新のApex Legendsでも十分なスコアを計測。GTX 1060 6GBよりも30%も高く、最小fpsも50%以上高くなっている。最もPascal世代との性能差がはっきりと出ているタイトルだと言える。ほぼ同等の性能を持つRX 590よりも10%高く圧倒している。価格帯を考えると選択肢に入れておきたいグラフィックボードであることは間違いない。

>>GTX 1660を確認(Amazon)<<

GTX 1660搭載おすすめゲーミングPC

GALLERIA RM5C-G60(ドスパラ)

GALLERIA RM5C-G60S価格:109,980円(税込)
CPU:Core i5-10400
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:550W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

GTX 1660×Core i5-10400と旧世代の組み合わせで価格を抑えたゲーミングPCだ。価格高騰の時期に税込み10万円台でこの性能なら十分だ。2021年時点ではローエンドクラスと考えておくとよいだろう。設定調整を前提に快適にゲームプレイを行うことができる。FPSなど負荷が軽めのタイトルであれば対応しやすい。メモリ16GB、SSD 512GBと構成も充実している。

FRGXB460/WS17(フロンティア)

FRGXB46037価格:109,800円(税込)
CPU:Core i5-10400F
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4-2666 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:600W BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

GALLERIA RM5C-G60と似た構成を持つ。電源ユニットが少し強化されているぐらいだ。FRGXB460/WS17は台数限定モデルなので売り切れには注意したい。フルHD環境でのゲームプレイを考えている方は必見だ。台数限定モデルと同じ価格設定のGALLERIA RM5C-G60が優れていることがわかる。

Lightning AJ5(ドスパラ)

Lightning AH5価格:112,979円(税込)
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe
HDD:非搭載
電源:450W 80PLUS BRONZE

公式サイトFRXN710/WS3詳細

GTX 1660×Ryzen 5 3500搭載のビジネスPCだ。CPU性能に関しては上記2つのモデルに劣る。メモリ8GB、SSD 512GBと構成もイマイチだ。現時点では他のモデルが売り切れになった時に候補にするぐらいの感覚で問題ない。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB
DDR4-3200
SSDSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源EVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7
参照元:NVIDIA GEFORCE GTX 1660 REVIEW (PCGAMER)