GALLERIA RM5R-R35 4500top


ドスパラが販売する「GALLERIA RM5R-R35 SSD500GB搭載」の詳細レビューをまとめているRyzen 5 4500×RTX 3050搭載のエントリークラスのゲーミングPCだ。性能的にはローエンドクラスのモデルだと考えてよいだろう。

発売から時間が経ち徐々に価格が下がって購入しやすくなっている。理想はGeForce GTX 1660 SUPER搭載モデルの枠に入ることだ。今はまだGeForce RTX 4060搭載モデルと比べると性能的にもコスパ的にも見劣りしてしまう部分がある。Ryzen 5 4500搭載モデルの購入を考えている方は必ずGeForce RTX 4060搭載モデルも確認しておこう。

GALLERIA RM5R-R35 SSD500GB搭載のスペック

RM5C-G50

ブランド名GALLERIA
製品名GALLERIA RM5R-R35 SSD500GB搭載
価格119,980円(税込)
CPURyzen 5 4500(レビュー)
GPUGeForce RTX 3050(レビュー)
メモリDDR4-3200 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe
HDD非搭載
電源650W BRONZE
マザーボードチップセットA520
おすすめ度Bランク
評価・コスパ
7.0

—–内訳—–
・コスパ(CPU・GPUメイン)
5.6

・構成
6.5

・品質/サポート
9.0

1万円引きも上位モデルの存在が悩ましい

現在、GALLERIAシリーズは全体的に値下げが行われている。GALLERIA RM5R-G50 SSD500GB搭載も1万円引きが適用された。GeForce RTX 3050搭載モデルとしては、理想的な価格と言えるかもしれない。ただし、上位のGeForce RTX 4060搭載モデルとの価格差が小さく、あともう一歩といったところだろうか。

このまま順調に価格を下げることができれば、GeForce GTX 1650やGeForce GTX 1660 SUPERと入れ替われるかもしれない。次世代のロークラスとして期待されている価格は10万円台だ。性能と価格のバランスでは、GeForce RTX 4060に分がある。GeForce RTX 3050を搭載したモデルには、何よりも価格を重視してもらいたい。

低価格を実現できれば、これまで日の目を見ることがなかったGeForce RTX 3050も人気が出る可能性がある。そのためにはGeForce GTX 16シリーズの取り扱いが終了する必要はありそうだ。GeForce RTX 3050の性能はGeForce GTX 1660 SUPERに近く、価格はGeForce RTX 4060に近い。この中途半端な状況を生み出しているのは、GeForce GTX 16シリーズの存在だ。

もっと価格を下げようにも、下位のモデルが存在していることで調整できない。それでも11万円台に到達したことは純粋に喜びたい。せめてRGeForce TX 4060搭載モデルに1万円ほどの差をつけることができれば、選択するメリットも生まれる。セール・キャンペーンの対象になりにくいモデルだが、今後の展開次第ではエントリークラスとしておすすめしやすくなれるポテンシャルは秘めている。今はまだ選択の時ではないが、要チェックのモデルである。

>>GALLERIA RM5R-R35 4500搭載を購入<<

各タイトルの対応表

FF15Apex LegendsFORTNITE
ff15
・4K


・WQHD
Apex-Legends
・240fps


・144fps
fortnite
・240fps


・144fps

★5つ=最高設定、★4つ=高設定、★3つ=標準設定、★2つ=低設定、★1つ=厳しいということだ。なお、対応表は必要なスペックや環境から評価した個人的な見解となっている。

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載はRyzen 5 4500とRTX 3050を搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。ミドルクラスの中ではやや性能は低めながら、価格と性能のバランスに優れた性能がある。設定を下げればApex Legendsでも144Hz環境を実現できる。240fpsの張り付きは難しいものの200fps程度なら目指すことも可能だ。フォートナイトも高リフレッシュレートを実現できる。

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載のゲーミング性能まとめ

Ryzen 5 4500(CPU)

ryzen54500benchmark

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載ではCPUに最新のRyzen 5 4500を搭載している。Ryzen 5 3500の後継モデルという位置付けだ。アーキテクチャは同じなのでそれほど飛躍的にパフォーマンスが高くなったわけではない。それでもRyzen 5 3500と比べて10%以上性能が高い。Ryzen 5 3600との差は30%程度とやや大きくなっている。

動画編集や画像編集にも対応できるもののこれらの用途ならRyzen 5 3600やRyzen 5 5500以上のモデルを選択したい。ゲームプレイにおいても最低限の性能を持つに留まる。価格を抑えたいユーザー向けのCPUだと考えておくべきだろう。競合モデルのCore i5-12400との差はかなり大きくRyzenシリーズにとっては厳しい状況がある。

GeForce RTX 3050(GPU)

rtx3050seinou

当該モデルで採用されているグラフィックスはAmpere世代のエントリークラスであるRTX 3050だ。従来モデルのGTX 1660 SUPERと同等以上の性能を持つ。GTX 1650と比べると50%以上も処理性能が向上していてフルHD環境でなら設定次第で十分ゲームプレイに対応できる。レイトレーシング・DLSSといった機能が搭載されているもののそれほど期待はしない方がよい。純粋にゲームをプレイできたらよいと考えている方向けだ。

>>GALLERIA RM5R-R35 4500搭載を購入<<

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載の特徴まとめ

変化はほとんどないが将来性は高い

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載は、ガレリアのモデルとしては珍しく約1年近く価格に大きな変化がない。上位モデルのRTX 3060搭載モデルやRTX 4060搭載モデルと同等クラスの価格で停滞している。この価格推移からもわかる通り、ドスパラはGALLERIA RM5R-R35 4500搭載に力を入れていない。現在は人気のRTX 4060搭載モデルとの価格差も小さく、率先して選択理由がない状態だ。

これはこの先も続いていくと見ている。では、GALLERIA RM5R-R35 4500搭載はおすすめできないモデルなのかというとそうではない。確かに、現時点では選択するメリットは薄いが、RTX 40シリーズに50番台がないこと、GTX 1650搭載モデルが今も存在していることから、将来的には魅力的なモデルになる可能性がある。

ゲーミングPCに搭載される最も低いグレードのGPUは50番台だ。すでに2世代前のGPUであるGTX 1650は、近い将来取り扱いが終了してしまうだろう。その時、低グレード低価格の主力になるのは、すでに旧世代となったRTX 3050のはずだ。GALLERIA RM5R-R35 4500搭載は選択するメリットは薄くても、将来性の高いモデルと言える。

現行のRTX 4060搭載モデルと比べて価格差が小さいのはマイナスだ。これも時間経過で解決する問題かもしれない。GALLERIA RM5R-R35 4500搭載が129,980円のうちはおすすめできない。114,980円あたりになると一気に評価が高くなる。選択するなら1万円以上の値引きがあったタイミングだ。

ここまで大きな値引きがなかったモデルが、それだけ値引きされるのは予想しにくい。今年中に変化することも十分考えられる。価格が動き出したときこそ、GALLERIA RM5R-R35 4500搭載が真価を発揮するときだ。それまでは様子見をおすすめしたい。そろそろ動き出してもおかしくないだけに、注目したいモデルでもある。

次世代のロークラスとしては十分な性能を持つ

RTX 3050搭載モデルは、GTX 1650搭載モデルとうまく置き換わることができるかが重要なポイントだ。性能的にはGTX 1660 SUPERが近く、置き換わることができればロークラスの性能を底上げできる。RTX 3050が最低限の性能となれば、初心者の方にも扱いやすくおすすめしやすいモデルになる。GTX 1650も優秀なGPUながら、性能が控えめなことで扱いにくさがある。

次世代のロークラスを支えるであろうGALLERIA RM5R-R35 4500搭載には大きな期待をしている。現在はRTX 4060搭載モデルが近い価格にあるので注目度は低い。本領を発揮し、真価を問われるのは少し先になる。もしも、予想通りの展開となれば一躍人気モデルの一端を担うモデルになるだろう。ミドルクラスの選択肢は多くても、それより下のモデルの選択肢は限られている。

価格と性能で支えられるRTX 3050搭載モデルを選ぶのはGTX 1650が市場から消えた後だ。繰り返しになるが、価格が大きく下がるまではおすすめできないモデルなので注意してほしい。今選ぶなら比較対象のモデルをチェックしてほしい。登場から今まで、RTX 3050は不遇なGPUだった。スロースターターとなるか、このまま埋もれてしまうかはわからない。

ただ、RTX 4050のような後継機が登場していないところを見ると、期待できるのではないだろうか。ゲーム性能も従来のミドルクラス程度はある。フルHDで144Hz環境を構築するには十分な性能だ。GTX 1650と比べると明らかに性能が高い。ゲームの推奨環境もほぼ満たせるので安心だ。

価格の安いモデルは性能も低く、性能を理解していなければおすすめしにくい。10万円を切るモデルは初心者の方にとっては魅力的に見えても、実用面では厳しいこともある。RTX 3050がGTX 1650と置き換われば、ゲーミングPCはもっと簡単に選べるようになる。その時を期待しながら、GALLERIA RM5R-R35 4500搭載の変化を待ちたい。

>>GALLERIA RM5R-R35 4500搭載を購入<<

似ているモデルとの比較

ブランド名GALLERIAGALLERIA
イメージgalleriarseriesgalleriarseries
製品名GALLERIA RM5R-R35
SSD500GB搭載
GALLERIA RM5R-R46
SSD500GB搭載
価格119,980円(税込)123,800円(税込)
CPURyzen 5 4500Ryzen 5 4500
GPURTX 3050RTX 4060
メモリDDR4-3200 16GBDDR4-3200 16GB
SSD500GB Gen4 NVMe500GB NVMe
HDD非搭載非搭載
電源650W BRONZE650W BRONZE
マザーボードA520A520
公式公式公式
レビュー当ページレビュー
比較対象は同じドスパラのGALLERIA RM5R-R46だ。GeForce RTX 3050よりも50%以上性能の高いラのGALLERIA RM5R-R46RTX 4060を搭載している。価格は+4,000円だ。性能を考えればGALLERIA RM5R-R46の方がおすすめしやすいモデルだ。GALLERIA RM5R-R35は、このGALLERIA RM5R-R46に対してどこまで価格差を付けられるかで評価が変わってくる。

たとえば、現在の価格から1万円値下げすることができれば、GeForce GTX 1660 SUPER搭載モデルとGeForce RTX 4060搭載モデルの中間程度の価格になる。ここまで価格差をつけられると、GALLERIA RM5R-R35も選択するメリットが出てくる。言い換えれば、そうなるまではおすすめできないモデルである。GeForce RTX 3050は中途半端な価格と性能から、ゲーミングPCでも人気がないと断言できる。

性能を求めるなら価格の近いGeForce RTX 4060、価格を重視するなら近い性能で価格の安いGeForce GTX 1660 SUPERがあるからだ。GeForce RTX 4050のようなものが登場しても、価格は下がらず換装されてしまうのではないかと思えるほど不遇な存在だ。それでも、11万円台にまで下がったなら、今後の展開次第でチャンスはある。それまではGALLERIA RM5R-R46をおすすめしたい。

パソコンケースレビュー

正面

GALLERIA RM5C-G50-syoumenドスパラの新ケースとなっている。デザインハウスが設計したケースだけあってデザイン性が高い。ミニタワーケースとなっているが、従来のミニタワーよりは一回り大きくなっていてミドルタワーの差が縮まっている。違うのは高さだけで奥行きと幅はミドルタワーと共通だ。

右サイド

GALLERIA RM5C-G50-right右サイドはシンプルで吸気口だけが設けられている。高さ分の吸気口があるのでエアフロー改善には効果的だ。ガンメタリックのケースが高級感を演出している。

左サイド

GALLERIA RM5C-G50-left左サイドにも吸気口がある。また、一部クリアガラスパネルを採用していて中身が見えるようになっている。最近のモデルらしいデザインだと言える。

背面パネル

GALLERIA RM5C-G50back背面パネルについてはオーソドックスなものになっている。前面の両サイドから取り入れられた空気が上部及び後ろから排出してくれる。本体内部に熱がこもらないような工夫が見られる。140mmサイズの冷却ファンを搭載しているのも後押ししてくれる。

正面-LED

GALLERIA RM5C-G50-ledケースの枠組みにLEDが配置されている。オシャレな演出だ。このLEDについては専用のソフトウェアからコントロールすることができる。

I/Oパネル

GALLERIA RM5C-G50-iopanel前面に斜めにI/Oパネルが配置されている。電源ボタン、USB 3.2 Gen1 Type-A x4、ヘッドフォン端子が設けられている。USBが4つもあるのは使い勝手が良い。

>>GALLERIA RM5R-R35 4500搭載を購入<<

管理人による総評(GALLERIA RM5R-R35 4500搭載)

RM5C-G50

GALLERIA RM5R-R35 4500搭載は、Ryzen 5 3500の後継モデルであるRyzen 5 4500を搭載したゲーミングPCだ。次世代のCPUとは言ってもアーキテクチャ的には古くそれほど性能が高いわけではない。Ryzen 5 3500と比べてゲーム適性はそれほど伸びていない。RTX 3050搭載モデルの価格も徐々に下がってきている。もうあと一歩あればより魅力的なモデルになるだろう。

グラフィックスにはAmpere世代のエントリークラスであるRTX 3050を搭載している。標準設定を基準にすればある程度ゲームプレイに対応可能だ。Ryzen 5 4500とのバランスもまずまずだ。メモリ16GB、SSD 500GB Gen4 NVMeと平均的だ。上位モデルとの差がもう少し広がるまでは今はGeForce RTX 4060搭載モデルをチェックしておくべきだろう。

価格CPUグラボ
119,980円(税込)Ryzen 5 4500RTX3050
メモリSSDHDD
DDR4 16GB500GB非搭載