gtx1660supergigabyte画像引用元:https://www.gigabyte.com/

当ページでは、GeForce GTX 1660 Superの性能スペックレビュー&おすすめゲーミングPCの紹介をしている。2019年10月末に登場した最新のグラフィックボードはどこまで性能を引き上げられたのか、コストパフォーマンスを見せつけられるのかを詳しく見ていこう。

なお、搭載モデルについてはページ最下部の「GeForce GTX 1660 Super搭載のゲーミングPC一覧」でまとめている。

よくわかる!!GeForce GTX 1660 Superの特徴まとめ

  • 総合評価 :80点/100点
  • 価格:約32,000円
  • 発売日:2019年10月29日

末尾の「Super」を冠したグラフィックボードは、無印とTiの中間でやや無印寄りの性能ということになっている。しかし、GTX 1660 SuperはこれまでGTX 1660の弱点とされてきたメモリ周りがしっかり強化されたことでパフォーマンスにも期待できる。

事実GTX 1660 Tiに大きく迫るモデルとなっている。理想はGTX 1660 Tiと同等の性能でGTX 1660と同等の価格。流石にそのまま再現することは難しくとも、一つの基準とし見ておきたい目安になるだろう。

>>>>>Amazonで最新価格をチェック!!

GTX 1660 Superの概要、性能・基本スペックを押さえる!

総合性能

gtx1660superseinou

GTX 1660 Superは、GTX 1070に匹敵するという意味ではGTX 1660 Tiに近い性能を有している。ただ、負荷が高くなればなるほどGTX 1660 Ti共々GTX 1070に引き離される傾向にあり、ゲームによっては上回ることがあっても高負荷の平均では下回るため上位互換とは言えない。

あくまでも同等の性能を持つグラフィックボードと理解しておこう。GTX 1660に対しては大きく差を付けることができていて、価格が落ち着くとGTX 1650 Superの登場を考えるとGTX 1660は市場から消える運命だろう。

基本スペック

 GTX1660 SuperGTX1660GTX1660Ti
コードネームTuringTuringTuring
プロセス12nm212nm212nm2
ダイサイズ284m㎡284m㎡284m㎡
トランジスタ数66億66億66億
CUDAコア数1408基1408基1536基
ベースクロック1530MHz1530MHz1500MHz
ブーストクロック1785MHz1785MHz1770MHz
メモリバス帯域幅336 GB/s192 GB/s288 GB/s
GPUメモリ6GB GDDR66GB GDDR56GB GDDR6
VRAM速度14 GT/s12 GT/s12 GT/s
TDP125W120W120W
価格$229$220$279
発売日2019/10/292019/03/142019/02/22
GTX 1660 Superは、単純にGTX 1660のメモリ周りを強化したグラフィックボードという触れ込みもあった。しかし、現実はGTX 1660とGTX 1660 Tiの良いとこ取りをしたようなグラフィックボードだ。CUDA CoreとベースクロックはGTX 1660と同じ、ブーストクロックとGPUメモリと規格はGTX 1660 Tiと同じ。

それでいて価格がGTX 1660よりも$10高い程度だ。恐らく市場に浸透する頃にはGTX 1660と同等の価格帯にまで落ち着くだろう。GTX 1660 Super独自の要素として、メモリバス帯域幅がGTX 1660 Tiの288 GB/sよりも大きい336 GB/sとなっている点、TDPもまたGTX 1660 Tiより5W高くなっている。根本的な性能はGTX 1660 Tiに追いつけないまでも、非常に近い性能と部分的に超えることができる性能を有している。

売までは販売する意味があるか微妙なグラフィックボードという印象だった。しかしここまで来ると強化版GTX 1660というよりも廉価版GTX 1660 Tiという印象だ。性能差は確実にあってもコストパフォーマンスから人気が出るという部分がGTX 1060 6GBと3GBの関係のようにも感じる。

>>>>>GeForce GTX 1660 Superを確認する(Amazon)<<<<<

GeForce GTX 1660 Superの特徴&注意点など

フルHD環境に適したミドルクラス

性能はGTX 1660 Tiに及ばずながら近いものがあり、価格はGTX 1660に近いため双方の良いところを合わせたようなモデルだ。ゲームをプレイするには十分な性能で、CPUもライトなものから高性能なものまで幅広く合わせやすい。GTX 1660の換装品として見れば十分過ぎるコストパフォーマンスを誇る。

登場したては価格が安定せず、GTX 1660 Tiよりも高くなってしまうこともあるだろう。GTX 1660 Superが輝くのはGTX 1660並にまで価格が落ち着いてからとなる。性能を期待しすぎてフライング(購入タイミング)してしまうと劣化版GTX 1660 Tiのようなことになるので安くなるまで待ったほうが良い。

GTX 1660 Tiの存在が大きな壁

GTX 1660 Superが主流になることは少し考えにくい部分がある。それは性能がGTX 1660 Tiよりも低いという当然なことが大きなブレーキとなる。現在、GTX 1660 Ti搭載モデルはミドルクラスの覇権を取り、GTX 1660搭載モデルよりも価格が安いことが珍しくない。GTX 1660 Super搭載モデルがいくら安くなろうと、現在のGTX 1660搭載モデルよりも安くならなければ意味が無い。

例えば強力なキャンペーンで評価を高めているGALLERIA XTというモデルがある。そのモデルは同じ構成であればGTX 1650搭載モデル並の価格にまで下がっている。GTX 1660 SuperがGTX 1660 Tiよりも性能が低いということは、これらの強力な製品に対抗できなくてはならない。結局強化版GTX 1660で終わってしまうのであれば、自作ユーザー以外は注目しなくても良いグラフィックボードとなりそうだ。

GeForce GTX 1660 Superのベンチマーク一覧

各タイトルのゲームプレイ時におけるフレームレートを計測している。フレームレートが高くなればより安定したゲームプレイが可能だ。

*フレームレート(fps)は、1秒間に描写されるコマ数のことだ。一般的に60fps以上が出れば快適だと言われている。

Borderlands3

boarderland3

RTX 206069.5
48.6
GTX 1070 Ti63.6
46.1
GTX 107059.7
43.2
GTX 1660 Ti58.0
40.5
GTX 1660 Super55.1
38.5
GTX 166046.8
32.8
FULL HDWQHD
2019年9月に登場したボーダーランズ3ではGTX 1070がフルHD、WQHDともにGTX 1660 Tiを上回り、GTX 1660 Superに対してはWQHD環境で12%の差をつけた。根本的な性能ではまだまだ上位の70番台には追いつけていないようだ。それでもGTX 1660と比較して20%程度高いスコアが出ているのはさすがだ。おおよそGTX 1660 Tiと同等のパフォーマンスを発揮できている。比較的新しいタイトルでこれだけのスコアが出れば納得できる。

FAR CRY 5

farcry5

RTX 2060108.9
77.9
GTX 1070 Ti108.7
79.6
GTX 107099.4
71.6
GTX 1660 Ti98.5
68.3
GTX 1660 Super94.7
65.3
GTX 166080.6
56.9
FULL HDWQHD
GTX 1660 Superは、GTX 1660とGTX 1660 Tiの中間であるはずだが嬉しいことに大きくTi寄りの性能となっている。GTX 1660 Tiとの性能差は4%、GTX 1660との差は17%だ。GTX 1660と比較すると22%高くなった。割と新しい部類のゲームや、GPUメモリが重要となるゲームでは高い性能を叩き出せると推測できる。

HITMAN 2

hitman2

GTX 1070 Ti103.8
71.8
RTX 206098.8
69.4
GTX 107094.1
61.6
GTX 1660 Ti88.3
59.8
GTX 1660 Super86.8
58.4
GTX 166082.5
55.2
FULL HDWQHD
HITMAN 2でも上記2タイトルと同様の傾向が見られる。GTX 1660 Tiに近くコストパフォーマンスの高さが光る。もっともHITMAN 2については上位と下位の差はそれほど大きくない。さすがに前世代とは言っても70番台には及ばないものの価格を考えると十分だ。

Metro Exodus

apexlegends

GTX 1070 Ti67.7
50.6
RTX 206065.1
48.4
GTX 107057.8
43.8
GTX 1660 Ti55.2
41.4
GTX 1660 Super52.7
40.0
GTX 166047.1
35.2
FULL HDWQHD
負荷が高いことで有名なMetro Exodusでは最高設定でのゲームプレイは快適とは言えない。GTX 1070 TiやRTX 2060でも60台に留まる。負荷が高くてもGTX 1660 Tiに引き離されることはなく、しっかりとくっついている。GTX 1660とは一線を画する性能と言っても良い。

>>>>>GeForce GTX 1660 Superを確認する(Amazon)<<<<<

GeForce GTX 1660 Super搭載のゲーミングPC一覧

LEVEL-M0B7-i5F-RJS(パソコン工房)

LEVEL-M0B6-i5F-RI価格:94,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GTX 1660 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE認証
公式

Core i5-9400Fと合わせたゲーミングPCだ。FULL HD環境でのゲームプレイに最適となっている。税抜10万円以下で購入できるのが魅力となっている。メモリ8GB、SSD 240GB、HDD非搭載で構成は必要最低限だ。用途に合わせてカスタマイズで対応すると良い。

LEVEL-M040-i5K-RJS(パソコン工房)

LEVEL-M0B6-i5F-RI価格:109,980円
CPU:Core i5-9600K
GPU:GTX 1660 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE認証
公式

LEVEL-M0B7-i5F-RJSのCPUをCore i5-9600Kにアップグレードしたモデルだ。CPU性能が高くよりゲーミング適正が上がる。メモリ8GB、SSD 240GBと必要最低限の構成だ。できればメモリ容量をカスタマイズして性能の底上げを行いたい。

FRGAH370/V60(フロンティア)

FRGAH370V60価格:129,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GTX 1660 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:600W 80PLUS BRONZE
公式

GTX 1660 Super×Core i7-9700搭載のゲーミングPCだ。ミドルクラスとして魅力的だ一台となっている。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も充実している。この構成ならカスタマイズの必要はない。カスタマイズが前提となるパソコン工房のモデルよりコスパが高く初心者の方でも購入しやすいのがポイントだ。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

管理人厳選のおすすめゲーミングPCランキング

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る

ベンチマークテスト環境

desktoppc

CPUCore i7-8700K
メモリ2x8GB G.Skill TridentZ RGB DDR4-3200
ストレージSamsung 970 Evo 1TB
Samsung 860 Evo 4TB
電源ユニットEVGA SuperNova P2 1000W
マザーボードGigabyte Z370 Aorus Gaming 7