wsuirei画像引用元:https://game.watch.impress.co.jp/

当ページでは、CPUとグラフィックボードのダブル水冷の特徴&おすすめBTOパソコンについて紹介している。高性能なグラフィックボードやCPUを搭載しているゲーミングPCの場合発熱の多さについても考えなければいけない。

夏場の暑い時期は特に注意する必要があります。ダブル水冷なら熱によるパフォーマンス低下をある程度防ぐことが可能だ。価格が高くなるというデメリットがあるのでパフォーマンスと価格を天秤にかけて選択する必要がある。

ダブル水冷パソコンの概要

ダブル水冷パソコンとは?

sycomsuirei
ダブル水冷パソコンとは、水でCPUとグラフィックボードをダブルで冷却できるシステムが組み込まれたパソコンのことだ。熱によるパフォーマンス低下を軽減できるというのが特徴だと言える。CPUに水冷クーラーを搭載したモデルというのはよく見るが、BTOパソコンの中でもダブル水冷は非常に珍しくあまりラインナップにない。

ダブル水冷モデルは、サイコムで販売されている。G-Tuneでも販売されていたが今はラインナップから消滅している。ちなみにサイコムではデュアル水冷となっているが、意味は同じだ。目新しいものがなかった最近ではとても注目したいモデルだと言える。

ダブル水冷モデルは基本的に高性能なパーツを採用していて性能も高く、構成もパーフェクトに近いので通常版と比べてもおすすめしやすい。性能が低いからゲームプレイに支障をきたすということはないだろう。しかし、水冷に魅力を感じない人には少し割高に感じられるだろう。環境にもよるが、熱に困らないのであれば通常版を推奨する。熱に悩まされる環境ならば水冷の魅力も分かるだろうしおすすめだ。

ゲームプレイの安定に繋がる

ダブル水冷の優れているポイントは何を置いてもやはりこの水冷によるCPUとGPUの冷却性能だ。夏場の暑い時期でも温度のコントロールができるため安定したゲームプレイが実現する。特に風通しの悪い場所に設置すると、内部の熱は排熱されにくくなり悪循環を招く。そんな環境でも対応できるようになっているのは嬉しい。

もちろん風通しが良い場所であるほうが好ましく、よりパフォーマンスを向上させることができる。ここでいうパフォーマンスの向上とは、平均的な値を指す。パフォーマンスは夏場になると不安定な状況になる。そのため、その平均はどうしても夏場以外と比べると下がってしまう。

W水冷ならその平均の値を高く維持することが可能になることから、パフォーマンスの向上へと繋げている。性能は変わらないが、時間当たりのパフォーマンスで考えれば十分な向上と言えるだろう。排熱効率の高いG-tuneのミドルケースと合わさると、もはや熱による弊害をカットできるレベルだ。

ダブル水冷パソコンを選ぶ際の注意点

通常モデルよりも価格が高い

ダブル水冷パソコンは、通常のモデルと比べて5万円~6万円程度高くなってしまう。当然水冷化のパーツが増えたこととそれに合わせてケースを選定する必要が出てくるので仕方のない部分だ。また、ハイクラス以上のゲーミングPCで採用されることが多いため価格自体も上がってしまう。

これを高いと見るか安いと見るかで評価が変わる。機能性の高さを見れば特段高いと感じることはないと思う。パソコンは性能が高くなることで、パフォーマンスを低下させる原因となる熱の問題が付いて回る。夏場はどうしても温度が上昇しやすく、それによってパフォーマンスの著しい低下が見られるものだ。その問題を解決するのが、このダブル水冷モデルだ。

パーツの交換時にリスクが伴う

水冷パソコンの場合CPUやグラフィックボードを交換することが難しくなる。新しいパーツが出たから交換しようと気軽に行うことはできない。交換自体ができても水冷化がうまくできなかったり、故障の原因となったりしてしまう。

特注品を使っている場合は交換自体不可能と考えておこう。デメリットに関しては人によるところが大きく、ハイエンドモデルである以上少なくとも早々に交換する必要はなさそうだ。

基本的にダブル水冷パソコンでは水漏れの心配もなく耐久性も高いので基本的な面での不安はない。それでも故障してしまうと修理に時間とコストが掛かってしまうことになる。当然ダブル水冷という特殊性から購入した店舗での修理となるので、近くのパソコンショップに持ち込みというのは厳しい。

おすすめのダブル水冷のBTOパソコンを紹介

G-Master Hydro Z490-ITX(サイコム)

G-Master Hydro Z490-ITX価格:275,880円(税込)
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W 80PLUS GOLD


公式

サイコムでもデュアル水冷モデルがある。驚くことにミニタワーなのだ!通常ダブル水冷パソコンの場合パーツを搭載するために大型のケースが採用されることが多い。このモデルについてはコンパクトでありながら十分な拡張性を持ち高いパフォーマンスを発揮する。RTX 2070 SUPER×i7-10700Kを搭載していて高解像度や高リフレッシュレートでのゲームプレイに対応することが可能だ。

G-Master Hydro X570A II(サイコム)

G-Master Hydro X570A II価格:253,870円(税込)
CPU:Ryzen 7 3700X
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W 80PLUS GOLD


公式

Ryzenシリーズを採用した水冷モデルもある。Ryzen 7 3700Xは8コア16スレッドとマルチスレッド性能の高さが魅力だ。動画編集・RAW現像などクリエイター作業も得意としている。グラフィックボードにはRTX 2070 SUPERを搭載している。ベースモデルとして最適な一台だ。CPUやグラフィックボードをカスタマイズしたり、好みのメーカー製パーツに交換したりと楽しめるはずだ。

G-Master Hydro Z490(サイコム)

G-Master Hydro Z490価格:272,940円(税込)
CPU:Core i7-10700K
GPU:GeForce RTX 2070 SUPER
メモリ:DDR4 16GB
SSD:512GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:750W 80PLUS GOLD


公式

ミドルタワーのゲーミングPCだ。CPUにはハイクラスのCore i7-10700Kを採用。ゲームだけではなく、動画編集やエンコードなどでも高い性能を発揮する。電源も高品質な750W GOLD認証を採用し抜群の安定性を誇る。RTX 2080 SUPERにアップグレードするもよしストレージを強化するもよし。ぜひあなた好みの一台に仕上げて欲しい。

ダブル水冷パソコンの仕組み-G-Tune【販売終了】

ラジエーター1つで両パーツを冷却

ここではG-tuneのモデルを例にダブル水冷の仕組みについて見ていく。CPUやグラフィックボードを水冷化するにはそれぞれラジエーターを使うことになる。品質の高さを誇るG-tuneはクイックコネクトと呼ばれる接続方式を採用し、質の高い水冷クーラーを搭載することに成功した。これによって省スペース化が実現してケースなどの制約がなくなったのが大きい。

具体的には通常ラジエーターはCPU及びグラフィックボードにそれぞれ一つずつ用意する必要があった。つまり、ケース内にそれなりの余裕がないと搭載すること自体が不可能だったのだ。それがクイックコネクトというG-Tuneの独自技術によって1つのラジエーターで二つのパーツに対応できるようになった。ある程度ケースの柔軟性が上がった。

また、ラジエーターの数が減ったことで静音性と効率化を両立できるようになった。結果的に、これまでできなかったSLI接続によるミドルタワーでのW水冷を実現。メンテナンスフリーで最低でも5年は品質の低下は見られないほど質の高い水冷クーラーだということだ。

品質の高さが売りとなっているG-tuneの今後の展望は様々でこれからも注目したい。また、ノートパソコンとデスクトップパソコンの両方の良いところを凝縮したパソコンの開発も進んでいるとのことだ。このW水冷とは、ただの水冷クーラー搭載モデルとは一味違うのだ。G-tuneが始めるゲーミングPCのパフォーマンス向上と品質向上を両立した新しい何かを生み出す一歩だ。ハイタワーPCでしか実現しなかったW水冷をミドルタワーで実現したのだから、もはや不可能なことはないだろう。

すっきりした中身で拡張も可能

内部を見ると水冷のチューブが目立つくらいでスペースにはまだ余裕がある。取り外しも簡単なので水冷対応のグラフィックボードなんかが登場すれば、付け替えもできる優れもの。オーバークロックに対応したCPUやグラフィックボードということもあり、オーバークロックの問題である発熱の問題も簡単にクリアしている。

より高みを見れる構成は通常のW水冷なしと比較して約2万円の差でしかない。これを高いと見るか安いと見るかは、ユーザーが求めているものによって変わってくるだろう。通常のモデルと同じくメモリスロットは4つあり、8GBを2枚使用した16GB構成で最大32GBまで搭載することが可能となっている。HDDを3~4台追加したり、サウンドカードやその他スロットを埋めるほどの拡張を行うには最適なダブル水冷。

ただし、CPUとグラフィックボードのみの冷却に特化しているため、ファンの交換や増設も一応検討したほうが良さそうだ。CPUとグラフィックボードからの発熱を大きく軽減させることができるので、よほどのことがない限り大丈夫だとは思うが・・・電源は500Wなので、増設を行うときはなるべく電源の見直しもしておきたい。

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

おすすめゲーミングPCランキング【2020年】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セール安いゲーム推奨
saleyengamesuisyou
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
価格BTOショップグラボ
kakakushopgpueisya