deskranking

当ページでは、2019年12月度最新のゲーミングPCおすすめランキングを紹介している。一般的に”ゲーミング”と言えばデスクトップパソコンが真骨頂だろう。各BTOショップが力を入れていてゲーミングノートPCよりも圧倒的にラインナップが多い。ゲーマーの方からしても選択肢が豊富で用途に合うモデルを探しやすいと言える。

数あるゲーミングPCの中でも、特に人気がある売れ筋ゲーミングPCあるいは管理人が自信を持っておすすめできる一台をピックアップして掲載している。また、できる限り人気の根拠についても解説。ゲーミングPCの種類が多くて、結局どれを購入すればいいのかわからないという方は是非参考にしてほしい。

ランキング更新内容一覧&概要まとめ!!

・2019年12月01日 毎月恒例のランキングの見直し(小変更)
・2019年11月01日 毎月恒例のランキングの見直し(大変更)
・2019年10月01日 毎月恒例のランキングの見直し(小変更)
・2019年09月18日 コラボモデルリニューアルによるランキングの見直し(小変更)

12月になりドスパラのキャンペーンがさらに強化されランキングを独占する形になっている。相対的に当サイトとG-Tuneとのコラボモデルの評価がダウンとなった。代わりに台頭してきたのはストームのモデルだ。送料・税込みとなっているため見た目以上にお得なゲーミングPCが揃っている。

色々な視点から各モデルを見ることでそのモデルにしかない強みも見えてくる。コストパフォーマンスを中心にゲーミングPCをピックアップしているので楽しみながらみていただけると幸いだ。更新頻度も高くしているため常に最新のゲーミングPCをチェックすることができる。

当ページの目次

G-Tuneとのコラボレーションモデル発売中【PR】

g-tunecollaboration画像引用元:https://www.g-tune.jp/

乃木坂46のCMで有名なマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」とのコラボレーションモデルも掲載中だ。G-Tuneの企業ページに当サイト用の特設ページが開設されているのでぜひチェックして欲しい。

ランキングTOP5に「NEXTGEAR-MICRO TD-G(旧im610GA1-TD)」がランクイン中となっている。このコラボモデルは、通常のラインナップよりもG-Tune側の利益を削っているためその分ユーザーに反映される形(安くてコスパが高い)になっている。構成と価格を見ればお得だということがわかるだろう。

ゲームパソコンおすすめランキング【2019年12月01日ランキング更新!!】

1位(→1位GALLERIA XF 2070Super(ドスパラ)

zzspec価格:178,980円 164,980円
CPU:Core i7-8700 Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 8GB DDR4 16GB
SSD:500GB 512GB NVMe対応
HDD:1TB 2TB
電源:650W BRONZE 700W GOLD
マザーボード:H370
公式詳細

RTX 2070Super×i7-9700Kを搭載したゲーミングPCだ。最新のRTX 2070Superを搭載しリニューアルされたイチオシモデルとなっている。レイトレーシングなど新しい技術を搭載したRTX20シリーズはこれまでのGTXとは異なりRTXを冠することになっている。RTX 2080に近い性能を持っていることから注目度が高い。CPUは第九世代のCore i7-9700を採用。新モデルの価格も落ち着きバランスは良好だ。さらに、SSDには512GB NVMe対応を搭載している。ストレージの強さはドスパラではもはや定番だ。

2019年12月01日追記!!
相変わらずフルキャンペーンが適用されていてよりお得なモデルとなっている。多くのユーザーにとってこのクラスを購入しておけば不満はないはずだ。ゲーミングPC選びの基準となるゲーミングPCとなっている。
2019年11月01日追記!!
14,000円割引が適用されランキング第一位を不動のものとしている。これでフルキャンペーンとなり完全体となった。当サイトの指標でも最も高いコスパを持つモデルの一つだ。現時点でこれ以上のモデルは今後も見つからないだろう。予算があうのであれば選択しておいて後悔はない。
2019年10月01日追記!!
現在Core i7-8700→Core i7-9700Kへの無償アップグレードが行われている。これによってコストパフォーマンスがさらに向上する結果となった。グラフィックボード以外全てが無償アップグレードを行われたことになる。割引はされていないもののこの構成なら何も文句はあるまい。
2019年09月20日追記!!
10月お届けで15000ポイントプレゼントキャンペーンモデルとなっている。10月のお届けでも良いのであれば15,000Pを獲得できるお得なキャンペーンだ。もちろん消費税8%で購入できる。急ぎでほしい方はページ下部にある”その他のGALLERIA XF”から当日出荷モデルを選択することが可能だ。PCパーツの購入も考えているのであれば15,000Pは大きい。おそらく増税後も増税前と同じ出荷数を維持したいという企業の思惑があるのだろう。ユーザーにとってはどちらを選んでもデメリットはない。
2019年09月18日追記!!
長らく一位にいたが「NEXTGEAR-MICRO TD-G」の台頭でワンランクダウンとなった。年末に掛けてどのように動くのか期待したいしたい。競争相手がいなかったためランキングが固定されがちだったがこれで動きが出てくるだろう。


2位(→2位)STORM PG-UR(ストーム)

PG-UR-2価格:105,800円 100,800円(91,636円)
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 8GB
SSD:250GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:750W 80PLUS GOLD
マザーボード:Z390
公式詳細

ストームの公式サイトでの表記は送料・税込みだ。ここでは比較しやすいように他のBTOメーカーと同じ税抜き表記にしている。このモデルはGTX 1660×i5-9400F搭載のゲーミングPCとしてトップクラスのコスパを持っている。FUL HD環境を基準に考えるならぜひ選択肢に入れたい。メモリ8GB、HDD 2TB、電源ユニット750W GOLDと抜群の構成を持つ。カスタマイズをせずそのまま購入するのが最もお得だ。

2019年12月01日追記!!
ボーナスセールで5,000円割引が適用されよりお得なモデルとなっている。さらに、CPUグリスの無料アップグレードも適用されていてこのクラスでは最高峰の一台だ。
2019年11月01日追記!!
ストームのゲーミングPCが初登場でランキング第二位となった。ドスパラに唯一対抗できるショップのイチオシモデルだ。10万円前後で考えている方はぜひチェックして欲しい。


3位(↑4位GALLERIA ZG(ドスパラ)

zzspec価格:225,980円 209,980円
CPU:Core i9-9900KF
GPU:GeForce RTX 2080 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:3TB
電源:AcBel 700W GOLD
マザーボード:チップセットZ390
公式詳細

RTX2080 Super×i9-9900KF搭載のハイクラスゲーミングPCとなっている。RTX2080 Superは、RTX 2080の後継モデルとして登場しPascal世代のフラグシップモデルGTX1080Tiを超える高い性能を持つ。RTX 2080との性能差はそれほど大きくないが価格が変わらないならユーザーからのメリットは大きいだろう。4K解像度でゲームをしたい方必見だ。もちろんレイトレーシングなど最新の技術も体感できる。メモリ、ストレージ、電源など構成面も申し分なくカスタマイズは不要だろう。チップセットはZ390となっているためオーバークロックにも対応している。

2019年12月01日追記!!
先月4位からワンランクアップとなった。RTX 2080 Super搭載モデルを探している方はまずはじめにチェックすべきモデルだ。
2019年11月01日追記!!
先月より1ランクダウンとなったが、コストパフォーマンスの高さは変わらず今月もおすすめだ。4K解像度でのゲームプレイを考えている方はチェックして欲しい。
2019年10月01日追記!!
10,000円OFFから16,000円OFFと割引額がアップした。ハイクラスのゲーミングPCとしては非常に安い。ドスパラはミドルクラス以上のゲーミングPCが強くなっている。
2019年09月01日追記!!
先月と同じ3位にランクインとなった。先月末から10,000円割引されてお得度がアップしている。ハイクラスモデルは割引額も大きくセール狙いがおすすめだ。


4位(↑5位NEXTGEAR-MICRO TD-G(G-Tune)

im610価格:129,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:500W 80PLUS BRONZE
マザーボード:B360
公式詳細

当サイトとG-Tuneのコラボモデルだ。コストパフォーマンスがずば抜けていて多くの方に支持されている。GTX1660Ti搭載でHD環境では高いレベルでゲームプレイが可能だ。Core i7-9700は8コア8スレッドでオールラウンドな性能を発揮する。SSD 256GB NVMe対応とHDD 2TBは強力だ。GTX1660Ti搭載モデルとして最強の一台に仕上がった。

2019年12月01日追記!!
ガレリアXTの割引が終了となったため4位にランクアップとなった。コストパフォーマンス重視でゲーミングPCを選びたい方は必見だ。
2019年11月01日追記!!
先月2位から5位へと大幅ダウンとなった。競合のガレリアXTがフルキャンペーン適用となり相対的にコストパフォーマンスが落ちている。リニューアルが行われるまでは選択肢から外した方が良いかもしれない。
2019年10月01日追記!!
先月はG-TuneのAmazonキャンペーンがあった分上位にあったがキャンペーンが終了した今コストパフォーマンスは少し下がってしまった。それでもGTX 1660 Ti搭載のミドルクラスのゲーミングPCとしてはずば抜けたコストパフォーマンスを持っている。
2019年09月18日追記!!
リニューアルで型番がリニューアルされた。ミドルクラス最強のゲーミングPCがついにランキングトップへと踊り出た。型番も「NEXTGEAR-MICRO im610GA1-TD」から「NEXTGEAR-MICRO TD-G」固定されてわかりやすくなり魅力が増したと言える。Amazonギフト券キャンペーン中の今がチャンスだ!
2019年09月01日追記!!
今月も引き続き第二位にランクインとなっている。今ならAmazonギフト券5,000円分獲得のチャンスだ。増税前にぜひお得にゲーミングPCを手に入れて欲しい。実質5,000円引きと考えるとよりコストパフォーマンスの高いゲーミングPCとなった。


5位(NEWLEVEL-G03A-i5K-RXVI (パソコン工房)

LEVEL-G03A-LCi9KS-XYVI価格:139,980円 129,980円
CPU:Core i5-9600K
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:700W 80PLUS BRONZE
マザーボード:Z390
公式

GTX 1660 Tiを搭載したゲーミングPCだ。最新のRTX 2060 Superは、RTX 2070に近いゲーミング性能を持っている。この価格で手に入るなら十分選択肢に入る。メモリ16GB、SSD 500GB NVMe対応、HDD 2TBと構成は必要最低限だ。このモデルが面白いのはフルタワーモデルとなっていることとCore i5-9600Kを搭載していることだ。他のショップにはない組み合わせだと言える。オーバークロックをしたいと考えている方にもおすすめだ。

2019年12月01日追記!!


6位(↑8位)STORM PG-UD(ストーム)

PG-UR-2価格:140,800円 135,800円(123,454円)
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4 8GB
SSD:250GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:750W 80PLUS GOLD
マザーボード:チップセットB365
公式詳細

RTX 2060×i7-9700搭載のゲーミングPCだ。一世代前のモデルだが、価格を考えると選択肢に入れても良い。FULL HD環境で高いパフォーマンスを発揮する。メモリ8GB、SSD 250GB NVMe対応、HDD 1TBと構成も上々だ。このモデルはカスタマイズをするとコストパフォーマンスが上がるモデルとなっている。メモリやSSD容量を増やすと良いだろう。カスタマイズが前提であることを考えると中上級者向けと言えるかもしれない。

2019年12月01日追記!!
ボーナスセールで5,000円引き+CPUグリスの無料アップグレードが適用されている。また、CPUもCore i7-8700から最新のCore i7-9700へ変更となりより魅力的なゲーミングPCとなった。カスタマイズを楽しみたいならぜひチェックして欲しい。
2019年11月01日追記!!
ストームのモデルが第8位にランクインとなった。一世代前のモデルがランクインとなるのはそれ相応の理由がある。基本構成の価格が安いためカスタマイズで自分好みのモデルにするのが良い。

7位(→7位G-GEAR GA7A-F194/T(TSUKUMO)

G-GEAR GA7A-B180T価格:159,800円
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:DDR4 16GB
SSD:240GB
HDD:1TB
電源:CWT製 700W BRONZE
マザーボード:H370
公式

Ryzen 7 3700X搭載のゲーミングPCだ。グラフィックボードにはRTX 2070 Superを搭載していてゲーミング性能が高い。メモリ16GB、SSD 240GB、HDD 1TBと構成も充実している。カスタマイズをしなくても通用する一台だと言える。FULL HD環境あるいはそれ以上の環境でゲームをプレイしたいユーザー向けだ。

2019年12月01日追記!!
現在キャンペーン適用中となっている。+500円で500GBへ、L3,000円で1TBへアップグレードすることが可能だ。


8位(↓3位GALLERIA XT(ドスパラ)

zzspec価格:129,980円
CPU:Core i7-8700 Core i7-9700
GPU:GeForce GTX1660 Ti
メモリ:DDR4 8GB DDR4 16GB
SSD:500GB 512GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:500W 80PLUS BRONZE
マザーボード:H370
公式詳細

低価格帯で人気の一台となっている。ドスパラの売れ筋ランキングでの第二位にランクインの人気モデルだ。ランキング二位のランクインも納得のコストパフォーマンスの高さが光る。グラフィックボードにはGTX1660Ti 6GBを搭載しFULL HD環境での快適なゲームプレイが可能だ。CPUはCore i7-8700を搭載。予算的に合う方におすすめだ。

2019年12月01日追記!!
先月3位から大幅にランクダウンとなった。GALLERIA XFやGALLERIA ZGのキャンペーン開始に伴いGALLERIA XTのキャンペーンが終了してしまったのが要因だ。ミドルクラスで探している方は比較対象として検討してみよう。
2019年11月01日追記!!
先月5位から一気に3位に躍り出た。10,000円割引が適用されランキング1位のガレリアXFと同じくフルキャンペーンが適用されている。非常にコストパフォーマンスの高い一台だ。
2019年10月01日追記!!
先月6位から5位にワンランクアップした。Core i7-9700Fへの無償アップグレードが適用され総合性能は向上している。FULL HD環境を前提に考える方におすすめだ。
2019年09月01日追記!!
前回と同じ6位にランクイン。キャンペーンがもりもり行われているお得なゲーミングPCだ。FULL HD環境でのゲームプレイを考えている方向けだ。RTXシリーズとは違いレイトレーシングなどには対応していないので注意して欲しい。
2019年08月01日追記!!
前回4位から2ランクダウンとなった。それでもキャンペーン開始でCPUが、Core i7-9700へとアップグレードされたのは大きい。


9位(→9位NEXTGEAR TD-P(G-Tune)

nextgeartop価格:239,980円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080 Super
メモリ:DDR4 32GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:3TB
電源:700W 80PLUS GOLD
マザーボード:Z390
公式詳細

当サイトとG-Tuneとのコラボレーションモデルでここでしか購入することができない。RT20シリーズハイクラスのRTX2080 Superを搭載したゲーミングPCだ。4K解像度でのゲームプレイを考えていて新しいモデルを探している方必見だ。レイトレーシングなど対応タイトルをプレイしているなら買いだろう。CPUにも最新のCore i9-9900Kを搭載し高いパフォーマンスを発揮する。このモデルの注目点はそれだけではない。メモリ32GBと大容量なこととSSDにはNVMet対応M.2 512GBを採用していることだ。より快適な環境でゲームをプレイすることができる。メモリ容量が大きいことを考えるとクリエイターの方にもおすすめだ。

2019年12月01日追記!!
先月9位から継続となっている。ハイエンドクラスのゲーミングPCを探していて予算が合う方なら選んで後悔はないだろう。メモリ32GBと大容量なのも他にはなかなかないポイントだ。
2019年11月01日追記!!
先月より1ランクダウンとなった。それでもこのクラスのゲーミングPCとしては至高の一台だと言える。メモリ32GB、SSD 512GB、HDD 3TBという構成は価格度外視で考えた方が良い。
2019年10月01日追記!!
先月から2ランクアップとなった。RTX 2080 Super搭載モデルとしては魅力的なゲーミングPCだ。充実の構成も考えるとコストパフォーマンスが高く人気が高い。
2019年9月01日追記!!
先月同じ10位にランクインとなっている。当サイト経由で購入すればAmazonギフト券5,000円プレゼント中だ。ハイクラスのゲーミングPCを探している方は要チェック。
2019年8月01日追記!!
RTX 2080 Superが登場したことでランクダウンとなった。それでも性能面では大きな差はなく高いパフォーマンスを発揮する。メモリ32GBが標準搭載のゲーミングPCも少なく希少性がある。


10位(→10位NEW ALIENWARE AURORA スタンダード・RTX搭載(エイリアンウェア)

NEW ALIENWARE AURORA価格:184,980円(送料・税込) 170,980円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce RTX 2060 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:非搭載
HDD:2TB
電源:非公開
マザーボード:Z370
公式

NEW ALIENWAREはスタイリッシュなデザインを採用して新しく登場した。これまでの無骨なデザインからより今風なデザインへと変貌。当該モデルではグラフィックボードにRTX 2060 Superを採用しFULL HD環境での適性が高い。Core i7-9700とのバランスも良く評価に値する。メモリ8GB、HDD 2TBと構成は控えめなためカスタマイズを前提に考えよう。

2019年12月01日追記!!
先月と同じ10位にランクインとなった。キャンペーンは終了したがその分割引額が大きくなったためコスパは向上している。14,000円OFF+15%OFFのダブルキャンペーンは熱い!

2019年11月01日追記!!
エイリアンウェアのNEWモデルがランクインとなった。現在RTX 2060 Super→RTX 2070 Superへの無償アップグレードが適用となっている。それでもやはりコストパフォーマンスを考慮するとエイリアンウェアのモデルが上位にランクインすることは難しい。デザインなど他の面を評価する必要がある。

ゲーミングPC徹底解剖サイトのランキング基準

rankingkijyun
できる限り主観が入らないように配慮しているのがポイントとなっている。各BTOメーカーあるいは広告代理店からランキング上位にして欲しいと言われても商品がそれに見合っていなければお断りしている。上部のG-TuneのPRは掲載してくれというわけではなく、あくまでも私が本当に良いと思っているから掲載しているのだ!

外部の力で決まるのではなく私たちが客観性を重視してランキングを作り上げているのだ。当サイトのおすすめランキング掲載基準となるものは次の三つ。各モデルのコストパフォーマンス、ケースの排熱性能及び拡張性、そして当サイト経由での販売台数とPVだ。一つずつ簡単に説明していく。

まず、各モデルのコストパフォーマンスだ。やはりコスパは多くの方が気になる部分だと思う。たくさんのモデルの中にはコスパが明らかに劣るものもある。ただし、単純に性能に対する価格が安いから上位というわけではない。次に説明するケースの性能も大切だ。

性能が高いことはもちろん、一般ユーザーには見えにくいケースの排熱性能や拡張性なども評価に加えている。そういう意味ではミニタワーよりもミドルタワーやフルタワーの方が有利だと言える。せっかく高価なパソコンを購入するのだから長く使用できるモデルを選んで欲しいという想いがある。

また、2018年から新しくランキング基準に当サイト経由での販売台数、ページビューも考慮している。ただし、販売台数に関しては正確な数を知るのが困難なため目安と考えて欲しい。ページビューはどのぐらいそのページが見られているかを表すものだ。PVが多いということはそれだけユーザーに注目されているモデルだと判断できる。

こだわりでゲーミングPCを選びたい【人気コンテンツ!!】

上記のゲーミングPCおすすめランキングは最後の最後に見て欲しいコンテンツだと言える。ここではもう少し自分自身でゲーミングPCを探してみたいという方向けに、こだわりのゲーミングPC選ぶのコンテンツを用意した。その上で再度当ページ(おすすめランキング)に戻ってくればより明確にあなたに合うモデルが見つかるだろう。

セールでお得なゲーミングPCを選ぶ

sale

お得なゲーミングPCを選びたいという方は各BTOメーカーが実施しているセール情報をチェックして欲しい。パソコンは大型連休を中心にセールが行われることが多いという特徴がある。

一つポイントとしては、セール対象になるモデルというのは売れ筋モデルであることが多いということだ。つまり、当ページの位総合おすすめランキングと似たモデルもあるということになる。価格を重視したゲーミングPCをピックアップした。

FRGAH370/WSB/NTK(フロンティア)

frontiergr価格:145,800円
CPU:Core i7-9700F
GPU:GeForce RTX 2070 Super
メモリ:16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:850W電源 80PLUS GOLD
公式詳細

RTX2070 Super搭載のゲーミングPCが税抜き14万円台だ。最新のCore i7-9700Fを搭載している。フロンティアは最新モデルの導入がとても早く高評価だ。RTX2070 Superは、前世代のGTX1070Tiよりも高い性能を持ちWQHD解像度でのゲームプレイもこなしてくれる。4K解像度にも対応できる。構成もよくまとまっていてメモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと十分過ぎる。メモリ16GBが標準装備なのは嬉しい。より安定したゲームプレイやパソコン作業が可能だ。


FRGAH370/WS6/NTK(フロンティア)

frontiergr価格:135,200円 109,800円
CPU:Core i7-9700
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:2TB
電源:600W電源 80PLUS BRONZE
【日本製コンデンサ仕様】
公式詳細

GTX1660を搭載したモデルとなっている。コストパフォーマンスの高さがウリの一台だ。GTX1060 6GBを超える性能を持ちタイトルによってはWQHDでのゲームプレイもできる。ダブルストレージがかなり強力で、SSD 1TB・HDD 2TBと他のモデルにはない構成を採用。SSD 1TBは圧巻でこれだけで十分だという方も多いだろう。


CPUとGPUのバランスでゲーミングPCを選ぶ

cputogpu
CPUとGPUのバランスを重視したいという方も多いだろう。CPUあるいはGPUの性能バランスが悪いとボトルネックが生じてしまい最大限のパフォーマンスを発揮できなくなることがある。

特に中上級者の方に人気の選び方だと言える。RTX2070×i7-9700KやGTX1660Ti×i7-9700Kの組み合わせが人気だ。

GALLERIA ZV(ドスパラ)

xfspec価格:145,980円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2060 Super
メモリ:DDR 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:2TB
電源:650W 80PLUS BRONZE
公式詳細

最もバランスの良い構成の一つとなっている。RTX 2060 Superは、WQHD環境までが得意で高いパフォーマンスを発揮する。FULL HD環境なら最高設定でのゲームプレイもできて将来性も高い。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBと構成も充実している。総合ランキング1位のGALLERIA XFの下位モデルと考えて良いだろう。価格を抑えたいなら十分選択肢に入る


LEVEL-M0B4-R53-RJX(パソコン工房)

G-GEAR GA7A-B180T価格:144,800円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX1660 Super
メモリ:16GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:500W BRONZE
公式

GTX1660 Superを搭載したゲーミングPCだ。GTX 1660に近い価格でGTX 1660 Ti寄りの性能が手に入る。ミドルクラスのグラフィックボードの中で一般受けしやすいモデルだと言える。Ryzen 5 3600との相性もばっちりだ。メモリ16GB、SSD 500GBと構成はやや控え目だが価格に反映されているため特に問題にはならない。予算がぴったりの方はぜひ検討して欲しい。



激安ゲーミングPCを選ぶ

総合ランキングでは多くのユーザーに刺さるミドルクラス~ハイクラスが中心となっている。売れ筋ということは多くのゲーマーの要望に合致するモデルが選択されるからだ。一方で、ライトゲーマーでとにかく安いゲーミングPCを購入したいという方もいるだろう。ここでは送料・税込み10万円以下で購入できるモデルをピックアップした。

LEVEL-M0B6-i5F-RFS(パソコン工房)

m037価格:89,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB 480GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE
マザーボード:B360
公式

ここまで価格を下げたゲーミングPCは貴重だ。Turing世代になり50番台でも十分ゲーム用として機能するように変貌した。学生や社会人になりたての方でも購入しやすい価格帯だと言える。CPUには高コスパが光るCore i5-9400Fを採用。設定にこだわなければ十分すぎるだろう。


FRMXH370/WS4(フロンティア)

mxseries価格:92,600円 75,800円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:16GB
SSD:480GB
HDD:1TB
電源:600W電源 80PLUS BORNZE
公式詳細

間違いなくこのモデルは買いだ。このクラスでこれ以上のモデルはないと断言できる。GTX 1660搭載モデルの中でもずば抜けた一台がこのFRONTIERのMXシリーズだ。CPUには第九世代のCore i5-9400Fを採用し構成バランスも良好となっている。GTX1660は、GTX1060 6GBに匹敵する性能を持ち低価格帯のモデルとは言ってもライトユーザーにとっては十分すぎる性能だ。メモリ16GB、SSD 480GB、HDD 1TBとカスタマイズは不要ではじめての一台にもおすすめできる。



ハイクラスのゲーミングPCを選ぶ

2019年時点で購入できるハイエンドクラスのゲーミングPCを購入したいという方も多いだろう。多くのゲーマーの方にとってオーバースペックとなるモデルということもありランキングには入りにくいモデルだと言える。RTX2080Ti×i9-9900Kは至高の構成だ。中には40万円を超えるモデルも存在している。見ているだけでも面白いかもしれない。

GALLERIA ZZ i9-9900K(ドスパラ)

zzspec価格:279,980円 269,980円
CPU:Core i9-9900KF
GPU:GeForce RTX 2080 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応M.2 512GB
HDD:3TB
電源:SILVERSTONE 750W PLATINUM
マザーボード:Z390
公式詳細

RTX2080Ti×i9-9900KF搭載のゲーミングPCとなっている。値引き開始となりお得度が増している。現存するPCで最高峰の性能を持つ。さらに、メモリ16GB、NVMe対応M.2 500GB、電源ユニットSILVERSTONE PLATINUMと抜群の構成だ。4K解像度でがっつりゲームをしたいというこだわりのユーザー向けだ。この構成なら文句なしだろう。予算さえあればおすすめだ。間違ってもFULL HDでしかゲームをしないとかそもそもモニターを持っていないのであれば購入してはいけない。


SR-ii9-8864V/S7/GZ/W10P(パソコンショップセブン)

780T価格:332,800円 288,800円
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX2080Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:NVMe対応 500GB
HDD:3TB
電源:750W GOLD
公式

ケースにはフルタワーのCORSAIR Graphite Series 780Tを採用。8つのドライブと最大12台の大型冷却ファンを収容することができる。CPUクーラーはCorsair製で統一。とにかくスペースが豊富なため排熱対策もばっちり行える。オーバークロックを前提に考えるなら非常に魅力的なケースだ。性能や構成を考えると価格は安くお買い得だ。



ケースデザインがかっこいい海外製ゲーミングPCを選ぶ

omen900
国内の大手BTOメーカーのゲーミングPCはどちらかというと控え目なケースデザインを採用している。これは一般的なユーザーをターゲットにしていることから仕方がない。日本人は奇抜なデザインを好まないようだ。しかし、中にはかっこいいゲーミングPCを購入したいという方も多いだろう。そんな方には海外のゲーミングPCがおすすめだ。国内モデルにはないオシャレなデザインが揃っている。価格の高ささえクリアできればベストな選択となるだろう。

Lenovo Legion C730-90JH006AJM(Lenovo)

Lenovo Legion C730価格:244,860円(税込み・送料込み)
CPU:Core i9-9900K
GPU:GeForce RTX 2080
メモリ:DDR4 32GB
SSD:1TB
HDD:2TB
電源:500W
マザーボード:Z390
公式

今となっては珍しいキューブ型を採用したゲーミングPCだ。Lenovoは2019年ゲーミングPCブランドに力を入れていくということなので期待ができる。このモデルに関してはCPUにはCore i9-9900Kを、GPUにはRTX2080を搭載し高いパフォーマンスを発揮。さらに、メモリ32GBは圧巻だ。キューブ型モデルを探している方は必見だ。


ROG STRIX GL12CX(GL12CX-I7KR2070)(ASUS)

ROG STRIX GL12CX-I7KR2070価格:299,500円
CPU:Core i7-9700K
GPU:GeForce RTX 2070
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB
HDD:1TB
電源:700W 80PLUS GOLD
マザーボード:Z370
公式

RTX 2070搭載の高パフォーマンスモデルだ。ASUSのゲーミングPCブランドROGは価格が高めだ。それでもオシャレなケースデザインや充実の構成を考えると選択肢に入れても良いだろう。国産のゲーミングPCにはない魅力が詰まっていると言える。



ゲーミングノートPCを選ぶ

ALIENWARE m15 NAM85VR-9HL持ち運びができるゲーミングノートPCを探している方向けのコンテンツだ。デスクトップパソコンと比べると割高だが、最新のタイトルでも快適にゲームプレイができる性能を持つ。ノートの利便性と消費電力の多さや割高などのデメリットを天秤にかけて検討して欲しい。

GALLERIA GCR2070RGF-QC-G(ドスパラ)

gallerianote価格:186,980円
液晶:15.6型 144Hz
重量:約2.36kg
駆動時間:最大10時間
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

2019年10月に登場したばかりの新しいゲーミングノートPCだ。発売当初はかなり割高だったが今は価格も落ち着きおすすめしやすいモデルとなっている。CPUにはついに発売開始となった第九世代Core i7-9750Hを搭載。第八世代のものよりもクロック周波数が引き上げられよりパフォーマンスがアップとなっている。グラフィックボードにはRTX 2070 MAX-Qを搭載。RTX 2070より性能が劣るものの省電力性とコンパクトさに優位性がある。


NEW ALIENWARE M15 プレミアム・RTX搭載 VR(ALIENWARE)

ALIENWARE m15 NAM85VR-9HL価格:219,980円(税込)
液晶:15.6インチ
重量:2.16kg
駆動時間:不明
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX2060
メモリ:16GB
SSD:256GB
HDD:非搭載
公式

エイリアンウェアの最新モデルだ。現在15%OFF限定クーポン適用でよりお得に購入できる。13インチの従来モデルよりも20%軽くなった薄型デザインが人気。大型モデルが多い海外製品の中では異例だ。性能的にはRTX 2060×Core i7-9750Hを搭載しFULL HD環境あるいはWQHD環境で快適なゲームプレイが可能だ。また、ストレージにはSSDを搭載しているので使い勝手が良い。



ゲーミングPCって何のこと?

3Dゲームのプレイを目的としたPC

PG-QD
ゲーミングPCとは、名前のとおりゲームプレイに特化した高性能なパソコンのことだ。具体的には高性能なグラフィックボード、CPU、電源ユニット、PCケースを採用し、そして大容量メモリを搭載しているモデルということになる。ゲームをプレイしていてカクついてしまったり、重くなってしまったりするという方はゲーミングPCの購入を検討して欲しい。

ゲーミングPCと普通のPCとの違い

 ゲーミングPC普通のPC
CPUCore i5以上Core i3やPentium等
GPUグラフィックボード搭載オンボードが多数
メモリ8GB以上4GB以上
電源500W 80PLUS標準モデル
排熱性能高い普通
価格帯10万円~4万円~
価格は10万円以上がほとんど

ゲーミングPCと普通のPCで違うのは上記のテーブルの通りだ。性能が高くなるということで当然価格も上がる。普通のパソコンとは違い、グラフィックボードを搭載していたり、CPUもCore i5を搭載していたりとどうしても価格は上がってしまう。当然ビジネス用途としてやクリエイター用途としても使えることは言うまでもないだろう。

初心者でもわかるゲーミングPC選びのコツ

初心者の方が抑えておくべポイントを解説している。特に重要なのはグラフィックボードとCPUだ。他のところに関しては完成品のデフォルトの構成でも問題ないことが多い。

グラフィックボード(GPU)★★★★★

gtx1660zotac画像引用元:https://www.zotac.com/jp/

  • RTX2080Ti ◎
  • RTX2080 ☆
  • RTX2070 ☆
  • RTX2060 ◎
  • GTX1660Ti ☆
  • GTX1660 ◎
  • GTX1650 ◯
  • GTX1050Ti △
  • GTX1050 ×

ゲーミングPCを考える上で最も重要なのは、このグラフィックボードだ。ゲームなどの3Dグラフィックスを描写させるのに必要なPCパーツだ。グラフィックボードの性能がそのゲーミングPCの性能を決めると言っても過言ではない。

現在購入できる搭載モデルは上記の通りだ。RTX2070、RTX2080、GTX1660Ti当たりが売れ筋となっている。4K解像度でゲームをしたいならRTX2080以上、バランス重視の方はRTX2070、価格重視の方はGTX1660Ti or GTX1660がおすすめだ。

CPU ★★★★☆

core i7-9700kf画像引用元:https://www.ark-pc.co.jp/

  • i9-9900K ◎
  • i7-9700K ☆
  • i7-9700 ☆
  • i5-9400F ◎
  • i3-9100F △

CPUはゲーミングPCを支える重要なパーツだ。様々な処理を行う上で重要な役割を果たし、ゲームプレイの快適さにも影響を与える。グラフィックボードに比べると種類はそれほどなく選びやすい。基本的にはCore i7-9700K(F)、Core i7-9700(F)、Core i5-9400(F)のいずれかから選択すると良いだろう。グラフィックボードとのバランスを考えるとなおよしだ。

例えば、ハイエンドのRTX2080以上を選択するならi9あるいはi7を選びたい。RTX2070やRTX2060ならi7を、GTX1660TiやGTX1660ならi7やi5が選択肢となる。グラフィックボードの性能に比べてCPU性能が低すぎるとそれがボトルネックとなってしまい性能を発揮できないことがあるからだ。

メモリ ★★★★☆

Crucialmemory

メモリ容量が多くなるとゲームプレイが安定するという特徴がある。ゲーミングPCのメモリ選びは行いやすい。なぜなら基本的には販売されているモデルのデフォルトのままで問題ないからだ。多くのモデルで8GBを採用、上位モデルになると16GBとなっている。

2019年時点であれば8GBでも良いが、将来性を考えるなら16GBにカスタマイズするのがベターだ。32GB以上については動画編集をするなどのクリエイターの方以外は不要だと言える。グラフィックボードやCPUに比べると簡単だろう。

ストレージ ★★★☆☆

ssd

ストレージについてもメモリと同様に選びやすい。最近はストレージ特にSSDの価格が落ちてきたこともあり各モデル大容量のストレージを搭載していることが多い。最低限SSD 240GB、HDD 1TB以上あれば十分だろう。

少しでも快適にアプリ(ゲーム含む)で作業をしたいならSSD容量を500GB以上、動画をたくさん保存したいならHDD容量を2TB以上に増やしたりして対応しよう。なお、カスタマイズをしなくても後から自分で増設することも可能だ。初心者の方でも簡単に行える。

電源ユニット ★★★☆☆

coolermaster_dengen

電源ユニットは、ゲーミングPCを影で支えてくれる重要なパーツとなる。電源容量が足りないとPCの動作が不安定になってしまう。ただ、ゲーミングPCの電源ユニットは力が入れられているので、そのままでも問題ないことが多い。

ミドルクラスなら500W 80PLUS BRONZE以上、ハイクラスなら650W 80PLUS BRONZE以上あると安心だ。予算に余裕があるならより高品質なGOLD認証やPLATINUM認証を選択すると良いだろう。

PCケース ★★★☆☆

SR-ii9-8862GS6GPW10

BTOのゲーミングPCではPCケースを考えることはそれほどない。なぜならモデルごとにある程度固定されてしまっているからだ。ユーザーが考えるべきなのは、ミニタワーかミドルタワーかぐらいとなる。最近のゲーミングPCのケースは機能性が高いためケースで失敗する可能性は低い。ミドルクラスのゲーミングPCならミニタワーを、ハイクラスのゲーミングPCなら排熱性能が高いミドルタワーを選択しよう。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2019年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る