gekiyasu1

需要があると考えられるおすすめの安いゲーミングPC特集をまとめた。少しでも安くゲーミングPCを購入したいと考える方は多いのではないだろうか。誰だって予算はあるはずなのでそれは自然だ。

人気コンテンツの一つである「5万円以上10万円以下でおすすめのゲーミングPC紹介」でも手頃な価格のモデルを紹介しているが、やや消極的で10万円に近いものが中心となっている。このページではより価格を追求したゲーミングPCを紹介していきたい。

すぐに激安ゲーミングPCを知りたい方は、ページ最下部の「とにかく安いゲーミングPC特集【2020年】」をチェックして欲しい。

安いゲーミングPCを選ぶ際のポイント

とにかくゲーミングPCの価格を抑えたいという方が知るべきポイントについてまとめている。安いパソコンを購入するなら必ず知っておくべきだ。

狙い目はメーカーの一般ブランド

狙うべきは各BTOメーカーのゲーミングPCブランドではなく、一般消費者向けのモデルだ。例えば、パソコン工房なら「LEVEL∞」ではなく「STYLE」ということになる。ドスパラなら「GALLERIA」ではなく「Monarch」、「Magnate」でフロンティアなら「GAシリーズ」よりも「MXシリーズ」の方が安いといった具合だ。特にパソコン工房は低価格帯に強いのでぜひチェックして欲しい。

ほとんどのBTOメーカーで数種類のブランド(ゲーミングPC、クリエイター向けPC、一般向けPC、法人向けPC etc.)を展開しているため用途に合わせて選びやすい。ただし、今回はあえて一般ブランドを選択するべきだというわけだ。下記にゲーミングPCブランドと一般ブランドの違い(ゲーミングPCブランドの特徴)をまとめているので参考にして欲しい。ゲームプレイにおいて深刻な影響を与えることはないので選択肢に入れても問題ないだろう。

ゲーミングPCブランドの特徴

  • オシャレなケース
  • 排熱性能&機能性の高いPCケース
  • ストレージなど構成が充実
  • やや価格が高く設定

セール対象モデルはお得度アップ

一般ブランドの中でも売れ筋モデルはセール対象となることも多い。ただし、ここで紹介しているゲーミングPCは元々の価格が低いためそれほど割引額が大きくない。ただ、それでもお得に購入できることに違いはない。

また、CPUやメモリの無償アップグレードは期待できないだろう。さすがにそこまで求めてしまうのは酷だ。安いゲーミングPCを購入する際はセール情報もチェックしておきたい。割引額やコスパを考えると15万円以上のモデルの方が魅力的だろう。

ゲーミングノートPCの選択は厳しい

残念ながらゲーミングノートPCに激安モデルは存在していない。最低でも税抜11万円以上の予算を用意しておく必要がある。デスクトップと比べるとキーボード、モニターが搭載されていたり、省電力性に特化したグラフィックボードやCPUを搭載していることからコストが跳ね上がってしまう。

さらに、ケース本体の排熱対策にコストが掛かってしまう。激安ゲーミングPC=デスクトップパソコンと考えておこう。今後価格が下がる可能性はあるが、数年単位で待つ必要があるので、急ぎでほしい方にとって最善の選択とは言えない。

中古のゲーミングPCはデメリットが多い

安さを追求するなら多くの方の頭に”中古”という文字が浮かぶだろう。中古のゲーミングPCについては別の記事にまとめているのでそちらを参考にして欲しい。

基本的にはデメリットが大きいため自信を持っておすすめすることはできない。当ページでは、新品でかつ比較的安いゲーミングPCに焦点を当てて紹介している。

格安ゲーミングPCの性能について

yasuigamepc

  • GTX 1650の登場で革命が起きた
  • 第二・第三世代Ryzen 5シリーズも後押しに
  • FULL HD環境×低~中設定が中心

GTX 1650の登場で激安ゲーミングPCが現実味を帯びてきた

格安ゲーミングPCになると選択肢はある程度限られてしまう。グラフィックボードはエントリークラスのGTX 1650となる。2019年4月30日にTuring世代のエントリークラスのグラフィックボード「GTX 1650」が登場した。価格は$149とGTX 1050 Ti($139)よりも少し高いぐらいだ。これでGTX 1050 Tiを大きく超える性能を持っていることから注目度が高い。ほぼGTX 1060 3GBと同等のパフォーマンスを発揮する。

搭載ゲーミングPCとなると価格はほぼ同等でGTX 1050搭載モデルよりもゲーム適正が高い。発売したばかりということもあり今後もう少し安くなる可能性もある。そうなれば激安ゲーミングPCが現実のものとなってくるかもしれない。なお、現時点でも税抜き7万円台で購入できるため十分選択肢に入る。GTX 1050では心もとないと思うユーザーの方はぜひチェックして欲しい。

GTX 1650 Superへの切り替えが行われ価格が上昇傾向

GTX 1650は価格が安く非常に魅力的なモデルだった。しかし、後継モデルのGTX 1650 Superが登場したことで一部モデルの価格が上がってしまった。例えば、パソコン工房ではGTX 1650搭載モデルが消滅している。ドスパラやG-TuneなどではGTX 1650 Super搭載モデルは登場しておらず今でも狙い目だ。

GTX 1650の定価が$150に対してGTX 1650 Superは$160となっている。現在はGTX 1650 Superが登場したばかりということでこの定価の差以上の価格差が出てしまっている。4月末ぐらいになれば価格も落ち着いてきてかつて出た6万円台あるいは7万円台前半のモデルが登場するだろう。

Ryzen 5シリーズが激安モデルを後押ししてくれる

RyzenシリーズはIntel製CPUと比べてもコストパフォーマンスの高さが光るCPUだ。第二世代のRyzen 5 2600は、前世代ながらCore i5-9400と同程度のパフォーマンスを発揮する。第三世代のRyzen 5 3600は性能がワンランク高くなっているがやや価格が上がってしまう。下位のRyzen 5 3500が日本でも発売開始となりBTOメーカーから格安の搭載モデルが登場している。

このクラスのCPUと合わせるのにGTX 1650やGTX 1660が最適だろう。高すぎない性能の方がボトルネックとならず性能を発揮しやすいからだ。もちろん価格を引き下げるという意味でもエントリークラス~ローエンドクラスのグラフィックボードがベストだろう。

とにかく安いゲーミングPC特集【2020年】

主要なBTOメーカーで販売されている価格の安いゲーミングPCをピックアップした。価格が安い順に紹介している。なお、ここで紹介しているモデルは、別途送料+税金が必要となってくるので注意して欲しい。表示価格から概ね5,000円~7,000円程度アップとなる。

おすすめは、ドスパラの「Lightning AH5 2600」、「GALLERIA RT5」かFRONTIERの「FRMXH370/WS4」だ。いずれもゲーミングPCブランドのパソコンというわけではないが、グラフィックボードを搭載していて十分対応することができる。コストパフォーマンスが評価が高い。

Lightning AH5 2600(ドスパラ)おすすめ!!

galleriadhtop-1価格:64,980円
CPU:Ryzen 5 2600
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:500W 静音電源 80PLUS
公式詳細

2020年3月時点で最安値のゲーミングPCだ。設定にこだわりがなくてとりあえずゲームができれば良いと考えている方におすすめ。FULL HD環境である程度ゲームができると考えて良い。CPUには6コア12スレッドのRyzen 5 2600を採用しているのは嬉しい。メモリ8GB、SSD 256GB NVMe対応と価格を考えれば納得できる。

Lightning AH5(ドスパラ)

galleriadhtop-1価格:69,980円
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:非搭載
電源:500W 静音電源 80PLUS
公式詳細

上記で紹介した「Lightning AH5 2600」のCPUを最新のRyzen 5 3500にアップグレードしたモデルだ。性能はほぼ同等で+5,000円となっている。新しい方が良いのであればこちらのモデルを選択すると良いだろう。コストパフォーマンスだけで言えばAH5 2600の方が高い。FULL HD環境でのゲームプレイを考えている方向けだ。

AeroStream RM3J-A194/T(TSUKUMO)

AeroStream (2)価格:74,800円
CPU:Core i3-9100
GPU:非搭載→カスタマイズでGeForce GTX 1050 Ti
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:非搭載
電源:450W 80PLUS BRONZE
公式

元値は54,800円となっている。ただし、デフォルトではグラフィックボード非搭載のため+20,000円でGTX1050Tiを追加する必要がある。送料・税込みで74,480円だ。CPUにはi3-9100を搭載。4コア4スレッドの価格重視のCPUだ。上の2つのモデルに比べるとやや見劣りしてしまう。ストレージが控えめなのでクラウドストレージや外付けストレージで対応すると良い。

raytrek MX-i5(ドスパラ)

Magnate ZS価格:79,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB
HDD:1TB
電源:500W 静音電源 80PLUS
公式

Core i5-9400搭載モデルとしては安い。クリエイター向けのモデルだが、ゲームプレイにも使用可能だ。グラフィックボードにはGTX 1650を搭載している。メモリ8GB、SSD 240GB、HDD 1TBと構成も充実していると言える。ライトユーザーの方はぜひチェックして欲しい。

LUV MACHINES iG700B2N-S2(マウスコンピューター)

LUV MACHINES価格:82,800円
CPU:Core i3-8100 Core i3-9100
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 8GB
SSD:240GB 256GB M.2
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE
公式

他のメーカーに比べるとやや割高だ。性能だけを考えると「raytrek MX-i5」よりも落ちるのに3,000円近く高くなっている。マウスコンピューターが好きだという方でなければ選択肢に入れる必要はない。基本的には選ぶメリットのない一台となっている。

GALLERIA RJ5(ドスパラ)

galleriadhtop-1価格:79,980円
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1660
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:500W 静音電源 80PLUS
公式詳細

唯一のGTX 1660搭載モデルとなっている。GTX 1650よりもワンランク性能がアップしてよりゲーム適性が上がる。CPUには6コア6スレッドのRyzen 5 3500を採用していてバランスは良い。メモリ8GB、SSD 256GB NVMe対応、HDD 1TBと十分過ぎる。GALLERI RT5という競合がいるため影に隠れたままなのがおいしい。価格で差をつけるなど差別化が必要だ。

LEVEL-M0B4-R53-RVS(パソコン工房)

LEVEL-M037-i5-VN価格:83,980円
CPU:Ryzen 5 3600
GPU:GeForce GTX 1650 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:480GB
HDD:非搭載
電源:500W 80PLUS BRONZE
公式

最新のゲーミングPCもこの価格帯で購入することができる。GTX 1650 Super×Ryzen 5 3600を搭載していてゲームプレイ自体行える。メモリも8GB搭載でこの価格なら魅力的だろう。さらにSSD 480GB搭載とくればコスパは高くなる。とにかく安くゲーミングPCを買いたいのであれば選択肢に入れておきたい。過度な期待さえしなければ選択肢に入れても良いだろう。

GALLERIA RT5(ドスパラ)おすすめ!!

galleriadhtop-1価格:84,980円
CPU:Ryzen 5 3500
GPU:GeForce GTX 1660 Super
メモリ:DDR4 8GB
SSD:256GB NVMe対応
HDD:1TB
電源:500W 静音電源 80PLUS
公式詳細

GTX 1660 Super搭載モデルがこの価格で手に入る。CPUには高コスパが人気のRyzen 5 3500を搭載。FULL HD環境でのゲーム適性は高い。メモリ16GB、SSD 256GB NVMe対応、HDD 1TBとこの価格を考えるとかなり充実してることがわかる。低価格帯のモデルを探している方は要チェックだ。

Magnate MH(ドスパラ)

Magnate ZS価格:89,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1650
メモリ:DDR4 16GB
SSD:250GB
HDD:1TB
電源:400W 静音電源 80PLUS
公式

価格はやや上がるがここまで予算を出せば優秀なモデルが手に入る。グラフィックボードにはGTX 1650を搭載、CPUにはCore i5-9400Fを搭載しバランスに優れている。FULL HD環境でのゲームプレイなら十分こなせるだろう。メモリ16GBへと大容量なのは魅力的だ。ゲームプレイはもちろん様々なアプリケーションの使用において安定感が増す。SSD 250GB、HDD 1TBのダブルストレージも強力だ。

FRMXH370/WS4(フロンティア)おすすめ!!

mxseries価格:89,980円
CPU:Core i5-9400F
GPU:GeForce GTX 1660 Super
メモリ:16GB
SSD:512GB
HDD:2TB
電源:600W電源
公式詳細

GTX 1660 Superを搭載したミドルクラスのゲーミングPCだ。まさかこの価格でこのクラスのモデルを購入できる時代が来るとは思わなかった。CPUには第九世代のCore i5-9400Fを採用し構成バランスも良好となっている。GTX 1660 Superは、GTX 1660 Tiに匹敵する性能を持ち低価格帯のモデルとは言ってもライトユーザーにとっては十分すぎる性能だ。メモリ16GB、SSD 512GB、HDD 2TBとカスタマイズは不要ではじめての一台にもおすすめできる。

各BTOメーカーの激安ゲーミングPC一覧

型番レビュー価格CPUGPUメモリ評価
Lightning AH5 2600レビュー64,9805 2600GTX16508GB
Lightning AH5レビュー69,9805 3500GTX16508GB
AeroStream RM3J-A180/T2準備中74,800i3-8100GTX1050Ti8GB
raytrek MX-i5準備中79,980i5-9400FGTX16508GB
iG700B2N-S2準備中82,800i3-9100GTX16508GB
GALLERIA RJ5レビュー79,9805 3500GTX16608GB
LEVEL-M0B4-R53-RVS準備中83,9805 3600GTX1650 Super8GB
GALLERIA RT5レビュー84,9805 3500GTX1660 Super16GB
Magnate MH準備中89,980i5-9400FGTX165016GB
FRMXH370/WS4レビュー89,800i5-9400FGTX1660 Super16GB

その他あなたにおすすめの記事はこちら!

ゲーミングPCおすすめランキング【2020年最新】

おすすめのゲーミングPCランキングを紹介している。コストパフォーマンスが高いモデルに人気が集中していると言える。

ゲーミングノートPCおすすめランキング【2020年最新】

イチオシのゲーミングノートPCを紹介している。外出先でもゲームを楽しみたいという方はぜひ参考にしてほしい。

当サイト紹介ゲーミングPC一覧表

当サイトでレビューをしている全てのゲーミングPCを表でまとめている。一覧で見れば、ゲーミングPCの構成や相場感を把握することができる。

あなたにぴったりのゲーミングPCを探す

選び方(初心者の方向けにぴったりの選び方を解説)
セールゲーム推奨即納モデルプロコラボ
salegamesuisyousokunouokibasyo
比較(ゲーミングPCの特徴を比較して最適な1台を見つける)
グラボBTOショップ価格構成
gpueisyashopkakakukousei

サイトのトップに戻る