GeForce RTX 3050 6GBGeForce RTX 3050 6GBのベンチマークを検証している。2024年2月2日にひっそりとAmpere世代のグラフィックボードが市場に現れた。すでに次世代のAda Lovelace世代が登場している中でこれは驚くしかない。2022年1月に発売されたGeForce RTX 3050 8GBのダウングレードモデルだ。GPUメモリ容量だけではなく、CUDAコアなど全体的にスペックを落としているのが特徴だ。

立ち位置的にはもう一世代前であるTuring世代のGeForce GTX 1650の後継モデルと考えるのがしっくりくる。GeForce RTX 3050 8GBとの性能差が大きく、GeForce RTX 3040やGeForce RTX 3030という名称の方がよかったのではないかと思う。GeFore RTX 4050はこのままリリースされないのだろうか。すでに一部のBTOメーカーではGeForce RTX 3050 6GBを搭載したモデルを販売している。もしかしたら今後搭載モデルが増えてくるかもしれない。

GeForce RTX 3050 6GBのスペック

世代Ampere
プロセス8nm
CUDAコア2304
ベースクロック1042 MHz
ブーストクロック1470 MHz
GPUメモリGDDR6 6GB
メモリバンド幅168.0 GB/s
L2キャッシュ2 MB
TDP70W
MSRP$179
国内価格26,800円~
発売日2024/02/02
よくわかる!!GeForce RTX 3050 6GBの特徴まとめ

  • (+)$199とMSRPが安い
  • (+)補助電源が不要で取り扱いやすい
  • (-)ゲーミング性能はそこまで高くない
  • (-)GPUメモリ容量6GBと控えめ
  • (-)搭載モデルが少ない

GeForce RTX 3050 6GBのスペック比較

RTX 3050 6GBRTX 3050 8GBGTX 1650
アーキテクチャAmpereAmpereTuring
GPUGA107GA107
(GA106)
TU117
プロセス8nm8nm12nm
トランジスタ数87.0億87.0億
(120.0億)
47.0億
ダイサイズ200 mm²200 mm²
(276 m㎡)
200m㎡
SM数182014
CUDAコア2,3042,560896
RTコア1820-
Tensorコア7280-
ベースクロック1042 MHz1552 MHz1485 MHz
ブーストクロック1470 MHz1777 MHz1665 MHz
VRAMGDDR6 8GBGDDR6 8GBGDDR5 4GB
(GDDR6 4GB)
メモリクロック14.0 Gbps14.0 Gbps8.0 Gbps
(12.0 Gbps)
メモリバス96 bit128 bit128 bit
メモリバンド幅168.0 GB/s224.0 GB/s128.1 GB/s
(192.0 GB/s)
L2キャッシュ2MB2MB1MB
TDP70W115W
(130W)
75W
補助電源なし1×6-pinなし
MSRP$199$249$149
国内価格26,800円~32,800円~21,750円~
搭載PC価格103,980円~134,980円~93,980円~
発売日2024/02/022024/02/022019/04/23

GeForce RTX 3050 6GBのスペックについて見ていく。比較対象はGPUメモリ8GBモデルとTuring世代の50番台であるGeForce GTX 1650だ。GeForce RTX 3050 8GBはリリース当初GPUに一回り大きいGA106を採用していたがその後GA107へ変更されている。GeForce RTX 3050 6GBもこのGA107を搭載している。プロセスは8nmと共通だ。

GeForce RTX 3050 6GBではGA107の20基あるSMの内2基を無効化している。CUDAコア数は2,304(18×128)で8GBモデルよりも10%少ない。RTコアは18でTensorコアは72でそれぞれ20%少なくなっている。8GBモデルと比べてベースクロックは33%低く、ブーストクロックも17%低い。

GPUメモリ周りについてもGPUメモリ容量以外でもダウングレードが見られる。メモリクロックは14.0 Gbpsと共通だが、メモリバスは96 bitとなっている。メモリバンド幅も25%狭く168.0 GB/sに留まる。L2キャッシュ容量は2MBと変更なしだ。

TDPは70Wと8GBモデルと比べて40%も抑えられている。補助電源も不要だMSRPは$199で8GBモデルよりも$50やすい。国内販売価格は26,800円からとなる。8GBモデルよりも6,000円程度安く購入可能だ。搭載モデルの価格も31,000円程度差がある。大手BTOメーカーでは順次GeForce RTX 3050 6GB搭載モデルに切り替わっている。

Turing世代の50番台であるGeForce GTX 1650のスペックも簡単に見ておこう。GPPUはTU117だ。プロセスは12nmでAmpere世代よりも一回り大きい。トランジスタ数は47億でダイサイズは200m㎡だ。SM数は14でCUDAコア数は896だ。GeForce RTX 3050 6GBになって2.5倍以上増えている。RTコア及びTensorコアは搭載されていない。ベースクロックはGeForce GTX 1650の方が44%高く、ブーストクロックもGeForce GTX 1650の方が13%高い。

GeForce GTX 1650のGPUメモリ容量は4GBだ。規格についてはGDDR5とGDDR6が用意されている。最近はGDDR6版が主流だ。メモリクロックは8.0 Gbps or 12.0 Gbpsとなる。メモリバスは128 bitだ。メモリバンド幅は128.0 GB/s or 192.0 GB/sだ。GDDR6版であればメモリバスの分だけGeForce GTX 1650が有利だ。L2キャッシュ容量は1MBと最小限となる。

TDPは75Wで補助電源は不要だ。MSRPは$149だ。国内販売価格は21,750円~とGeForce RTX 3050 6GBよりも5,050円程度安い。搭載PC価格も11,000円ほど安くなっている。発売日は2019年4月ですでに5年近く経過しているのは驚きだ。

GeForce RTX 3050 6GBの特徴&注意点

ゲーミング性能は低く8GBモデルとは別物

rtx30506gb-gamescore
GeForce RTX 3050 6GBのゲーム性能スコアは11,724で、GeForce RTX 3050 8GBと比べると20%以上もパフォーマンスで劣る。ワンランクどころかツーランクは落ちてしまう。GeForce RTX 3050 8GBと同等のパフォーマンスは期待できない。単純にGPUメモリ容量が少なくなったモデルではない。ゲーミング性能がほとんど変わらないGeForce RTX 4060 Ti 16GBとGeForce RTX 4060 Ti 8GBとは異なるのだ。

型番的にはGeForce RTX 3040とした方がよかったのではないかと思えるほどだ。Pascal世代のGeForce GTX 1060 6GBと近い性能を持つに留まる。50番台とは言えさすがに8年前に発売されたモデルと同等では物足りないだろう。せめてGeForce GTX 1660 SUPERに少し落ちるぐらいであれば文句はなかった。ゲーム環境としてはフルHD×標準設定が基準だ。高解像度でのゲームプレイは苦手だ。長く使い続けるグラフィックボードではないと言える。

現状GeForce RTX 3050 6GBの価格は32,000円程度でGeForce RTX 3050 8GBよりも5,000円~9,000円安く購入できる。コストパフォーマンス指標的には悪くない。GeForce RTX 3050 8GB・GeForce RTX 3050 6GB・GeForce GTX 1650はコストパフォーマンスが団子状態だ。つまり、価格に対して妥当な性能を持っているということになる。

ワットパフォーマンスは良好

rtx30506gb-wattper.
上記テーブルは各グラフィックボードの消費電力(少ない方がよい)とワットパフォーマンス(多い方がよい)をまとめたものだ。GeForce RTX 3050 6GBは性能が低い分だけ消費電力は抑えられている。ゲームプレイ時の消費電力は76Wだ。GeForce RTX 3050よりも44%も消費電力が低い。ワットパフォーマンスは154.3とGeForce RTX 4060に次いで高い。

CUDAコアが少なくクロック周波数も抑えられているので当然だろう。補助電源が不要なのもメリットだ。旧世代のモデルからのアップグレードにも対応しやすい。今回レビューをしたモデルについては本体もかなりコンパクトで驚いた。GeForce RTX 3050 8GBよりも一回り小さい。スリムタワーやミニタワーでも問題なく搭載できるだろう。

搭載BTOパソコンは僅少

GeForce RTX 3050 6GB搭載モデルを取り扱うショップはほとんどない。現在取り扱いがあるのはパソコン工房ぐらいだ。パソコン工房はGeForce RTX 3050 8GB搭載モデルの販売を終了してGeForce RTX 3050 6GB搭載モデルへ切り替えが終わった状態だ。LEVELθのコンセプトに合うようにコストパフォーマンス(価格)を重視した結果だおる。

ドスパラやマウスコンピューターのラインナップを見る限りまだGeForce RTX 3050 8GBが主流となりそうだ。GeForce RTX 3050 6GBの取り扱いが始まりそうには思えない。性能を考えると搭載ゲーミングPCのコストパフォーマンスは良好だ。GeForce GTX 1650搭載モデル+αの価格でワンランク上のゲーミングPCが手に入るからだ。

特にパソコン工房のLEVELθ(レベルシータ)ブランドはコストパフォーマンスを重視していて魅力的なモデルが揃う。GeForce GTX 1650では物足りないと考えているユーザーは要チェックだ。発売間もないモデルだが割高になっているということはなく安心して購入できる。

GeForce RTX 3050 6GBのフレームレート計測

Far Cry 6

farcry6rtx30506gb-farcry6

GeForce RTX 3050 8GBと比べてフルHDで18%、WQHDで18%、4K環境で63%それぞれフレームレートが低くなっている。4Kでの性能差は大きいが、フレームレート的にはどちらのモデルでもゲームをプレイするのは難しい。フルHD環境での数値を見ておくとよいだろう。

フレームレートは旧世代のGeForce GTX 1660 SUPERにも及ばない。下位モデルのGeForce GTX 1650と比べると最大で35%フレームレートが高くなっている。GeForce RTX 3050とGeForce GTX 1650の真ん中に収まっていて選びやすいモデルと言えるかもしれない。

Cities Skylines 2

rtx30506gb-cities2

Cities Skylines 2は最適化がまだ進んでおらずフレームレートが伸びづらい。GeForce RTX 4060などの上位モデルでも同様だ。それを踏まえた上でパフォーマンスを見ていく。GeForce RTX 3050はフルHDでも13.5fpsに留まる。GeForce RTX 3050 8GBと比べると13%-18%程度低い。GeForce GTX 1660 SUPERよりもフレームレートが高くなっているのは意外だ。

FF14

ff14画像引用元:https://www.playstation.com/rtx30506gb-ff14

GeForce RTX 3050 8GBと比べてフルHDで20%、WQHDで22%、4Kで24%それぞれ低くなっている。同じGeForce RTX 3050という型番がつけられているのが不思議なほどだ。GeForce RTX 3050 8GBと同等のパフォーマンスを期待して購入すると後悔してしまう。GeForce GTX 1650と比べると最大で48%もフレームレートが高くなっている。フルHD環境なら快適にゲームを楽しめる。GeForce GTX 1650からのアップグレードでもメリットがありそうだ。

Blue Protocol

blueprotocolrtx30506gb-blueprotocol

GeForce RTX 3050 8GBと比べてフルHDで19%、WQHDで20%、4Kで20%それぞれフレームレートが低い。GeForce GTX 1660 SUPERよりもフレームレートが高くなっている。高解像度ではそれほど差がないが、フルHDでは14%程度上回っている形だ。GeForce GTX 1650と比べると最大で47%もフレームレートが高い。フルHDでは23%上回っている。

Forza Horizon 5

forzahorizon5rtx30506gb-fh5

グラフィックス不可の高いForza Horizon 5でのフレームレートを見ていく。GeForce RTX 3050と比べると30%もフレームレートが低くなっている。GeForce GTX 1660 SUPERと比べてもフルHDで25%劣る結果だ。GeForce GTX 1650と比べると最大で62%もフレームレートが高い。フレームレート的にはGeForce RTX 3050 8GBとGeForce GTX 1650の間に収まっている。GeForce GTX 1060 6GBからの買い替えでもメリットはある。

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077toprtx30506gb-cyberpunk2077

Cyberpunk 2077でのフレームレートを見ていく。GeForce RTX 3050 8GBと比べてフルHDで21%、WQHDで23%、4Kで9%それぞれ低くなっている。フルHDでも39.0fpsとぎりぎりの数値だ。フルHDでDLSS(パフォーマンス)有効化で69.8fpsを実現できた。GeForce GTX 1660 SUPERと比べた優位性はあると言えるだろう。GeForce GTX 1650と比べるとフルHDで49%、WQHDで56%、4Kで70%も高くなっている。GeForce GTX 1650の代替モデルとして考えれば必要十分な性能を有している。

Cyberpunk 2077 RT

Cyberpunk2077toprtx30506gb-cyberpunk2077rt

レイトレーシング性能を見ていく。GeForce RTX 3050 6GBでレイトレーシングを有効化すると20.9fpsとかなり厳しい。Radeon RX 6600と同等のレイトレーシング性能ということになる。DLSS 2.0(パフォーマンス)でも46.4fpsに留まる。8GBモデルであればDLSSで60.1fpsまで引き上げることが可能だ。レイトレーシング目的で購入するグラフィックボードではない。上記項目で記載したようにDLSSについては恩恵は得られそうだ。

GeForce RTX 3050 6GBのクリエイティブ性能

Cinebench 2024(GPUレンダリング)

cinebenchr24rtx30506gb-cinebenchgpu

Cinebench 2024で復活したGPUレンダリング性能を見ていく。GeForce RTX 3050 6GBのスコアは4,285で、GeForce RTX 3050 8GBと比べて18%程度低い。GeForce GTX 1660 SUPERよりも27%もスコアが高いのは新しい世代のグラフィックボードだからだろうか。上位モデルであるはずのRadeon RX 6600と比べても22%もスコアが高くなっている。Radeonシリーズはスコアが伸びづらいようだ。

Blender(GPUレンダリング)

blenderclassroomrtx30506gb-blender

定番のレンダリングソフトであるBlenderでのパフォーマンスを見ていく。Cinebench 2024と傾向は同じだ。GeForce RTX 3050 6GBのスコアは1249.59で、GeForce RTX 3050 8GBとの差は16%だ。GeForce GTX 1660 SUPERよりも65%も高い。RadeonシリーズはやはりふるわずRadeon RX 6600も958.34と伸び悩んでいる。

Adobe Premiere(動画編集)

Adobe Premiere Pro CCrtx30506gb-premierepro

動画編集ソフトであるAdobe Premiereでのパフォーマンスを見ていく。PugetBench for CreatorsでのGPUスコアをまとめた。GeForce RTX 3050 6GBのスコアは25で、GeForce RTX 3050 8GBよりも24%低い結果だ。GeForce GTX 1660 SUPERよりも5%高く、GeForce GTX 1650よりも32%高い。クリエイター用途でもまずまず通用すると言えるだろう。

Stable Diffusion(生成AI)

stablediffusionnew2rtx30506gb-ai

画像生成AIツール「Stable Diffusion」での生成速度を計測した。単位はit/sで1秒当たりのステップ回数で数値が大きい方が高性能であることを意味する。GeForce RTX 3050 6GBの生成速度は3.83 it/sで、GeForce RTX 3050 8GBよりも22%遅い。GeForce GTX 1660 SUPERよりも3.2倍以上速く、GeForce GTX 1650よりも10倍以上速い結果だ。画像生成を行うならGeForce GTX 1660 SUPERを圧倒する結果だ。ゲーム用途では敵わないが、クリエイティブ用途では優位性がある。

GeForce RTX 3050 6GB搭載おすすめゲーミングPC

A2-Gamingバトル/RBM014(駿河屋)

A2-GamingRBM013価格:89,800円(送料無料)
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050 6GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB Gen4 NVMe
電源:550W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト

まさか駿河屋がゲーミングPCを販売するとは思わなかった。完成度の高い一台に仕上がっている。クリアガラスパネルを採用したかっこいいPCケースは好印象だ。CPUはRyzen 5 4500、GPUはGeForce RTX 3050 6GBと低価格帯の定番の組み合わせと言える。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GB Gen4 NVMeと構成に不足はない。電源ユニットは550W BRONZEを採用している。送料が掛からないので割安感がある。受注生産品で5営業日での発送となる。

Lightning AT5(ドスパラ)

Lightning価格:103,980円+送料3,300円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050 6GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:550W 80PLUS BRONZE
コスパ:5.7

公式サイト詳細

ドスパラからもGeForce RTX 3050 6GB搭載モデルがリリースされた。8GB搭載モデルはラインナップから消滅している。CPUには第3世代Ryzenシリーズの廉価モデルであるRyzen 5 4500を搭載している。GeForce RTX 3050 6GBとのバランスも良好だ。メモリDDR4-3200 16GB・SSD 500GB NVMeと構成も十分だろう。電源ユニットは550W BRONZEだ。ケースデザインがやや平凡でそこにデメリットを感じないユーザー向けだ。ケースデザインを重視するならパソコン工房のLEVEL M-Classがおすすめだ。

LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE(パソコン工房)

LEVEL-M17M-134F-SLX-WHITE価格:104,800円+送料2,200円
CPU:Ryzen 5 4500
GPU:GeForce RTX 3050 6GB
メモリ:DDR4-3200 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:8.0

公式サイト詳細

パソコン工房から10万円を切る価格で販売されている。CPUには低価格帯で人気のRyzen 5 4500だ。ゲーミング性能は控えめだがGeForce RTX 3050 6GBとの組み合わせならボトルネックは心配不要だ。フルHD環境でも設定を下げる必要があることは理解しておこう。2020年以降にリリースされた比較的新しいタイトルについてはかなり下げる必要が出てくる。メモリDDR4-3200 16GB、SSD 500GB NVMeと構成は平均的だ。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。

LEVEL-M1A6-R75F-LAX-WHITE(パソコン工房)

LEVEL-M17M-134F-SLX-WHITE価格:129,800円+送料2,200円
CPU:Ryzen 5 7500F
GPU:GeForce RTX 3050 6GB
メモリ:DDR5-4800 16GB
ストレージ:SSD 500GB NVMe
電源:650W 80PLUS BRONZE
コスパ:調査中

公式サイト

CPUにZen 4アーキテクチャのRyzen 5 7500Fを搭載したゲーミングPCだ。「LEVEL-M1P5-R45-LAX-WHITE」+25,000円でCPUがRyzen 5 7500Fになり、メモリ規格もDDR5-4800へと強化される。Ryzen 5 4500の2世代後のモデルで高い性能を持つ。競合のCore i5-14400と同等以上のゲーミング性能を発揮する。GeForce RTX 3050 6GBとの組み合わせだとオーバースペック気味だ。メモリDDR5-4800 16GB・SSD 500GB NVMeと構成は平均的だ。電源ユニットは650W BRONZEを採用している。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

ゲーミングPCの選び方
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
ゲーミングPCの特徴を比較
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya

GeForce RTX 3050 6GBのベンチマーク検証機材

rtx30506gb

モデルベンチマーク検証機Intel Ver. 2023
CPUCore i9-13900K
GPUGeForce RTX 3050 6GB etc.
メモリDDR5-5600 32GB
ストレージSSD 1TB Gen4 NVMe
マザーボードMSI MPG Z790 CARBON WIFI MB5911
電源玄人志向 1200W PLATINUM KRPW-PA1200W/92+