noterankingu

当ページでは、最新のゲーミングノートPCランキングを紹介している。RTX 20シリーズやGTX 16シリーズが登場し性能の底上げが行われている。Intel第10世代Core iシリーズやAMD第3世代Ryzenシリーズ(3000番台)の登場も後押ししている形だ。

ノートが欲しいゲーマーへの風向きは良好だと言える。2020年になって搭載モデルの価格が落ち着き購入しやすくなっているからだ。予算さえ合えばノートで快適にゲームをしたいという方でも満足できるだろう。

なお、ゲーミングノートPCの場合販売している国内のBTOメーカーはそれほど多くない。ドスパラ、パソコン工房、G-Tune、フロンティア、TSUKUMOが中心となる。Razer、ALIENWARE、MSIなどの海外製ゲーミングノートPCも注目だ。ノートに力を入れているのは海外ブランドの方が多いかもしれない。

当記事の更新内容一覧!!

2020年09月01日 毎月恒例のランキングの見直し(変更大)
2020年08月01日 毎月恒例のランキングの見直し(変更大)
2020年07月01日 毎月恒例のランキングの見直し(変更大))

搭載されているCPUの多くが最新の第10世代Core i7-10750H/Core i5-10300Hとなっている。一部のモデルでは第9世代のCore i5-9300Hを搭載。第9世代と第10世代でそれほど大幅に性能が向上していたわけではないのでどちらでもよい。また、Ryzenも第3世代になってノート向けCPUのパフォーマンスが向上している。Ryzen 7 4800H/Ryzen 5 4600Hを搭載したモデルも増えてきた。

グラフィックボードはある程度デスクトップに追いついているが、CPUはまだまだ遅れを取っているのが現状だ。そのため、現時点で最高峰のCPUであるいずれかのモデルを搭載したモデルを選択することを推奨する。それ以外の選択肢はないと考えて良い。例えば、省電力モデルのUシリーズは選択肢に入らない。

当ページの目次

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年09月】

1位(↑4位)GALLERIA GCL2060RGF-T(ドスパラ)

GALLERIA GCL2060RGF-T価格:139,980円
液晶:15.6型 144Hz
重量:約2.7kg
駆動時間:不明
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式GALLERIA GCF1050TGF-E詳細

GALLERIA GCL2060RGF-Tは、2020年6月に登場したRTX 2060搭載のゲーミングノートPCだ。薄型狭額ベゼルを採用し本体自体も薄く新製品らしい一台だと言える。CPUには第10世代のCore i7-10750Hを採用。第9世代のものよりもわずかながらゲーミング適正が向上している。グラフィックボードにはRTX 2060を採用し144Hz対応液晶モニターを活かせる性能を持っている。ヌルヌル動くゲームプレイをぜひ体感して欲しい。FULL HD環境でラクラク100Hzを叩き出せる性能は圧巻だ。キーボードにもこだわりがありメンブレンキーボードを採用。打鍵感の良いキーボードは評価が高い。ストレージには高性能なNVMe対応M.2 512GBを採用し十分の容量を持つ。バランスも良くおすすめの一台だと言える。現在翌日出荷に対応していてすぐにゲーミングPCが欲しい方も必見だ。

2020年09月01日追記!!
先月4位から一気にランキングNo.1に上り詰めたモデルだ。2020年8月に2万円の値引きが適用となりコストパフォーマンスが大幅に向上している。さすがに13万円台となるとおすすめせざるを得ない。
2020年08月01日追記!!
先月七位からスリーランクアップの第四位にランクインとなった。初心者の方にも選びやすい価格と性能で評価を大きく向上させたモデルとなっている。
2020年07月01日追記!!
初登場第七位にランクインとなった。第10世代CPU搭載の最新ゲーミングノートが登場した。ドスパラのゲーミングノートPCは強い。今後価格の引き下げがあればランキング上位に入ることになるだろう。

2位(↑3位)G-Tune H5(G-Tune)

G-Tune H7-MKB価格:229,800円
液晶:15.6型 240Hz
重量:約2.21kg
駆動時間:約10.0時間
CPU:Core i7-10875H
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

G-Tuneの高パフォーマンスゲーミングノートPCだ。グラフィックボードにはRTX 2070 SUPERを、CPUにはCore i7-10875Hを搭載している。RTX 2070 SUPERは、RTX 2070の後発モデルとしてノート向けモデルも設定された。Core i7-10875Hは、Intel第10世代の最新モデルで8コア16スレッドとマルチコア性能が高い。かなり高いレベルでのゲームプレイが可能だ。液晶モニターは240Hzに対応していてこのモデルの性能的にも活かしやすい。最新のタイトルにも対応しやすいのが魅力だ。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と最低限必要な構成を持つ。本体が約2.21kgとやや重いのでたくさん持ち運びをしたいと考えている方は吟味する必要がある。バッテリー駆動時間は約10.0時間と優秀だ。

2020年09月01日追記!!
先月第三位から二位にワンランクアップとなった。最新モデルだけあって完成度が高い。RTX 2070 SUPER×i7-10875Hと珍しい組み合わせで予算が合うのであれば選択して欲しいゲーミングノートPCだ。
2020年08月01日追記!!
ついにG-Tuneから第10世代CPUを搭載したゲーミングノートPCが発売されて初登場第三位にランクインとなった。やや価格は高めだが性能を考えると特別割高というわけではない。重さのハンデさえ乗り越えられるなら選ぶメリットは大きいはずだ。

3位(↓1位)GALLERIA GCR2070RGF-QC(ドスパラ)

GCR1660TGF-QC-G-2価格:186,280円
液晶:15.6型 144Hz
重量:約1.87Kg
駆動時間:最大10時間
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
公式GALLERIA GCF1050TGF-E詳細

GALLERIA GCR2070RGF-QCは、RTX2070 MAX-Qを搭載したハイクラスのゲーミングノートPCだ。Intelとの共同設計によって生まれた一台だ。重量も約1.87kgと15.6インチモデルとしては軽量化されている。ウルトラベゼル液晶モニター採用で視認性が高くゲームに没頭しやすくなっている。144Hz対応モニターを搭載しているのがポイントだ。デスクトップパソコンに近い環境を構築することができる。CPUには、最新の第九世代「Core i7-9750H」を搭載。第10世代CPUとの性能差もそれほど大きくないため旧モデルでもデメリットはない。FULL HD環境で100fps以上を出したり、WQHD環境でのゲームプレイを考えている方向けだ。それでもデスクトップ向けのモデルよりはやや性能は劣ることは理解しておこう。メモリ16GB、SSD 1TBと構成も十分。THUNDERBOLT(USB)及びWi-Fi 6などの最新の規格に対応しているのも最新モデルらしい。

2020年09月01日追記!!
ついにNo.1の座から陥落となった。第9世代CPU搭載で古くなってしまったのが要因だ。性能面で大きな違いがあるわけではないが、どうせなら最新モデルを手にしたいと思うだろう。特に価格の高いパソコンならなおさらだ。それでも重さ2.0kgを切るモデルでウルトラベゼルデザインを採用するなど現行モデルでもなかなかない随一の一台だと言える。
2020年08月01日追記!!
先月からスリーランクアップの第一位に輝いた。RTX 2070 MAX-Q搭載モデルとして最高のコストパフォーマンスを持っている。GTX 1660 Ti搭載モデルでは物足りない方はぜひ検討して欲しい。デザイン性にも定評がある一台だ。
2020年07月01日追記!!
先月よりワンランクダウンとなった。第10世代CPU搭載モデルに押された形だ。それでも翌日出荷に対応していたり、性能に対するコストパフォーマンスは高かったりとおすすめしやすい。ドスパラの売れ筋ランキングNo.1も納得できる。

4位(↑NEW)ROG Zephyrus G14 GA401IV(ASUS)

ROG Zephyrus G14 GA401IV1価格:195,273円
液晶:14.0型 
重量:約1.65kg
駆動時間:約9.4時間
CPU:Ryzen 9 4900HS
GPU:GeForce RTX 2060 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

ASUSの極薄・極軽のゲーミングノートPCを紹介したい。税抜き20万円近い価格となっているが、中身を見れば納得だ。まず重量が約1.65kgとかなり軽い。ビジネスモデルと比べて遜色ないレベルだ。ゲーミングとは思えないほど薄く、軽いので持ち運びもしやすい。性能面での最大の特徴はRyzen 9 4900HSを搭載していることだろう。8コア16スレッドと高いマルチスレッド性能を発揮する。グラフィックボードにはRTX 2060 MAX-Qを採用してFULL HD環境でのゲームプレイに対応することができる。省電力性も高くなんと駆動時間は約9.4時間と長くなっている。さらに、スタイリッシュでオシャレなデザインが目を引く。外出先でこのノートを使っていたら周りはきっと驚くことだろう。LEDドットで天板を装飾できるのも斬新だ。

2020年09月01日追記!!
ASUSのゲーミングノートPCが初登場四位にランクインとなった。海外メーカーのモデルとしては最上位に位置する。最新のCPUを搭載しているのもポイントだ。RTX 2060 MAX-Q搭載でミドルクラスのモデルとして十分な性能を持っている。構成を考えてもコストパフォーマンスは高い。LEDドットの天板などとにかく完成度の高いゲーミングノートPCとなっている。

5位(↑NEW)GALLERIA GR1650TGF-T(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF価格:89,980円
液晶:15.6型
重量:約1.90kg
駆動時間:約7.5時間
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:DDR4 8GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式GALLERIA GCF1050TGF-E詳細

GTX 1650 Ti×Ryzen 5 4600Hを搭載したゲーミングノートPCだ。最安値クラスのモデルとなっている。とにかく価格を抑えたいと考えている学生の方などはぜひチェックしよう。この価格帯では驚くべきパフォーマンスを発揮するRyzen 5 4600Hを搭載しているのが魅力となっている。税抜10万円以下にもかかわらず6コア12スレッドのCPUを手に入れられるのは素晴らしい。AMDが誇る高コスパモデルということだ。ゲーミング適正ではややばらつきがあるものの第3世代になって適正は向上している。Core i5-10300Hと同等と考えてよい。最高設定にこだわらないのであれば十分ゲームプレイができる。実際に私も購入して使っているが満足度は高い。

2020年09月01日追記!!
ゲーミングノートPC至上最安値のゲーミングノートPCが初登場第五位にランクインとなった。ドスパラの売れ筋ランキングでも上位に入っている。税抜8万円台という価格設定が素晴らしい。安かろう悪かろうではなく、しっかりとゲームを楽しむことができる。初めてのゲーミングノートとしても最適だ。

6位(→6位)GNシリーズ FRZN712/A(フロンティア)

FRZN712A価格:184,800円
液晶:15.6インチ 144Hz
重量:約2.25kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:500G NVMe対応
HDD:非搭載
公式

RTX 2070 SUPER×i7-10750H搭載の最新ゲーミングノートPCだ。新しいグラフィックボードに新しいCPUを搭載したモデルとなっている。FRONTIERのノートしては珍しく144Hz対応モニターを搭載している。高性能モデルを活かせるモニターだ。性能は高く高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応できる。設定にこだわりたいゲーマーの方も必見だ。メモリ16GB、SSD 500GBと構成も充実していてカスタマイズは不要だ。Wi-Fi 6対応など目に見えない部分にも抜かりはない。このクラスになると重量が増えて来るのがネックとなってしまう。

2020年09月01日追記!!
先月と同じ第六位にランクインとなっている。RTX 2070 SUPER搭載モデルとしてはトップクラスのコストパフォーマンスを誇る。ドスパラやG-Tuneなどに比べると知名度は高くないが、コスパが高く選択肢として悪くない。ブランドよりもコスパを重視したいと考えている方はぜひチェックして欲しい。
2020年08月01日追記!!
先月よりワンランクダウンとなった。RTX 2070 SUPER搭載モデルは希少性が高くその中でもコスパに優れた一台となっている。同じRTX 2070 SUPER搭載モデルである「G-Tune H5」が比較対象モデルだ。ワンランク上のCore i7-10875Hを搭載していて評価が高い。
2020年07月01日追記!!
RTX 2070 SUPER搭載モデルがランクインとなった。RTX 2070搭載モデルに比べて価格は上がってしまうが性能は高くおすすめしやすい。在庫が残りわずかとなっているため気になる方はチェックして欲しい。

7位(→7位)ALIENWARE M17 R3 プラチナ(ALIENWARE)

alienware価格:254,980円
液晶:17.3インチ 144Hz
重量:2.50kg
駆動時間:不明
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:256GB
HDD:非搭載
公式

エイリアンウェアの最新モデルだ。前世代のALIENWARE m17よりも10%軽くなった薄型デザインが人気となっている。高級感のある質感も高評価だ。大型モデルが多い海外製品の中では異例だ。性能的にはRTX 2070 SUPER×Core i7-10750Hを搭載しWQHD環境でも快適なゲームプレイが可能となっている。もちろんFULL HD環境では高リフレッシュレートを実現することができる。エイリアンウェア自慢の「ADVANCED ALIENWARE CRYO-TECH」は優れた冷却システムで高負荷環境下でも安定したゲームプレイを実現してくれる。ストレージにはSSDを搭載しているのが特徴だ。何よりもエイリアンブランドは世界的にも評価が高くおすすめしやすい。高級路線が好きな方はぜひチェックして欲しい。当然機能面での妥協も見られない。

2020年07月01日追記!!
先月と変わらず第七位にランクイン中だ。国内メーカーのモデルと比べると割高だが、デザイン性が高くエイリアンウェアにしかない魅力がある。今ならRTX 2080 SUPERへのアップグレードが20,000円OFF、32GBメモリアップグレード10,000円OFF、5%OFFクーポン発行中となっている。購入検討中の方は今がチャンスだ。
2020年08月01日追記!!
エイリアンウェアの最新モデルが七位にランクインとなっている。現在二台キャンペーン実施中だ。RTX 2080 SUPERへのアップグレードが20,000円OFF、32GBアップグレードが10,000円OFFとお得な価格でカスタマイズを行うことができる。高パフォーマンスなモデルを探している方は必見だ。
2020年07月01日追記!!
エイリアンウェアの最新モデルが第八位にランクインとなっている。まだまだ珍しいRTX 2070 SUPERを搭載しているのがポイントだ。ついにモバイル向けSUPERシリーズが登場。今なら15%OFFで購入することができる。

8位(↑10位)G-GEAR note N1574K-700/T(G-GEAR)

G-GEAR note N1574K-700T価格:154,800円
液晶:15.6型 60Hz
重量:約2.2kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4 16GB
SSD:250GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

2020年7月2日に発売されたばかりのNEWモデルだ。ゲーミングノートらしいデザインがかっこいい。RTX 2060×i7-10750Hを搭載したミドルクラスのゲーミングノートとなっている。ある程度最新のタイトルにも対応しやすいのが特徴だ。メモリ16GB、SSD 250GB NVMe対応と構成は最低限に留められている。必要に応じてカスタマイズで対応するとよいだろう。

2020年09月01日追記!!
先月からツーランクアップの第八位にランクインとなっている。RTX 2060×i7-10750H搭載のモデルで特別ここだ!と言えるところはないが、シンプルでうまくまとまっているゲーミングノートPCに仕上がっている。セール対象になることもあるので定期的にチェックしておこう。
2020年08月01日追記!!
初登場ランキング第十位にランクインとなった。ずば抜けたコストパフォーマンスを持っているわけではないが、TSUKUMOらしい安定感のあるモデルだ。他の人とは違うゲーミングノートPCが欲しいという方は要チェックだ。今後割引などが適用される可能性がある。

9位(→9位)Lenovo Legion 750i – スレートグレー(Lenovo)

legion価格:256,080円
液晶:15.6インチ 240Hz
重量:約2.25kg
駆動時間:約8.5時間
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2080 with Max-Q Design
メモリ:DDR4 32GB
SSD:1TB NVMe
HDD:非搭載
公式

Lenovo製ゲーミングノートPC「81YT002DJP」は価格が安くおすすめだ。税込み及び送料込みとなっている。RTX 2080 MAX-Q搭載モデルとしては格安だ。ナローベゼルを採用し快適なゲームプレイができる。本体内部に2基の大型ファンを搭載し排熱性能も高い。RTX 2080 MAX-Qなどのハイエンドのグラフィックボードを搭載するのには必須だと言える。また、独自のソフトウェア「Lenovo Vantage」でオーバークロック、RGBライティングの制御などが行える。ユーザー目線に立った一台だ。メモリ32GB、SSD 1TBと構成も優れている。

2020年09月01日追記!!
先月と同じランキング第九位にランクイン中だ。RTX 2080 with Max-Qデザインを採用しているのが最大のポイントとなる。予算より性能重視で選びたい方向けだ。なかなかこのクラスのゲーミングノートPCはラインナップになく希少性が高い。
2020年08月01日追記!!
初登場ランキング第九位にランクインとなった。性能が高すぎて一般ユーザー向けではないことから評価が上がりにくいだけで製品自体のコスパは高くTOP 3に入るポテンシャルを持つ。海外メーカーとしては健闘している。

10位(↓5位)GALLERIA GCR1660TGF-QC(ドスパラ)

GALLERIA GCF2070GF-E価格:145,380円
液晶:15.6型 144Hz
重量:約1.87kg
駆動時間:10時間以上
CPU:Core i7-9750H
GPU:GeForce GTX 1660 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式GALLERIA GCF1050TGF-E詳細

GTX 1660 Tiを搭載したゲーミングノートPCだ。Intelとの共同設計モデルとして2019年10月に新しくラインナップに加わり人気を博している。その後定価が40,000円以上安くなりコスパ急上昇中だ。本体が薄くゲーミングノートPCとは思えないほどだ。本体もスリムで重量約1.87kgとゲーミングノートPCとしては軽く持ち運びもしやすくなっている。これまでの無骨なゲーミングノートの印象をガラリと変えた。CPUにはCore i7-9750Hを採用し性能が高い。ドスパラとインテルの最新技術が投入された注目の一台。144Hz対応の液晶モニターを採用し滑らかかつ臨場感のあるゲームプレイが可能だ。また、打鍵感の良いキーボードもドスパラならではだと言える。メモリDDR 16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も十分だろう。翌日出荷に対応しているのもポイントが高い。

2020年06月01日追記!!
先月からファイブランクダウンの第十位にランクインとなった。旧モデルとなったものの今でも性能的にもちょうどよい一台ということもあっておすすめしやすい。Intelとの共同設計モデルということもあって息の長いモデルになっている。本体デザイン・液晶モニター・キーボードとこだわりが見られる一台だ。Core i7-10750H搭載モデルに切り替えられると嬉しいのだが…
2020年08月01日追記!!
ついに一位陥落となってしまった。今月は第六位となっている。RTX 2060搭載モデルの価格が下がってきたことがその要因だ。それでもIntelとの共同設計モデルでデザイン性も高く選びやすいモデルであることに変わりない。同じ共同設計モデルで一位の「GALLERIA GCR2070RGF-QC」とも比較したい。
2020年07月01日追記!!
今月も引き続きランキング第一位にランクインとなった。第10世代CPUのCore i7-10750Hが登場しても旧型モデルが狙い目となる。割安な第9世代のCore i7-9750Hは魅力的だ。性能的にそこまでデメリットとなることもなく選択肢としておすすめできる。

ランキング対象外今月のピックアップモデル!!

激安のゲーミングノートPCから選ぶ

GALLERIA GCL1650TGF(ドスパラ)

GALLERIA GCL1650TGF価格:99,980円
液晶:15.6型
重量:約2.03kg
駆動時間:不明
CPU:Core i5-10300
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:DDR4 8GB
SSD:500GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式詳細

ドスパラの高コスパゲーミングノートPCだ。10万円以下のモデルではトップクラスのコストパフォーマンスを誇る。薄型狭額ベゼルを採用し視認性が高くなっている。ドスパラの売れ筋ランキングNo.1に君臨したことのあるモデルだ。これについては忖度は見られない。GTX 1650×i7-9750Hを搭載し最低限必要なゲーミング性能を持っている。FULL HD環境でかつ設定にこだわらない方におすすめだ。フォートナイトやPUBGなどにも対応することができる。メモリ8GB、SSD 500GB NVMe対応と扱いやすい構成だ。今なら最大7.5%還元(8,247円相当)を受けられるのも嬉しい。

Bravo-15-A4DCR-058JP(MSI)

Bravo-15-A4DCR-058JP価格:108,909円
液晶:15.6型
重量:約2.03kg
駆動時間:不明
CPU:Ryzen 5 4600H
GPU:Radeon RX 5300M
メモリ:DDR4 16GB
SSD:5120GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

Radeon RX 5300M×Ryzen 5 4600Hを搭載したゲーミングノートPCだ。AMD製パーツで揃えた希少なモデルとなっている。RX 5300Mは、GTX 1650 Mobileと同等のパフォーマンスを持つエントリークラスのグラフィックボードとなっている。コストを抑えたい方にとっては魅力的な選択肢となる。メモリ16GB、SSD 512GBと充実の構成でクリエイター向けモデルとしても通用する一台だ。

セールでお得なゲーミングPCを選ぶ

GF63-10SCXR-050JP(MSI)

legion価格:124,800 円 119,800円
液晶:17.3インチ 120Hz
重量:2.2Kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce GTX 1650 Ti
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

GTX 1650 Ti×Core i7-10750H搭載のゲーミングノートPCだ。コーポレートカラーの赤色のロゴがオシャレ。17.3インチ120Hz対応モニターを採用しているのが特徴だ。最近主流になってきた狭額縁デザインで視認性が高い。GTX 1650よりも10%程度パフォーマンスが向上していてFULL HD環境なら十分対応できる。高解像度にこだわらない方であれば対応力は高い。最新のCore i7-10750Hと合わせていてCPU性能にも不足はない。メモリ16GB、SSD 512GB NVMe対応と構成も十分だ。冷却システムの「COOLER BOOST 5」のおかげで安定したゲームプレイを約束してくれる。

OMEN by HP 15 ハイパフォーマンスプラスモデル(HP)

omennote価格:219,800円 175,000円
液晶:15.6型
重量:約2.48kg
駆動時間:約5時間
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX2070 with MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:1TB
公式

省スペースモデルであるRTX2070 MAX-Qを搭載したゲーミングノートPCだ。通常のRTX2070と比べるとやや性能は劣るものの価格も抑えられるためおすすめしやすい。WQHD環境やFULL HD環境でも満足度いくゲームプレイが約束されている。デザイン性、排熱性能共に抜群で魅力が盛りだくさんだ。特にデザインについては海外メーカーらしくかっこいい。戦闘機をイメージしたデザインがゲーミングプレイを盛り上げてくれるだろう。メモリDDR4 16GB、SSD 512GB、HDD 1TBと構成も優れている。

ハイクラスのゲーミングPCを選ぶ

GS66-10SGS-020JP(MSI)

GS66-10SGS-020JP価格:359,818円
液晶:15.6インチ 300Hz
重量:約2.1kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i9-10980HK
GPU:GeForce RTX 2080 SUPER MAX-Q
メモリ:DDR4 32GB
SSD:1TB
HDD:非搭載
公式

2020年時点で購入できる最高峰のゲーミングノートPCだ。税抜35万円オーバーという価格はなかなか購入できる価格帯とは言えない。それでもRTX 2080 SUPER MAX-Q×Core i9-10980HK搭載のパフォーマンスはデスクトップパソコンと比べても引けを取らない。高解像度でのゲームプレイや高リフレッシュレートでのゲームプレイにも対応可能だ。驚愕の300Hz対応モニターを活かせるパフォーマンスを発揮する。メモリ32GB、SSD 1TBと充実の構成で高いレベルでのゲームプレイができる。玄人を唸らせるフラグシップモデルの性能をぜひ体感して欲しい。

Razer Blade 15 Advanced Model(Razer)

Razer Blade 15 Advanced Model価格:354,363円
液晶:15.6インチ 300Hz
重量:約2.2kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i7-10875H
GPU:GeForce RTX 2080 SUPER MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:1TB
HDD:非搭載
公式

RTX 2080 SUPER MAX-Q×Core i7-10875H搭載のゲーミングノートPCだ。Core i7-10875Hは、8コア16スレッドと高いCPU性能を持つ。グラフィックボードにはノート向けのフラグシップモデルであるRTX 2080 SUPER MAX-Qを搭載。高リフレッシュレートでのゲームプレイも可能だ。Razerのゲーミングノートはデザイン性も高く世界的にも人気が高い。

OMEN X 2S 15 エクストリームモデル(HP)

OMEN X 2S 15価格:300,000円
液晶:15.6型 
重量:約2.45kg
駆動時間:約9.9時間
CPU:Core i9-9880H
GPU:GeForce RTX 2080 MAX-Q
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応+32GB OptaneメモリーH10
HDD:非搭載
公式

世界初のデュアルスクリーン搭載ゲーミングノートPCとなっている。キーボード面に約6インチのフルHDタッチパネルを搭載。Twitch、Discord、Spotifyなどをこのセカンドディスプレイに表示させることができゲームをプレイしながら様々なことが同時に行えます。他のゲーミングノートにはない操作感が魅力だ。SSD 512GBに加えて32GBのOptane メモリーH10を搭載しているのもポイント。OSやアプリケーションをうまく配分すればより快適なPC作業が可能となる。RTX 2080 MAX-Q×Core i9-9880Hを搭載しゲーミング性能にも不足はない。フラグシップモデルにふさわしい一台に仕上がっている。

ケースデザインがかっこいい海外製ゲーミングPCを選ぶ

AORUS 17G KB-8JP2130MH(GIGABYTE)

AORUS 17G KB-8JP2130MH価格:229,800円(税抜)
液晶:17.3型 240Hz
重量:約2.7kg
駆動時間:不明
CPU:Core i7-10875H
GPU:GeForce RTX 2060
メモリ:DDR4 16GB
HDD:非搭載
公式GALLERIA GCF1050TGF-E詳細

Turing世代のRTX 2060を搭載した最新のゲーミングノートPCだ。CPUには第十世代Core i7-10875Hを搭載していてゲーミング性能が向上している。国内メーカーではほとんど見られないCPUだ。FULL HD環境で快適にゲームプレイが可能だ。ゲームプレイだけではなく動画編集などのアプリケーションへの適性も高い。構成についてはメモリ16GB、SSD 512GBと十分だろう。レイトレーシングやDLSSを気軽に体感できるのも特徴だ。ただし、レイトレーシングなどを活かすには設定を下げないと対応することは難しい。もちろん通常のゲームプレイなら問題ない。また、複数モニターにも対応できてマルチに使用できる。17.3インチと大型液晶モニターを搭載していることによって約2.7kgとそれなりの重さになってしまっている。ここに納得できるかがポイントだ。

GS66-10SF-021JP(MSI)

GS66-10SF-021JP価格:269,800円(税込)
液晶:17.3インチ 300Hz
重量:約2.1kg
駆動時間:非公開
CPU:Core i7-10750H
GPU:GeForce RTX 2070 MAX-Q
メモリ:16GB
SSD:1TB NVMe対応
HDD:非搭載
公式

300Hz対応の高性能ゲーミングノートPCだ。オールブラックでオシャレだ。薄型の本体で持ち運びがしやすいのが魅力。SteelSeries製ゲーミングキーボードを搭載しているのもポイントだ。デスクトップと変わらない高い操作性を実現している。さらに、用途に合わせて5段階でパフォーマンスをコントロールすることができる。例えば、ゲームをするときはSPORT MODE、Youtubeなどでゲームを視聴するときはCOMFORT MODEと使い分けられる。また、冷却システム「COOLER BOOST TRINITY+」を搭載。7本のヒートパイプと3基のファン、ヒートシンクで効率的に排熱対策を行うことができる。国産メーカーのモデルよりわずかにお金を掛けるだけで人気海外メーカーMSIのパソコンを手に入れられる。(ark経由)

ゲーミングノートPC選びの注意点

性能と発熱

性能面は最も注意すべきポイントだ。ゲーミングノートの場合デスクトップパソコンに比べるとどうしても性能は低くなってしまう。同じ型番のグラフィックボードでも消費電力の問題もあってパフォーマンスが抑えられている。これはある程度我慢しなければいけない。

それでも数年前に比べると格段にノート向けCPUやグラフィックボードの性能が上がっているので設定を調整すればデスクトップと変わらない操作感が期待できる。グラフィックボードはRTX SUPERシリーズが登場、CPUもIntel第10世代が登場しパフォーマンスが向上している。

性能と合わせて考えなければいけないのが発熱だ。ノートパソコンの場合デスクトップPCよりもケース内に広さを確保することが難しく熱がこもりがちとなる。そのため性能が高いゲーミングノートPCの場合うまく熱をコントロールしないと本来の性能を発揮できなくなる可能性が高い。

GTX1070以上あるいはRTX2060以上のモデルを選択するのであれば発熱もしっかり考えよう。最もゲーミングノートPCの発熱性能は高くなっているので、特殊な環境でのプレイでのみ気を使っていれば十分だ。

液晶サイズと重さ

持ち運ぶ機会が多い方は液晶サイズと重さが重要だ。あまりにも本体重いと持ち歩くのが億劫になってしまう。特に女性の方には負担が大きい。持ち運び前提なら15.6インチ以下を選択する方が良いと思う。それ以上になるとバッグも専用のものを用意しないといけない可能性がある。

重量としては2kgが基準となる。2kg以上になると持ち運びはかなり厳しいと考えておこう。カバンに入れてもずっしりと重さを感じるはずだ。最近は高性能なゲーミングノートでも2kgを切るモデルが増えてきているのはユーザーからするとありがたいことだろう。

キーボードの押しやすさ

キーボードのタッチ感は重要だ。ゲーミング用のノートパソコンはここもしっかりと考えられている。SteelSeries製やオムロン製など高品質なキーボードを採用しているメーカーもある。また、独自にこだわりのあるキーボードを採用しているメーカーも増えてきている。

注意が必要なのはキーボードの大きさだ。基本的にキーボードの大きさは液晶サイズに比例する。手が大きい方は大きめのパソコンを選択しないと窮屈になる恐れがある。不安な方はできる限り実機に触れておくと良いだろう。ゲーミングノートの場合キーボードの交換が物理的にできないためしっかり吟味する必要がある。

バッテリー駆動時間

バッテーリー駆動時間もしっかり考えておきたい。電源がない環境でゲームをしたり、作業をしたりしたいという方はバッテリー駆動時間が長い方が良いだろう。ただし一般モデルよりもどうしても短いのが現状だ。一般的にバッテリーの駆動時間は、高性能になればなるほど短くなる。

Core i7-10875H搭載モデルやRTX 2070 SUPER以上の高性能なグラフィックボードを搭載したモデルとなると3~5時間程度しか持たないこともあるのでそこは理解しておく必要がある。消費電力が大きくなるのは不思議ではない。性能とバッテリーのバランスで決めることを推奨する。

ゲーミングノートPCに関するよくある質問まとめ

ゲーミングノートPCの選び方は?

ゲーミングノートは種類がそれほど多くないので選びやすいと言える。選び方としては、グラフィックボードを基準にすると良いだろう。最高設定にこだわらないならGTX 1650やGTX 1660 Tiでも十分だ。デスクトップに近い環境を作りたいならRTX 2060以上が良い。

CPUについてはほとんどCore i7-10750HあるいはCore i5-10300H固定なので特に問題とはならない。Core i5-10300Hについても省電力モデル(Uシリーズなど)よりも性能が高いので価格を抑えたいなら選んでも良い。メモリは8GB or 16GB、ストレージはSSDだけでも良い。無駄に重くするよりも軽い状態を作るほうが好ましいからだ。あとは予算で決めるということになる。

なお、2020年8月時点で第10世代CPUが登場したためCore i7-10750H/Core i7-10875H搭載モデルに順次切り替わっていくはずだ。また、Ryzen 4000シリーズも合わせて登場している。Ryzen 9 4900HSやRyzen 7 4800H搭載ゲーミングノートもラインナップが増えていくだろう。

あとはメーカー及びブランドについて解説しておく。国内メーカーの場合はグラフィックボード搭載モデル=ほぼゲーミングノートPCとなる。一方、海外ブランドの場合グラフィックボードを搭載していても必ずしもゲーミングPCではないことがある。当然ゲームプレイが可能だ。

廉価版(ビジネス)はゲーミングPCブランドのノートと比較して価格が安い。ゲーミングPCブランドの方がケースなどにコストが掛かっているためだ。例として一般向けのDell G5、ゲーミングPCブランドのエイリアンウェアが挙げられる。いずれもDellのモデルだが位置づけが異なるのだ。価格を抑えたいのであれば一般モデルを選択すると良いだろう。

ゲーミングノートPCを買ってはいけないと聞いたけど実際どうなの?

ゲーミングノートPCに対する管理人の考えをまとめている。少し前まではゲーミングノートPCを買ってはいけないというのが事実だった。その理由としてCPU及びグラフィックボード共に性能が低くデスクトップパソコンの性能に到底追いついていなかったからだ。

GTX90シリーズより前及び第七世代より前は厳しかった。元々はゲーミングノートに対して否定的な立場だったが、GTX10シリーズ及び第八世代CPUの発売によって考えを改めた。今はデメリットを理解した上であれば十分選択肢に入る。今後ゲーミングノートのレビュー記事も増やしていくつもりだ。

ゲーミングノートPCでPUBGをプレイすることはできるの?

ゲーミングノートPCでもPUBGをプレイすることは可能だ。ただし、できればGTX16シリーズ以上を選択したい。GTX 1660 Ti×Core i5-9300H以上の構成なら余裕がある。GTX1650だと設定を下げる必要はあるもののプレイ自体は可能。ランキング第二位のLEVEL-15FXR20-i7-ROSXや五位のフロンティアFRGN370/WSがおすすめだ!

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。